年収300万でマンションを買う若者に潜むリスクと破綻注意点|購入体験者が解説

スポンサーリンク

マンションなら中古であれば安い物件も出てきた。

自分の家を買う事を夢見た時、多くは自分の年収と借入可能額や限度額。

さらには、金利のタイプや月々の返済額と現在の家賃で比較して検討する事が多い。

新築を買うばかりが能ではない。

お手頃の価格で中古の中で今の自分にも買える物件があれば築年数が経過していても得はあるはず。

このように、どこか中古車の程度がよいタイプを予算の中で差が鵜様な買い方を考えている人も多い。

しかし、この物件の選び方を私はあえてリスクが大きい購入の方法だと伝えたい。

その根拠は自分の体験だ。

これまでにもマンション購入については以下のような内容をご紹介してきました。

住宅ローンの悲惨な状態結婚後

住宅ローンで悲惨な体験と脱出法!28歳独身マンション購入ブログ

マンション購入目安と年収

マンション購入目安と年収|所有10年経験者からのおすすめ

2200万住宅ローンと年収の誤算注意点

2200万住宅ローンは年収でいくらが目安?マンション,一軒家購入体験記

住宅ローンボーナス払いが払えない

新築ローンボーナス払いはおすすめしないマンション,戸建て体験記

年収300万マンション購入無謀

マンション購入年収300万シミュレーション付でオーナーが解説

育住近接

育住近接とは?優先順位と一戸建てマンション比較

マンション住宅ローン払えない

マンション住宅ローン払えない時は破産?まずやるべき無料相談!

私自身も実際に新築マンションを購入した経験を持つ。

今となっては築10年以上の物件という条件になってしまった。

しかし、賃貸にする事で初期投資以上の価格が査定によって出てくる物件のメリットを感じることが出来た。

このような物件を変えると確かに中古の家でも得がある。

しかし、この買い方には一定の予算を必要とする。

少しでも高い方が不動産は価値が出やすいのか?

この見方も住宅としては不十分。

今自分が見ている不動産サイトや住宅情報の一覧からどんな内容を閲覧していても足りないことは多い。

この内情をいくら検索しても経験していない人には伝えることは無理。

そしてその答えを実際に住宅ローン返済が開始して買ってから気付く。

これが私が得経験した時の誤算の原因だった。

今回の記事では、年収300万の若者がマンションを買うのは不安が多いという内容を以下の項目でご紹介しています。

年収300万の若者がマンションを買う理由

年収300万の若者がマンションを買う注意

年収300万の若者がマンションを買う覚悟

この先返済を続ける立場になっても確かに一生分の価値があったと思えるのか?

ローンを組むことは人生的には達成感も仕事のやりがいにもつながる。

しかし、本当に家を買う必要が若者の時にあったのかどうか?

こう考える人もいるはず。

私のもとによく相談がある内容を含めてご案内していきます。

年収300万の若者がマンションを買う理由

年収300万若者がマンションを買う理由

ローンを組むなら若い時の方が早く終わる。

確かに実際に20歳で35年経過なら、55歳では完済。

25歳でも60歳にはもうローンを払う必要がない暮らしを手に入れる事が可能となる。

しかし、わざわざこんな若い独身か既婚かは問わない生活者がなぜ家を買う?

この答えには以下のような内容が潜んでいる。

家庭の事情を抱える田舎暮らしの現実

少子高齢化に晩婚化。

子育てを考える時間が50代60代にも続く人も増えている。

そして、現役を引退する前にはこんな家族会議が行われていることも珍しい光景ではない。

いくら親子関係があったとしてもずっと子供を養い続けるのは限界がある。

毎月定額の家に仕送りみたいに入れてくれていても今後の将来が心配。

よほどの理由がない限り、自分の力で大変でも収入の範囲で一人暮らしを始めるべき時が来ている。

つまりは、マイホームということよりもある程度自分一人で生活ができるようになってほしいと願う親が増えている。

月々の支払いや家賃程度の内容は知っておく必要がある。

それに、生活をするという事について、炊事、家事、掃除などの方法を一通りは経験から学んでおく必要がある。

こういう事情をしたの子がまだ控えている時、少しでも早く子供が独り立ちすることを願う親も地方には増えている。

このような背景から、同じ家賃のような金額を月々に支払いをするなら、ローンを組んで将来は自分の資産にしたい。

こう考えた若者がまずはセキュリティなどを考慮し、マンションを購入する動きが活発化している。

 

