アクセントクロスグレーの選び方失敗後悔原因と対策法

アクセントクロスでグレーの選び方について、この記事をご覧頂きありがとうございます。

アクセントクロスは、昨年より確実に注目を集めている新築市場における壁紙クロスの注目アイテムになりつつあります。

中でも、色合いで注目されているのが、黒、グレー、青などという配色。

しかし、グレーのアクセントクロスを選び方の中には、以下のような悩みをもつ方も増えています。

グレーのアクセントクロスで柄は小さめ?大きめ?

グレーのアクセントクロスの使いやすい部屋は?

グレーのアクセントクロスって失敗後悔の原因にならない?

このように、衣類同様使いやすさや合わせ等のインテリアコーディネートを意識した不安要素も多いのが実態。

この他にもアクセントクロスの選び方については、以下のような内容をご紹介しています。

アクセントクロスリビング

アクセントクロスはリビングに必要?効果なし?(実例画像付)

アクセントクロス階段

アクセントクロス階段の効果は期待以下?画像付

アクセントクロス施工例確認後失敗後悔原因

アクセントクロス施工例確認時失敗後悔注意点がある!

アクセントクロスブラウン

アクセントクロスブラウンは失敗?注意点

アクセントクロストイレの失敗後悔

アクセントクロストイレで失敗後悔の原因に多い誤解

アクセントクロス人気新築失敗注意点

アクセントクロスは人気程要注意!新築失敗後悔対策

アクセントクロスの効果

アクセントクロス効果はない?新築壁紙選び方注意点!

アクセントクロス失敗後悔注意点まとめ

アクセントクロス失敗原因部屋ごとの色や選び方まとめ

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、新築マンション,一戸建て行入体験,現場経験を活かし各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

グレーのアクセントクロスについて、失敗後悔をしてほしくないという考え方から、この記事では以下の内容をご紹介しています。

グレーのアクセントクロスで失敗後悔が多い原因

グレーのアクセントクロスを使う部屋の選び方注意点

グレーのアクセントクロスと黒を比較するポイント

アクセントクロスを使う際に、知っておくべきリスクや注意点を含めてご紹介してますので、お役立て下さい。

グレーのアクセントクロスで失敗後悔が多い原因

グレーのアクセントクロス失敗後悔原因

「グレーのアクセントクロスは、白とは違っておしゃれになりそう!」

「グレーのアクセントクロスなら、汚れが目立ちにくいのでは?」

いろいろな角度から悩まない為の壁紙クロスを進めている間取り打ち合わせ期間。

この中で、どうしても見落としやすいアクセントクロスの選び方の中でもグレー色における失敗後悔原因をご紹介していきます。

グレーのアクセントクロスがもたらす失敗後悔原因1.閉鎖的

グレーという色は、服でもおしゃれに多様化される事も多い。

そして、季節を問わない色味としても定番の色。

しかし、衣類でいくら好みがあっても、壁紙クロスという存在感になった場合は話が別。

想像していただきたいのは、コンクリート張りの家を見た感覚です。

「閉鎖的なイメージをいだきやすい色だと思いませんか?」

この感覚が無い方は失敗後悔の原因に至る心配はないです。

しかし、家という空間の場合は、壁紙クロスで囲まれた空間が居室。

いずれかの壁紙に閉鎖感があると、簡単に失敗後悔の原因につながるのが実態。

この視覚的効果に対する実物確認が無いままの購入は非常にリスクが高い。

まずは、この内容をお伝えしたいと思います。

グレーのアクセントクロスがもたらす失敗後悔原因2.イメージギャップ

外壁色の選び方注意点でも、色の選び方については、非常に注意すべきポイントが有ることをお伝えしてきました。

アクセントクロスの中でも、グレーは特に、この類似した注意点が含まれているのです。

具体的には、以下のような失敗後悔の印象が心配されます。

・グレーの色味が想像とは違って、床材と合わない!

・グレーの色味が日当たりや照明の照りでイメージと違った!

