アフィリエイト

フラット35借り換えは手間ゼロ!金利差額で太陽光設置!成功法

フラット35借り換え

  • 住宅ローンの支払いがきつくなってきた。
  • 過去10年以上前に組んだフラット35だから金利が高い。
  • 少しでも金利負担を減らすために住宅ローン借り換えを検討してる。

こんなご相談が、2016年に入ってから、ご相談が多くなってきました。

昇給、賞与なんてもう安定していないなら、しっかり金利を見直す。

私がおすすめする住宅ローン借り換え術をご紹介していきます。

私が実際に売却寸前の考え方から救えた体験記

フラット35支払生活苦の相談

私が住宅ローンを組んだ2015年。

私も選択肢として間違えたと感じた事もあります。

それは、フラット35以上の金利と0.75%の変動金利と固定金利ミックスタイプを選択した事。

この支払方法により支払いをしていて、金利の高さがつくづく感じられたある日、私の元にこんな相談が。

「家って売却するのは難しいの?」

その人は、家族の仲もよい素敵な家庭を築けていると私も思えていた家族の主からの相談。

私は、すぐに、

・離婚するのか?

・転勤族の中でも海外赴任を気にしていた彼の予想が的中したのか?

・住み替えにいい家を見つけたのか?

こんな予測をしていました。

しかし、

実際には、全く違いました。

「フラット35金利が思った以上に子供が大きくなるにつれてきつくなった」

「家も10年以上経ってるし、売ってもいいかと思い始めた。」

彼の買った土地や家は、数年前から徐々に値上がりを始めた市場価値も出る可能性がある地域でした。

私に相談してきた彼からは、

「家族の希望は出来る事ならこの家に住み続けたい」

という事でしたので、必死に調べました。

この結果、

彼はこれから紹介する方法と全く同じやり方で、家を失わずに済みました。

徐々に増え続けるこうした現代の悩み

フラット35金利に苦しむ生活から解放されたい!

固定金利が高い時期だったから、困ってる

こうした願いは、決してあなただけが持つ悩みではありません。

土地の価値が上がるのは嬉しいが、固定資産税の増加で一層苦しくなった生活費。

こんな方もぜひこの先に紹介する「住宅ローン借り換えで今の金利から解放される方法」を参考にして下さい。

ではまずは、

フラット35金利の高さと支払の悩みを抱えた方の多くが間違った行動を起こすパターンをご紹介していきます。

 

住宅ローンの中でもフラット35金利見直し検討者がやりがちな大きな間違い行動!

住宅ローン借り換え失敗後悔の多い原因行動

住宅ローンを借り換える時には、まずは銀行へ。

当たり前に見えるこの行動は、私から見たら、失敗後悔への序章

何故か?

銀行からすれば、審査をしなければ何も解らない状況。

「借りる銀行も絞ってやる気を込めて足を運んだのに、そっけない対応に頭が来た!」

こんな結末になるのが、通常なんです。

今後は、

住宅ローンアドバイザーという人たちも徐々にいなくなる可能性もある銀行窓口。

「賢く住宅ローンの借り換えを行う方法」

知っている人だけが得をする時代!

まずは、銀行に行くという「住宅ローン借り換え相談の流れ」を断ち切る勇気を持って頂きたいと思います。

ではどうすれば良いのか?

私が、このページをご覧の方に、初心者でもわかりやすくご紹介していきます。

 

あなたが住宅ローン借り換えで叶う可能性がある未来

住宅ローン借り換え成功で叶う未来

住宅ローン金利を心配しながら生活している方の多くがこんな悩みも並行させているのをご存知ですか?

外構を手入れしたいのに出来ない

車の買い替えを節税を含めて検討したいのに、ローンの不安がある

新築で買ってから手入れやリフォームやメンテナンスをしたいけど繰り上げ返済に追われて手が付かない

こうした悩みを抱えながら、住宅ローン金利と生活の圧迫をずっと抱き続ける現代の悩み。

この悩みは、

こんな未来に変わる方も居るんです。

住宅ローン借り換え

どうですか?

住宅ローン借り換え1つで、

・叶えられなかった太陽光発電。

・当時は、高くて手を付けられなかった外構工事

こんな事も十分に可能になる可能性があるのが、フラット35以外も含めた借り換えの魅力

大きな金額が節約できなくても、

・生活費の軽減。

・子供のお小遣いの増額。

・貯蓄の安定化。

些細ではあっても、「ちりも積もれば」こそ、家計節約の柱。

だからこそ、

可能性があるのに、見送る選択肢のもったいなさを知っていただきたい。

この思いから、私は、住宅ローン借り換えの相談に対しての答えをご紹介していこうと思います。

でも、

「住宅ローンの借り換えなんて、どうせ手続きにお金が必要なんでしょ?」

「住宅ローンの借り換え手続きなんて、面倒くさそう」

この誤解をしている人もかなり多いのが実態!

私がご紹介する住宅ローン借り換えは、そんな誤解や悩みすら簡単に解決できるんです。

 

住宅ローン借り換えについて勘違いから行動できない人の大きな損益

住宅ローン借り換え費用の心配をしないやり方

住宅ローン借り換え手続きに、時間もお金も必要なのが当たり前!

