年収500万住宅ローン3000の計画は無謀

住宅ローンと年収の返済目安を見て、3000万円の額は見えた!

後は、家の固定資産税と毎月必要な生活費さえ何とかなれば大丈夫。

今以上の金利のチャンスの時はないはずだ。

住宅の購入に必要な条件が整えば、あとは購入後はなんとかなる。

月々の返済はいくら?

この響きに人は、お金を借りる前には、必ず金利との計算をしている事が多いです。

そして、貯蓄と支払いのバランスを考えて、車の支払いも考えますよね。

今の収入を考えると、住宅ローンを組む事も借りる事も決して怖いわけでない。

貯金が底をつくような不安を持つ事がないからこそ、住宅ローンを組む決意をする人も多いです。

今の生活が維持できる人もいれば、3000万円の金額を借り、その後住宅ローン返済の毎月の支払いの中で、必要以上の不安を抱える人もいるでしょう。

実際に、住宅ローンを組む前に考えるべきことは何か?

実際に、3000万円借りる借り入れをするほど現在検討中の住宅に金額的価値がある?

頭金を多少用意しても、以下のような現実が待っている。

夫の組んだローン分が約35年。

子育て費用や出産の費用。

住んでからの保育料や貯金。

約一人の子育てに2000万円を必要とすると言われる時代。

保険料や住んだ後の生活が可能な状態になるための相談前の購入する者としての計算は審査だけに限りません。

私自身も実際に、年収500万で住宅ローンを3000万で実行した一人。

この体験から、投稿していきたい記事内容があります。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かし、運営しています。

新築マンション、一戸建て購入体験者。

新築住宅関連企業勤務経験者。

新築注文住宅をハウスメーカーで一度解約して手に入れた今の住宅。

住宅ローン審査に2度落ちた後、通過させた体験者。

住宅ローン借り換えを2年後で成功。

新築祝いのお返し、引越し費用、インターネット回線などを体験。

新築火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約成功。

新築引渡し後の修繕や追加工事依頼経験。

マンションと一戸建てそれぞれのローンを組むという経験をして、実際に支払いをしてきた体験から、注意してほしいことを以下の項目でご紹介していきます。

年収500万住宅ローン3000万は通る?

年収500万住宅ローン3000万注意点

年収500万住宅ローン3000万は無理?

実際に、自分で家賃を支払うくらいの維持費を含めた金額なら、比較しても情報を見ていて怖くない。

土地、家屋の費用をある程度見越した買い物なら、何とかなる気もする。

しかし、現実的に夫婦で子どもを育てる生活を考えていくとそうも言えない現実が待っていました。

年収500で住宅ローン3000万は通る?

年収500万住宅ローン3000万

住宅ローンである以上、まずは、ローンの審査に通るかどうかという点から考えていく必要があります。

年収500万のローン希望では、自分でも実際に3000万出すと、家族であまり愚痴が出ない程度の人気の住宅購入が可能となる物件も出てきます。

では実際に、どの程度の支払いになるのか月々の支払額を見ながら、ご紹介していきます。

年収500万円住宅ローン3000万毎月返済額

年収500万住宅ローン3000万月々返済額

保証料もゼロ。

頭金もゼロ。

融資手数料もゼロ。

金利は年率0.475%。

このような想定で、3000万円をフルローンにした毎月の支払額は、77544円。

この数字が、現実としてどの程度の審査に影響をするでしょうか?

年収500万円住宅ローン3000万審査通過の可能性

実際に、子供もいない状況だとしても、この金額は、住宅ローン審査の利用に有効的な数字と言えるのか?

おすすめはできるのか?

