スポンサーリンク
家の外観には、外壁の色や種類の選び方以外にも失敗する要因がある。 それが、新築の窓の配置や形状の選び方。 玄関、リビングという新築住宅の中でも駐車場や通りを家の外から眺めた時の光景。 間取りとして意識しておきたかった内容とは違い、部屋の中にいる時と人が外から眺める光景として異なる視点があります。 外観窓の失敗とオシャレの違いについて、検索の中からこの記事にご訪問頂きありがとうございます。 注文住宅にはいろいろなおしゃれのポイントがありますし、参考にしたいサイトはいくつも出てくる。 窓1つでもイメージは変わる。 生活の中でも日当たりでも暖かい、寒いという生活しやすい家づくりは変わってきます。 何を気を付けて家を建てることが大切なのかを幅広く想像力を広げて考えておく必要があります。 新築窓については、以下のような情報もご紹介しています。 窓大きい家カーテン等のメリット 窓大きい家のカーテン他メリットデメリット比較注意点
スポンサーリンク
タマホーム窓種類選び方 タマホーム窓種類とオプション選び方評判口コミ 窓枠の色選びで夫婦喧嘩勃発時の仲裁と提案体験もご紹介しています。 新築窓サッシの色で夫婦喧嘩 新築サッシ色で夫婦喧嘩!?選び方に多い悩みや提案体験記 家はデザイン設計が大切だという人も多い。 でも私は家は住む時に年齢を重ねても開けやすいし閉めやすいなどの当たり前の日常を意識して作りたいことがあった。 あなたがもし家づくりに迷う時には、どこに何を設置するべきかを参考にしてください。
スポンサーリンク

窓と外観失敗に多い誤解

窓と外観失敗に多い誤解 暮らしの中で使う事には何も苦労がないことは何より良い事だと思う。 でも土地の形状や照明の配置などが関係した時なら、ちょっと外観的にはイメージと違うということも普通に出てくる。 窓外観失敗

バランス

  バランス 家を面として考えてみる。 この考え方は、実際の家づくりの中でも打ち合わせの中で外観のイメージ画像なども出てくることが多い。 家を建てる時には、別に使いやすいなら日当たりなどが問題ないなら良いと思ってしまうことも多い。 しかし、外観として家を一周建てられた後に見たらどう感じる? この時、東西南北それぞれの方向ごとに大きく位置が違う位置につけられた施工の状況がわかる。 つまりは、バランスが悪いと感じる。 建築デザインとインテリアスペースの考え方はちょっと違う。 外観では、外壁と窓枠の色や素材の在り方。 さらには、上下階の家の外観の壁を一面とした時の壁と窓のバランスがスペース的にどう使っているのかを魅せる存在となる。

形状とスペース

形状とスペース
  • 和室や玄関などに採光を意識した窓を使う。
  • 室内に風が入ってきやすい家が欲しい。
  • 少しでも大きく室内にたくさんの光が入っている方が明るい家になる。
このように意識していても最初は自分たちが契約した土地のイメージができていなかった。 特に土地から購入する人達に大きく関わるのが、引渡しの時期が近づくにつれて、近所の家との違いがあまりにも少ないと思ってしまう事。 いわゆる似すぎてしまって、他の家との違いが出ない感じの家。 これでは、建売に住んでいるのと変わらない。 室内よりもさすがにもう少し手をかけて違う形の窓を設けてもよかった。 こんな感じの失敗後悔をしてしまう人もいる。

種類

種類   家の窓を外観的に考える上では、閉まった時だけでは不十分。 開けた時には実際どんな感じになるのかが影響が大きい。 外観として、同じような形状でいくつも外向きに開けられた窓はオシャレな感じに感じられるのか? 見た目には悪くなりやすいと思うような人なら、上げ下げ窓でもルーバー窓でも同じように開けた時のイメージ力が大切。 あくまで玄関や室内のドアなどの建具でも基本的に閉まっている時のほうがモダンに見えるし、開けていると広さを感じる。 種類を変えるだけでもかなり縦開きになっているタイプは外観的にイメージが変わる。 この点は、サイズと通気性などを十分検討して設置することが大切です。    

窓と外観失敗注意のポイント

窓と外観失敗注意のポイント 今度は反対に外観を意識しすぎたことで生活の中で支障がある部分をご紹介していきます。 窓外観失敗注意点

1階窓と外観失敗の注意点

1階窓と外観失敗の注意点 2階建ての注文住宅の1階では、家族が集うリビングや和室、キッチンなど人の視線を気にする場所が多い。 もちろん、この点をカバーするためにカーテンという話が存在してくる。 しかし、外観を意識ししすぎて、立派な窓を付けたら今度は以下のような点に困ることが出てくる。
  • 窓の高さが高すぎて、カーテンの取り付けや取り外しに非常に苦労する話。
  • 窓は外観的には良いかもしれないけど、床から縦に長くしたら掃除が大変になった。
  • お風呂で換気のために開ける時には高さが高くて開けるのが多変だった。
いくら外観を選ぶ意味では、満足できたとしても、生活しにくい設備では使えない。 結果としては、失敗を感じる事が多くなってくる。

