住宅ローン無理やり通すやり方|3社目で通過!

スポンサーリンク
  • 住宅ローン審査を通したい。
  • 銀行でローンの相談をしてもよくわからない。
  • 金利が安い今が得!
  • 年収と物件の額が合うなら買いたい!

家を買う前に多くの人が注目する情報の1つが住宅ローン審査。

勤続年数が長くても過去の信用情報に自信がない!

こんな人も珍しくない。

融資が通るならどこの銀行でも良い!

こんな人に伝えたいことをご案内していきます。

私が通した一括申し込みの体験もご紹介しています。

住宅ローン事前や本審査落ちた後に通った方法

スポンサーリンク

住宅ローンを通すための準備

 

誰でも何でも借りられるのか?

こんな銀行や金融機関はありません。

融資を受けられるというのは、簡単に言えば、返済が大丈夫と思われる条件をクリアする必要がある。

不動産会社の評価も結果に影響する時代。

現在の自分のキャッシングやショッピング、車等のローンも計算に入ってくる。自分で判断できる範囲で気になる内容があればチェックしておくことは大切。

もうこれ以上見直しは無理!

この状況までたどり着いたら、無理を承知でお願いするためのコツがある。

 

住宅ローン審査前の行動注意

最初に言わなければいけない事がある。

それは、金融機関や銀行の無料相談サービスを使わない事。

これは銀行の担当者から聞かされた話。

「結果的にあの方法は個人のリスト集めにしかなっていない」

借りることができそうな人を相談者の中からピックアップ。

少しでも組める可能性がある人,金融系の事故【異動】などのデータに該当しない人にだけ営業をする。

ちょっとでも難しいと思う人は、他にも借りる方法があることを紹介する。

場合によっては、今お世話になっている不動産会社や業者に相談することをおすすめする事もある。

「人を選ぶための会場に足を運ぶ意味はない。」

むしろ、自分の何が問題なのかチェックしたくなるだけ。話を聞くのも話すのも無意味。

申し込み前はとにかく銀行の金利と優遇条件だけチェック!

無意味を強調したい現実

別に窓口ですべてが判断されているわけではありません。最終的な判断をするのは、銀行ではありません。

第三者機関が本審査でチェックする。もし銀行が無理でも通したいと伝えたとしてもその結果が変わる可能性はほとんどない。

この限界を知っているから、銀行は知識がない人を申込の窓口において数を徹底している。

書類に問題がないかどうか?

営業や窓口は最低限の条件の事しかわかっていない。

あとは、自己資金や手数料や諸費用の説明だけ行う。

あとは事前審査に申し込みをしてくれれば、営業は成績に関係する。

こんな状況に私たちは翻弄されているのです。

 

住宅ローン無理やり通すとは?

 

私自身も自分が体験する前は、必死に本やネットで勉強をさせていただいた。

でもこれって今思い返すと、そのつもりだった。

結果的に通すための基本の考え方は、仕組みをしっかり知ることだった。

  • 年齢
  • 勤続年数
  • 年収と借入希望額(返済負担率)
  • 現在の借入状況
  • 資産価値

こうした内容を調べてマイナスの評価がない状態なら通るんです。

仕事内容より傾向

あなたの仕事は何ですか?

この答えは、あなたの仕事を聞いて何を調べていると思いますか?

その答えは、独自の返済の滞納や遅延があったかどうかというデータ。

簡単な事例を2つご説明します。

事例1

Aさんは、公務員。

でもその銀行が扱う公務員の返済傾向は以下のような事情を抱えている人が多かった。

滞納や遅延する人が多い。

転職して年収ダウンする人も多い。

資産価値を後で査定に出しても支払額を満たす物件が少ない。

こんな過去のデータがあったら、あなたが営業マンなら通したいですか?

嫌ですよね。

こういうことを確認しているのです。

事例2

あなたは仕事が変わったばかりの状態。

全国に展開する大手の会社に勤務先は変わった。

これでもう一安心。

この先は昇進や昇格も時間の問題。

もう次の転職先なんて考えていない。

このように言っていた人も数年経ったら価値が変わる可能性は十分にある。

この価値も時間の経過以前に過去のデータが使われる。

離職率が非常に高い会社。

クレジットカードの信用もあまり高くない。

基準を満たすギリギリの状態。

過去にはブラックリストに入った事も判明。

このような人にお金を貸すのをあなたが担当者なら決断できますか?

嫌ですよね?

こういう情報を精査してこそ、初めて通すことができるのです。

あなたがこの先、自分の条件で通すために何をしなければいけないのか?

この答えをご紹介していきます。

 

住宅ローン無理やり通す体験記

 

私が当時申し込みをした年齢は、30代前半。

基準的には十分通りやすくなる年齢。

年収も500万はあった。

申込金は年収の5倍から6倍。

正直、何か条件的に悪くなる心配は全くしていない。

でも結果はダメだった。

私はこの時、どうしても通す必要があった。

クレジットカードや借金などそれぞれの会社に問合せを済ませた。

その先でどうすればいいのか?を考えた。

そして、この方法を知り、無事通過をすることが出来た。

住宅ローン落ちた後通った方法

スポンサーリンク

このノウハウはいたってシンプルだった。

数社一斉の申し込みをする。

ただこれだけでよかったのです。

本当にそんなことで通るの?

こう思う人は多いはず。

だから、通った後の銀行の担当者の声をご紹介していきます。

強制的に進めなければいけない

一斉申し込みの価値は何?

この答えは、その人が本当に通らない場合でもとにかく早く対応をしなければいけないという条件になること。

ここが本当に重要になった。

全国どこに住んでいても近くに支店がなくてもホームページからで申し込みが可能な時代に変わった。

もうこの先の手続きは、全て第三者が代行で確認する事も可能な仕組みができあがっている。

このサービスを利用するのです。

とにかく通るように会社と会社で話し合う。

そして、少しでも融資の可能性のある銀行で借入をしてもらう。

このような条件を作り出すための仕組みがこの会社だった。

実際に申し込みを済ませた後に、銀行からの回答が早かったことが印象的だった。

まずは無料で申込可能。

借り換えも借り入れも両方を対応してくれる。

私はもう不動産屋に何を言われても信用したくないと思うようになった。

その言葉は結局は営業マンの利益のためにしかなっていない。

だったら、自分たちが通るための最短ルートを歩んだ方が早い。

ぜひ住宅ローン金利の比較を済ませてピックアップが終わったら、一斉審査を利用してみてください。

私が利用した結果としても無事通過しました。

次はあなたの番かも!

スポンサーリンク

このページの先頭へ