新築32坪間取り南玄関比較時見当違い注意点

スポンサーリンク

新築間取りを32坪で検討している。

南玄関が良いと家族の意見は一致した。

家の間取り図プランを見ていてもよくわからない。

注文住宅を建てる際に、必ず家族で迷う間取り。

坪数や家の向き、収納の規模、リビングの大きさ。

コーナーのカウンター利用、トイレやキッチン、バルコニーなどの主婦の家事動線。

間口の広さ。

最初は、間取り集の情報を見て楽しんでいただけが、いざ家づくりが始まれば、1階だけでも決らないなんてことも珍しい話ではない。

シューズクローク1つも家族の人数や持っている靴の数や種類により異なる。

夫婦の寝室や空間インテリアを考えたら、使い勝手が心配。

こんな悩みを少しでも自分たちの条件の中で探し出すコツをご紹介していきたいと思います。

32坪間取り南玄関の情報について、このページをご覧いただきありがとうございます。

新築間取りを自分たちの坪数で考えたい方も増えています。

実例画像、間取り図、ネット上であれはいい、これはおしゃれなんて話している時間が一番楽しかったりします。

しかし、32坪という間取りを調べる時には、失敗後悔しないための注意点があります。

一条工務店で我が家が34坪で購入した1階間取り図面もご紹介しています。

一条工務店30坪単価例|i-smart間取り実例画像付

子育て(育児)と家事動線でママの理想の間取り図とは何を考えるべきか?

新築一戸建て間取り図子育ての理想

新築ママの理想の間取り図家事動線|4人家族4LDK画像付

スポンサーリンク

4人家族の間取りについてもご紹介しています。

4人家族間取り

家族4人一戸建て間取り後悔失敗対処法や成功法(実例画像付)

新築失敗例を見抜くためにはキッチンをひも解くことが近道。

新築失敗例をブログで見る時の注意点

新築失敗例をキッチンから見抜く方法と原因の3大要素や注意点

家全体で後悔が多いランキングもご紹介しています。

新築失敗後悔間取り一戸建て

新築間取り後悔ランキングベスト10詳細

30坪なら?という方向けにもコンテンツを用意しています。

我が家は30坪台の総二階で家を建てました。

その時に意識した間取りの注意点をご紹介しています。

新築30坪間取り配置

新築30坪間取り総二階家事動線成功と失敗例に多い誤解や注意点

坪数による悩みについても記事をご紹介しています。

新築間取り35坪失敗後悔原因

新築間取り35坪失敗後悔対策は優先順位!実例画像付

新築間取り40坪失敗後悔原因

新築間取り40坪で家事動線や騒音防止失敗後悔注意点実例画像付

平屋間取りの考え方として20坪以下の優先順位もご紹介しています。

平屋間取り20坪実例紹介

平屋間取り20坪以下は3LDK,4LDK?失敗後悔対策優先順位

水廻りやパーツごとの悩みもご案内しています。

新築玄関土間収納必要性|位置や広さの選び方

新築トイレの配置失敗後悔注意点

新築家事動線間取りを3LDK間取りからみぬくコツ

新築リビング階段は寒い?

このような各記事で理由となる失敗後悔注意点についてご紹介しています。

他にも、他のサイズや新築一戸建て購入の全体の流れについては、新築一戸建て購入注意点まとめにて、大きな流れと各項目ごとの注意点をご紹介してます。

是非合わせて他の坪数への視点も比較しながら参考にして下さい。

我が家の34坪間取り図のこだわりを考えた詳細は、新築購入後失敗後悔ランキング詳細と各居室注意点まとめにて、ご紹介しています。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験、体験を活かして運営しております。

新築マンション、一戸建て購入体験。

新築注文住宅のハウスメーカー契約を一旦解約した経験。

新築一戸建てやリフォーム関連企業に勤め、内情を学び、大工さんと話が出来た経験。

新築住宅ローン審査で仮審査、本審査に落ちた後、通った体験。

新築外構、カーテンを打ち合わせで選ばず、節約と満足を実感。

新築購入時の各種手続きや引越し、インターネット回線、無線LAN等を含めて節約を実感。

新築購入後の固定資産税納税。

新築購入後の新築祝いのお返し、近所の挨拶まわり等を経験。

このように、新築購入ブログだけでなく、現場の知識、マンションとの比較などを含めた視点で注意点を各記事でお伝えしております。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、新築32坪の間取りを30坪と比較しながら、失敗後悔しやすい注意点を以下の内容でご紹介しています。

32坪間取り南玄関実例が多い理由

32坪間取り南玄関を見極めるコツ

32坪間取り南玄関成功のコツ

このように、32坪の新築間取りでも、成功させるために、まずは30坪の想定をしておいた方が良い理由を含めてご紹介していきます。

じっくりご覧ください。

スポンサーリンク

間取り南玄関実例が多い理由32坪編

新築32坪間取り図が豊富な理由

新築を注文住宅で検討している方の中には、ネットで毎日玄関の向きでプランとにらめっこしている方も多いと思います。

そして、32坪南向き玄関って結構多い。

家族構成の違いがあるにしても、これだけあれば、何か自分たちの家づくりに合うプランがありそう。

こんな期待を持つ方も多いと思います。

しかし、このプランが出てきやすい理由には住宅市場における需要が関係あるのです。

間口に注目

間口というのは、自分たちの家とメインの道路が面する入り口の幅。

1階の面積の中でも、長方形の土地の場合は、間口が狭くなるため、縦長、横長の家になりますよね?

