新築一戸建て引越しトラブル注意点と初心者用対策術

スポンサーリンク

新築一戸建て引越しで見たトラブル体験をご紹介しています。

この記事をご覧いただきありがとうございます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築一戸建て引越しでトラブルを抱えるなんて嫌ですよね?

でも、実際には避けられない事象から避ける回避可能な問題までいろいろな課題があります。

実際に、引っ越しトラブルと言うと、以下のようなものもよくあります。

・新築一戸建ての引っ越し用駐車場スペースが私道を利用する事から起こるトラブル。

・新築一戸建ての引っ越しを雨の日に行う結果から生まれる運搬トラブル。

・新築一戸建ての引っ越しの挨拶まわりめぐりを伴うトラブル。

些細な事と思う方の感覚的要素も十分原因となりえる問題も新築引っ越しには数多くひそんでいるのです。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の体験、経験を活かしサイト運営をしています。

新築マンション、一戸建て購入体験。

新築住宅ローン審査で仮審査、本審査に落ちた後、通った体験。

新築関連企業に勤め、内情や大工さんから情報を取得した体験。

新築引っ越し、固定資産税、新築祝いのお返し、インターネット回線の契約経験。

新築外構、カーテンを打ち合わせで決めず、節約と満足を感じた体験。

新築購入後のメンテナンス、維持費、修繕等の経験。

新築火災保険、地震保険を妻の元保険営業の知識をかりて、満足した体験。

このように、新築購入にあたり、ただ買った、損した等の経験ではなく、現場の知識や関係各所の協力も得られた事からこのサイトでは注意点を兼ねて各記事をご紹介してます。

新築引っ越しトラブルについては、実際に私が目にしたトラブルをこのページでは、

新築一戸建て引越しトラブル例とは?

新築一戸建て引越しトラブルにあった時の対処法

新築一戸建て引越しトラブルを避ける最低限のチェックポイント

以上の内容について、ご紹介しますので、自分の引越し時にはしっかりチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

新築一戸建て引越しトラブル例

新築一戸建て引越しトラブル

スポンサーリンク

新築一戸建て引越しという待ちに待った日に突然訪れたトラブル。

抱えたくは無いのは誰もが同じ。

しかし、人が行う作業という工程上、実際にトラブルゼロというわけにも行かないのが現実。

私が実際に現場で見たトラブルをご紹介していきます。

新築一戸建て引越しトラブル1.床への傷

床の傷というのは、意外に簡単についてしまいます。

まして、フロアーマット系である場合はなおさら傷になりやすいです。

引越しトラブルを未然に防ぐ意味でのチェックポイントも最後にご紹介していきます。

まさか、床に傷なんて。

こんな思いをせずに済むように準備をしておきましょう。

新築一戸建て引越しトラブル2.壁紙の破損

床と同じくして、壁紙の破損も有ります。

なぜこのようなありきたりな場所も傷がついてしまうのか?

この点が、私が体験した引越しトラブルの中では、欠けていました。

壁紙も実際に簡単に搬入する家具次第では傷になります。

ぜひ注意して、当日の状況も観察しておきましょう。

新築一戸建て引越しトラブル3.照明等の割れ物の破損

照明は2重から3重の布に包んだ状態で運ばれることが多いのですが、実際このように梱包していても破損するケースは有ります。

その事情は、搬入経路と搬入のタイミング。

なぜこのタイミングで照明をつける?

と思いながら、見ていましたが、案の定、破損しました。

こうした流れも引越しトラブルには起こりえます。

あなたの考えられない。ではなく、予測したうえでの準備を心がけましょう。

では続いて、実際にトラブルに合った場合の正しい対処法をご紹介していきます。

 

新築一戸建て引越しトラブルにあった時の対処法

新築一戸建て引越しトラブルにもしあなたが見舞われた状態になった時、パニックになる気持ちも解りますが、まずは対処法を知っておきましょう。

新築一戸建て引越しトラブル対処法1.すぐ写真に撮って残す

破損した箇所を見つけたら、その場ですぐに、写メで撮っておきましょう。

しかし、この時のカメラが昔の古い300万画素より古い場合は、証拠にも使えません。

よって、最低でも300万画素以上のカメラで撮影してください。

新築一戸建て引越しトラブル対処法2.引越し業者と建てた会社双方に連絡

この時、ついつい怒りと不満から引越し業者の連絡ばかりに気を取られる方が居ます。

しかし、最後を考えたらあなたは直った綺麗な新築一戸建てで生活を送りたいのです。

よって、冷静に、並行するように新築一戸建てを依頼した会社にも事情を説明して見積もりに来てもらいます

その後、見積書を提示しながら、引越し業者に確認に来てもらう

この方が話が早く進みますので、対処法として冷静に進めていきましょう。

新築一戸建て引越しトラブル対処法3.傷や破損のある箇所は触らない

よくありがちな例ですが、傷ついた状態を手でこすったり、何かしようとする方も居ます。

しかし、状況が変わるとあまり良いことは有りません。

必ず放置して、触らない様にしておきましょう。

まずは、

引越しトラブルである事実を第3者に、しっかり確認してもらう

この気持を再優先に持って頂きたいと思います。

では最後に、こうした状況には誰もがなりたくないのですが、当日の引越しに違和感を感じる着眼点を持つという目をあなたに養って欲しいと思います。

 

新築一戸建て引越しトラブルを避ける最低限のチェックポイント

新築一戸建て引越しの際に、違和感を感じて欲しいポイントをご紹介していきます。

新築一戸建て引越しトラブル回避チェックポイント1.養生の隙間

残念なことに、

新築一戸建て引っ越しであっても、養生がめくれ上がる状態で平気で作業を開始する会社はまだあります。

当然ながら、めくれ上がる養生では、人が擦る様なスペースではめくれ上がりによって隙間が生まれる可能性もあります。

よって、養生の隙間のスペースと高さのある家具がぶつかる事で、壁紙の破損トラブルになることも有ります。

ですから、新築引っ越しの養生は、全てしっかり貼り付けてある状態か?

