スポンサーリンク
新築一戸建ての年末大掃除や季節の変わり目にメンテナンスとしてサッシやお風呂やキッチン、窓などを掃除する家庭も増えてきた。 しかし、窓の汚れって意外と掃除をするにも、以下のような悩みが多い。
  • 吹き抜け窓の室内ははしごをしないと届かない。
  • 吹き抜け窓の屋外にはしごを置くスペースを配置していなかった。
  • 吹き抜け窓の掃除道具なんて買っても保管する場所がない。
単純に汚れがあることを気付いた時にそうじが手軽にできるスペースではないのも窓の特徴。 冬には雪が降るエリアでは、なかなか簡単に手入れができない家庭も多い。 そうなると高所サービスも対応可能なクリーニング業者やプロに依頼をすることになりますよね! 吹き抜け窓については、以下のような悩みもご紹介しています。 30坪間取り吹き抜け 30坪間取り吹き抜けありなしの失敗と成功の違い
スポンサーリンク
吹き抜け玄関と階段 玄関吹き抜けと階段で光の犠牲になるリスクやデメリット注意点 リビング吹き抜け間取り リビング吹き抜け間取りの失敗後悔注意点まとめ 吹き抜け窓カーテン必要性 吹き抜け窓にカーテンは必要?近隣条件と設計注意点|現場経験者が解説 吹き抜け窓ロールスクリーン 吹き抜け窓にロールスクリーン選び方注意点|業界経験者の声 吹き抜け窓外観と生活感 吹き抜け窓外観バランスに多い誤解や注意点 玄関の吹き抜けの悩みをまとめてご紹介する記事もご用意しております。 新築玄関に吹き抜け間取りを使う理由 玄関吹き抜け間取りデメリットや後悔注意点まとめ 一方で窓のサイズについての悩みも多いんです。 リビング窓大きい注意点 リビング窓が大きいメリットと注意点|現場経験者が解説 リビング窓小さい リビング窓小さいメリットと注意点|元現場担当者が解説 リビング窓外からの視線対策おすすめ4つのこだわり一戸建ての工夫 リビング窓配置やサイズ選び方新築一戸建て設計注意点 窓の外観で失敗防止注意点|注文住宅体験記 私のサイトは新築一戸建て購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから過去の以下のような経験を活かし、情報を公開しています。 住宅関連企業で、新築やリフォームを含めて100棟以上の現場に携わった体験。 注文住宅、新築マンション両方の購入を経験した。 住宅ローンで事前も本審査も含めて計3回落ちた体験。 住宅ローン審査は銀行や金融機関に相談しない状態で通過させた体験。 返済開始2年目で借り換えに成功。 新築カーテン,外構,火災保険,引っ越し,インターネット回線を打ち合わせの提携先以外で選んで節約に成功。 固定資産税や近所の挨拶まわり、メンテナンスなどの体験。 自分たちで管理ができないパーツを施工すると、やはり購入後が大変になることも多いという点をご紹介していきたいと思います。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 今回の記事では、吹き抜け窓掃除業者の相場を含めて、以下の項目でご紹介していきます。 吹き抜け窓掃除業者おすすめ 吹き抜け窓掃除業者の選び方 吹き抜け窓掃除業者依頼以外 自分たちでできる限り大変でもやっておきたいと思う人も多いはず。 しかし、実際のところは、正直トイレやキッチン、浴室など生活の中で毎日使用する場所を掃除する事でさえ個人にできることは限界があります。 数年に1回程度はプロの手によって、メンテナンスをするつもりで任せることも重要。 この視点から業者を選ぶコツを含めてご紹介していきます。
スポンサーリンク