こんな先入観から、住宅ローン借り換えを見送っているのなら、私はあなたを全力で引き止めます。

もうそういう時代ではないのです。

  • 住宅ローン借り換え費用で数十万用意するのはもう必要ない
  • 銀行で相談すれば必要な手続き費用が要らない申込方法がある
  • あなたはまずは、返済予定表を手元に用意するだけ

こうした実態をまだ多くの方は、知りません。

特に、

・10年以上前のフラット35金利に悩む世代。

・フラット35を契約したら借り換えは出来ないと思っている人。

・住宅ローン金利比較は、情報が少ないからどこに頼めばいいか解らない。

こんな悩みを持ったまま現状で住宅ローン審査を通過したことだけに満足を留める。

私は、この人達に声を大にして教えたい。

住宅ローン借り換えに自己資金はゼロで出来る方法があること。

住宅ローン借り換えはまず金利と返済状況だけで、無料で相談が出来る事。

住宅ローン借り換え候補はもうあなたが考えなくても良い時代であること。

良いですか?もう一度言います。

自己資金ゼロで、あなたは返済計画書を手元に用意しながら、見積もり依頼を取る。

たったこれだけで、

あなたが将来も悩み続ける可能性があるフラット35金利の悩みから開放されるチャンスがあります。

では、この具体的な方法をご紹介していきます。

 

フラット35借り換えに必要な手続き!もうあなたは何もしなくて良いんです

住宅ローン借り換え手続き方法

住宅ローンは、もう新規も借り換えも銀行不要の時代!

私が、あなたの未来で、住宅ローン金利の負担を軽くする確実な方法をご紹介していきます。

住宅ローン借り換えは銀行候補選びのみ。

実際に、あなたにやっていただくことは、ものすごく簡単。

住宅ローン借り換え希望先を候補をピックアップして診断を受ける。

ただこれだけなんです。

そもそも、

あなたの返済状況と金利から各銀行を深くリサーチするのは個人には、到底難しい問題である。

だから、第3社専門機関で、仮審査候補を伝えるだけ!

あなたがやるべきことは、その候補選びだけでいいんです。

・あなたが深く銀行の情報を調べて知らない事を見つけ出す時間の方が無駄。

実際に、借り換えを希望してる方に最も重要なのは以下のような要因。

・申し込み時の年齢(何歳何ヶ月単位)

・申し込み時の昨年の年収。

・現在の返済金額と手数料を引いた差額。

このような情報が大切ですし、所詮準備出来ない事もあります。

・抵当権抹消手続き

・抵当権抹消に必要な書類手続き

このような内容は、個人では難しいので、調べていくとわからないことになりやすいのです。

こんなフラット35申込時とは異なる手続きを全て自分で知ってから申し込みしてたら、年齢や条件が悪化するだけ。

勿論、借り換えが失敗する場合は、全て手続き費用は無料!

どうですか?

あなたはまだ住宅ローン金利や返済計画と月々の通帳を確認し続けますか?

住宅ローン借り換えを迷う未来

もうこんな悩みからそろそろ開放されても良いじゃないですか?

私がご紹介する方法は、

新規住宅ローン申し込みを含めて、数多くの方が審査通過に成功しています。

住宅ローン借り換えは、最初から申し込み前提でなくてもいいんです

住宅ローン借り換えシミュレーション

実際に、私自身も2015年に新築一戸建て住宅ローン審査を苦労して審査通過を勝ち取った一人。

ですから、あなたの住宅ローン借り換えの焦り、不安、憤り、手に取る様に伝わってきます。

私は、住宅ローン審査に2度も落ちたんですから。

こんな経験を実際にしているからこそ、

私が紹介する方法は、必ずひとりでも多くの人が困難から脱出できる方法でなければいけない。

こんな使命感も持ちながら、ご紹介しています。

でも、借り入れをするときも、借り換えをするときも住宅ローン審査というのは精神的にもつらい日があります。

そこで、私が最初にあなたに経験してほしいのは、仮審査は銀行を使わないという選択。

  • 最初から手続き費用を心配しなくていい。
  • どのくらいの差額や月々の返済額に差が出るのかを知る。
  • 最短でいつから支払変更は可能なのか?

こうした最初の情報をしっかり手元に取り寄せてほしいんです。

だって、審査を申し込んだのに、結果は高くなってしまった!

こんな事になっては、元も子もありませんから。

私が知人に相談を受けた時も、実際にまずはシミュレーションをしっかりしてもらう事から始めました。

彼は、

月5000円以上差額が発生した事がきっかけで、20年分の住宅ローン借り換えを決めた。

こうした決断に至りました。

あなたがもし、この方法に興味をお持ちでしたら、

誘導ボタン

が答えをくれます。

あなたも必ず

「住宅ローン金利から生まれた返済地獄と感じる日々から開放される」

と私は確信しています。

PS

この方法は、

業界初!となる知っている人しか取り組んでいない方法です。

消費税増税後の不安を抱える未来より、今の残債が1円でも多い時だからこそ、検討してみる価値はあると思います。

さらに、

  • 無料でシミュレーションをしてくれる
  • そのあとに、希望があれば事前審査。
  • 最後まで安くならない状況なら、手数料は無料。

こんな条件を全て提示しているのです。

事前審査に申し込みする前にお得かどうかを知る。

これは、未来でも銀行では決して見る事が出来ない内容。

だからこそ、

自分の時間を大切にして、より的確に最短で、さらに手間をかけずに住宅ローン借り換えに最適な銀行を探す。

この最短ルートは、私がご紹介してるこの方法であると確信しているのです。

誘導ボタン

あなたの住宅ローン返済の悩みが解決に向かうことを心から願っています。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

このページの先頭へ