年収300万の若者がマンションを買う注意

年収300万若者がマンションを買う注意点

今の時代はもう頭金なしというローン申し込みは何も気にする必要がなくなった。

ある程度の年収や勤続年数の安定化。

さらには、月々の返済額が返済比率の範囲内であれば借入が可能となっていることも多い。

でも、実際にはいろいろな支払いがあるということに驚きを隠せない人も増えている。

管理費、修繕積立費の値上げで悲鳴

中古マンションを購入してローンを組んで、車を何台か保有する。

別に何も問題になるような計画ではない。

しかし、いくら貯金があったとしても都心での不動産関連の情報を見ている時には数年先(約5年から10年)の情勢も予測をしておく必要がある。

以下のような内容がそのポイントになりやすい項目。

  • 火災保険の値上げの可能性
  • 管理費、修繕積立費の値上げの時期と金額
  • 固定資産税の値上がりの状況。

このように、物件を探していた時よりもいくらかずつの話でも実際に出ていく金額が増加する。

たったこれだけで生活の中で食費や通信費などの支払に影響を与える可能性が考慮されていない事が多い。

毎月の生活に必要な経費の計算

いずれ結婚をすれば、共働きで貯金をする事も可能になってくる。

最初だけはかなりきついかもしれないけど痕が楽になるはず。

願う事は自由。

しかし、現実における選択肢はそんなに甘くない。

  • 食費、ガソリン代、化学繊維系商品の値上げ
  • 残業上限設定に伴う月収の減額の影響
  • ボーナスカットの影響

このような対象がかなりシビアに毎月の生活費を直面する可能性がある。

いざ物件を持った生活の上で、何より怖いのが、固定資産税の値上げだ。

3年から4年にかけて見直しをされていくのが不動産の価値。

新築マンションを買える人でも少しでも立地が良い場所を選びたい。

結果的に、需要とは似たようなエリアで購入したい人が集中する傾向もある。

こうなると、過去に買えるから買ったという物件もどんどん条件的に支出が増えるというサイクルにはまる事がある。

その結果、どんどん返済がきつい状況に追い込まれるリスクを抱えているのです。

 

年収300万の若者がマンションを買う覚悟

年収300万若者がマンションを買う決断力

これまでにご紹介してきた内容について、その程度なら知っていると思う人には最後に意識してほしい事をご紹介していきます。

築年数と比例して出ていく費用

当然家も少しずつ経年劣化という対象を見せ始める。

特に多いのが、水まわりの故障や修理の可能性。

自分が月々の返済額を借りすぎたと思っている時にさらに水まわりのパーツも修理。

こんなことになると、当然直すのも無料ではない。

さらに、リフォームの費用まで考えたら数百万円単位の投資がひつようになっていくこともある。

結果として、家を購入した事そのものに後悔をするという事も考えておく必要があるのです。

賃貸よりも安い返済設計

正直、家は無理をしてまで手に入れるべき対象ではない。

むしろ、住宅も一種の道楽として買っていると思った方が話がスムーズになっていく。

できるだけ住宅を買いたいと思った時には、老後に管理費などを払い続ける生活をイメージする事も大切。

さらに、買ってから自分の住まいのエリアをもっと田舎にしても問題ないと思えた時に、価値はどうなるのか?

こういう突っ込んだ部分の話しがあってこそ、狙うべき物件が明確になっていく。

上記内容がきちんと整った段階になったら購入を決断。

これが最後まで気を抜けない中で、将来もずっと住み続けない家を手に入れる事も視野に入れるという事。

こうしないと最後まで成功を感じることはない。

結局は最後は理由が何にしても売却を考える。

こんな結末になると、まるで家賃と同じようになっていく。

銀行も不動産会社も利益優先

借入をしたい時に銀行に住宅ローンを組んでみたいと相談する。

不動産会社にマイホームが欲しいと相談する。

このほかにもいろいろな業界の中で相談をするという行動をする人が多い。

でも結局のところ買った後の問題になりやすい点はいくら話を聞いても何も出てこない。

リスクは知らないなら教えない。

これがどこも同じ考え方であることを前提として覚悟を持つ事が重要になる。

結婚してからの生活。

資産を持ってからの転勤や転職などの予定があった時の選択肢。

自分がもしローンを組んでから少しずつ年収が下がったらどうなる?

結果として他の誰も紹介してくれなかった事情の方がかなり多いのが現実。

本やネットを見れば無料で情報は閲覧できる。

でもその中のすべてがそれぞれの会社の利益につながりやすい情報を公開する。

この認識をある程度持ってみておくことが重要。

もしこの情報を見間違えるとどうなるのか?

⇒簡単にリスクという対象を全く違う条件で自分なりにまとめてしまう可能性も出てくる。

自分の人生が180度変わる可能性がある可能性がある不動産購入。

天国と地獄に一気に落ちる可能性はだれもが持っているのです。

十分注意して検討してください。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