このような建築の図面が非常に多い。

その背景は何か?

それは、建物面積の情報として、建売住宅市場が最も出している定番の施工面積だからです。

資料請求等をしても、使いやすそうとイメージされやすい。

実際に打ち合わせをしても、選択されやすい部屋数。

その典型が、分譲の建売住宅のプランとして出てきやすいのです。

注文住宅に少ない?

南玄関を実際にハウスメーカーや工務店で購入した方から情報をみようとしている方も多い。

しかし、この場合は、なかなかヒットしてこない。

3ldk,4ldk程度の一般的なプランでいいのに!

吹き抜けとかそんな難しいことはいらない。

土間収納があるプランが見たいのに!

洗面やダイニングが広めはないの?

このように、自分たちの生活に合わせた探し方をしたいのですが、なかなか出てきません。

その理由は、子育て世代の一戸建て購入時に、南向きの土地というのは、かなり都市計画などの中で市場に出にくくなっている傾向があるから。

マンション建設。

大型ショッピングモール建設。

地域密着の共用スペース建設。

このような単世帯の一戸建て作り以上に、公共施設等やマンション建設に南向きがとられている傾向も強い。

さらに、南向きというだけで土地の価格も高くなりやすい。

北、西、東などの方位に玄関があるのはこのような特徴もあるのです。

でも少しは出てくる。

新築玄関が狭いと感じないためのポイントもご案内しています。

新築玄関広さ

新築玄関はどのくらい広さ必要?世帯人数や想定不足解消法web内覧会

この中で、どうやって、自分たちの生活しやすい間取りを作りあげるべきか?

この視点をご紹介していきます。

 

南玄関間取り見極めるコツ32坪編

新築南玄関間取り図

 

東玄関実例画像閲覧注意点

上記図面も南玄関の1つ。

しかし、画像を見れば想像が付くかもしれませんが、やはり南向きというのは、土地の向きにより、東寄りになっているケースも多い。さらに、LDKの配置が、最近の新築市場の傾向から、やはり縦に並ぶ傾向が強い。

結果的には、真南の玄関配置をかなえるプランはかなり現実的ではない。この傾向がかなり強くなります。

よって、南玄関で探すなら、まずは、南西、南東玄関を軸に探すことが最も重要となります。

テラスやウッドデッキは?

2階建てでも平屋でもLDKが玄関に近いプランは増えた。そして、リビングに付随する周辺の空間に以下のようなスペースを用意しようと計画をしている家庭も多い。

  • ウッドデッキ
  • 縁側
  • テラス
  • コンパクトガーデン
  • 車庫
  • ガレージ付き

水を使う必要があるようなガーデニングなどを計画している人の場合は、当然こういう水回りを使う時、自分の家の廻りとlDL空の眺めを考える必要もある。

  • セキュリティを考えたら?
  • 3階建てにしたい時にはどうしたらいい?

狭い土地に建てる場合と狭小住宅のようにゆとりがないという条件でも大きく違う。

同じ床面積でも動きやすい生活動線になるか?

解放感と住みやすい回遊性、それぞれの空間に便利な機能性を有する。

こんな全てを取りそろえたメリットばかりが詰まった都合の良いプランはなかなか存在しません。

二世帯や同居家族人数構成

土地と家屋の広さは予算に応じて考えられるケースもありますが、世帯人数により提案の内容が変わる事も多い。

  • 独立したオープンスペースや個人スペース(書斎など)
  • 同居する家族も一緒に楽しむためのldk
  • 設備が充実したパントリーやランドリー

それぞれコンセプトは大きく異なる。

ポイントになる不要と考えるべきスペースもあります。

吹き抜けはいらない?住んだ後の苦労が多い3つの悩みや苦労

パントリーはいらない!狭小や使いやすい家づくりと収納に多い誤解注意点

キッチン床下収納いらないと判断したポイント|業界経験者が解説

不要なものにコストをかけるのはやめましょう。

 

新築間取り参考にする対象32坪編

新築32坪間取り図閲覧失敗後悔注意点

新築とはいえ、物件数も多い事を含めても注意してほしい事があります。失敗後悔する視点を含めてご紹介していきます。

新築で除外するべき住宅の特徴1.外形

住宅物件の情報誌を見ているだけでも図面は多数あります。しかし、この中でまず最優先に除外してほしいポイントがあります。

それが、欠けがある住宅。

欠けがあると何が良くないのか?

