スポンサーリンク

夢のマイホーム購入という言葉がある。

一方で、購入の計画が借入限度額などにこだわりすぎた人は、こんな言葉を口にする。

家なんて買うんじゃなかった。

住宅ローンがきつい体験

住宅ローンがきつい人におすすめの行動とよくある誤解や注意点体験記

住宅ローン支払いイメージ

住宅ローン支払いイメージをリアルにシビアに体験から解説

4000万の審査通過目安となる年収や生活が安定する目安もご紹介しています。

住宅ローン4000万年収目安体験記

住宅ローン4000万の年収目安|返済中の2児パパ体験記

貯金ができない。

年収に見合う返済額であれば、金利がフラット35,変動,固定のどのタイプを選択していても無難に生活を送ることができる。

しかし、不動産を購入するというのは、人生に何度も経験している事ではない。

あくまで賃貸生活をしている時の毎月の家賃的にいくらなら生活ができるのか?

この程度の内容で検討する人はあまりにも多い。

私自身も新築マンションを購入した時には収入的に大丈夫だろうと何を根拠にするわけでもなく、自分の生活を照らし合わせていました。

しかし、3年、5年で終わるローンではない。

住宅ローンは、35年。

現在の生活がいくら少し高い年収でもこれから子供を育てるという資金は未知数。

そして、市場のインフレや消費税などの変化もいくらでも35年の中では考える対象がある。

こういう動きは不動産会社も銀行もいざ借入の審査を受ける時には誰も得をする情報は教えてくれない。

今回の記事では、住宅ローン3000万がきついと感じやすいであろう年収目安を今リアルに子供を育てる4人家族を夫一人の収入で支えるケースとして体験からご紹介していきます。

私のサイトは、不動産住宅物件探しから実際に購入した後にもローンを含めて子供も親も失敗後悔を感じないための計画についてご紹介しています。

マンション、戸建を問わない住宅ローン。

約3000万という物件で審査をつうかさせたい人がどうしたら住宅購入で得を感じられるのか?

組んでからマイホームがただのローンの塊のように思ってしまったら、まさに生き地獄になってしまう。

出来るだけ安全にローンを組んでからも今とは違う住宅にかかる費用などを考慮しておくことが大切です。

住宅ローン3000万がきつい年収|マンション

住宅ローン3000万がきつい

実際に私も10年ほど前に自分が新築マンションを買っています。

当時は、まさかこんなに厳しい生活になるとは思っていなかった。と自らが伝えていた一人。

リアルに体験したからこそ、今これから検討を進める人に伝えておきたい事があります。

マンション3000万物件の検討材料

マンションは正直、住宅ローンだけでは生活が成り立たない。

  • 固定費(管理費、修繕積立費)が必ずかかる。
  • 駐車場、駐輪場の設備利用料もかかる。

この2つの条件だけでも正直実際に賃貸の時には含まれている物件もあるからこそ、見落としてはいけない。

単純にこれから先共働きも検討するなら、車の保有台数も増える可能性もある。

子供たちがずっと同居するなら、子供の数を含めた台数が上限となる。

たったこれだけなら大丈夫かもしれない。

しかし、この他にも、固定資産税や火災保険地震保険などの支払が増えるとどうなる?

いったい年間支出が今といくらくらい違いが出るのか?

そして、サービス利用料の金額は、35年を経過しても利用するしないを問わずかかり続ける。

たったこれだけでもかなり慎重に判断を求められる内容だと思いませんか?

実際に固定費を含めた目安では、年収の5倍以内くらいのローンを組むことが私がお伝えしたい限界ライン。

こう考えると、年収的には、650万以上あるほうが理想と私は伝えたい。

基準は、共働きの世帯年収ではない。

あくまで夫一人の単身で稼ぐ事が可能な状況を前提条件。

これでようやく家計としてお金という言葉をあまり口にしない生活を送ることができると思います。

理由や個別の内容における金額精査

  • 夫がまさか転職を希望するとは思わなかった。
  • 子供が増えることも計算外だった。
  • 子供の数が増えて実際にもう働ける内容と対象年齢が合わなくなってきた。

2019年の流れの中には、既に夫婦で妻の仕事がないとか時間と報酬のバランスが合わない。

このような声が40代以降ではもう増えている。

あくまで頭金をいくら入れるかなんてことを最初に考えすぎた分、結果的に住宅購入前と同じ貯蓄ができなくなっている。

その分、10年単位となる保険料の支払いや更新。

会社の仕事もある程度残業規制における報酬の変化も考えられる。

結果的に、買う前に言っていたことと今の状況で言われている事が合わなくなってきている。

この流れをふまえると年収20%ダウン。

せめてこの程度は目をつぶる程度の計画をしないと厳しいと思います。

返済負担率が高くなるということはかなり家族に影響が増える。

単世帯でも二世帯でも重荷になるような状況を多く感じやすい状況を避ける。

そのためには、家族が増えることを含めて、年収も融資を受ける前と後で減る可能性も考える。

このくらいリスク管理のマイナス面を多くとらえておくことが重要なのではないでしょうか?

