住宅ローン仮審査落ちた理由を簡単に確認できる方法と通すためのコツ体験記

スポンサーリンク

住宅ローン事前審査,仮審査が通らない理由を調べるという内容について、このページをご覧いただきありがとうございます。

住宅ローン事前審査,仮審査に落ちた方から以下のような悩みを頂く機会も増えてきました。

事前審査が通らないんですが、理由はクレジットカードですか?

仮審査が通らないんですが、理由はどこに聞けばいいですか?

仮審査に落ちた理由は調べる方が良いんですか?

自分で調べると言う行動の評価に恐怖を感じる方も出てきました。

通らない理由の悩みに多いクレジットカードとの関係についても体験談をご紹介しています。

住宅ローン審査通らない理由になりにくいクレジットカードのメリット

住宅ローン審査が通らない!クレジットカードが理由?銀行説明体験記

スポンサーリンク

フラット35に落ちた場合についてもご紹介しています。

フラット35審査落ちた理由より大切な通すコツ

落ちたらどうしたらいい?フラット35審査よくある誤認と簡単な成功法

私自身が経験から学んだ事もご紹介しています。

住宅ローン事前審査の信用情報が心配な人におすすめの申し込み方法

住宅ローン無理やり通すやり方|3社目で通過!

住宅ローン金利選び方|変動,固定,フラット35銀行の選び方

相談が多かった事例もご紹介しています。

女性年収250万住宅ローン審査は無理?落ちる,通らない理由

住宅ローン仮審査の連絡こない事情や注意すべき行動|銀行の担当者が通過後に教えてくれた回答体験記

住宅ローン年収8倍が借入可能額はお得?将来の暮らしはどうなる?マイホーム購入体験記

住宅ローン年収7倍の借入額は低金利なら無難?無謀?破綻予備軍注意点

JA住宅ローンは勤続年数も厳しい?審査落ちた経験者が特徴や評判を解説

住宅ローンが通りやすいのは時期?銀行担当者からの説明体験記

住宅ローン審査自営業が通った40代口コミ感想

消費者金融利用経験者の悩みについてもご紹介しています。

消費者金融履歴で住宅ローン審査落ちた?通すコツ

年収とはどの額面を意味するのか?についてもご紹介しています。

住宅ローン審査年収基準では手取り?何倍まで?体験記

住宅ローン払えない

住宅ローン払えない借り換え希望者急増!結末準備対策まとめ

無理な金額を借り入れしようとしていませんか?

実際に住宅ローン返済計画の立て方ひとつで人生は急変します。

返済時には、きついという言葉を口にする人もいる。

住宅ローンがきつい時の正しい対処法

住宅ローンがきつい人におすすめとよくある誤解や注意点体験記

住宅ローン審査ハウスメーカー契約体験記

住宅ローン審査はハウスメーカー優遇は嘘!2度落ちた苦労体験記

通らない時には自分で調べる!

この行動は事前でも本審査でも危険だと銀行から教わった体験もご紹介しています。

住宅ローン審査通らない理由を調べるのは危険だった‼銀行担当からの教え

住宅ローンが通らない場合はどうすればいいのか?

この答えも3度目正直から通過した方法をご紹介しています。

住宅ローン審査落ちた,通らない時どうする

住宅ローン審査通らない場合どうする?3度目の正直体験記ブログ

あなたの状況で融資実行をしてくれそうな銀行を教えてもらいながら申し込む

教えてもらいながら?誰に?

これが、あなたの味方になってもらう第三者機関となるのです。

第三者機関を通じて、あなたの個人情報を扱いながら最適な銀行を教えてもらう

これが私がたどり着いた審査通過の鍵なのです。

住宅ローンで事前審査1回本審査1回落ちた私が通過した申込方法

で詳しくご紹介しています。

ではあなたの住宅ローン審査通過を心から願っています。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かして各記事をご紹介しています。

新築マンション、一戸建て購入体験。

新築建売等を手がける住宅関連会社勤務経験。

新築購入時に住宅ローン審査を2度落ちた背景。

このような内容を含めて、総合的に家探しから実際の購入注意点をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

私自身も住宅ローン事前審査(仮審査)に落ちた体験を持つ一人ですから、正しい方法として、今回の記事では、以下のような内容をご紹介しています。

住宅ローン事前審査(仮審査)が通らない理由の調べ方

住宅ローン事前審査(仮審査)が通らない時の次の行動

住宅ローン事前審査(仮審査)が通らない時の通すコツ

全て自分の体験を基に最後に通過した事を含めてご紹介していますので、安心して最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

住宅ローン仮審査が通らない理由の調べ方

住宅ローン事前審査仮審査通らない時の対処法

場合によっては、深刻なケースも有ります。

よって、理由や原因を調べる際には、ぜひ慎重に行動する事をオススメします。

まずは、事前審査(仮審査)の通らない理由の調べ方をご紹介していきましょう。

まずはメインバンクで相談

まずは、自分の給与や口座引落とし等をしているメインバンクで相談することを強くオススメします。

根拠は?

