玄関吹き抜けと階段で光の犠牲になるリスクやデメリット注意点

スポンサーリンク

解放的な玄関スペース。

広く明るい玄関は家に入った時にテンションを上げてくれる空間になるはず。

モデルハウスなどで初めて吹き抜けのある玄関スペースを見ると、多くの人が憧れを持つ事も多い。

確かに天井がないだけでもその空間は窓があって光が入ればさらに魅力のある部屋に見える。

玄関ホールの中にも、壁、床、照明、階段、室内ドア、シューズクローゼットなどさまざまなインテリアを設置する。

こうした必要な家具やアイテムにより中のスペースが狭くなりやすい感じを緩和してくれるようにも見える。

そして、玄関と会談をセットして空間にはさらに魅力を感じているご家庭も多い。

2階にすんなり上がれるという事が生活動線上にも役に立つはず。

こんな気持ちになっている方にぜひ注意していただきたいポイントをご紹介していきたいと思います。

これまでにも吹き抜けについては以下のような内容をご紹介してきました。

30坪間取り吹き抜け

30坪間取り吹き抜けありなしの失敗と成功の違い

玄関吹き抜けおしゃれのポイント

玄関吹き抜けでおしゃれと引き換えに背負うリスク

リビング吹き抜け間取り

リビング吹き抜け間取りの失敗後悔注意点まとめ

吹き抜け窓カーテン必要性

吹き抜け窓にカーテンは必要?近隣条件と設計注意点|現場経験者が解説

吹き抜け窓ロールスクリーン

吹き抜け窓にロールスクリーン選び方注意点|業界経験者の声

吹き抜け窓外観と生活感

吹き抜け窓外観バランスに多い誤解や注意点

吹き抜け窓掃除業者おすすめ

吹き抜け窓掃除は業者依頼?設計前の選び方注意点

吹き抜けのある家の間取りにオススメの設備

吹き抜けのある家お勧めの設備

吹き抜けのある家の間取り調べ方注意点やお勧めの設備|現場経験者が解説

一方で窓のサイズについての悩みも多いんです。

リビング窓大きい注意点

リビング窓が大きいメリットと注意点|現場経験者が解説

リビング窓小さい

リビング窓小さいメリットと注意点|元現場担当者が解説

リビング窓外からの視線対策おすすめ4つのこだわり一戸建ての工夫

リビング窓配置やサイズ選び方新築一戸建て設計注意点

窓の外観で失敗防止注意点|注文住宅体験記

新築玄関関連記事一覧。

新築玄関広さ

新築玄関はどのくらい広さ必要?世帯人数や想定不足解消法web内覧会

新築32坪間取り南玄関比較時失敗後悔注意点

玄関の色に風水を取り入れるアイテム

風水玄関色東西南北対応可1000円以下のおすすめ【画像付】

新築玄関鏡風水意味

新築玄関風水方角|収納と鏡実践記

新築玄関の向き失敗後悔注意点

新築玄関向きは間取りの優先順位で高い?

玄関土間収納必要性新築

新築玄関土間収納必要性|位置や広さの選び方と活用法

玄関ドアについて多い悩みや注意点。

玄関ドア色選び方注意点

新築玄関ドア色選びとセキュリティリスクの落とし穴!

新築玄関ドアに網戸は必要あるのか?

