スポンサーリンク
フラット35住宅ローン審査が甘い銀行
スポンサーリンク
  • 年収300万円台
  • 勤続年数ぎりぎり1年
  • 利用可能な銀行の選択肢が非常に少ない。
仲介として運営されている会社を活用することで複数の同時申込を可能。 店舗型以外の他の金融機関も対応可能。 以下のようなサービスプランを選択可能です。 住信sbiネット銀行 じぶん銀行/三菱UFJ銀行 三井住友信託銀行 みずほ銀行 楽天銀行 ソニー銀行 イオン銀行 三井住友銀行 新生銀行 aruhi 私は窓口や相談会を一切不要にして友人にフラット35審査通過のサポートをしました。 転職してから1年で急遽家を買う理由があった。 上記のような条件でも無事通過した実践体験記をご紹介しています。 勤続年数1年未満から土地と建物を計画しだした私の大切にしている親友。 本来は3年あったら、借り入れ相談の候補も多かったはず。 この方法から、
・審査に自信が無い。 ・審査を受けるほど年収が無いと思ってる。 ・審査を変動金利や固定金利では選べない状況。 こうした方を救う事に繋がると今回の親友の審査通過は確信させてくれました。
「どうしたら審査の通りやすい銀行で審査を受ける事が出来るのか?」 このことだけ考えながら、ご覧ください。 私がご紹介しているのは、6社までの同時申込を可能とする方法を取り扱う日本で最初のサービス開始をした会社です。 それでは、細かな説明をしていこうと思います。 まず審査におけるフラット35の状況について、ご紹介していこうと思います。
スポンサーリンク

フラット35も厳しい住宅ローン審査

住宅ローン審査 フラット35 違い フラット35で組む事自体は、何も特別な事ではありません。

何か特別な知識が必要なのか?

長期金利に心配のある方は、変動金利、固定金利を選択できる方であっても、あえてフラット35にする。 こうした選択肢の方もいらっしゃるからです。 ですから、 フラット35で申し込めば、変動金利や固定金利よりも甘いはず。 正直、この考えは、甘すぎるので、十分注意してください。 次のような行動も正直個人が独自に調べるのは限界があります。
  • 銀行や民間の金融機関、ノンバンク、ネットバンクなどを比較する。
  • ローンの融資を受ける前の詳細を知ろうとする視点。
  • 詳細の金額問題や契約の状態から通りやすいかどうか調べる。
私が解説している内容は、住宅金融支援機構に通った知人が変に銀行を選び得をしようとする前に伝えた。 つまりは、別に関連の知識を持つことが全て良いことばかりではない。 むしろ、知ったことで余計な先入観というデメリットを持つ者になっていく。 同じ時間を使うなら、申し込みをより年齢の項目をチェックされる際に少しでも若い条件で返済予定を立てる方が借りられる可能性が高い。 これが悲しいかな審査の優先順位には年齢という事項の中に完済時年齢が基礎となる。 だからこそ、知識の数や多少の費用を知ったところで本来の最新の通過させるためのリスクを回避していることにならないのです。

2020年はかなり厳しい

2020年より少し前にフラット35を不正に利用したという人たちが問題視された。 この報道は銀行を問わずかなりの影響を与えることになった。 数年前なら、ネットによる申し込みをおすすめする人は多かった。 しかし、一定の期間金利が上昇しないのは、銀行にとっては、変動金利のようにお金が多く入ってくる可能性すら奪っている。 でも住宅の購入者が減少する動きが顕著になれば、地方の信用金庫等は依存するしかない。 こんな状況であれば、当然通りやすくするメリットは何もない。
  • 別に自分たちの商品ではない
  • 担保にする土地や家屋の資産価値も今後はさらに厳しくなる可能性がある
  • 税金の増額に対し、収入の減少により、支払いが困難になる人の増加
全体の市場に対しても、金利が保証されているというのはユーザーにとってのメリット。 しかし、金利を高くすることもできない設定であるなら、資金の少ない地方銀行にとっては、金利の低い自社商品を売りたい。 こういう背景からもどんどん通りにくくなっているのは現実。 住宅ローン審査に申し込みをする人の中でもフラット35の割合が増加しているのも厳しくしている背景になっている。 結局、一般的な会社と不動産は同じ。 競争率の高い商品は、ユーザーに優しい動きにならない。 審査に自信が無い方ほどやりがちな大きな間違いをご紹介していこうと思います。  

