アフィリエイト

新築一戸建て購入の流れや計画手順注意点

スポンサーリンク

新築一戸建て購入流れについて、この記事をご覧頂きありがとうございます。

新築一戸建て購入するのに、計画を立てる方法を知りたい!

新築一戸建てが欲しいけど何を準備しておくべき?

こうした漠然とした購入前の不安や悩みをお持ちの方も多いです。

新築一戸建て」購入で失敗後悔を防ぎたいという思いから、以下の経験に基づく記事をご紹介しています。

新築一戸建て、マンション購入体験。

新築建売現場等に関わる住宅関連企業勤務経験。

住宅ローン審査に事前審査1回、本審査1回落ちた、通らない経験後の通過体験。

これら全ての体験を活かしながら各記事で情報を公開しております。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築一戸建て購入を計画していく上で、私たちが体験した「建てるまでの流れ」をご紹介しています。

この記事内では、以下のような流れでご紹介してます。

新築一戸建て住宅購入計画1.全体像

新築一戸建て住宅購入計画2.土地選び方注意点

新築一戸建て住宅購入計画3.会社選び方注意点

新築一戸建て住宅購入計画4.建売を含めた検討のコツ

新築一戸建て住宅購入計画5.調べるという行動注意点

こうした新築一戸建てにまつわる悩みを全体から絞り込み、計画を進める流れとしてご紹介していますので、情報収集の1つとしてお役立て下さい。

スポンサーリンク

新築一戸建て住宅購入計画1.全体像

新築一戸建て購入の流れ

スポンサーリンク

まずは、新築一戸建て住宅購入に向けて、皆様が歩んでいく流れをきくご紹介していきます。

新築一戸建て購入計画の肝は、全体の予算の上限設定

新築一戸建てで家を買うという目標が満足の結果に至るために必要なイメージをご紹介していきます。

まず、決めておかなければいけないのは、全体での費用総額イメージ

①貴方が住みたい土地がある、その場所の土地の平均相場価格を調べていくこと。

②貴方が立ててみたい家の大きさや間取りにはどのくらいの坪数が必要なのか?

③貴方がこだわりをおきたいトイレやキッチン、洗面台等の主な水回りの費用はどの程度か?

④貴方が建てたい家は、外壁でメンテナンス費用が削減された家か、その工夫は除かれた安い家か?

⑤貴方が返していける返済計画を再度見つめ直す。

新築一戸建て購入計画注意点は全体の範囲

新築一戸建て購入計画における注意点として、全体という見方の注意点をご紹介していきます。

全体に含めておかなければいけないのは、以下の項目。

・頭金ゼロでいくか、用意をしておくか?(ゼロでも購入は可能な時代!)。

・照明、カーテン等の資金や支払い方法。

・火災保険、地震保険の費用や支払い方法。

・浄化槽や水道引き込み工事の有無や費用。

・ランニングコスト(税金,メンテナンス費用,生活費等を含めた住宅ローン返済比率)。

・外構費用(最低限の駐車場,フェンス等)。

・住宅ローン審査時の手数料。

・固定資産税等の税金。

・引越し,インターネット回線費用,家電や家具新調における資金。

こうした新築一戸建てを買うだけでは付いていないメンテナンスや諸費用という扱いをされる部分。

新築一戸建て購入計画は、諸費用が鍵。

均等に配慮されて計画されていかないと、全体の費用を正しく判断する事は出来ません。

では続いて、実際に購入するという動きを取る前に慎重に考えておかなければいけない2つ。

・土地選び

・会社選び

この2つを中心に各内容の注意点をご紹介していきます。

 

新築一戸建て住宅購入計画2.土地選び注意点

一戸建て 住宅 土地 選び方

新築一戸建て購入計画で、この土地選びで失敗したら全てが危険。

こんな言葉を投げかけても過言ではない程重要です。

その根拠を含めて、購入準備注意点をご紹介していきます。

新築一戸建て購入準備注意点における土地の重要性

新築一戸建てを購入するという購入計画では、ついつい上モノと言われる建物ばかりに気を取られます。

・おしゃれな外観。

・きれいない内装。

・最新設備のキッチンやお風呂。

・自分の理想のソファーやベッドのある生活。

しかし、これらを簡単に台無しにするのが土地選び。

・地盤が弱い地域。

・浸水被害を想定しておくべき土地。

・地盤強化に余分な費用が必要になる土地。

・子育てをする際に学校やスーパーが遠い土地。

・老後を過ごすには、車がないと大変な土地。

長く住み続けたい為に購入したはずの新築一戸建て一過性で過ごしにくい土地だった。

こんな土地購入だけは絶対に避けなれければいけません。

こうした失敗後悔をしない為に私がご紹介してるのが、土地選びの注意点。

土地を決めていく中でのコツはいくつかああります。

購入後数年間における固定資産税等の維持費

土地の現状の価格と下落や上昇の可能性(資産価値)

この他のより詳しい土地選びについては、一戸建て住宅を中古を含めた探し方において重要なのが、

土地選びのポイント

となります。

以上で順で各項目をご紹介していますので参考にしてください。

こうした内容を考えておかなければいけません。

各記事にて、私たちが悩んだ内容等をリンクしていますので、ご参考にしてください。

では土地を決めたら、

「どこの会社で建てるか?」

を決めていきます。

ハウスメーカー、工務店、建売どれ?

悩みのポイントや選び方のポイントをご紹介していきましょう。

 

新築一戸建て住宅購入計画3.会社選び方注意点

住宅 一戸建て 土地 選び方のコツ

新築一戸建てを購入したいけど、会社はどこがいい?