新築玄関ドア網戸必要性やデメリット|体験記

新築玄関鍵オートロックデメリットと電子錠種類や比較体験記

新築一戸建て注文住宅玄関ドアの色やサイズ

三協アルミ玄関ドア価格新築購入体験記

三協アルミ玄関ドア価格や鍵|プロセレーネ使用感想

玄関ドア鍵交換

玄関ドア鍵交換費用相場から新築時選び方後悔注意点

玄関周辺のタイルやアプローチなどの選び方。

屋外用の玄関マット

屋外玄関マットおしゃれに潜む後悔注意点

新築玄関アプローチ砂利とコンクリート比較体験記

新築玄関アプローチは砂利,コンクリート選び方WEB内覧会

新築一戸建て玄関照明人感センサーLED

新築玄関照明人感センサー付き屋外連動や北欧や和風照明の工夫

新築玄関タイル色実例画像WEB内覧会

新築玄関タイル色選び方の注意点|web内覧会画像付

新築玄関についても、14項目に分けてそれぞれの対策やポイントもご紹介しています。

新築玄関失敗と対策まとめ

新築玄関失敗原因14項目の注意点と対策法まとめ|Web内覧会画像付

狭い暗いなどの対策

新築玄関暗い工夫失敗後悔

新築玄関暗い失敗後悔対策おすすめアイデアWEB内覧会画像付

玄関照明スイッチの配置や高さ。

新築玄関照明スイッチ位置や高さ配線計画注意点

新築玄関土間収納。

新築玄関土間収納必要性|位置広さ選び方

玄関のおしゃれなインテリアの考え方

新築WEB内覧会動画付|玄関広さやおしゃれなインテリア工夫

私の家の間取りにはどこの空間にも天井がある総二階を建てました。

私のサイトは、新築一戸建て購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を活かし情報を公開しています。

新築、リフォーム等累計100棟以上の現場に関わった現場経験。

新築マンション、一戸建て注文住宅購入経験。

住宅ローン審査に計3度落ちた体験。

銀行、金融機関に一切相談しないローン審査で通過。

ローン返済開始後2年目で借り換えに成功。

新築カーテン,火災保険,外構,インターネット回線,引っ越しなどすべて提携先を使わず、節約に成功。

新築購入後の挨拶まわりや新築祝いのお返しなどの経験。

購入後のアフターフォローサービスや追加工事依頼経験。

現場側で培った知識と購入する時に必要と感じた間取りや収納などの考え方。

この2つをうまく融合させた上での家づくりをご提案しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、玄関の吹き抜けに階段の位置もセットで考えたホールのある間取りにおけるリスクやデメリット注意点を以下の項目でご紹介。

玄関吹き抜けと階段セット失敗原因

玄関吹き抜けと階段以外の注意点

玄関吹き抜けと階段の魅力の探し方

自分が住みやすい家を作るという事が非常に大切になる注文住宅の間取り設計。

確かに外観や内装がお洒落な事も大切。

手すりや照明で明るく華やかなイメージにあこがれを持つことも多い。

しかし、購入した後の自分の生活に多い悩みを解消する方法としてご紹介していきます。

玄関吹き抜けと階段セット失敗原因

吹き抜け玄関と階段

まずは、建築設計の上で、玄関を吹き抜けにした状態にさらに階段もすぐに配置した間取り設計で何が失敗となるのか?

よくある購入した人のリフォーム相談からご紹介していきます。

玄関吹き抜けと階段で寒さ倍増

最も多い生活の悩みは、寒さ対策を必要とするという悩みを抱える人が多い事。

具体的には以下のような相談が増えます。

  • 階段の手すりが冬は冷たすぎてつらい。
  • 冷気が下にくるのがすごく伝わって床も冷たい。
  • 夜お風呂に入って玄関に行かないと2階に上がれない生活が辛い。

生活動線として考えても、夜間に玄関を温めているお住まいは少ない。

当然その場所に階段があれば、寒くても2階に上がるためには使うしかない。

このように、生活動線と冬の生活というシーンを考えた時、寒さの体感しやすい設計になりやすい。

これが最も多かった相談の一つ。

玄関吹き抜けと階段で気が抜けない

いつ玄関から人が来るのかわからない。

単純に生活の中で来訪者がどのようなタイミングで訪れるのかは不明。

サポートや宅配便など生活の上では必要な玄関での確認をする作業は増える。

マンションであれば、のれんのような対策で中の様子を隠すこともしやすい。

しかし、一戸建てで吹き抜けプラス階段に廊下もある場合は?

☞2階にいる人の様子も廊下を含めて丸見えになってしまうリスクも抱える。

このような新築注文住宅の雰囲気としてのおしゃれをイメージしたことが生活面での犠牲を伴う。

これが建てる前に見た雰囲気だけを楽しむモデルハウスから見える理想と住んでから子供もいて、自分たちが生活の中で感じるギャップだと思います。

 

玄関吹き抜けと階段以外の注意点

吹き抜け玄関と階段生活への影響

最近は、新築の時に階段下収納を便利だと思う人も増えてきた。

しかし、玄関が吹き抜けで寒いのにそのスペースにさらに廊下に階段下収納を使って本当に便利で理想的な家を建てられるでしょうか?