住宅ローン審査に自信が無い方がよくやる大失敗

住宅ローン フラット35 甘い銀行 自信が無いという環境の方の中では、圧倒的に多い間違った行動をまとめていきます。

大きな勘違い1.仲良くなる

「人と人という信頼関係の先に、フラット35も通過の可能性もきっとあるはず。」 こんないつの話か分からないような昔話を信じて、通過がかなわない状況になっている方も非常に多いです。 実際、なぜこの考え方が間違いなのか?は根拠があります。 それは、最後は、結局金融機関側の力は、全く無力であるから。 よって、いくら仲良くなって、信頼関係を築いていたとしてもフラット35審査が通る可能性は何も変わらないのです。 仲良くなるための努力をするつもりやしている方は今すぐやめても損がありません。 むしろ、団体信用生命保険の仕組みからも現在の健康を調査されることは流れとして避けられない商品。 であれば、提供されている前提条件を検討することの方が調査をしたり、商品の特性を知るよりも大切になります。 信用情報提供においても所詮サービスとして受付をして仮や事前の段階をクリアにするかどうかだけ。 そのかかる時間は変動や固定よりもかなりかかる。 よって、1ヶ月から2ヶ月以内に通過を考えたい金利最新情報で上昇を気にしている人や中古住宅を欲しい人は、保険と合わせて急ぐことが本来の対策なのです。

大きな勘違い2.頭金

頭金についても多くな方が勘違いしている事が多いです。 頭金なしだと通らないのでは? この心配は全く不要なのです。 その根拠は? 新築一戸建て注文住宅購入頭金目安や平均 このデータをご覧頂ければ、お分かりいただけると思います。 年々頭金なしの方が増えて生きている現実。 ですから、フラット35であるから、より頭金なしには厳しい。 こんな憶測も全く心配ありません。 無理に頭金を努力する時間の方が、住宅ローンの優先順位第1位である年齢に響きます。 買いたい物件がある。 将来の事を考えても今が買い時である そうはっきり言い切れるタイミングであれば、組むべきタイミングであると考えて下さい。

知人が通過した時の状況

ではこうした勘違いをせずに、実際にどのような状態を希望しているのか? 私の親友が受けた時の状況は以下のような特徴があります。 勤続年数1年。 頭金なし。 奥さんの名義も無し。 こんな状況で通過させることが出来るのか? 銀行の各サービス案内に記載のある必要な条件さえ満たせば通る可能性があるのか? この点を詳しくご紹介していこうと思います。  

フラット35住宅ローン審査勤続年数1年で通過

住宅ローン審査の甘い銀行申し込み方法 審査をより確実に最短で通す方法をご紹介していこうと思います。 まず大前提に絶対にあなたにしてほしくない事が1つだけあります。

銀行担当者との面談や相談は損しかない

絶対に銀行の相談会などに顔を出す事をやめて下さい。

絶対に!という言葉を付けたいほど、この内容は重要です。 なぜか?
あなたが個人的に相談するメリットは、全くないから。 その逆に、 あなたという人物を見て、客観的な先入観でマイナスのイメージを持たれては、かなりの損失にしかならないから。
ですから、全くどの銀行でも支店に行く価値が無いのです。 ここがポイントなんです。 審査を通過させる最大のコツは、銀行に直接行かない住宅ローンを申込みする では実際に、どんな申し込み方法なのか?より細かくご紹介していこうと思います。  