同じ年収想定で住宅ローン相談を利用をした時、言われた銀行担当者からの声をご紹介していきます。

「家族がいない状況で、特に遅延やトラブル等が出ていないようでしたら、特別審査上は問題ないと言えます。」

ある程度の前向きな対応をしてくれるケースが多いと思います。

実際、この情報は、あくまでもギリギリという事ではありません。

しかし、金利の変動等によりこの回答の内容が変わる事もあると思います。

実際に、小学生の子供がいる状況や保育園を利用しているなどの内容があれば、当然家族に必要な実際の生活費を考慮されることもあります。

よって、家族構成の変わる前が本当に審査上では有利になると私は経験からも感じました

 

年収500で住宅ローン3000万注意点

年収500万住宅ローン3000万体験記

実際に私はマンションと一戸建てで住宅ローンを組む経験をしてきました。

だからこそ、伝えたい事があります。

年収500万3000万住宅ローンはマンションではギリギリ

正直、自分で生活をやってみて、同じ500万円世代で家族や子どもがいる方には、私は決してマンション購入というのは現実的にギリギリ又は厳しいと言いたいです。

何故か?

そこまで自分も家族も浪費するタイプではない。

でも、実際にマンションで全支払い金額を想定していくと、マンションの場合、毎月は10万円を超えてきます。

管理費、修繕積立費(数年に1回変わる)、インターネット回線費用、駐車場代、駐輪場代、町内会費。

いろいろな内容を項目がそれぞれマンション生活では、必須になります。

2018年にこの記事を書いているが、決してこの先の将来の金利変動等の差額では補えない負担が毎月かかってきます。

物件を購入して、生活を妻と子供に自由も与えた生活で維持する。

この視点で住宅ローン返済を検討する金額では無いとはっきり言えます。

万が一、ボーナスを当てにして、毎月の返済金額を軽くしても、結果的にはあまり変わりません。

むしろ、賃貸生活と同じと思っているなら、今の家賃を11万円台の物件に住んでいる負担を想定できている人に限ると私は伝えたいと思います。

私はこのサイト管理人の名前の通り、2児のパパをしています。

幼稚園費用、外食費、家族旅行、プレゼント、何でもいい。

生活における家を建てる為に家族との時間や生活に必要な内容を犠牲にしていいものなど何一つ存在しません。

年収500万3000万住宅ローンは一戸建てでは条件次第

一戸建ての物件の場合ではどうだろう!

賃貸と比較検討して思ったのは、やはり光熱費負担の割合が一気に新築で太陽光発電採用に伴い変わったという実感。

やはり、発電効率は年々高まり、そして、光熱費負担が2万円台にならない毎年家計を助けてくれています。

よく新築建売などの物件を見て、毎月の支払目安を見て、あれ?安い!と思う物件も大半は、計画上に、太陽光売電価格での差し引きが出ています。

実際に、太陽光発電やオール電化の採用は、10年以上の採算性が合うまでの期間を要します。

しかし、実際に、3000万の住宅に住み、8万円とは言わないが、10万円から11万円の生活維持費で、水道代などを含めてやっていけています。

この流れを見て、あなたがこのほかに専業主婦に渡す家計や貯金などの生活に関連する資金計画が明確になっているなら、問題はないと思います。

でも、実際には、その必要最低限のローンの支払い以外にかかる費用は目安は決して軽く見てはいけません。

せめて10年

このくらいの期間の試算は絶対必須です。

低い想定ではなく、高い方を想定して買う事が住んだあとに、苦労をしない為のコツだと伝えたいと思います。

年収500万3000万住宅ローン試算必須項目

以下のような内容は、必ずローン審査を受ける前になるべくなら、毎月の引き落とし金額を年間で見比べて計画してほしいです。

水道代

光熱費

養育資金

駐車場代

車の保険料、車検、ガソリン代等維持費。

生命保険や火災保険、地震保険(5年10年の一括に必要な積立金)

毎月の貯金。

スマホなどの端末費用(2年、3年毎の更新費用)

自宅のインターネット関連や衛星放送受信費用。

固定資産税。

あとは、世帯年収が共働きなら、奥さんが今後専業主婦のままになった際の想定。

こうした悩みは最低でかかる費用です。

あとは、車の買い替え、家電の買い替えなど一般的に使われる家電製品の入れ替えに年間いくらの貯金をすればよいか?

