住宅ローン3000万がきつい時の対処法|新築マンション,戸建購入体験記

スポンサーリンク

夢のマイホーム購入という言葉がある。

一方で、購入の計画が借入限度額などにこだわりすぎた人は、こんな言葉を口にする。

家なんて買うんじゃなかった。

住宅ローンがきつい体験

住宅ローンがきつい人におすすめの行動とよくある誤解や注意点体験記

スポンサーリンク

住宅ローン支払いイメージ

住宅ローン支払いイメージをリアルにシビアに体験から解説

4000万の審査通過目安となる年収や生活が安定する目安もご紹介しています。

住宅ローン4000万年収目安体験記

住宅ローン4000万の年収目安|返済中の2児パパ体験記

貯金ができない。もう手放したほうが早い?月々のシミュレーションを見たはずなのに一気にギリギリの生活になってしまったと悩む人は非常に多い。知恵袋などを見ていても具体的な悩みの改善法が分からない人も多いはず。

こんな悩みをお持ちなら、ローン残債があっても対応してくれる会社にすぐ相談!

一都三県にお住まいの方なら、↓の会社が最優先。

売却相談売却相談
私自身も新築マンションを購入した時には収入的に大丈夫だろうと何を根拠にするわけでもなく、自分の生活を照らし合わせていました。

しかし、3年、5年で終わるローンではない。住宅ローンは、35年。現在の生活がいくら少し高い年収でもこれから子供を育てるという資金は未知数。

市場のインフレや消費税などの変化もいくらでも35年の中では考える対象がある。こういう動きは不動産会社も銀行もいざ借入の審査を受ける時には誰も得をする情報は教えてくれない。

今回の記事では、住宅ローン3000万がきついと感じやすいであろう年収目安を今リアルに子供を育てる4人家族を夫一人の収入で支えるケースとして体験からご紹介していきます。

約3000万という物件で審査をつうかさせたい人がどうしたら住宅購入で得を感じられるのか?組んでからマイホームがただのローンの塊のように思ってしまったら、まさに生き地獄になってしまう。

ローンを組む人にとっては、価格を問わず生活が苦しい状況を避けるために知っておくべき情報があります。

スポンサーリンク

住宅ローン3000万がきつい実情|マンション

住宅ローン3000万がきつい

マンションできつい生活になる人の特徴をご紹介していきます。

頭金等の資金の選択

主な理由として、出てくるのが毎月の返済以外の費用の捻出が難しいケース。管理費、修繕積立費、駐車場代金などを支払います。不動産を取得した翌年から土地と建物所有における固定資産税の支払いが求められます。

この点を忘れていたという人には以下のような共通点があります。

  • 借り入れの額を調整するために頭金を増やし過ぎた。
  • 保険関連を節約対象にした。
  • 車を買う程度なら無理がないと思っていた

予測している対象があまりにも狭いのが特徴。

予想を超えて支払いが大きくなっているように感じてしまうのです。

教育費などの誤算

環境にあわせたライフスタイルが求められる。

マンションを購入して新しい場所で生活をすると、以下のような見直しが必要なケースも多い。

  • 食費が高くなった
  • 子供向けの習い事が高い
  • 5年ルールのタイミングで金利の上昇も心配

このように、子育ての時期と元金に対する利息の変化等を経験したことで実際に生活が苦しくなる傾向があります。

余裕がない時に無理をして頭金を払うのは金利が低いとしてもリスクが高い。

この点を知っておくことは重要です。

マンションに多い悩みまとめ

  • 金利選択ミスによる将来の誤算発生
  • 教育費や養育費等の子どもにかかる費用の増加(予期せぬ出費)
  • 奥さんの年収ダウンなどによる収入の悪化
  • 管理費等の5年先等の影響を受ける。
  • 頭金なしを選択したのに将来の管理費の値上がりなど分からないことを確認していなかった。

説明を受けた内容だけを参考にしてはいけないのです。しっかり確定申告等を経験するまでの流れを理解しておくことが重要。

このくらいリスク管理のマイナス面を多くとらえておくことが重要なのではないでしょうか?

 

住宅ローン3000万がきつい年収|戸建

住宅ローン3000万がきつい戸建購入

実際に3000万円のローンを組んでからの生活が成り立たないと感じるのは、年収に対しての返済比率が高い傾向があります。

負担が多いと感じる人に目立つ内容をご紹介していきます。

金利と返済負担

私は変動と固定のミックスタイプを選びました。ボーナス払いは無しです。

でも結局は、35年間の返済の合計額でみると、正直安くならないのです。総額が数十万の支払いが減ると思っていても総額以前にボーナス分できつくなることが多いのです。

家計が混乱した体験

実際に借り換えを検討した時には、以下のような内容が懸念されました。

  • 来年必要な子どもの教育費の負担
  • 生命保険等の支払い
  • 居住費としてのエアコンなどの買い替えサイクル
  • 車の買い替え時期

こうした内容と今後の繰り上げ返済というバランスは難しい問題です。

ローン控除は期待薄

住宅ローン控除とは?まとめもご用意しております。

年間の所得に応じて、新築、中古を問わず床面積が50平方メートル以上で住宅ローンを利用する契約者が自分で住む場合に適用される対象。

しかし、この時に戻ってくる金額は大した影響を持ちません。

何故そう言えるのか?