吹き抜け窓掃除業者おすすめ

吹き抜け窓掃除業者おすすめ まずは、高所サービスとなる吹き抜け窓の業者を選ぶ時のおすすめからご紹介していきます。 ハウスクリーニングという業界は今市場の中でもいろいろな会社が新規参入をしている職種の一つ。 もちろん、会社による違いがいろいろありますが、新築から5年程度での吹き抜け窓のそうじの依頼はそこまで大きく差がないのも現実。 以下のような会社が私がお勧めする会社のリストになります。さくらメンテナンス工房 イオンのサービスだったり、お掃除本舗なども有名です。 でもいざ清掃を任せる時に少しでもエリアの対応を気にしないように考えておきたいのも現実。 いくら人気のサービスがあっても、なかなか希望の場所に該当がないという現実が悩みになる人も多いです。 高所のプロの見極め方についてもご紹介していきます。  

吹き抜け窓掃除業者の選び方

吹き抜け窓掃除業者選び方 実際に業者を利用する時に、高所の有料サービスを依頼する時にはどんなところに注目をするべきなのか?

吹き抜け窓掃除業者はビル対応を探す

賃貸アパートやマンションとは違う。 足場がない場所にはしごなどを使って行う必要がある清掃を依頼するのが吹き抜け窓の対応に必要な特徴となります。 窓ガラスに網戸を付けたタイプへの対応。 ほこりをできるだけ家の中に落とさないように対応してくれる店舗。 クロスなどへの影響を心配させない対応力。 トイレや水まわり、リビングの対応の家事代行サービスとは少し違う店の選び方になります。 住まいの環境としてだけでなく、会社が入るビルという場所も対応致します。 こんな確認が出来たら見積もりをお願いするようにしてみましょう。  

吹き抜け窓掃除業者依頼以外

吹き抜け窓掃除業者探しと新築メンテナンス 実際に自分たちでも床の掃除や窓のや玄関の掃除を行うこともありますよね! ベランダに出て、窓ふきを行うなどの作業内容なら、バケツに水を入れて気軽に家の掃除の延長で行うことも可能。 しかし、こうした作業の延長の中で、吹き抜け窓は業者に依頼しなくてもできるのか? この考え方の限界を知っておくことも大切。

吹き抜け窓業者依頼を避ける時の注意点

特に注意をしなければいけないのが、高所という場所になる時のはしごの安定度。 外構工事をすでに完了させて駐車場などのスペースにもしているご家庭もあると思います。 カーポートがあると、実際に脚立も全く配置できないような箇所もあります。 以下にアイテムがあっても、風の強い日などはあおられてせっかく掃除をしようとした人が危険にさらされることも珍しくありません。 普段の生活では全く対処をしていない高い位置に配置された窓の掃除。 簡単に高圧洗浄で終わらせることが難しい場合は、やはり自分たちの家の中にあるパーツで仕上げるというのはかなり困難です。

吹き抜け窓掃除に業者を必要とするなら?

まだあなたがこれから吹き抜け窓を間取りに採用するべきかを悩んでいる最中であるなら、今回の記事を考えてもやはり悩みや課題はこのほかにも多いという事が伝わったと思います。 正直、換気扇やレンジフードなどを掃除するだけでも年々体力も含めて大変になっていくのが新築のメンテナンス。 どのようにメンテナンスコストを節約するか? この考え方を持つと、やはり本当に手間がないアイテムと業者に依頼をしなければいけない内容を必ずアイテムごとに分けることが大切。 確かにお金をかければ色々なことはできるかもしれない。 しかし、何もしないまま放置していると電球1つでもいずれは消耗して交換を必要とする。 この時の交換が大変だから業者に依頼なんてことも基本的に専門の分野ごとにいろいろ出てくる可能性はある。 作業内容によって、事前に個人ができる事とできないことを確認。 この作業をきちんと間取りや配線工事などを決める際、1つ1つ注意しておくことも重要です。 私がオススメしている業者は↓ ユアマイスター ユアマイスター 節約するための家づくりをするのに、これまで賃貸では必要としなかった費用をかけることは正直あまりお勧めできません。 きちんとカビの発生しない家や汚れが少しでも簡単に管理できる設計を意識して対応しておくことをおすすめします。    
スポンサーリンク