この点は、いくつも有ります。

  • セキュリティ面(死角が増える)
  • 風水的視点(欠けは各方位で無害はない!)
  • 凹凸がある分、壁面が増えやすい。
  • 基礎工事の中でも支える中心への配慮で影響が出やすい。

いずれも、良いことではない。欠けをどうしてもほしいという事情を持つなら、話は別。しかし、より生活しやすい家を目指すのであれば、欠けはおすすめできません。

新築で除外するべき住宅の特徴2.パーツ

以下の内容を最優先で除外していきます。

このような住宅は、要注意!

何故か?

気になる方は合わせてご欄ください。

新築で除外候補3.収納

新築の収納の中で、失敗後悔が多いのは、クローゼットの使いやすさ。

新築リビング収納の種類と注意点

収納のパーツ的確認をしっかり行う事が大切です。では最後に、一体何を想定した方が成功しやすいのか?この視点をご紹介していきます。

 

新築32坪間取り成功法はある

新築間取り32坪成功法

実際にちょうどこのサイズになった我が家。

どう考えたのかをご紹介していきます。

最初に図面を見ない!

考える時、いきなり全体は見ていません。

なぜか?

広くするべき部屋と狭くてもいいスペースの配置をしっかり選ぶことが重要。この考え方をしっかり実行できるように目を鍛えるには、小さいプランをまずは確認する事が大切。

少し小さいサイズから見ていく事が大切。ポイントは、比較する視点。この視点が単に、以下の項目に注目してるのでは失敗後悔の可能性も出ます。

  • LDKは何畳か?
  • 主寝室は何畳か?

このようなパーツ的な視点で確認してはいけないのです。まず確認すべきは、廊下の無駄を見つけ出す。

1フロアに対して廊下があるなら、排除する方法はなにかあるはず。そして、室内ドアの干渉も避けられないパーツが必ずあるのです。このような見え方が出来てから、どこの部屋を広くするかではなく、全体の広さを縦横どちらに広げる方が効果的か?

こうした視点で考えると多少小さいサイズのプランを効率よく少しサイズアップするイメージができるようになります。どこかの部屋ではなく、家そのものの1つの壁を伸ばす。

まずは、全体を引き伸ばすイメージから始める事が大切です。新築をマンションと一戸建てで考えた時やはり奥行が広いマンションから正方形に近い一戸建てに最初に戸惑った我が家。

最後にはこの家以上の設計は無いという言葉を妻から貰った家作りになりました。

これからの生活に何を確保?

家づくりの基盤をどこに依頼するべきか?その内容には、以下の要素も会社選びをする上でのポイントにする必要がある。

  • 契約の前にきちんと情報収集を求めなくても開示をしてくれる。
  • アフターサービスも早く対応してくれる。
  • 長期優良住宅やZEHなど高気密、高断熱の性能で家は過ごしやすさが決まる。
  • 性能を求めた際にも長所短所が必ずある。

大手ハウスメーカーでも工務店でも自由設計となっているが本当に制限やできないこともある。

親族の介護を含めた今これからスタートする先に欲しい安心は何かを把握する。

ただ情報を集め、ピックアップから話を進めても具体的に断熱材や木造、鉄骨などの特性も知らなければいけない。

アフターメンテナンスも上手に一括ですぐに進められるような家づくりを目指す。

きちんと打ち合わせで内容が決まる中で、きちんと把握しなければいけない要素はあります。

新築で最初にチェックするべき図面

こんな思いから以下の内容に注意していただきたいのです。

家のプランは、基本的には、必ず建てたい会社を優先して確認する。この行動が確実に、最後の会社選びを含めた成功に繋がります。

何故か?

会社のパンフレット等に掲載される図面というのは、以下のような特徴も含まれます。

  • その会社が、公開して気に入ったという方が居ても得意とする。
  • その会社の色や特色を伝わりやすい。
  • 他社と同じだった場合は、より新築一戸建て市場における王道のパターンである。

独特なプランを好まれる方ほど、建築設計における構造計算などは抜きに考えています。だからこそ、おさえておくべきポイントとは、あなたの気になるプランがある会社が最初の候補なのです。

パンフレット等の実例集に気になるプランがない場合は、他の会社を見ていきましょう。このように探した方が、確実に自分たちの理想を見つけ出すことだけでなく、いい会社とのめぐりあいを可能とします。

最近はとりあえずメーカーとか工務店というよりも価格帯と具体的なやりたい事からピックアップして資料請求をしたいという人も増えてきた。

そんな場合には、lifulhomes(読み:ライフルホームズ)が私はおすすめ。

タウンライフという会社よりも信頼が出来たのは、この会社の用意しているはじめての家づくりというタイトルの無料サッシが非常に役に立ったこと。

まずは、木造の特徴と自分の地域を対応している会社から情報を集めてみてください。

ライフル注文住宅資料請求

広さを考えるのではなく、何をこだわりとしてるのかを御覧ください。

キッチンにおける注意点もご紹介しています。

新築注文住宅キッチン失敗後悔3大注意点

実際に会社のパンフレット等を取り寄せたいと思っていた方は、新築坪間取り一戸建て注文住宅工務店資料請求のコツと注意点もご紹介しています。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