あなたの利用するメインバンクであれば、以下の要素が全てわかるからです。

  • クレジットカードの契約状況。
  • 引き落とし取引の数。
  • ローンを組んでいるデータ。
  • 光熱費などを含めた引き落とし状況。

⇛審査条件に影響しやすいローン会社データの確認まで可能なのです。

まずは自分の主要取引を全て把握している銀行で確認する事が重要なのです。

続いて、実際の確認方法をご紹介していきます。

理由や原因を聞き出す方法

メインバンクでも、以下のような質問には要注意。

「理由を教えて下さい」

こんな聞き方をしても誰も教えてくれません。

実際には、フリーローン等の窓口で、以下のように確認します。

「今の自分の状況をこれから家族も養うので、クレジットカード等の契約数や忘れているローンなどの有無があるか知りたいのですが」

「身辺整理をしっかり行いながら、フリーローンを使える状況作りをしたい。」

そうすると、銀行は、取引のある顧客のデータを含めて、不安要素などを教えてくれます。

この最低限知るべきあなたの事前審査への不安要素は、以下の要素は殆ど解ります。

  • 消費者金融での利用残高
  • クレジットカードの契約件数(所有枚数)
  • クレジットカードの利用状況(リボ、キャッシング等をチェック)
  • 個人の収入と他社から借りる割合(借入返済比率)からの貸出可能額

こうした外部的な内容は殆ど出てきますので、しっかり確認して理由や原因を削除しておきましょう。

注意点

一般的によくある本人の管理不足の点についてご紹介しています。

自分でチェック

まず個人でやるべきはクレジットカードの契約条件確認。

契約情報は、ネット上でも簡単に見る事が可能。

希望していないのに自動的に付帯していたサービスも多い。

金融機関の低金利などを確認するより先。

さらに、金融機関の書類の提出よりも必ず先に確認。

今加入している保険なども支払項目としてチェックする事が大切。

中でも完済していない借入は、一括返済を検討しなければ通らないという事を言われる事もある。

私も実際に融資実行までの数ヶ月の期間で全て完済するのが通る条件という状態で解説されてその通りに実行した。

契約書がある書面はいかなるサービスでも判断される可能性が高いと思った方が良い。

多いのが、以下のような流れ

自分が忘れていた状態。

記載されていない他の借入などの問題が浮上。

⇒本来なら通ったはずの設定範囲内も組むことが出来なかった。

つまりは、認識が低い部分ほど要注意。

年齢も含めてすべてに意識を高く持っておくことが重要になる。

借りたいと思う人ほど返済負担率をきちんと借りたい条件と照らし合わせる必要がある。

単純に借入額と収入のバランスが高いより低い方が通る可能性も高くなる。

これは本人や不動産会社の人も単純にわかる部分。

こうした当たり前のことにこそチェックを行う事が事前審査でわかる範囲で銀行の担当者が行っていること。

現在いかなる関連でも延滞、滞納などの状況があるなら、全て精査して完済を考える事が先。

会社員3年目でも厳しくなった現実の背景

2019年以降にローンを組むことを考える人の中には、夫婦の収入合算で世帯所得という考え方からそれぞれが組むという事も増えていた。

しかし、それぞれが負債を背負うことはリスクはかなり大きくなる。

例え借入をしたい価格に届くと思って申込をしても結局は返済が厳しくなるのは目に見えている。

担保力の問題以前に夫婦連名で考えるのは絶対にやめるべき。

申込も支払いも年収の低い方は手を出さない。

これが本来お金を管理する上では大切な事。

こういうことを無視して、頭金を無理して作った人たちが払えないという相談が市場の調査でも増加している。

この影響から、徐々にたとえ勤続年数3年以上という信用を気にしている人もああなた以外のもう売買契約をした人の仕事(属性)が同じ。

こういう時には、土地とか不動産会社という担保以外の問題があったほかの人たちによる申込みに対する過去のリスクからあなたがどうであれ落とされる。

このような審査が内部で行われ始めている。

こういう場合は、一般的に銀行により異なる。

そのため、基準も違うため、違う銀行に申込が可能であることを知っておくことも大切な事。

大きな人生の決断をする中で、何がデメリットで何を得とするのか?

この答えは、決して勤務先や勤続年数のタイミングではなくなった。

もちろん短いより長いほうが良い。

でも長く勤めた人なら必ず通る?

