住宅ローン地獄で後悔!4000万を35年で組んだ共働きの現実

スポンサーリンク
  • 年収の7倍8倍が令和の時代は当たり前になった
  • 都心や都市部で一戸建てや分譲マンションを購入するならこのくらいの金額は当たり前!
  • 住宅ローン4000万円を共働き夫婦ならなんとかなるの?

結論から申し上げると、4000万円を返済する能力がある年収目安は、1000万円以上だとお伝えしたい。

住宅ローン返済がきつい関連記事。

kentoukouho

75歳や80歳まで住宅ローンはきついからやめておくべき3つの根拠!

スポンサーリンク

年収300万で3000万円借入は無謀?

住宅ローン3000万がきつい時の対処法|新築マンション,戸建購入体験記

生活がきつい

住宅ローンがきつい人におすすめの行動

住宅ローンを借り過ぎた

住宅ローンで借り過ぎた人の特徴|返済が厳しい,大変と嘆く人の口コミ

住宅ローン年収8倍の生活の実態

住宅ローン年収8倍が借入可能額はお得?将来の暮らしはどうなる?マイホーム購入体験記

7倍

住宅ローン年収7倍の借入額は低金利なら無難?無謀?破綻予備軍注意点

今回の記事では、住宅ローン地獄という後悔をしないために4000万円をかりいれる現実について、以下の目次でご紹介しています。

住宅ローン地獄で後悔!4000万円35年返済の現実

4000万円の住宅ローン返済が可能な年収目安

住宅ローン地獄になったらどうする?

中古物件?新築物件?購入後の後悔対策

スポンサーリンク

住宅ローン地獄で後悔!4000万円35年返済の現実

住宅ローン地獄

住宅価格が4000万円。

令和の不動産バブルでは当たり前のように目にするようになってしまった。

しかし、将来はまだ値上がりするかもしれない!

もしかしたら、購入した時の価格よりも売却する時には高値になるかもしれない。

こんな想像をして、無理をしてでも手に入れるべきと考える人もます。

住宅ローン地獄の現実

住宅購入を決断したことを後悔する人もたくさんいます。

  • 生活困窮者になった
  • 自己破産
  • 借金地獄
  • 離婚

さまざまな後悔の声が聞こえてきます。

「家なんて買うんじゃなかった」

この言葉を口にしないようにするにはどうすればいいのか?

この点をじっくり考えておく必要があります。

定年後まで返済を続けるのは無謀

家を買う年齢も重要。

35年ローンを組むということは、開始時に年齢と完済時年齢が重要になります。

開始時年齢 完済時年齢
20歳 55歳
25歳 60歳
30歳 65歳
35歳 70歳
40歳 75歳
45歳 80歳

晩婚化、少子高齢化の時代に、家を買うなら何歳まで?

この答えも重要。

転勤族の持ち家購入子供の年齢的理想

新築一戸建て年齢適齢期は何歳?40代成功と失敗

夢や憧れを考えるよりもまずは自分たちの生活をリアルに想像しよう。

【定年後の生活】

自分たちの親を見ると、よくわかる。

マイホームを一戸建てで購入しても以下のような悩みは続く。

  • トイレや水回りの故障の修理、修繕
  • 10年に1階の外壁塗装
  • 屋根や雨樋等の修繕、補修
  • 建付けの悪い窓や玄関ドアの修理依頼

さまざまなことにお金が必要になります。

マンションなら、共益費、修繕積立費等をずっと継続して支払うことになります。

つまり、日々の生活費だけが必要経費とは言いきれない。

定年後まで火災保険や地震保険の支払いを続けるの?

これもかなり大きな負担になってしまう。

10年後、20年後の折り返しが何歳なのかということより、老後に自分たちの家を守るために必要な経費を考えましょう。

 

4000万円の住宅ローン返済が可能な年収目安

年収目安

私はこのサイト内では、住宅ローンの借入額は、年収の5倍からマックスで6倍であると伝えています。

これは、自ら新築分譲マンション購入後に経験した苦労から学んだ事。

今は二人の子どもを育てる親として、新築一戸建てを購入して生活してみて感じていること。

住宅ローン審査基準は緩和

令和になって、住宅ローン審査の年収目安は、7倍から8倍まで可能という金融機関が多くなった。

その背景には、住宅ローン金利が下がったことが大きな要因となっている。

住宅ローン月々返済額

  • ボーナス返済:0円
  • 返済方法:元利均等払い
  • 返済期間:35年
  • 金利タイプ:変動金利
  • 当初金利:0.5%
  • 団信:無料
  • 事務手数料:無料
  • 融資手数料:無料
  • 保証料:無料

上記条件で計算をすると、以下のような返済計画になる。

月々返済額 103,834円
総返済額 43,610,126円

簡単に計算すると、年間120万円の返済となります。

返済期間中の誤算に注意

以下のようなことが起こると事態は急変する。

  • 夫婦ペアローンで妻が妊娠(収入源)
  • 夫が転職し、収入減少
  • 子どもの才能強化のために教育資金を増額
  • 病気や事故により就労困難(住宅ローン返済緩和条件以外の疾病)
  • リストラや減給

40代になれば転職も困難になる時代。

今20代30代で調子が良いから一気に家も買おう!

こんな計画では、ジェットコースターのような人生になりかねない。

他にも、以下のような出来事は誰にも予想ができない。

  • 自然災害
  • リーマンショックのような経済の急激な変化
  • コロナ禍による解雇や失業

今がコロナ禍で最悪の状況だから、これ以上悪くなることは無いだろう。

これも楽観視だと思ったほうがいい。

 

住宅ローン地獄になったらどうする?

最後はどうする?