フラット35住宅ローン審査が甘い銀行申込方法

住宅ローン審査準備注意点 私があなたにフラット35という条件で通過させる方法である事を確信してご紹介するのは、 ネットで一括で申し込む。 あなたが情報を書きだすのは、金融機関のホームページではありません。 個人情報を渡すのは、第三者機関としてあなたをサポートしてくれる会社です。 つまりは、あなたの条件で通しやすい先を探してくれるサポート会社 これが、私があなたにお伝えしたかった過去ともただのネット申し込みとも全く違う申込み方法。 賢く受けるための申し込み方法について、これまでとの違いをご紹介していきます。

こんなメリットがあります!

過去の方法と言えば、
・1か所ごとに必要書類を届けに行くのが当たり前。 ・各窓口ごとに自分たちの希望をじっくり説明する手間。 ・住宅ローンは事前に相談に足を運ぶ。 ・必要書類を届け、事前の結果を待ち、また本申込のために足を運ぶ。
とにかく時間的手間と労力がかなり必要な作業でした。 しかし、私がこの先でご紹介する申込み方法なら、
・自分たちはネット上に必要な情報を入力するだけ。 ・交渉は全て仲介会社が行ってくれる。 ・必要書類は、全て自宅から郵送やFAXで対応可能。 ・すべての手続きを支店に行かず全国どこの金融機関へも申込み可能。 ・自分たちが気になる申込先を6社まで同時に確認可能。
こうした現代の忙しい会社員や派遣社員、契約社員の方にもより受けやすい環境を用意してくれているのです。 あなたがもし、申込のために行かなければいけないと思って、住宅ローンのタイミングを失っていたとしたら、これほど大きな損はありません。 だって、住宅ローン審査基準の第1位は先ほどもご紹介したように、年齢だから。 1か月でも早い方が、住宅ローンは確実に通りやすさを増します。 住宅ローンにおけるシミュレーションを実際に想定してもらうことは口コミよりもきちんと優遇の条件等を含めて確認ができる。 予想というあいまいな情報からプランを選び単発でのプラン申込をしたときの方がリスクです。 では、私が実際に親友に紹介して、勤続年数1年の年収300万円前半で、フラット35に通過したネット申し込み方法をご紹介していきます。   フラット35申込み方法私が親友に紹介して通った 私が実際に、親友に住宅ローンをフラット35でどうしても通したいから、いい方法探して。 と頼まれて、辿り着いたのが、

誘導ボタン

この方法がなぜ優れていると判断できたかというと、決定的だったのは、借り換えに関するデータをもうすでに申し込み前のページで提示していたことでした。 この何がすごいのか? 一見単純な一つのデータに見えるかもしれませんが、正直借り換えというのは、手数料や取引に関する情報がかなり変わりやすいのです。 この情報を簡単に集めて、紹介するというのは、なかなかできません。 このデータ量を持つ事が圧倒的なデータ量を正確に持っている事の証明にもなるのです。 借り換えを前提とする方に正確に差額を提示する仕事ができるほどのデータ量。 この集積データを持っているなら、個人のニーズにあう先を紹介する。というのは、正直簡単な仕事にすらなってしまうのです。 味方にするには、まさに怖いものなしの状況となります。 私の親友は、正直調べる事もあまり得意としていませんでした。 伝える事もあまり器用ではなく、どちらかと言えば、体力重視系。 こんな彼でも、自分の必要な情報だけを入力して、あとは任せておける審査を受けられたことでかなり安心していました。 実際、彼は、住宅ローンを通過するまでに行ったのは、
・住宅ローン事前審査に対して必要なデータの入力を行った。 ・必要書類をFAXで送った。 この繰り返しをしただけで、担当者に会いに行ったり、時間を取って、どこかの行ったことなど一度もない状況でした。
今のような時代だからこそ、有給を使うのも勿体ないと思う人も多いと思います。 こんな心配も全くいりません。 帰ってからの少ない時間やコンビニでコピーを取ったり、最低限の回数だけ市役所に行けば終わります。 あとは、任せましょう。 あなたがやるべき事はただ一つ。 必ず正確な情報を相手に届ける事。 この点だけは、徹底してください。 曖昧は、いくら見方がいても命取りになります。 あとは、スピード感を大切にして下さい。 これはあなたが1か月でも早い結果にたどり着くことが通過に必要な行動だからこそ重要。 たったこれだけで、あなたが念願の住宅ローンの甘い対象でフラット35の事前審査が通るのですから。 あなたが本気で通過させたいと願うなら、確実にこの方法のみをお考え下さい。 もしあなたに不安や恐怖があれば、お気軽に私にもご相談ください。 実際に、2015年新築一戸建て住宅購入を済ませた私だからこそ身近な存在としてより正確で新しい情報をあなたにお届けできると思います。