玄関吹き抜けが及ぼす階段以外の影響力

以下のようなイメージを先に持つこともとても大切だと思います。

  • 真夏の暑い時期と真冬の寒い時期に廊下の作業は本当に苦痛ではないのか?
  • 階段より先に何か収納やドアなど熱や冷気を遮る事を考えるべきではないのか?
  • 吹抜けで建築面積を減らす先に起こる窓のカーテンやブラインドなどのコストはどうする?

単純に金銭面でも生活面でもつい暮らしの中の事よりも今知ってしまったイメージを優先してしまうことが多いのも新築一戸建ての失敗原因。

寒い時と暑い時もできるだけ玄関からの寒さ暑さの伝わりを防ぐ工夫。

これが最初に考えて欲しい事であると私は伝えたい。

 

玄関吹き抜けと階段の魅力の探し方

吹き抜け玄関と階段魅力

これまでの内容では、魅力なんて全くないという考え方がどこか強く伝わっていると思います。

やはり私の建てた家も30坪台のコンパクトなサイズ。

家を建てる時には、以下のような場所は小さい大きいに関わらず必ず必要な一覧となってくることも十分考えられる。

トイレ、洗面所、お風呂、洗面所などの水まわり。

和室、子供部屋、寝室などの居室。

大きなLDKなどの一通りの数と物が収まる収納スペースを欲しい。

この考え方から少しでも今玄関吹き抜けと階段というセットを実現する方法の探し方を模索している方にお伝えしたい内容をご紹介していきます。

玄関吹き抜けと階段のある暮らし実現方法

私がもしこの今の自分の物件以外でこの間取りを実現したいという依頼を受けた時には費用を抜きにして、意識したいのは全体の建物の広さ。

  • 玄関の向きは東西南北どの方位に設置されるのか?
  • 建坪の1階面積はどうなっているのか?
  • 家屋の形状が縦長、横長の長方形又は正方形という状況も大きな検討材料の1つ。

このような内容をまず十分に把握してから、必要な部屋の数と配置を一通り決定させてから最後の工夫として考えます。

階段の配置は、本来はプライベート空間に行くためのアイテム。

海外の高級住宅のような吹抜け前提のイメージに魅力を持っても、やはり現実的な暮らしとは程遠い存在になってしまう。

地域によっては、雪の降る場所や雨風が非常に強い台風の直撃を毎年免れないようなエリアもある。

こうした地域の特性にもこだわっていきながら、少しでも使えるサイズあを求めるなら、50坪以上ある家に使える間取りだと思っています。

何処にその根拠が?

玄関吹き抜けと階段のある間取り設計のコツ

どこに階段があるとしても冷気は必ずその周辺にはたまりやすい。

生活スタイルを考えた我が家の配置は、玄関から見えない位置。

実際の我が家の1階間取り図は↓

新築一戸建て間取り図実例画像

完全に玄関とは異なるエリアであり、下には小さな1畳ほどの廊下しかありません。

  • 階段下にはトイレと洗面所の扉しかない。
  • 物を置いたり出し入れする環境も無い。
  • 窓から伝わる冷気もとどまるスペースは限られる。

このような配置にすることで玄関からはプライベートな空間は見えない工夫を設計に反映しました。

十分階段も明るいです。

このスペースは、1階17坪の計画。

総面積50坪となれば、あと8坪分のスペースが確保可能。

これだけあれば、今の空間をすべてそのままに残しながらも広い玄関を作ることが可能になります。

そのくらいの広い空間が無いと、キッチンやリビングなどへの影響を回避した間取りスペースは作りにくいと考えました。

あなたがもしこれから先総2階を計画しているなら、ぜひ玄関吹き抜けを選ぶポイントとして見直してみてください。

 

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

カテゴリー

このページの先頭へ