もし仮に、住宅ローンの支払いが困難になったらどうなるのか?

現状把握

具体的に何をすればよいのでしょうか?

よくある相談に対してのお答えしている方法をご紹介していきます。

金利が高すぎる方

基本として住宅ローンを組んだ時の金利の設定が明らかに高い時期だった。

この金利なら借り換えをすればやっていける可能性が高い。

こんな人たちにオススメしたいのが、フラット35での審査を受けるという考え方。

フラット35通りやすい甘い銀行|勤続年数1年通過にて多くの同じ悩みを抱えた家族を救った申し込み方法をご紹介しています。

人気エリアの状況の方

今住んでいる場所は多くの人がよく知っている人気のエリア。

賃貸も分譲、建売も年間を通じて不動産物件探しを人は多い。

このような場所で生活しているなら、とにかく早く査定に出すことが先。

もしかしたら、低金利の状況の人なら、完済以上の利益が数万でも出てくるかもしれません。

まずは自分たちの計算よりも最大どの位の利益が出るのかを知ることも重要。

不動産査定の会社はいくつかあります。

気になる資産価値をノムコムでチェック!

タウンライフ売却査定依頼はこちら売却相談

売却相談イエイの無料査定

売却相談いえカツ

上記の中で一都三県にお住いの方に最も私がオススメしたいのが、

売却相談売却相談

一都三県におすすめ

東京、神奈川、千葉、埼玉にお住いの方には特に注目!

他の会社よりも対応する選択肢が広いことが重要なポイント。

  • 相続
  • 離婚
  • 金銭問題
  • 空き家
  • リースバック(住み続ける売却)

こうした幅広いニーズにこたえた買取の方法に対応してくれるのがこの会社。

中でも住み続けるリースバックに積極的に対応してくれる不動産会社はかなり希少!

即現金化されてもその査定額では、ローンが完済できない!

こんな悩みを抱えたご家庭にも自分たちが住み続ける方法を軸とした相談も可能なのです。

売却査定期間の目安も明確です。

もしあなたが売却するべきかを悩んでいるなら、まずはその内容から相談をすることも可能なのです。

一都三県以外のおすすめ

売却相談イエイの無料査定

イエイの強み

イエイは、全国の知名度的に高い。

単純に売却後の需要が見込みやすい。

不動産は売り手よりも買い手を探すほうが難しい。

よって、この点は事業の知名度が勝負になり、さらに高値が付きやすい傾向もがあるのです。

この点をよく考えてみてください。

まず知るべきこと

売買相場を知る。

これが最優先。

不動産の知識は無いよりあったほうが良い。

しかし、1から調べていたら時間がかかりすぎる。

だったらまずは、以下の点に意識を集中する。

  • いくらで売れるのかを知る。
  • 住み替えは可能なのか?
  • 住み続けるリースバックなどどのサービスを利用するべき?

このように、情報を少なくコンパクトにまとめる。

そうすれば、各種サービスのメリットやデメリットも見えてくる。

売りに出すなら早い方が良い。

大きな決断をしたから手放したくないという気持ちはよくわかります。

しかし、最初から無謀だったとかもしれないと思っている人なら、価格が今より下がってしまう前に少しでも早く売った方が勝ち。

例え住宅ローンが残っていたとしても複数の会社に一括で見積りを依頼したら、自分の予想よりも高い値がついたということもある。

結果、夫婦二人暮らしや単身で子どもがいる家庭なら、アパートに移り住むことも検討可能。

とにかく早く売れる時に売っておく。

分譲マンションも店舗併用住宅も同じです。

単純にそのまま放置しているよりも少しでも早く口座に残高があるうちに手を打つことが重要。

 

中古物件?新築物件?購入後の後悔対策

家を建てるべきか中古をリフォームか?

家を買うとしても新築は高すぎる。

中古住宅をリフォームすればいいはず。

もしくは、リフォーム済みの中古物件を買うのはどうだろう?

こんなニーズが高まっている。

築年数と価格では見えない裏事情

  • 外観は綺麗に塗装されている
  • 内装も床、天井、壁紙、トイレ、キッチン、洗面台、お風呂は綺麗。

表面的な情報ですね。

でも天井裏や屋根裏の断熱材や雨漏りは?

家は見た目では判断できないことが多い。

その代表的な悩みが夏暑い、冬寒い家。

ボロボロのように見えるけど、家の中は快適。

こういう家は珍しい。

家も経年劣化します。

つまり、断熱性向上のためのリフォーム等が必要になることもあります。

訳アリ物件に当たらないための対処法

安易に不動産紹介サイトを経由しないこと。

これが最も簡単な探し方。

なぜか?

インターネット検索は便利です。

条件を入力することで希望条件に合った物件が簡単にリスト化される。

しかし、家は建物だけの話ではありません。

  • 住環境
  • ご近所トラブル
  • ゴミの分別
  • 治安
  • 通勤や通学ルート
  • 生活圏内の物価

さまざまな条件で探すことが重要。

この答えをより多く持っているのが、地元の不動産屋さん。

「あの辺は昔は田んぼ畑ばかりだった」とか「学生寮があったのが取り壊された」など地元住民にしか知られていないような情報を数多く持っているのです。

不動産はその場所でいろいろなことが起こっているはず。

  • 自己破産して売却された物件
  • 昔火事があった場所
  • 離婚で売却になった

いろいろ自分たちが知っていたら買わなかったという情報が眠っている可能性があります。

  • 再建築不可物件
  • 近隣での都市開発工事

こうした情報を含めて、いろいろな情報を入手しておくことが大切です。

安易に金額が安いか高いかだけで考えるのは危険です。

十分注意してください。

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