 

住宅ローン3000万がきつい年収目安|戸建

住宅ローン3000万がきつい戸建購入

マンションとは違い、戸建の場合は、後々に毎月の返済が増えるという要素は少ない。

もちろん、メンテナンスや修繕等は、先の話として浮上する可能性はある。

しかし、この予算を火災保険の更新と同様に10年単位で用意を可能としてくれれば、特に言うことはないと思います。

十分な余裕を持つ管理に必要な条件

戸建の場合は、以下のような対象の可能性をきちんと10年を一区切りとした中でそれぞれの用意を必要とします。

  • 外壁メンテナンス工事費用(100万単位で想定)。
  • 雑草などの除去や害虫駆除の状況に応じた用意。
  • 浄化槽などの点検、メンテナンスコスト

こうした対象をきちんと土地の状況や上下水道やガスだけでなく、自分の家の中で使っていく設備が今と違う新しいサービスに目を向ける事が重要。

我が家も実際に浄化槽という設備を必要とするエリアに住むために年間として3万円程度の点検やメンテナンスコストを必要とする。

たったこれだけでも、子供の教育の塾で月5000円の習い事から考えたら、半年分に相当する。

こういう細かな額が積み重なることで働く量は増やせなくなるからこそ、お子さんの成長に合わせて教育費と家計の負担増加により影響を与える事も考える必要がある。

マンションと比較すれば負担は軽い

実際に住宅ローンを組むことに対し、マンションは駐車場を借りる費用がかかる。

でも一戸建てはその分の土地の確保ができてるなら、親子両方の車の駐車スペース確保が可能となる。

当然、毎月の支払としても年間の支出としてもメリットを感じられる対象になる。

インターネット回線も結果的に、マンションの設備内サービス利用料よりも安いプランを探す事が可能。

結果、同じ価格でマンションと戸建を検討するなら、総額の支払い的には、注文住宅の方がメリットを感じやすいと私は感じた。

戸建購入のボーナス負担ゼロでの理想の収入

実際に働きながら得る収入として結婚した際には、こんな会話が多い。

「次のボーナスが入った際には、次のような対象を購入したい」

  • 白物家電

このような内容を夫婦で共働きをしているわけではない専業主婦からも結果として声が出てくる。

住んでいて感じる不便や利便性を追求したら出てきた新商品。

5年で車を買い替える。

10年で保険の見直し。

こんな繰り返しをしていくのが住んでからしばらくは続いている。

だったら少しでも一番楽になるようにするには、価格をチェックするだけでなく、5年、10年と少し長い時間を軸とした少しずつの貯蓄を増やす事がポイント。

これが実現できれば、破綻するような事も心配いらない。

その年収目安は、マンションより少し安い550万円からが一番最低だとおもいます。

当然、住んでから退職まで本当にその数字を確実に維持できることが前提です。

そうしないと一番良い時の年収の時代に購入して、退職したらどうなる?

こんな心配をしなければいけない状態になっていく。

時代の流れでもし転職したら?

このくらいリスクを家族で当たり前に話ができる環境を用意する事が重要ですね。

こうした内容はいくらネットで記事を調べていても結局は買った人しか見えないリアルな生活がある。

理想の家庭を維持する壁は、以下の3つ。

  • 夫の年収ダウン
  • 妻が共働きから専業主婦に変更
  • 税金を含めた負担率の変化。

この3つが余裕のあるないを生み出すわかりやすい情報だと思います。

きついか余裕があるの境はどこ?

この言葉をイメージするなら、可能な限り老後前には完済可能な範囲で借入をする。

退職金頼みでもし定年前にリストラになったらきついのも当たり前ですから。

金利タイプはかなり慎重になっている人も多い。

しかし、それ以上に当初と今を見比べても手取りを含めて少しずつ収入の上下はあるのか?