あなたがこんな認識を持っているなら否定します。

10年以上の私が申し込んでも仮審査で落ちましたから。

提出する書類の確認は記載を何度も確認

つまらないミスをすることで落とされるのも多い。

cicなどで問い合わせをするなんてことはする必要もない。

しっかり2,3ヶ月前から保険の控除など基本は全国同じような内容を記入する審査を受けている。

変動金利、固定金利、フラット35などの金利も関係ない。

そもそも申告する書類に記載のある内容が直近のデータと違いがある。

この条件は、あなた自身が基本的に自分の事を偽って報告をしていると見なされる。

間違いという発言が通用しない。

あなた自身が全データを必ず事前に計算だけでなく、以下のような書面を1円単位で間違えない事が重要。

勤務先から送られてくる源泉徴収票。

自営業(個人事業主)なら、過去3年間の確定申告における確定申告書などの証明書の提出。

あくまで申し込んでいる時に提出された書類に記載がされている内容は直近3ヶ月から6ヶ月という単位ではない。

3年、5年程度の過去に遡ってデータを確認されるのが本審査における流れ。

つまりは、記録を改ざんするような行為とみなされる家の主がいくらその他の条件を満たしていたとしても通常は信用の目がない。

これはメガバンクでも地銀でも同じわけです。

つまりは、上記以外の項目でも同じ。

簡単に言えば、報告書に記載がされている内容と一致しない情報はいかなる情報もマイナスの評価と言えばわかりやすい。

審査的にマイナスになる要因を把握

いつの時代でも、以下のような悩みを持つ人が家を今買う事を決定している事は多い。

  • 自動車ローンの残債が残っている。
  • スマホの割賦販売の残債がある。
  • 無担保タイプのローンを複数抱えている。

上記のような内容は今の時代では当たり前になってきている。

fp(ファイナンシャルプランナー)などに相談をするよりもこういう細かな内容を確認する方が価値が高い。

カードローンがある人も借入れがある人も年間の支払額もある程度ではなく、正確に案件ごとに確認が必要。

信用情報機関には、こうした手続きが商品ごとに全て確認できるのが特徴。

結果、この先に同時に延滞や遅延なんて事があるという特徴があれば、かなり厳しい状態になるのもわかるはず。

いつくかローンを組んでいる人や過去に事故の覚えがある人は必ず正確な把握を心がけてください。

約とかだいたいという言葉を徹底的に排除することが重要。

車1台でもきちんと全て十分に見直しをしておくことが大切です。

どこで申し込みをしたのか?いつ返事が来たのか?

今の時代は、ネットで十分と言われている。

何度も銀行に足を運ばなくても短い時間で審査を誰でも受けられる時代になった。

だからこそ、金利の見直しを含めて借り換えを検討する人も増えている。

このような時代に以下のような2つでの申込は非常に厳しい傾向も強い。

住信sbiネット銀行やイオン銀行、楽天銀行、aruhiなどのフラット35民間企業サービス。

三菱ufj銀行、みずほ銀行、住友銀行系列などのメガバンク。

こうした安定しているといわれている大手やネットバンク系、無人系と呼ばれる対象は変動、固定などのプランを問わず通過は難しい代表例。

いくら申込前の規約などの事項から上昇を取得していてもそんな簡単に最近は通らない。

正直、2度目、3度目という段階ではスムーズに通るなんてことはまず期待が出来ない選択肢と思う方が良い。

では続いて、落ちた方が次に取るべき行動をご紹介していきます。

 

住宅ローン事前審査が通らない時の次の行動

住宅ローン事前審査仮審査に通らない時の次の行動

通らない理由が少しでも該当が見つかった場合は、確実に削除する事を終えて下さい。

その作業を終えた上で、念の為に行っておくべき次の行動をご紹介していきます。

クレジットカードの解約

落ちる場合の要素をとにかく消すという場合に、クレジットカードの利用は正直邪魔。

原因該当要素にある借り入れ返済比率に関係する物を排除する事が目的となります。

私は、現状引き落としに使っているクレジットカードを2枚に絞り込み、残りを全て解約しました。

借り入れ金の一括精算準備

融資実行時期に合わせる借入金(ローン等)を一括精算できる自己資金状況を作り上げます。

返済計画という形で、ボーナスで貰った額等を銀行に提示できる準備。

現状のローンを一括精算できる残高とのバランスを提示できる用意。

こうした要素から、現状の借入金に対するリスク回避をしておくことを進めます。

この行動までが終わったら、いよいよ新しい申し込み前の準備となります。

では最後に、通らない場合の通すコツをご紹介していきましょう。

 

住宅ロー事前審査が通らない時の対処法

住宅ローン事前審査仮審査通らない原因や理由排除後の通すコツ

では最後に、通らない理由や原因を自分のメインバンクで確認。

対象を排除。

ここまでを済ませた後の最後の申込方法をご紹介していきましょう。

銀行に行くな

あなたが本気で通したいなら、通らない時点で、銀行に行くのは絶対不利。

かなりの可能性で落とされる可能性が不安定になります。

先ほどご紹介した削除対象はあくまでもデータ上での原因や理由の排除。

審査基準優先順位での内容では、削除できたのはほんの一部です。

ですから、審査基準の違いを知る事が出来ない以上、あなたが次に申し込みする際のポイントは、下の内容となります。

あなたを確実に通せる銀行の探し方を知ってください。

・ついついやりがちな通らない確率を高める行動

・銀行へ行くことがどれだけリスクのある行動なのか?

