アフィリエイト

住宅ローン審査基準年収とは手取り?返済負担率は何倍可能?体験記

スポンサーリンク

住宅ローン審査基準とは?

年収返済負担率の正しい理解は必須だった!

住宅ローン審査基準年収返済負担率について、このページをご覧頂き有難うございます。

住宅ローン審査を受ける準備を進めている方の中には、以下のような悩みも非常に多い現代。

・年収の何倍が住宅ローン審査に可能なのか?

・住宅ローン審査の年収とは手取りなのか?

・住宅ローン審査の年収は見込?

・住宅ローン審査基準の借入限度額とは?

少しでも通りやすい条件を探すためには、1つ1つ正確に理解していくことが最も重要となります。

私のサイトは、新築購入体験を人生で2度体験し、住宅ローン審査で落ちた体験等も活かし、失敗後悔対策のために書く記事をご紹介してます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

住宅ローン審査を受けたいんですが、年収の何倍くらいを借入と考えておくべきしょうか?

こんなご質問を頂きましたので、早速ご紹介していこうと思います。

このページでは、以下の内容に沿ってご紹介しています。

住宅ローン審査における年収とは?手取りなのか?

住宅ローン審査における借入限度額は年収の何倍?規約編

住宅ローン審査における借入限度額は年収の何倍?現実編

住宅ローン審査における借入限度額で銀行選びに失敗後悔しないコツとは?

以上4つを私の2014年住宅ローン審査通過の体験談を基にご紹介しています。

あなたの住宅ローン審査における現実の情報収集としてぜひ活用してください。

スポンサーリンク

住宅ローン審査における年収とは?手取りなのか?

住宅ローン 審査 年収とは?

スポンサーリンク

住宅ローン審査の年収についてまずは源泉徴収票をお見せしながら、ご紹介していきます。

住宅ローン審査に記入する年収とは?源泉徴収票のどこを見る?

住宅ローン審査の年収とは手取り額ですか?

こうした質問も多かったのです。

住宅ローン審査用紙に記入する年収を源泉徴収票をお見せしながら、ご紹介しています。

住宅ローン 審査 年収とは? 手取り?

住宅ローン審査に記入する年収とは、源泉徴収票記載中の支払金額を表します。

年収を手取りと勘違いしていた方は、その金額がちょっと増えた感覚もあると思います。

この額面数字から、住宅ローン審査の規約上は、年収の何倍くらいが借入可能なのか?

住宅ローン審査における借入限度額についてご紹介していきます。

 

住宅ローン審査における借入限度額は年収の何倍?規約編

住宅ローン 審査

住宅ローン審査の各銀行が公開しているデータを基にした借入限度額の目安をご紹介していきます。

住宅ローン借入限度額は年収により異なる

住宅ローン審査基準における年収に対する負担率は、以下の2つに分かれます。

年収400万円以上である場合

年収400万円以下である場合

この2つで上限となる借入限度額への比率が変わります。

多くの銀行が体制として公開している情報では、

年収400万円以下は25%以内、年収400万円以上は30%以内

とされています。

住宅ローン借入限度額の間違った計算方法

この%は、以下のような計算式で考えてはいけません。

住宅ローン返済負担率の間違った計算方法

・年収600万円 × 30% × 35年 =

・年収500万円 × 30% × 35年 =

・年収400万円 × 25% × 35年 =

・年収350万円 × 25% × 35年 =

これでは、そのまま年収に%をかけているだけの計算にとどまってしまいます。

住宅ローン審査基準における計算方法の特徴は、

「生活費、税金等すべてを含めた負債をできる限度額を%で示す」という見方になります。

住宅ローン借入限度額の正しい計算方法

正しい住宅ローン審査における借入限度額の出し方をご紹介しています。

借入限度額は生活すべての合計負債額となりますので、以下の内容も考慮する必要があります。

・スマホ代

・税金(車、固定資産税等生活に必要な税金全て)

・生活費

これらを含めた場合、実質的な負担率を考えると、以下のような形が求めやすい目安になります。

すると以下のような計算が成り立ちます。

借入したい金額の金利を仮に0.75%として、1か月の支払い目安を算出(仮にAとします)(A)× 12か月 ÷ 年収 = %

この数字が、25~30%であれば、返済負担率もクリアされてて審査に通る可能背は出てきます。

それでは、

実際現実的な借入限度額の目安をご紹介していきます。

 