このような内容をすべて必須項目として設定し、予算に入れておく。

これが本来の住宅ローンシミュレーションだと私は考えています。

暮らしの支出を除き、ただ単に住宅ローンの金額を入力して、保険料をゼロで入力、他順に固定の毎月支払い額だけを状況に想定しているなら、間違いなく無理がきます。

 

年収500万住宅ローン3000万は無理?

年収500万住宅ローン3000万

私は、実際にマンション、一戸建てで同じような年収500万円、600万円程度の状況で新築を購入しています。

でも、実際の暮らしを振り返ると、決してすべて大丈夫だったとは言いにくい。

無理!と思う事を何度となく、口座残高を見ながら実感する経験をしていました。

サラリーマン、公務員など会社の状況の違いも今の貯金の余裕の割合も当然違いがあると思います。

でも、その預金を今当面の生活に充てることを考えているなら、大きな間違いだと私は伝えたいです。

年齢を重ねて、子どもが大学に進学するまでの余裕が今からの節約で間に合う人生の設計ができる人はそうそういないと思うからです。

年収500万住宅ローン3000万最悪想定

我が家も実際に新築購入後の状況を一変させて、余裕を失うような生活をした人生を味わった原因は、主に会社の給与カットがあった。

ボーナス減額。

昇給廃止。

このようなサラリーマンでは個人がどうあがいても無理がある状況を家を買ったあとに体験した。

こんな家計では、やっていけるわけがない!

こんな気持ちに何度もなりました。

1000万円以上の貯金がある人にすら、私は正直人生においては、高い買い物をする覚悟が必要と伝えたいです。

融資は正直、審査通過も十分にいける範囲。

借りてしまえば、こっちのもの。

このような考え方では、借りて実際に住んで、生活していく中で、結婚生活の中で、現実的な生活をしていける状況になるためには、今後繰り上げ返済もしていかなければいけない。

こんな時期に、以下のような事があったらあなたはどうしますか?

車の事故があって、保険料の値上げや修繕費用が確定。

子どもがこれから生まれ、アレルギーがあり、食費は高騰化。

子どもが勉強したい事が2つ3つと増えて、習い事をやらせてくれと懇願。

いずれも、当たり前に子育ての生活の中では、十分割合としても決して珍しくない知っている情報。

しかし、これら基本を住む前に確認する時には、買えると個人の認識したいあまり、項目に入れることを忘れている人も多いです。

私も実際にそうだったからよくわかります。

年収500万住宅ローン3000万で破綻はない?

私故人の買えたから買ったという経験をしたうえで感じるのは、破綻という響きは決して可能性としてゼロではないと思います。

20代30代の時期に減税などの名を知り、少しでも貯めたお金を有効に使う方法を考えて、中古、新築比較をして買ったつもり。

しかし、これまでにも言ってきた内容をこれから本当に自分の経験していない状況では、信じてくれ!くらいの情報にしか見えない人も多いです。

お金を貯めるのは、子どもができるとそう簡単ではない事も必ず分かる日がきます。

おむつ一つ、食費という項目、たったこれだけでも、今の決まった家計の中で買えるものが、食材の高騰化により、影響を受けている家庭も多いです。

やはり、家計は、これからも住民税や健康保険等の保険料を含めて、基本は上がるという時間が顕著になってきています。

だからこそ、せめて、年収500万で住宅ローンを組んで、その後の生活を安心して送り、さらに繰り上げ返済もある程一定の決まった期間で出来るようになるには、年収の5倍が最も理想だと私は返済比率の割合からも実感しています。

このページでご紹介したかった内容は以上となります。

年収500万の理想の目安や想定。

住宅ローン目安年収500万円審査借入適正や月々返済額と通すコツ

審査準備における大切な知識もご紹介しています。

住宅ローン審査基準年収とは手取り?何倍まで?体験記

年収300万の借入可能額等のシミュレーションについてもご紹介しています。

年収300万住宅ローン頭金なし借入可能額目安

火災保険一括見積もりサイト比較の注意点もご紹介しています。

火災保険一括見積もり|元営業が納得!おすすめ依頼サイト体験記

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