住宅ローン金利選び方|変動,固定,フラット35銀行の選び方

住宅ローン審査

住宅ローン審査が通らない!

住宅ローン仮審査に落ちた(通らない)

住宅ローン本審査に落ちた(通らない)

私は全てを体験したくないけど、体験しました!

私の親友は、

・年収300万円、勤続年数1年で見事に私が紹介した方法で住宅ローン審査が通過しました

住宅ローン金利が高い!

住宅ローン借り換えをしたい!

こんな願いも全て含めて、銀行に行ってもムダ!

2016年以降で、

「少しでも早く自分の希望に合う銀行を見つける方法!」

この全てを各記事でご紹介していますので、あなたの希望に合わせて御覧ください。

住宅ローン審査新規申し込みはもう銀行に行く必要も価値もない時代へ

住宅ローン審査落ちた通らない時野正しい対処法

住宅ローン審査について、以下の様な方には、私は自らの体験を通じて銀行に行くな!と伝えたいのです。

住宅ローン審査に1回でも落ちた(通らない)経験がある

・自分の過去に自信がない

・自分の状況が全く解らない

・複数ローンを抱えているが、家を買いたい!

こうした状況の方に、なぜ銀行に行く価値が無いと断言できるのか?

その根拠は大きく分けて2つあります。

1.銀行は、本審査についてはただの窓口係でしかない!

2.あなたが使うのは銀行ですが、あなたの状況で審査の通りやすい銀行は、あなたには探せない

それぞれをご紹介していきます。

住宅ローン審査に自身が無い、落ちた通らない人が絶対に知るべき2つ

あなたの個人データがどうなっているのか?

こんな事をあなたが知るのは意味も何もありません。

住宅ローン審査を通過させる為に最も重要なのは、

そのデータを誰に見せるのが一番通りやすいのか?

つまりは、

銀行が使っている審査機関はそれぞれが違うからこそ、通過しやすい銀行を見抜く事が大切。

これこそが、住宅ローン審査通過最短ルートへのナビなのです。

あなたが真剣に住宅ローン審査を通過させたいなら、絶対にしてはいけないこともあります。

  • あなたがこれから絶対にしてはいけないことは?
  • 住宅ローン審査を受ける前についついやらかしてしまう大失態とは?
  • 住宅ローン審査を銀行に行くより確実に通りやすくする方法とは?

この全てを私は2015年に体験した上で、銀行の担当者から話を聞くことが出来ました

ですから、

各ページに記載している事は全てが実体験に基づく根拠ある書き込み。

ぜひしっかり全てに目を通すつもりでじっくり検討して下さい。

 

住宅ローン審査口コミ信じたら間違っていた!

住宅ローン審査注意点

住宅ローン審査の情報について、

・書き込み

・口コミ

などを情報収集の1つとして参考にしている方も多い現代。

しかし、

住宅ローン審査という情報では、ちょっとこの考え方は危険になる事が多い。

なぜなら、

・年齢も違う

・職種(属性)は不明

・勤続年数や転職回数なども不明

・年収も曖昧

・返済比率不明

・頭金有無や出資者も様々

簡単に審査基準ランキング上位内容を書いていくだけでも、これだけの情報が欠落しているのです。

しかし、結論は書いています。

結果的には、

A銀行は審査が厳しい

B銀行は審査があまい(ゆるい)

などの自分から見えた感想が軸となって評判が完成しているのです。

その情報を検索したユーザーは見ています。

この点は、ぜひ慎重な考え方を持って参考にして下さい。

「では、私が伝えている情報は何が違うのか?」

この点について補足していこうと思います。

住宅ローン審査の口コミや感想と私のサイト情報の決定的な違い

私が書いている情報は、銀行単位の情報ももちろんあります。

しかし、

私は、そもそも属性がかなり難しいという前提条件からのスタートでした。

つまり、

・公務員

・銀行員

・役員

等の属性に不安の少ない職種ではないのです。

簡単に言えば、

あまり住宅ローン審査に強い条件を持った人ではないという事。

ですから、

私から見えた通りやすいという表現は、属性が難しい人でも通りやすいと感じた住宅ローン審査。

という情報として提供できるのです。

この属性については、私の見解ではなく、明確に銀行側から言われた内容。

「属性が理由で、住宅ローン仮審査を落とされた可能性があるから」

こうした情報を持つからこそ、私がご紹介している通りやすいという言葉は、世間一般の難しいという言葉より信憑性を伝えやすいのです。

では続いて、

住宅ローン審査を受ける銀行を個人が探す意味についてご紹介していきます。

 

住宅ローン審査銀行選びを個人がしても時間の無駄?