住宅ローン審査における借入限度額は年収の何倍?現実編

住宅ローン 年収の何倍借入可能

実際の住宅ローンに通る、融資が実行される金額の目安を体験談からご紹介しています。

私が住宅ローン審査に通過した条件を体験談で紹介

私が借入希望を出した金額 2700万円

私の年収         500万円台

では、実際、この条件がどのような返済比率になるのか先ほどの条件をおさらいしながら、ご紹介していきます。

私が借入をした住宅ローンの返済比率

2700万円を変動金利0.95%で借入審査を行いました。

そうすると、以下のような月々の返済プランが出ます。

住宅ローン 年収 借入可能額算出例

このように月々の返済額 75589円となります。

この金額を年収に対する比率で計算するには、以下の方法で計算していきます。

75589円 × 12か月  = 907068円(年間返済合計額)

907068円 ÷ 500万円 = 18%

この返済負担率であれば、年収500万円の場合、返済負担率は30%が上限となりますから、十分クリアの数字になります。

よって、多少の負債(他社ローン等)があった場合でも、審査は通った可能性が高くなります。

この他年収別に見る借入限度額と借入可能額や理想の収支バランスを年収別にご紹介しています。

住宅ローン審査借入可能額と年収体験リスト

年収のそれぞれの額に対する体験を各記事でご紹介してますのでお役立て下さい。

年収200万円はいくら借りれる?返済比率と現実をご紹介

年収300万円はいくら借りれる?返済比率と現実をご紹介

年収400万円はいくら借りれる?返済比率と現実をご紹介

年収500万円はいくら借りれる?返済比率と現実をご紹介

それぞれ最低の200万、300万、400万、500万円を基準に計算しています。

簡単に考えるなら、年収は何倍まで借入可能か?

この答えですが、私は体験談の上から、住宅ローン審査における借入限度額は、年収の5倍の借入なら通りやすい条件、6倍は条件により難しい条件。

このように考えていただくのが、非常にシンプルであり、さらに解りやすいと思います。

では、実際に住宅ローン審査を申込する際のコツをこの年収と返済比率を軸に銀行選びのコツをご紹介していきます。

 

住宅ローン審査における借入限度額で銀行選びに失敗後悔しないコツとは?

一戸建て 選び方

上記の住宅ローンと年収、借入限度額の知識がまとまったところで、実際の銀行選びのコツをご紹介しています。

住宅ローン銀行選びのコツ1.自分で決めるリスク

実際、私は一人で調べてようやくたどり着いた答えをここに示しています。

しかし、ここに記載している情報は、私が住宅ローン審査を通過してから知った事が大半。

ということは、あなたが知識をいくら持っても、銀行に確信を迫る質問をしても無駄。という事になります。

住宅ローン審査には、いくつか銀行による癖があります。

特に、注意しなければいけない項目は、属性という分類。

属性とは、簡単に言えば「あなたの職種」。

職種をどう判断するか関わってしまうため、安泰な仕事もないというのが現実。

だからこそ、銀行選びは非常に重要になるのです。

住宅ローン銀行選びのコツ2 住宅ローンを相談すべき場所選び

こうした内容があるからこそ、個人がネットでいくら知識をつけても限界が発生するのです。

・ネットでA銀行が審査がゆるいと書いてあった

・ネットでB銀行は審査が厳しいと書いてあった

このような表面的な書き込みを信用して、申し込みをして審査に落ちた、通らないとなった時、不利になるのはあなた自身。

では、どうやって銀行を決める方法がいいのか?

それを最後にご紹介していきます。

住宅ローン審査銀行選びに失敗後悔しないコツ

私があなたを住宅ローン審査に通過させる為に確実な方法をご紹介していきます。

それは、いくつか条件があります。

  • 複数銀行に一括で申し込みをする
  • コンサルティングをしてくれる担当者がいる会社を選ぶ
  • あらかじめ属性を相談していく事で的を絞る

こうした条件をしっかり把握していく事が非常に大切。

では、実際どんな所がそんな対応をしてくれるのか?

その方法を、

住宅ローン審査に2回落ちた私が銀行に行かずにローン通過した方法

住宅ローン審査を勤続年数1年未満から準備開始、1年経過すぐに通過させた友人に紹介したフラット35の通し方

以上の2つでより詳しいご紹介をしていますので、ぜひ参考にしてください。

最後に、私からのメッセージを遅らせてください。

あなたが住宅ローン審査のために時間を使うのは無駄な時間?

私が体験した住宅ローン審査はすべて人任せ。

自分で知ったような満足感があっても、以下の状況は、あまり効率的とは言えません。

・あなたが自分で足を運ぶ苦労をして手にした情報

・あなたが実際に書類などを取りに行く、届けるという時間の浪費

あなたはこうした苦労をしても落ちれば全て水の泡。

私は、きっとあなたを住宅ローン審査通過という結果に導ける自信も確信もあります。

ぜひ、信じて行ってみてください。

不明な点があれば、お気軽にご質問下さい。

住宅ローン審査に落ちたこともありますから、あなたの力になれると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