育住近接とは?優先順位と一戸建てマンション比較

育住

住まいを購入する。

マンションでも一戸建てでもやはり近くに何があるのか?

近接する育児環境を問う子育て世代の住宅探しがトレンドになっている。

過去には、職場の近くを探し、通勤の距離や時間を短縮する職住という言葉がトレンドだった。

しかし、最近は、子育て世代の育児を優先した住まい選び。

この条件が、共働き世帯を中心に広がりを見せている。

育住近接について、このページにご訪問いただきありがとうございます。

私も2児パパとなり、子育て奮闘中の真っただ中。

そして、妻から住まいを購入する際、こんな言われ方をしました。

育住2018

駅を使うのは所詮あなただけ。

子供たちの為に済むなら、やはり幼稚園や保育園、駅全てが近くなっている事が大事。

確かに、住まいを手にした後に、この言葉は非常に痛感した。

学童保育。

この言葉をやはり多くの職を問わない子育て世帯の中でも核家族が利用している現実がある。

さらに、学童や育児の時親の世代からして、どうしても併設する設備などの施設情報を物件選びに気にしている人も多い。

子どもは何かと近くにスグ必要な事がそろう環境がある方が親としても安心が多い。

マンションの物件選びでも保育園が併設されるなどという変化を都心部では見かけるようになる中、地方に進んでもやはり2018年は育住がトレンドになることは必須の様です。

