ウォークインクローゼット1畳の使い方の失敗典型例と対策準備

新築間取りで収納で広い場所が欲しい。

家の土地的には広いわけではない。

玄関は最小のシューズ収納向けの棚スペースが限界。

部屋の中にも収納があるが、まとまった荷物を置く場所がない。

このような時におすすめとしてウォークインクローゼットを紹介された。

でも必要な荷物が本当に1畳のスペースで入るのだろうか?

どういうことに注意したら便利に活用できる?

このような相談をリアルにいただきましたので、記事でご紹介していきたいと思います。

ウォークインクローゼット1畳の使い方について、このページにご訪問いただきありがとうございます。

ウォークインクローゼットについてはこれまでに以下のような内容をご案内してきました。

ウォークインクローゼット2畳の使い方と引き出し

ウォークインクローゼット扉なしでほこりは大丈夫?新築間取り失敗注意点

ウォークインクローゼット折れ戸

ウォークインクローゼット折れ戸と引き戸の選び方注意点

ウォークインクローゼット何畳から

ウォークインクローゼット何畳からかは重要ではない根拠と考え方

ウォークインクローゼット扉なしとほこり

ウォークインクローゼット2畳の使い方で多い失敗原因と注意点

ウォークインクローゼット三畳収納

ウォークインクローゼット三畳収納注意点実例画像付

ウォークインクローゼット明るさとled

ウォークインクローゼットの明るさとledダウンライト選び方注意点

ウォークインクローゼットコンセント必要性

ウォークインクローゼットコンセント追加工事体験記

ウォークインクローゼット欠点

ウォークインクローゼットの欠点|新築間取りメリットデメリット

ウォークインクローゼットに桐タンス

ウォークインクローゼットと桐たんす配置の注意点相談体験記

ウォークインクローゼットに衣装ケース

ウォークインクローゼットと衣装ケース相性や選び方注意点

ウォークインクローゼットの悩みをまとめてご紹介しています。

ウォークインクローゼットアイデア

ウォークインクローゼットアイデアまとめ新築購入体験ブログ

洋服が多い家に収納スペースを作る良い方法。

壁を活かす収納方法。

インテリアコーディネートとしてもハンガーだけを使うというまとめ方に優れた間取り。

このような考え方や使い方として扉を持たない寝室への収納ポイントとして一戸建てよりマンションが先に採用をし始めたのがこのウォークインクローゼット。

ウォークスルーなどの構成も同じような感覚。

角部屋に採光を活かしたスペース作りとして作られた。

こうした感覚が新築一戸建てで間取りを作る際にも上手に部屋と廊下のバランスから余ったスペースを活用する意味でも多くの会社が採用している。

しかし、1畳。

この広さを使い、扉を使えない時、本当にリビングにあるような余分な荷物も含めて収納が可能でしょうか?

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、自分の以下の経験を活かし、運営しています。

私の体験は、以下のようなものがあります。

元住宅関連企業勤務経験者。

一級建築士,内装業などの身内に囲まれた環境。

そして、以下のような経験をしてきました。

新築マンション、一戸建て両方の購入経験を持つ。

一度注文住宅のハウスメーカーを解約するほどの悲惨な打ち合わせの経験をする。

住宅ローン審査にメガバンク、第三地銀等3回落ちた経験を持つ。

住宅ローン審査を銀行相談を一切せずに通過させた体験者。

2017年に審査通過から2年目で住宅ローン借り換えに成功。

火災保険は元保険営業の妻に助けられ節約に成功。

新築祝いのお返しを専門サービスを使って満足ができた経験。

引っ越し見積もりも時期や会社との交渉スキルを学ぶ事で安くした経験。

新築インターネット回線もスマホ回線等の活用を含めてプロバイダ契約を含めてかなりの節約に成功。

新築購入後の固定資産税納税等の変化を見てきた体験。

カーテンや外構工事などは全て打合せで決めず、自分たちで独自に発注して節約に成功。

このように、住宅業界の中からも購入する側としても体験をしてきました。

そして、現場の知識を使った意識と新築間取りを自分たちも経験したからこそ伝えたい住宅購入における問題を抱えた時の解消法をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

結果的に家を作るという時、間取りは住みやすさを追求する事が最優先だと私は考えています。

寝室に備える事が多いウォークインクローゼット。

当然奥行きとしても実際に使えるスペースが1畳で作った時、何をどう使って置いておくものはどこまで絞り込むのか?

こうした考え方を私なりの意見としてご紹介させていただきます。

今回の記事で、ウォークインクローゼットの1畳の使い方について、以下のような項目でご案内していきます。

ウォークインクローゼット1畳の使い方の基本

ウォークインクローゼット1畳の使い方の応用

ウォークインクローゼット1畳の使い方の注意

何を配置して何を収めて、どうインテリアとしておしゃれに見せるのか?

どうせ使うなら、やはり自分のお気に入りのスペースの一つにしたいですよね?