この点をしっかり搬入前の確認としてチェックしておきましょう。

新築一戸建て引越しトラブル回避チェックポイント2.通路へのマット

壁が大丈夫なら、安心なんて思ったら床に傷。

なんて引越しトラブルにならないように、搬入経路の通路に全てマットが敷いてあるかどうかもチェックしましょう。

マットがない事で、角のある商品を置く際に凹みを作った。

こんな簡単に予測できることも、誰も見ていない瞬間が多数ある引越し作業では、ありがち。

ですから、

「搬入経路に敷物をお願いする」

こうした少しうるさいくらいの注文がある方が後々双方にとって、トラブル回避に繋がるのです。

新築一戸建て引越しトラブル回避チェックポイント3.最後のサービスは傷確認に使う

新築一戸建て引越しトラブルを回避する為のチェックポイントでは、最後の時間も重要。

何分間かのサービスタイムを用意している会社も多いです。

その際に、よく掃除をお願いするなんて依頼がありますが、そんな10分の掃除なんて自分たちで十分。

重要なのは、破損や養生テープの残りがあるか等の破損確認の方が大切。

よって、最後の時間を双方で、確認作業をする。

この点でも、作業の日にトラブルを早期に見つける鍵になりますので、ぜひ活用してください。

あなたの新築一戸建て引越しが少しでもトラブルにならないようにあなたが出来ることからまずは取り組みましょう。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

新築引っ越しは、できるだけ説明を1件でも多く聞いておく事が重要です。

養生等の言葉を使わない業者も悲しいかな数多くいるのが現実。

私も過去には、引っ越しトラブルで痛い思いをした経験もあります。

そこで、私が新築一戸建て引っ越し時に使った方法をご紹介していきます。

 

新築一戸建て引っ越し私が知識を付けた方法体験記

新築一戸建ての引越しとなって、マンション時代の経験を思い出しても搬入も搬送経路も全く違い、また初心に戻る気持ちで探しました。

自分自身が引っ越しアルバイト経験を1年以上続けて見ていた現実

実際に私は、地元の引っ越し業者でアルバイトも経験を積んでいました。

このような経験も新築一戸建てを購入した時、どんな家なら運搬が楽なのか?

こうした視点を確認できる人生経験になりました。

そして、築き上げた私の新築一戸建ては、間取りの中で当然引っ越しを意識した間取りにも仕上げたつもりでした。

しかし、見積もりとなると話は別。

昔の新築引っ越しアルバイト経験とはちがう依頼に必要な知識

新築一戸建ての引っ越し無料見積もりというサイトは無数に存在します。

しかし、どのサイトもただ申し込みして、見積もりを何度も面談して価格を見続けるだけ。

これでは、何を交渉して良いのかもわかりにくいのが現実。

そこで、私は、もう一度原点にかえるつもりで、新築引っ越しの交渉方法を学びました。

新築一戸建て引っ越しの価格交渉方法を入手するためには、何が必要?

この答えは、1つの見積もりサイトとの出会いで解決しました。↓

このサイトを使った理由はただ1つでした。

新築一戸建て引っ越し交渉術

新築一戸建て引っ越しの交渉に必要な条件を無料でもらえるサイトだったのです。

・価格交渉のコツ

・比較ポイント

・商談メモ

普段の書籍などでは実用を可能にしたメモ等の方法は記載されていることが少ない。

しかし、このサイトで見積もりを取るだけで、こうしたすぐに実践出来る一式が無料で手に入る。

この点をしっかり把握してから、実際に面談をする。

これだけでも、かなり違いました。

あなたがもし、新築一戸建ての引っ越し業者に困っているなら、ぜひこの情報を入手するために、まずは見積もりという言葉ではあっても、資料を入手するために登録しておくことをおすすめします。

このページの情報が、新築一戸建て引っ越しトラブルの回避に繋がることを願っています。

新築引越し後の注意として、外構、リフォーム、修理等の工事をいつ行うか迷っている方も多いと思います。

新築一戸建て購入注意点まとめ

新築外構失敗と成功の決定的な違いまとめ

新築外構費用初心者におすすめの値引き交渉術

新築外構相場費用の違い裏事情

外構アプローチ洗い出しとは?

新築ウッドデッキ費用の意外な落とし穴

新築外構目隠しフェンス成功法画像付

新築玄関アプローチは砂利,コンクリート選び方Web内覧会

新築アプローチを安くする?費用によくある誤解

新築外構工事費用diyは節約失敗

新築外構工事はホームセンター、外構専門店?

新築外構工事車庫や物置も固定資産税に影響?

新築外構費用駐車場コンクリート節約のコツ

新築外構アプローチ防犯砂利効果は?

新築一戸建てに防水パンは必要?

新築浄化槽費用大人5人用設置購入体験記

オール電化2017太陽光発電おすすめの見積もり方法

新築太陽光発電見積もりおすすめと失敗後悔注意点

新築外構をブログからの情報収集注意点

新築外構デザインアプローチ門柱選び注意点

リフォーム工務店とハウスメーカー比較3つの失敗後悔注意点

新築照明費用はいくら?

新築カーテンの購入時期や採寸はいつ?

新築カーテン費用相場と賢い節約術体験記

新築一戸建てカーテン費用コスト削減と交渉方法

新築カーテンレール取り付け工事費用節約注意点

最後まで記事をご覧頂きまして有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