火災保険、地震保険の支払いや生命保険、2年又は3年に1回の車検や点検の費用。

こうした内容で全て消えてしまうことが多いからです。

ですから、家を買った後に、借り過ぎた!という声が多くなってしまうのです。

マンションと共通する悩みまとめ

  • 年収の6.5倍、7倍、8倍という家庭は大半がかなり困る。
  • 収入が減った、支出が増えたというバランスの崩壊。
  • 軽減税率の機関でも返済が厳しい状況になる可能性もある。

もしあなたが今このような悩みを抱えているならどうすればいいのか?この答えもご紹介していきます。

 

住宅ローン3000万がきつい時の注意点

住宅ローン3000万がきつい不安がない年収

まずは先を読むことが重要です。

今行動すべき理由

10年では家族の中で検討する問題は、以下のように変わってくる。

子どもの購入時の年齢 10年後の年齢 浮上する課題
0歳 10歳 運動や塾通いの検討
1歳 11歳 スポーツや音楽など本格的な環境を検討準備(中学受験等)
2歳 12歳 中学進学にむけて出費と節約を検討
3歳 13歳 中学3年間の自転車や部費などの活動費や維持費
4歳 14歳 高校受験の問題が条件などを含め検討される。
5歳 15歳 会社の状況や今の年収ではどこまでの高校に通わせることが可能か教えるような年齢
6歳 16歳 高校通学に必要な通学費や学費の支払
7歳 17歳 大学進学なのか就職なのか次の人生を選択。
8歳 18歳 一人暮らしの可能性を含めて仕送り等増える対象と家計の計画を立てる必要性
9歳 19歳 兄弟姉妹それぞれに十分な状況に合わせて使ってあげられる予算確保が必要な時間。
10歳 20歳 大学在学中ならまだ進路の判断が曖昧では困る時期

このように、10年後には住宅ローン減税が終わる時間。

よくある誤解

住宅ローンが払えない!

遅延、延滞、滞納になってしまった。

こんな状況になれば、任意売却という強制的に法的な手段を取られる事も考えられます。

「素直に金融機関に相談すれば、もしかしたら住宅ローンの見直しに協力してもらえるかも!」

こんなことを考えても無駄です。

根拠は?

不良債権になるなら、少しでも築年数が浅いタイミングで売却した方が査定がつくからです。

こうしたことが無いようにするためには、任意売却を避ける行動をとることが重要。

そのためには、どうすればいいのか?

今知るべき事

あなたが今行動をしなければいけないことはただ1つです。

それは、物件を査定に出すことで住宅ローン完済を可能にする方法を知ること。

ポイントは、物件に住み続けられる方法も今の時代には用意されているのです。

住宅ローンの借り換えをしても毎月の返済は発生します。

その時には月数万の金利の上乗せ分を常に考える事は変わりません。

住宅をある意味、他の人にゆだねて今と同じように利用する。

ある意味、賃貸化するという方法があることも知っていただきたいのです。

最悪の事態を考える

あなたが今後新しい物件を借りるとなれば、当然子供たちの年齢や通学も考えるでしょう。

さらに、親が引っ越し後に通勤手段を考える事も必要になります。

引越しなどの資金もカーテンや家の中にある家具や家電も全て見直す。

こんな状況になってからかかるお金を考えるのは損。

まずは自分の生活を見直す必要がない方法を選ぶことが重要になります。

 

住宅ローン3000万がきつい時の対処法

具体的に何をすればよいのでしょうか?

よくある相談に対してのお答えしている方法をご紹介していきます。

金利が高すぎる方

基本として住宅ローンを組んだ時の金利の設定が明らかに高い時期だった。

この金利なら借り換えをすればやっていける可能性が高い。

こんな人たちにオススメしたいのが、フラット35での審査を受けるという考え方。

フラット35通りやすい甘い銀行|勤続年数1年通過にて多くの同じ悩みを抱えた家族を救った申し込み方法をご紹介しています。

人気エリアの状況の方

今住んでいる場所は多くの人がよく知っている人気のエリア。

賃貸も分譲、建売も年間を通じて不動産物件探しを人は多い。

このような場所で生活しているなら、とにかく早く査定に出すことが先。

もしかしたら、低金利の状況の人なら、完済以上の利益が数万でも出てくるかもしれません。

まずは自分たちの計算よりも最大どの位の利益が出るのかを知ることも重要。

不動産査定の会社はいくつかあります。

気になる資産価値をノムコムでチェック!

タウンライフ売却査定依頼はこちら売却相談

売却相談イエイの無料査定

売却相談いえカツ

上記の中で一都三県にお住いの方に最も私がオススメしたいのが、

売却相談売却相談

一都三県におすすめ

東京、神奈川、千葉、埼玉にお住いの方には特に注目!

他の会社よりも対応する選択肢が広いことが重要なポイント。

  • 相続
  • 離婚
  • 金銭問題
  • 空き家
  • リースバック(住み続ける売却)

こうした幅広いニーズにこたえた買取の方法に対応してくれるのがこの会社。

中でも住み続けるリースバックに積極的に対応してくれる不動産会社はかなり希少!

即現金化されてもその査定額では、ローンが完済できない!

こんな悩みを抱えたご家庭にも自分たちが住み続ける方法を軸とした相談も可能なのです。

売却査定期間の目安も明確です。

もしあなたが売却するべきかを悩んでいるなら、まずはその内容から相談をすることも可能なのです。

一都三県以外のおすすめ

売却相談イエイの無料査定

イエイの強み

イエイは、全国の知名度的に高い。

単純に売却後の需要が見込みやすい。

不動産は売り手よりも買い手を探すほうが難しい。

よって、この点は事業の知名度が勝負になり、さらに高値が付きやすい傾向もがあるのです。

この点をよく考えてみてください。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