窓と外観と性能注意点

窓と外観と性能注意点 最近の注文住宅では、窓の少ない家が多くなってきている。 これは、近年増加する地震や自然災害の耐震の影響を検討した答えとなっている事が多い。 閉めた状態であったとしてもどうしても窓が多いことは耐震性能以外にも気密性を損ねることもある。 さらに、ベランダなどは、窓が大きい事が要因で、カーテン選びの予算がかかりやすくなることもある。 結果的に寒い家になってしまったとなることもあるのです。 ベランダの目かくしについてもご紹介しています。 ベランダ目隠しすだれデメリット ベランダ目隠し工夫リストと長所短所比較|節約注意点 物を選んだ先に実際には、スリット窓などの型を含めてたくさん考えておくことがあるのです。 普段は使わない部分の窓とたくさん開閉をする場所の違い。 外観として見せるスポットと普段は見えないスポットがある。 このよう実際の生活におけるイメージとどこを見せたいのか? この答えを閉めた時と開けた時の両面を考えて選んでいくことが大切です。  

外観と窓選び体験記

窓外観失敗防止体験記 我が家問題がゼロでは無かった。 この点は、リビングダイニングと視線対策という内容でもご紹介しています。 リビング窓外からの視線対策おすすめ4つのこだわり一戸建ての工夫 新築一戸建てリビング窓選び方注意点 やはりたくさんの時間を過ごす中で、子供たちにも見せることのできる外観でありたい。 そのためにはベランダに通じる場所としての考え方も閉めた時だけでなく、外からの見た目も考えたい。 このようなときに、特に2階にこそ意識してほしい注意点があります。

2階の窓外観に影響するポイント

2階の窓外観に影響するポイント 検討する上での外観の選択のポイントの1つに、バルコニーの目隠しとなる外壁が重要。 外観窓以外のパーツ選び 例えば、バルコニーの外壁にこのようなパネルがあるだけでも外観における窓の見える面積はかなり隠れる。 さらに、窓外観失敗防止と枠選び 上記の窓のような枠を外壁からはみ出すタイプを選ぶのとフラットなタイプを選ぶのかだけでも、雨の日や風の強い日などの埃やゴミが付着しやすい度合いが大きく異なる。 このように、見た目ということを意識するなら、以下のような点に意識をすると後悔を防げると思います。
  • 外から見える窓枠を幅で強調する。
  • 外壁の色との相性。
  • 窓枠の凹凸を減らす型の選び方。
  • ガラスのサイズと外壁の面に対する割合。
このような意識をするだけでかなり選び方の方向性は定まってくると思います。

窓外観に影響する部屋

窓外観に影響する部屋 家事室や書斎などのプライベートな空間を用意する間取りを選択する。 この場合は、小さいタイプの窓をついついつけたくなる さらには、1ヶ所だけ違うタイプのカタチの物を選ぶ場合もある。 こういう時こそ、外からの見た目に与える影響力をしっかり考える必要がある。 たった2畳、3畳ほどのウォークインクローゼットなどを含めたほとんど人が出入りしない箇所ほど慎重に選ぶ。

1フロアで考える

1フロアで考える 子供部屋の窓の高さと寝室は大きく使う人の身長なども異なる。 でも上記の2つを同じ高さで統一するだけでも感じ方がまとまりやすいと思います。 上下で、同じ幅。 左右で同じ高さ。 この2つはやりすぎなくらいに意識する感じで考えてみてください。 きっと、どこの部屋の採光も同じような感覚を味わうことが可能になります。 よって、部屋ごとの寒暖差を感じにくいというメリットもあるのです。 このような点を我が家でも考えていました。

窓周辺設備との関連性

窓周辺設備との関連性 狭いキッチンでも玄関でも暗いと感じないための工夫として窓がもう1ヶ所。 こんな感じの話も増えてくる。 その中で、居室空間は、窓を大きくしたせいでエアコンの取り付け可能なサイズが選びにくいというリスクも出てくる。 2階建て、3階建てでも施工の時のエアコンのサイズは、徐々にサイズが大きくなってきている。 エアコンを買う予算をきちんと機能と性能とサイズ感で選びやすい条件を作る。 このためには、窓が大きすぎてはいらなかったから、リフォームなんてことにならないように気を付ける必要がある。 以上のような点をもう一度今の家づくりの図面と照らし合わせて考えてみてください。 この記事でご紹介したかった内容は以上となります。 最後まで読んでくれてありがとうございました。
スポンサーリンク