住宅ローン審査を受ける銀行選びは個人では探す時間の無駄

自分個人でいくら住宅ローン審査における銀行情報を集めようとしても時間の無駄である根拠をご紹介していきます。

住宅ローン審査を受ける銀行を探す時間こそ生命線である

これからご紹介する各記事の一部にも記載をしてる部分もあります。

しかし、

情報を見る前のあなたにも「知っておく価値がある情報」をご紹介していきます。

住宅ローン審査の最優先審査基準は、年齢

さらに、細かい伝え方をするなら、

何歳何か月。

ここまで厳密には分けられています。

つまりは、

月末と月初という条件だけでも、単純に1か月分記入する数字が変わってしまうのです。

この1か月の重みとあなたが金利を調べる時間。

どちらの方が住宅ローン審査における価値があると思いますか?

よって、私の結論は、

住宅ローン審査についての各銀行情報を集める事自体が時間の無駄であるとはっきり言いきれるのです。

「では、何もこうした情報を知らずにどうやって住宅ローン審査を受けるのか?」

この答えこそ、

私が冒頭でお伝えした銀行に相談しない住宅ローン審査となるのです。

 

住宅ローン審査に通るためにあなたがやるべき事

住宅ローン審査を通すために必要な行動

では実際に、あなたが住宅ローン審査通過を確実に勝ち取るために必要な行動をご紹介していきます。

住宅ローンであるがゆえに最優先は?

住宅ローンという言葉である以上物件やリフォームの明確な見積もりや土地、建物の決定!

これがまずは最優先です。

「住宅ローン審査が心配で決断出来ない!」

恐怖感はわかりますが、これでは担保価値が不明となりますので、審査が思うようにすすめられません。

よって、

あなたが少しでも住宅ローン審査通過の可能性を高めたいなら、少しでも早く物件を決める。

これだけは最優先にしておくことを強くお勧めします。

住宅ローン審査前の身辺整理

住宅ローン審査前に徹底しておくべき事を体験からご紹介していきます。

よくある生活の一部で住宅ローン審査に密接に関係する事は、

・スマホなどの割賦販売の残期間や残金

・同じくスマホなどで遅延、滞納歴がある際はその時期の明確化

・クレジットカード使用条件から、キャッシング利用を全てゼロに設定する

・クレジットカード保有枚数が多い場合は、上限4枚までとする

→この時、年会費無料を最優先に切り捨てる(年会費有の方が審査上有利なケースが多いため)

・車のローンやショッピングローンの残期間や残金の把握

・源泉徴収票にて額面上の年収を把握

・自分の勤続年数を何年何か月単位で把握

せめてこの内容を身辺整理として把握しておく事を強くお勧めします。

その根拠は?

全て住宅ローン仮審査申込み時点で必要な情報だから。

よって、

スムーズに記入が出来る自分の状況把握を徹底する。

これがあなたの住宅ローン審査を受ける前に確実に済ませておくべき内容。

ではこの段階までそろったら、あなたの希望する具体的な住宅ローン審査の受け方を選んでいきましょう。

 

住宅ローン審査で選ぶべき選択肢

住宅ローン審査を受ける方法

住宅ローン審査を受けるにあたって唯一あなたが決めておくべき大きな選択肢が1つだけあります。

それは、

フラット35又は固定や変動金利

金利の選択。

しかし、

この金利の選択にも実に様々な考え方があります。

  • 変動の恐怖よりフラット35の金利が下がった事により狙う価値がある点
  • 繰り上げ返済をする予定で行くかしない予定で行くのかの計画性
  • あくまで住宅ローン審査通過を最優先とする考え方

実に人により考え方に違いが出やすい内容。
この点における決断が付かないときには、素直に相談する事をお勧めします。

で、実際にどうやって相談するのか?

それは、

「住宅ローン審査に必要な情報」を全国対象に銀行データを持つ会社に丸投げして仲介依頼する。

これが私が住宅ローン審査を2度落ちた絶望の淵から救ってくれた最新の住宅ローン審査申込み方法。

あなたはまだ自分の情報収集にこだわりますか?