そんな時に、気を付けてほしいことをご紹介していきます。

ウォークインクローゼット1畳の使い方の基本

ウォークインクローゼット1畳使い方

そもそも1畳。

この広さを考えた時、服をハンガーを使って収納するという考え方も必要になる。

さて自分がこれからウォークインクローゼットとして期待する時どこまでの期待をしていいのか?

この場合の基本的な考え方をご紹介していきます。

ウォークインクローゼット1畳の使い方1.収納のカタチ

ウォークインクローゼットと言えば、上の画像のようなハンガーパイプにたくさんのハンガーというイメージを持つ方も多い。

しかし、畳1畳というのは、90cm×90㎝の正方形を2つ合わせた大きさ。

つまりは、180㎝×90㎝という広さを使うイメージになります。

このスペースにハンガーラックを使い、ハンガーに衣類をかけた収納を使うとどういう状況になるのでしょうか?

ハンガー1つで洋服ダンスをイメージして頂くと、奥行きはおおよそ60㎝というサイズが多い事が分かります。

つまり、人がそのスペースに立ち、自分が出し入れを出来る分のスペースは使っていけるのが30㎝あまりという広さになる。

このスペースを使って何をどう日常の動作として生活動線を考えるべきなのか?

これが実際の生活をイメージした際に作った後に失敗後悔をしない為の注意点になると私は伝えたいのです。

ウォークインクローゼット1畳の使い方1.収納物

ウォークインクローゼットの中には、以下のような情報を盛り込む事が可能となっています。

・カゴの形式となるような棚を設置。

・ラックのような棚を設置。

・引き出しタイプの収納を設置。

あとは、ハンガーの下を上手にサイズに合わせて衣装ケースを入れるなどの方法もあります。

しかし、同じスペースを使う際に、何用に用意をする?

この答えが決定していないと、そもそも何も始まらないのです。

同じスペースにも以下のようなサイズがバラバラな上、幅も入れる時の状況も違う商品が家の中には多数あります。

  • 衣装
  • 家の中の使わない季節家電
  • スポーツ用品
  • 書類などの収納ボックス
  • 姿見用の鏡
  • 子供の思い出の品
  • 照明の予備

どこか住宅の中でのアイテム収納として、納戸替わりという感覚を有する場合も土地の広さや家の坪数にもよって変わってくるのがウォークインクローゼット。

何用なの?

別に決まってない。

ただ何となくお金を合わせて片付けやすくなる間取りプランを聞いたら、別に家具置く必要がなくなるからってウォークインクローゼットが提案された。

こんな会話が実際に私の今回の相談者からの話しで聞くことが出来た。

このような方はたくさんどこの地域でもいると思う。

でも、この選び方は正直誤算が多いと私は心配する。

家具を置く事を回避する用にウォークインクローゼットは配置されたわけではない。

そもそも寝室に収納スペースが難しいという設計上の間取りの限界に対し、より快適な収納スペースを配備して、できるだけ入口の扉に干渉を受けないスペース。

このような合わせが実現したのがウォークインクローゼット。

どこに何を置き、どういう使い方をすれば自分たちの作業に余裕が生まれるのか?

この日常の動作の効率を夫婦の体型や身長、くらいに簡単と思われる衣類の収納方法。

こうした事を踏まえたアイデアを会社と選ぶ事がとても重要になるのです。

 

ウォークインクローゼット1畳の使い方の応用

ウォークインクローゼット1畳の使い方

同じ壁を使い、高さの違いを持つ衣類を収納する。

当然夫婦でも男性と女性のサイズで高さも幅もも違いますよね?

女性の場合は、形もポンチョやワンピースなど男性にはない形状の衣装が多数ある。

一方男性では、ケースなどには納めにくいコートやアウターなどはパイプが無いと厳しいとなる商品もある。

このような事から応用するという考え方の中では、必ず意識してほしい事があります。

ウォークインクローゼット1畳使い方応用法1.区分け

上記の画像も完全にそれぞれのブロックごとに区分けがされている実例の型と言えます。

まずは、幅を最大限活用する使い方を考えなけれ場行けないのです。

その上で、出来るだけ使い勝手を良くする空間を手掛ける住まいのコツは、ハンガーパイプの上に棚を用意して使うという方法。

狭い空間ほど、上のスペースのゆとりは大切な収納スペースになる。

実際に、家族の中でも使わない説明書やら空き箱などの保存スペースの確保に使うことも可能。

他にもバッグなどに応用することも!

ウォークインクローゼット1畳使い方応用法2.色

そもそもウォークインクローゼット1畳に使うのは多色。

衣類、バッグなどいろいろな色が入り込む。

この光景を全てハンガーに掛け、見せていくと、他の色の力が強すぎて、あれ?ごちゃごちゃしてない?と思う生活が待っているケースも多い。

特に、靴やバッグを入れた時やデザインの柄が多い衣類を見えるようにおけば、当然このように見た目は異色だらけの空間になっていく。

つい、入るなら入れておけばいい。

こんな感覚になってしまうケースも多いのですが、やはり色をできるだけシンプルにまとめる。

この点を意識して、ウォークインクローゼット1畳の壁の色は白にしておくことを私は強くおすすめします。

こうすれば、つい手がふさがり、照明スイッチに手が届かない時にも自分の目で明るさを確保しやすい利点もある。

白で統一された棚や壁なら、衣類の色も目立ちやすい。

こんな活用法をしていただければ、収納スペースにおけるインテリアのスタイルも幅広い感じに仕上げられると思いませんか?