人気ランキングによく出るネットバンクも対応

  • 一戸建てもマンションも関係ない。
  • メガバンクでも地銀でも対応を行う事が可能。
  • 自営業でも会社員でも契約社員でも利用可能。
あなたが準備しておくこととしては、以下のような内容がある程度確認するべきこと。 返済負担率を年収から計算。 繰り上げ返済を行った際に一番安い手数料を知る。 保証料や団信の加入は無料で適用がされるのか? もっと大切なのは、以下のような項目。
  • クレジットカードのキャッシング枠やリポ払いを含めて残債をゼロ。
  • 自動車ローン、スマホの割賦販売の適用を受けている人は正確な残債を確認。
  • 転職を2年以上前の人は、正確に入社月と在籍年月数を確認。
当然の事ですが、万が一、確認を依頼されるようなケースが発生した際、シェアした情報と不一致になることは影響を及ぼす。 可能な限り情報化された中での内容は全て履いてに届く内容は1桁単位まで数字に正確性を求められる。 100万円の頭金や貯金をどうこう言うことよりもよほど大事です。 最後には、満足できる家つくりが完成した! こう言えるあなたになることを心から願っています。 補足 あくまで住宅ローンは通過すれば終わりではない。 悪質な返済滞納を繰り返し、最後に破産なんてことになったら何も意味がない。 貸し倒れを防止したい今の金融機関の動きは活発になっている。 どんなプランを選ぶとしても、あくまで完済までは免責の重さは想像以上に重い。 住宅ローン借り換えを10年経過する中で考えなくてよい種類の金利を選ぶことが大切。 だからこそ、金利の種類も1つではなく、変動型、固定タイプなど他のプランの総額なども業界の動向を確認しながら借りる事が重要。 元利均等返済で必ず試算をいくつか出してから長期の計画の上で毎年の年間出費額と申込に必要なコストを確認してから選ぶようにしてください。 あなたが組める対象にたどりつくことが出来たと言える未来にたどり着けるように願っています。 フラット35は、頭金がないと厳しい部分もある。 保障を手厚くすればまたさらに金利は上昇する。 大手の安定していると思っている不動産会社の営業であったとしても一部の説明だけで安心してはいけない。 比較的安易に決める傾向がある人には十分注意をしてほしい。 あくまで雇用形態を問わないし、年収も300万円、400万円、500万円というどの人でも使える。 これらのことだけ来店した人に言った程度の説明が申し込みのきっかけになるのは危険。 まずは甘く考えるのではなく、住んでからの満70歳になるまでの収入と支出のバランスをよく考えて申し込みをすることをおすすめします。 aruhiなどの民間サービスでは独特な申し込みの基準もありますので、注意が必要です。 aruhiの申込はネットと店舗が全く別もの?(知恵袋) 年収における借入可能額の目安についてもご紹介しています。 年収300万住宅ローン頭金なし借入可能額目安や月々返済額 住宅購入準備をしている方向けの情報もご紹介しています。 年収300万住宅購入前の誤認や誤解と成功のコツ この記事の内容は以上になります。
スポンサーリンク