こうした事を含めて私が実際に銀行の担当者から教えてもらえた真実をご紹介しています。

あなたがもし不安を持っているなら、ぜひお気軽に私も無料で相談にのっています。

多くを語ってくれない銀行担当者に、もう無駄な質問時間を使うのはやめましょう。

申込方法を知ることが、通過には重要なのです。

 

申し込みをする前に再度チェック

あなたがもし今の段階で今回の住宅購入は妥協しないで何度でも他の銀行で申し込みをする。

こんな気持ちで取り組むなら、以下の5つは全て実行しておくことを私はおすすめします。

  1. 運転免許証や住民票などのコピーが必要な書類ですでにある最近の内容はコピーを何枚か余分に用意。
  2. 重要事項説明書、売買契約書、土地や公図などの書類も全て1つにまとめる。
  3. 貯金が口座ごとに分かれている場合はすべての合計額をわかるように最近の通帳のコピーを用意。
  4. 年間の支払や引き落とし程度の内容も全てその案件ごとに月々の返済額や残高をメモでまとめる
  5. 年齢が40歳を上回る場合は健康診断の結果などもきちんと伝えられるようなデータがあれば用意する。

このような内容をまず最初に準備してください。

カードローンもキャッシングも自動車ローンも家電の無金利ローンも全てです。

そして、報告書をまとめる感覚で1週間以上前には上記すべてが第三者に渡してもきちんと目を通して違和感がない書面のようにまとめた一覧を作ります。

そして、以下の3つは慎重に確認をしましょう。

  • 営業の仕事で転勤の予定があるのかないのか?
  • 会社でのあなたの仕事や能力はともかくとして会社のデータはすぐにネット上で開示されているのか?
  • 現在加入をしている保険などの書類も全て個人の契約内容としてチェック。

このように、一部は自分以外の情報も会社の信用情報という意味ですぐに確認できる状態であるかを一通りチェックする事が大切。

私はこの項目で会社があまりデータを開示していない状態でした。

これにより、判断がなかなか難しいという事で結果としてかなりの審査期間をとられてしまいました。

今は通っているからこそ、いろいろな組む前の小さい事が見えてくる。

だからこそ、可能な限りあなたにも借りられるチャンスを手に入れられるように情報を提供しています。

最も重要なのは年齢である

結局本人が借りられる状態になってから35年という長い時間でどの程度の信用があるのか?

この答えに単純にかかわるのが、健康に対するリスク。

その対象となりやすいのが、団信(団体生命保険)。

返済負担率がクリアされている場合でも健康にマイナスが存在する。

これでは、将来延滞や遅延を行うという問題よりも収入の不安定さが懸念される。

だからこそ、年齢は1ヶ月単位で審査を行う

現在のあなたの年齢が来月と仕事が別なんて事がなくても客観的に相手が考えるのは、完済時年齢までの時間が異なりますよという状態。

会社員が何歳で終わるのかということよりもそれぞれの年齢のスタートラインがいつ始まるのか?

そしてどのくらいの価格をどの程度安定して返済が可能なのか?

この答えに担保の力だけに依存して通ってしまうほど甘い世界ではない。

よって、少しでも早い段階で申込をする事がこれまでご紹介してきたような厳しくなっている最近の動きの流れから考えても重要になってきているのです。

頭金を多く出すメリットはもう時代遅れ

最近の調査では4割以上が頭金なしで売買契約をしている事がデータで公開されている。

このような流れから、結局は頭金を出した分その他の支払にお金が足りないという状態の方が銀行としてはかなりリスクになる。

よって、頭金があったから通るとか、頭金があれば通ったかもしれない。

こんな考え方は持つべきではないのです。

そんな考え方は、過去も今もそこまで重要な問題ではないのです。

実際の経験者が書き込みをしている内容も参考になると思います。

マンション購入時の経験者の相談スレ(知恵袋)

銀行の仮審査の結果のあとフラット35なら通る?(知恵袋)

少しでも視野を広げて、自分の状況をまとめることが大切です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

記事一覧

公式アカウント

このページの先頭へ