 

ウォークインクローゼット1畳の使い方の注意

1畳ウォークインクローゼット使い方

確かにハンガーラックも用意した。

衣類をかえてることに使用している事は不自然でもない。

でもちょっとこんな使い方をしているととても危険な感じを受けるのは私だけですか?

正直、私もかなり服が大好きな性格。

室内の配置に対しても衣類は全て出入り口からの配色を明るい色から暗い色に並べ替える感じが好きです。

このような中で、衣装の配置について、長持ちさせるための使い方として注意してほしい事があります。

ウォークインクローゼット1畳の使い方注意点1.ハンガー本数

今回の上の写真はまさに使用の方法としてのスタイルで私が最も苦手なタイプの1つ。

この収納の何が間違いなのか?

衣類の収納というのは、程よいゆとりが空気の循環を生み出します。

お店をちょっと覗いてみれば、その差は一目瞭然なはず。

衣類は摩擦により劣化していきます。

当然、案内をしたい店員にとっても商品を隣の商品と絡ませながら取るなんて事をしたら展示品が全く売れなくなってしまいますよね?

つまり、配置における注意は、丈の長さを統一させる事。

商品の出入りを妨げないある程度のスペースを上手く確保する。

これが最低でもしっかり決められていると信じたい。

購入する時に店内を移動して選ぶ時の事例を頭でイメージしてみてください。

きっと、どのタイプの商品も後ろの壁が周辺のアイテムが隙間をあけて配置されている事をイメージできると思います。

これとまさに同じイメージがアパレル系のアイテムを少しでも長持ちさせるための秘訣でもあります。

こうした環境を住宅の中でもやはり注文住宅である。

自分たちがしっかりある程度希望を伝えられる。

だからこそ、やはり写真のようなタイプにならないよう注意していただきたいのです。

ウォークインクローゼット1畳の使い方注意点2.L字やコの字

畳1畳分のスペースにまさか提案は無いと信じたいですが、ウォークインクローゼットの中のハンガーパイプ配置には以下のような形状があります。

コの字型

ウォークインクローゼットコの字

L字型

ウォークインクローゼットl字

このような形状を採用する事は何が悪いのか?

結果的に自分たちの動線をイメージしてください。

コの字もL字も必ず商品同士が干渉しやすいスペースが生まれる事が分かると思います。

人が動作をしてはいるという時、出来るだけ余分な物には手を触れずに自分の欲しいアイテムにたどり着く事が大切。

特に夏の汗ばむ季節の話なら、当然、自分の体についてる汗などを衣類にめぐらせる状態になりますよね?

湿気も同様です。

衣類同士が放つ内容も干渉スペース部分にはたまりやすい。

当然、目で見えるような感覚ではなくとも、高さの違う棚を設ければ、湿気は下に溜まっていく。

このような状況に着替えをする時にはその棚に自分のこれから着る衣類を置くのです。

女性から考えてみて頂ければこのような部分に自分の衣類を置くデメリットを想像が出来ると思います。

洗面所で汚い洗面台に清潔なコンタクトケースや化粧ポーチを置く感覚と同じですよね?

これが自分の建てる家での先でやりたいことでしょうか?

やはり、ウォークインクローゼットは、出来るだけ使う人が一定の位置で立ち、その先で無駄な注意を数多くしない。

この考え方を大前提として高さもモノの量も調整して頂きたいのです。

無駄なアクセントは不要。

照明をつけて、ドアを付けるなら、簡単にドアを開閉できる環境。

子供が遊べない程度の最低限のスペース。

せっかく話題にもなってるウォークインクローゼット配置までたどり着けた。

だとしたら、その先に一番考えるべきは、納めた商品を取り出す自分の行動イメージではないでしょうか?

ただ単に、取り入れ、自分たちが取り付けた余分なアイテムのせいで、現在の生活より効率の低い配置になってしまっては意味がない。

我が家にもウォークインクローゼットはあります。

しかし、その中の場所に収めるべき対象物は部屋を決める前にすべて以下の測定を完了させました。

高さのもっともある妻のワンピースやロングコート。

肩幅の最も広いコート

バッグを収納させる上で、出来るだけ形状をそのままで保った際に必要な奥行きと幅。

このような寸法をまずはリスト化します。

そして、さらに、かさばる衣類にも注意。

セーターやカーディガンなどの秋冬の厚手の衣類はたたむと高さがどのくらい必要なのか?

これにより、引き出しに使う高さを選択。

さらに、下着を入れるための幅、奥行き等も前提を設定。

その後、+αで避ける事が出来る最小化スペースの寸法間をまとめる。

ここまでして置けば、とりあえずの中での通路や異動、動作。

この3つを確保して、さらに自分たちの州の予定の商品は確実に部屋に収める事が出来るのではないでしょうか?

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