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、自分の以下の経験を活かし、運営しています。

私の体験は、以下のようなものがあります。

元住宅関連企業勤務経験者。

一級建築士,内装業などの身内に囲まれた環境。

そして、以下のような経験をしてきました。

新築マンション、一戸建て両方の購入経験を持つ。

住宅ローン審査にメガバンク、第三地銀等3回落ちた経験を持つ。

住宅ローン審査を銀行相談を一切せずに通過させた体験者。

2017年に審査通過から2年目で住宅ローン借り換えに成功。

火災保険は元保険営業の妻に助けられ節約に成功。

新築祝いのお返しを専門サービスを使って満足ができた経験。

引っ越し見積もりも時期や会社との交渉スキルを学ぶ事で安くした経験。

新築インターネット回線もスマホ回線等の活用を含めてプロバイダ契約を含めてかなりの節約に成功。

新築購入後の固定資産税納税等の変化を見てきた体験。

カーテンや外構工事などは全て打合せで決めず、自分たちで独自に発注して節約に成功。

家は性能と考えるのが私の大切にしてる家づくりの基本姿勢でご紹介しています。

エリアを問わない。

日本全国どこに住む方でも、やはり2018年に土地や家探しをするなら、マンション、一戸建ても問わない重要な情報。

この育住の考え方について、今回の記事では、以下のような項目でご紹介しています。

育住近接必須施設

育住近接優先順位

親が育児をもっとカンタンにするために。

近親世代にあまり迷惑をかけないために。

このような目線で同じ共働きの親としての時間を過ごす新築購入後の生活で人気や併設などの条件選びをご紹介していきます。

育住近接必須施設

育住近接

大規模マンション建設が進むエリア。

物件の中でも子どもの育児をするならと親が選びたい人気の学区。

子供により安全で安心をさせるためのエリア選びが進む現代社会。

この中で、育住近接に必要な設備や施設の考え方をまずはご紹介していきます。

育住近接情報1.駅

育児に関わるかどうかは人により必要な状況が異なる。

しかし、資産価値を考えて頂きたい。

当然、都心でも副都心などでも駅周辺の物件というのは、当然今後も大規模マンションの建設が予定される不動産情報も出てくる。

そして、環境の変化に伴う中でも人が必ず今後も利用することになるのが駅。

親子の異動から通勤に必要な親の世代の利用。

やはり駅から近い環境は確実に資産価値につながっていくのです。

育住近接情報2.子育て施設

これから子育てを始める世代が住宅購入をする。

このような環境では、多くの方が近くに以下の施設がある事を求める。

  • 保育園や幼稚園。
  • 小学校
  • 中学校

これらの場所が、職場からも近くになる。

こうした情報を求める動きがかなり活発化している。

この動きは賃貸マンションの開発家庭の中でもやはり動きの活発化と大きくかかわることも見受けられる。

不動産というのは、やはり今後も立地に対する条件に対する優先度が高い状態。

中でも環境的に不足をしてしまう可能性があるのが、保育園や幼稚園などの学童施設。

このような場所が、充実しているエリアは、やはりさまざまな開発が進むことも予測される。

イベント関連の増加。

分譲マンションの新設。

団地開発。

入居する住宅が増加することは単純に、人口の増加も予測が簡単にできる。

よって、建設発表がされた段階から、次その住宅に住む方向けのサービス領域になる施設や設備が近隣のエリアに増えていく。

こうした動きがあると、当然職場が増加する場所ということで、ママたちの理想の仕事探しの場所としてもメリットが生まれる。

育住近接情報3.自治体等の情報

自宅となる家からの職場へのアクセスにメリットを求めていた職住のニーズはやはり一人暮らしの済みやすさが中心となった領域。

しかし、子育て世代に対しては、入居をした後の心配が増加する。

以下のような悩みがその典型例と言える。

  • 保育だけでなく、自治体が提供するサービスの充実性
  • 子育て支援施設などの無料開放される施設の利用。
  • 送迎などのサービスが充実した学童への動向

周辺の住民に対しての認識が全くない中で、新築で価格に魅力を感じて購入する人も多い。

その先で、実際に住む時には、子育て優先。

都心に通勤。

少し離れてる街でも子育てに力を入れてる事が分かれば、住民となるメリットは多い。

結果的に、ある意味都心離れが進み、住みやすいという見方が変わってきた。

その先に、少しでも仕事も暮らしも安心できる街があれば、悩みは少なくなる。

こうしたポイントを新築購入の時には、魅力の条件として優先している方が増えているのです。

 

育住近接優先順位

育住隣接優先順位

家探しの優先に対して、通勤時間や周辺の便利を考えた暮らしのポイント。

仕事から送迎に必要な移動ルートの悩み。

得は本来便利を活用してこその魅力を引き出した感想。

では実際に新築で家を購入する時、何を優先していくことが重要になるのか?

さまざまな事情を考えた中でこれからの生活を考える上で必要な情報をご紹介していきたいと思います。

育住近接優先順位1.マンション編

もしこれからマンションを購入しようとしている方なら、ほぼ最優先は駅からの距離です。

徒歩3分

徒歩5分

徒歩7分

このように、スーモやリクルートホールディングスなどの不動産情報でも確実に新築や街を問わず安心を生み出すのは、駅からの条件。

もちろん、便利な駅もあれば、今は不便という方もいると思います。

しかし、新築マンション建設予定というのは、確実にその後の都市計画に影響を与えている事が多い。

国の国土交通省や地方自治体のこれからの導入を事業者に通知して、入札やスポンサーも増え、助けが得られることも多い。

結果、敷地内という環境にもコンビニや託児所、銀行やショッピング店舗が併設される事も十分にある。

このように、駅からの立地は確実にさまざまな重要な施設やサービスが入りこむ産業の発展場所としても考える事が出来るのです。

よって、確実にマンションは、駅からの立地を最優先とする。

これが、今後資産の売却などを検討する際にも魅力として感じる事は間違いないはずです。

育住近接優先順位2.一戸建て編

育住近接における一戸建てを軸とした探し方。

この時近接しておくべきはやはり子育てに関する情報が先。

保育園、小学校などの人気の学区であり、学校からも近い。

これが駅から多少離れた場合でも優先するべき流れになっていく。

その根拠は?

駅からの距離をあまり優先して近くの土地を購入してしまうと、その後の情報で時間の経過に伴い近くにマンション建設が起こる可能性もある。

よく、近隣にマンションが建設されて、日照条件がかなり変わってしまった。

こんな住宅街の話しを駅周辺では聞いたことがありませんか?

Uターン、Iターンなどで職を変えた時、戻ってきたら、駅周辺の景色が一気に変わっていた。

その代わり、日差しが入る場所が変わり、風通りがかなり変わっていた。

このような事も容易に考えられるのです。

よって、まずはトレンドがいくら育住であると言っても、やはりまずは職場の距離も車を所有するしないも問わず、まずは子供の学校情報を最優先として考える。

これが重要だと私は物件選びで特に伝えておきたいのです。

でも、実際に自分たちの購入する会社がどこかも決まらないし、予算もよくわからない。

人気の学区や希望はあるけど、実際土地などの予算も含めてよくわからない。

このような方には、スーモなどで個別の物件を探すより会社からの情報を取り寄せる事が重要

 

その候補はまずは予算。

育住近接一戸建て資料請求

1000万円台

2000万円から2500万円台。

2500万円から3000万円台。

3000万円から3500万円台。

建てる建物の予算事に明確に分かれてるサイトを利用する方が、子育て中のパパママには助かる情報と言える。

さらに、こうした情報だ毛でなく、家づくりに対する資料を受け取ることも資料請求の上では大切な事。

liful評判

こうした細かな内容も地域制や土地の状況などからしっかり教えてくれる冊子が導入されている会社があります。

それが、LIFUL HOME’S。

ライフル注文住宅資料請求

あくまで資料請求として重要なのは、その会社の特性や特徴を知り、そして家を建てる時の知識を得る。

まずは、ローコストを含めた自分たちの理想ってどのくらいの価格の家なら、実現ができそうなのか?

その感覚から、土地を選び、そして、具体的にマンションなのか一戸建てなのかも総合的に判断する。

このような流れで取り組むことが、条件に見合う家の購入の最初の1歩だと私はお伝えしたいのです。


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