たったこれだけでも徹底的にあリサーチして頭にいれておけば家を建てる事で節約という意識を前提にする必要はないと思います。

 

住宅ローン3000万も安定可能な年収目安

住宅ローン3000万がきつい不安がない年収

3000万が高いと感じるか安いと感じるかは年収と暮らしの質次第。

住宅は、あくまでローンの返済額を基準に決めるものではない。

家を買うということは、そのエリアで生活に必要なものを購入する。

当然、そのエリアの物価を毎月の生活費として計算しておく必要がある。

生活レベルの高さが毎月の返済に影響

例えば、家の中でどんな生活をしている?という中には、以下のようなサービス利用者が増えている。

  • ウォーターサーバーの利用
  • インターネットの光回線利用
  • BSやCS等の有線放送契約

このように、建物の中でも収入により、引越し後に何か新しいサービスを検討する人も多い。

当然、サービスは何を採用するとしても、継続利用にはコストがかかる。

借り入れをした後も固定の給料分以上の出費にならない。

こう言い切れる人は、限られた資金を基準に今以上の生活をいくらマイホームを買った後でも簡単に考えることをしない。

将来にいくらが必要なのか?

実際銀行が審査を行っているのも賃貸中の今の暮らしまでの状況。

夫婦に子供がいない時とできた後も違う。

夫の今の収入と審査の後の残業代カットなども当然計算しない。

35年の間今と同じ推移であれば、可能。

いわば物件を問わず、今と同じ生活が可能と思っているのは情報としてかなり危険なとらえ方をしている者と言える。

将来の自分たちの老後にかかる資金を貯蓄しておきたい。

こう考える夫婦も多い。

しかし、2019年には消費税増税。

固定資産税も上がるエリアも当然ある。

将来子供が私立の大学に行けば、その分学費もかかる。

このような状況をいくらでも考える事が可能。

そして、老後の資金は、無難と呼ばれる数字は、3000万。

つまりは、6000万は予算として家と老後だけで消えていく。

この金額に、生活費や車のガソリン代や車検、保険料なども全て完済していく必要がある。

以上の内容を含めたら、年収の5倍という計算が貯金を安定して作るのに最適な予算。

つまりは、年収600万円は夫ひとりで死守できていることが前提の状況が理想。

私はこの言葉を別のページでも必ず今回と同じような理由や内容でご紹介しています。

私は今実際のローン残高が年収の4倍程度になりました。

正直借入をしていても生活は賃貸の時よりも簡単になりました。

特に子どもの進学や学習に必要な習い事関連にも金額を見て気にするようなこともありません。

10年先を見据える計画の必要性

家族もある程度子どもが大人になることを考えられるとすれば、10年。

この期間の計画をきちんと立てることができていることが非常に重要。

10年では家族の中で検討する問題は、以下のように変わってくる。

子どもの購入時の年齢 10年後の年齢 浮上する課題
0歳 10歳 運動や塾通いの検討
1歳 11歳 スポーツや音楽など本格的な環境を検討準備(中学受験等)
2歳 12歳 中学進学にむけて出費と節約を検討
3歳 13歳 中学3年間の自転車や部費などの活動費や維持費
4歳 14歳 高校受験の問題が条件などを含め検討される。
5歳 15歳 会社の状況や今の年収ではどこまでの高校に通わせることが可能か教えるような年齢
6歳 16歳 高校通学に必要な通学費や学費の支払
7歳 17歳 大学進学なのか就職なのか次の人生を選択。
8歳 18歳 一人暮らしの可能性を含めて仕送り等増える対象と家計の計画を立てる必要性
9歳 19歳 兄弟姉妹それぞれに十分な状況に合わせて使ってあげられる予算確保が必要な時間。
10歳 20歳 大学在学中ならまだ進路の判断が曖昧では困る時期

このように、10年後には住宅ローン減税が終わる時間。

2019年以降は、3年という時間が延長されることが決定している。

しあkし、必要な金額は、購入する時と大きく異なる選択を迫られる内容ばかり。

お金を借りる段階と比較したら、もうリフォームを検討するという時期になっている可能性もある。

こうした点を注意して、教育も家族の夫と妻それぞれのお小遣いもある生活。

これらが整ってから初めてメリットを感じる環境が整う。

逆を言えば、10年でこれらが全く整わない環境は、失敗したとかきつい、無理という言葉に変わる。

破綻することも十分考えられる家庭も増える。

きちんと、諸経費として今必要ない対象も全て一通り出しておく。

その分は、すべて別でボーナスなどでストックを用意。

これが5年先程度の意識で、マイホームに住んでからもきちんとまとめられる状況があれば、借り換えなども不要な生活になると思います。

融資。

この言葉はあくまで買ってからの月々の安定が大丈夫という審査をして通過したわけではありません。

あくまでローンが通ったのは、今の結果だけ。

この点をよく考えてみてください。

 

スポンサーリンク