何を信じればいいのか解らないほど情報があふれる現代。

消費者の味方になってくれる企業がある事すらほとんどの人は知りません。

しかし、

私は、たまたまこの方法見つけて、救われたのです。

住宅ローン審査を固定、変動、フラット35様々な選択肢から選びたい方は、

住宅ローン審査に2度落ちた私が通過した申し込み方法

住宅ローン審査をフラット35限定で検討してる方は、

住宅ローン審査に勤続年数1年の年収300万円の親友が通過した申し込み方法

住宅ローン借り換えにより、きつい返済の状況を心配している方は、

住宅ローン借り換えを自己資金ゼロで、無料シミュレーションしてくれる申し込み方法

以上の方法を私がすべて自分の体験や自分の親友に紹介し、実際に見た光景に沿って、ご紹介しています。

住宅ローン審査を受ける前にもうあなたが知るべき情報は無いのです。

あなたが住宅ローン審査に少しでも通る可能性を見出したいなら、

少しでも早いあなたの年齢条件を仲介役の会社に渡す。

これがすべてといっても過言ではないのです。

申し込みを済ませたのちに、

・返済しておくべき内容の明確化

・審査通過をより確実にするための努力すべきポイント

こうした事をしっかり指導してもらう。

これならあなたは無駄な心配も労力もゼロにして、最短で通りやすい条件をしっかり作れると根拠のある行動を取る事が出来ます。

現代社会で、こうしたサービスを提供してる会社は、上記会社以外にはありません。

業界初

業界唯一

この2つの文字がある会社に私は運よくたどり着くことが出来ました。

そして、

念願の新築一戸建てを無事購入する事が出来ました。

 

私が最後に伝えたい新築一戸建てを諦めてほしくない根拠

住宅ローン審査で新築一戸建てを諦めてほしくない根拠

新築一戸建ては、住宅ローン審査が通らない状況では買えない。

でも、

実際に私が住宅ローン審査に2度落ちた時は、正直自暴自棄になりかけていました。

しかし、

その時を乗り越えて本当に良かったと今は思える根拠があります。

それは、生活内で顕著な違いを実感したことから確信しました。

・ハイハイする我が子が寒そうにせずに安心して過ごせる床暖房付にした我が家

・水道光熱費が築20年のマンションで月3万円近かったのに、今では水道代を含めても2万円以下となった家計の節約

・気密性が高い事からエアコンをほとんど使わない冷房病を心配する必要のない空間

・雨音や風の音がうるさくて寝れなかった賃貸生活とは全く違う生活。

・隙間風に悩まされ、衣類洗濯を増やした賃貸とは圧倒的に違う毎日の薄着生活。

全てが、家計を体を妻の家事育児負担を軽くする事が出来た事を改めて実感したんです。

もちろん、我が家という場所ですから、賃貸とは違い、

・上下階の騒音を気にして引っ越しを検討する必要もない

・家賃の変化、解体、オーナーチェンジといった出ていかなければいけない事情を心配する必要もない

・駐車場を探す必要が無い節約生活

・上層階までの階段の上り下りの苦労からの解放

こんな毎日の日課にしなければいけなかった些細ですが、新築一戸建てに住むと格段に楽になる生活の違いも確実に感じられるようになるのです。

ですから、

あと一歩というところまで来ている住宅ローン審査の悩みをもつあなたには、諦めてほしくないんです。

きっと今この瞬間の決断が、未来で、

「あの時、行動しておいて正解だった!」

と今の私と同じ感想を持つ日が来ることを私は確信しています。

ぜひあなたの家族のためにも、あなた自身の老後のためにも、家計のためにも、今をもう一度諦めないでチャレンジしてみて下さい。

きっと、

あなたが私と同じ環境と幸せを手にできると私は信じています。

住宅ローン審査を固定、変動、フラット35様々な選択肢から選びたい方は、

住宅ローン審査に2度落ちた私が通過した申し込み方法

住宅ローン審査をフラット35限定で検討してる方は、

住宅ローン審査に勤続年数1年の年収300万円の親友が通過した申し込み方法

住宅ローン借り換えにより、きつい返済の状況を心配している方は、

住宅ローン借り換えを自己資金ゼロで、無料シミュレーションしてくれる申し込み方法

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。

このページの先頭へ