この悩みを持つ方に多い誤解や注意点をご紹介していきます。

新築一戸建て会社選びに多い誤解

新築一戸建て購入計画の中で、会社選びをしていく中で、多くの方は、以下のような視点で選んでいます。

・安い家はお得?

・保証は長ければ安心なはず。

・ハウスメーカーなら高い分安心があるはず。

・広告経費がかかっていない工務店の方が適正価格なはず。

こんな昔の逸話の様な話をいつまでも信じています。

まず、この上に書かせて頂いた内容全て間違いです。

新築一戸建て購入計画で知っておくべき会社選びの注意点

新築を購入する上で会社を選ぶというのは、どういうことなのか?

この点について、本当に注意していかなければいけないのは、以下の内容。

・基礎は標準工事でどんな施工をしてくれるのか?

・誰が担当するのか?(アルバイト,職人等の違い)

・標準設備というのはどこまでが含まれているのか?

・オプション価格が高すぎないか?

・保証期間よりもどこにアフター対応の拠点があるのか?

・工務店なら、何年で棟数は?そして売却された率は?

・ハウスメーカーは、キャンペーン価格で何が入っていないのか?

これらが全て会社を選ぶ上で重要なポイントになるのです。

会社を選び、新築一戸建てを買うのは、難しい。

こうした発想を持つ方に多い選択肢が建売となります。

建売住宅を購入するという新築一戸建て購入計画におけるメリット・デメリットもご紹介していきましょう。

新築一戸建て住宅を建売購入するメリット・デメリット

新築一戸建て建売住宅におけるメリットとは?

その場所の土地の価格が高い場合、自分で不動産屋経由で購入するよりも割安で購入できること。

たったこれだけ。

しかし、土地の選び方に注目している方にとっては穴場の物件も実在します。

・主要駅から徒歩15分圏内のマンションも立つ区域にある建売物件。

・土地だけの価格でも、とても高いと周知されている区域。

・建物の価値はどうでも良いと思える立地条件と将来の都市計画。

こうした条件を満たす土地での物件は多少高い金額を出したとしても損をしません。

しかし、その代わりに固定資産税が高くなりますので、注意するのもポイント。

こうした内容を考慮して、

新築一戸建て建売住宅におけるデメリットとは?

では、反対に新築一戸建て建売住宅におけるデメリットをご紹介していきましょう。

よくある代表的な新築一戸建て建売物件のデメリットは、

・家本体の価格をかなり落とす工夫をしているケースも有ること(型落ちの水周り商品等)。

・建売物件は同時期に複数建つ為、アフター対応が遅いという不備が発生しやすい。

・建売物件を建てた会社の所在地が遠い為、管理会社の対応が不十分。

・隣の家との距離が近すぎるため、騒音,声の漏れ等生活に苦痛を感じる。

・近所付き合いが家以上に深刻化するケースもある。

・土地と建物の並びから、どの窓からも視線の悩みが絶えない。

・外構工事がしにくい。

・子供を自由に家の前で遊ばせにくい。

・自分たちの欲しい間取りは優先出来ない妥協探しとなる。

等がデメリットになります。

あなたが結果的に、新築一戸建て購入について、「何を優先した購入をするのか?」

この質問の答が明確でない場合は、建売住宅購入は控えておくべきだと私は考えます。

新築一戸建て建売住宅購入失敗後悔原因はこんなところにも潜んでます!

建売住宅を購入する時は、チラシに十分気を付けて下さい。

2015年ネット上でも話題になった建売住宅の嘘と真実とは?

で詳しくご紹介していますので、参考にしてください。

まだ建売住宅には注意点があります。

新築一戸建て建売住宅の注意点はオプション,構造も注目

建売住宅を見極めるコツには、様々な内容があります。

建売住宅の見極め方や内覧のコツ

木造鉄骨の比較、費用の違いは?

オール電化は必要なのか?実際の光熱費や床暖房の電気代は?

ハウスメーカーと工務店を比較した坪単価等の感想

こうした内容を一般的というなら、もっと細かい内容では、

気密性の高い低いの見極め方

この内容はなかなか住宅業界にいた人間でないと、気が付かない盲点です。

ぜひあなたの情報源にお役立て下さい。

では最後に、

住宅購入には欠かすことの出来ない住宅ローンや契約についての注意点をご紹介していきます。

 

新築一戸建て住宅購入計画5.調べるという行動注意点

新築一戸建て購入計画注意点.契約や住宅ローン

新築一戸建て購入計画注意点は、会社選びも重要であることを先ほどもご紹介しました。

しかし、実際はじめて家を買う人が会社を選ぶというのは限界があります。

・自分で知っている会社の情報の数。

・実際に購入者の声を聞いても賛否ある中での判断力。

・自分が欲しい家を本当にまかせて良いかの不安。

・失敗後悔を恐れる不安。

こうした中で、契約をしていくのは、本当にひとつの人生の決断の時とも言えます。

そこで、私がご紹介しているのが、会社選び前の資料請求による会社の調べ方。

・新築一戸建てを建てる会社の資料請求に多い誤解。

・会社を調べるという中で知っておくべきこと。

・会社を調べる上で重要なポイント

こうした内容を含めて、

新築一戸建て住宅購入時資料請求のコツ

にてご紹介していますので、興味のある方は参考にして下さい。

あなたにとっても夢のマイホーム実現までの道のり。

まずは、会社を知り、土地を紹介してもらうのもいい流れです。

ぜひあなたの労力を最小限にする情報源として活用して下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧頂きまして有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
スポンサーリンク
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

69人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