・グレーの色味が暗さを助長して部屋全体のトーンが下がって見える。

このようなイメージギャップの原因は、居室という空間だからこそ懸念しておくべき内容が多いんです。

特に壁紙クロスの中でもアクセントクロスがもたらす失敗後悔原因は、照明や日当たりとの相性。

実物を確認していても、イメージギャップが防止しにくいからこそ、失敗後悔原因になりやすいのです。

グレーのアクセントクロスがもたらす失敗後悔原因3.バランス

グレーというのは、中性的な色の1つです。

白と黒という明暗の中間カラーという視点では、アクセントカラーとしては最適。

しかし、アクセントクロスという特性からすれば、目立つ事が前提となるスペースになりますよね?

グレーのニットを着て、アウターで隠せば、綺麗に着こなしも可能なのが衣類。

しかし、グレーのアウターを着て、インナーのカラーを間違えると、膨張して見えるリスクも秘めています。

よって、バランスが難しいカラーという見方でも失敗後悔原因になることが多いんです。

具体的には、以下のような失敗後悔に直結するリスクがあります。

・グレーのアクセントクロス周辺インテリアカラーがまとまらない!

・グレーのアクセントクロスを使ったら、部屋のマットカラーが床とのイメージを邪魔する!

⇛グレーのアクセントクロスをきっかけに制限されたインテリアカラーに偏りやすくなる!

こうしたリスクは、新築購入前だからイメージできないと言う事ではなく、想像不足が原因とも言えます。

一過性の発見から選ぶのは、大変リスクが高いです。

家具の高さ、配置、これからの生活でプラスされる家具達。

様々な未来に全て避けられないのが、壁紙クロス。

やはり家を建てるという自由をオリジナリティにこだわるよりも、まずは見慣れた景色から検討する。

この視点を大切にしていただきたいと私自身の住宅購入体験からも強く感じております。

では続いて、こう聞いていてもやはりグレーのアクセントクロスは入れたい!と思う方のために使いやすい部屋をご紹介していきます。

 

グレーのアクセントクロスを使う部屋の選び方注意点

グレーのアクセントクロス選び方注意点

グレーのアクセントクロスを遣いたいなら、全体のカラーをイメージしてください!

この言葉をよく私にご相談頂く方にはご紹介しています。

上の画像を用意したのは、グレーという色を使った景色の中で非常に解りやすい日常よく目にする光景の1つだから。

部屋に置き換えた際のグレーのアクセントクロスを使う部屋の選び方としてご紹介していきます。

グレーのアクセントクロスを使う部屋選び方1.おすすめは?

グレーのアクセントクロスを上の画像のように多色が混在する部屋として考えてご紹介していきます。

この考え方を容易にする部屋は、多くはありません。

私がおすすめしたい部屋は、主寝室。

何故か?

主寝室にグレーのアクセントクロスを使えると言える根拠は以下の通り。

・掃き出し窓がある主寝室なら、カーテン選びで色を入れる面積をかせぐことが容易。

・主寝室には、ベッドフレーム,ベッドマット、掛ふとん、枕など色を使うパーツが多い。

⇛グレーのアクセントクロスを使うとしても、中和してくれる色が多い事が理由となる。

ですから、まずは、主寝室を検討してみて下さい。

グレーのアクセントクロスを使う部屋選び方2.大きさや柄は?

グレーのアクセントクロスという種類も実に豊富な種類があります。

・大柄を用いたアクセントクロス。

・コンクリートのような無機質さを演出したグレー。

・ライトグレーでほぼ白と大差が無いようなグレー。

このような色をどのくらいの面積で使ってるかによって、印象を伝える面積を考えておくことも重要です。

注意点は、ベッドにおける主張、カーテンの主張と重ねるような大きさにしないこと。

理由は、簡単。

主寝室は体を休める睡眠を取る部屋。

この中に、多色を入れることは、視覚的疲労をもたらしやすい事や余分な緊張を高める要因になります。

ですから、グレーのアクセントクロスを用いる場合でも、各色を邪魔しない程度の緩衝材程度の面積で配置する事がオススメなのです。

グレーのアクセントクロスを使う部屋選び方3.配置箇所

グレーのアクセントクロスが部屋内の視覚的に面積を占めてしまうと、単純に失敗後悔原因の閉鎖感も強めます。

ですから、私が現場経験等を活かして、お伝えしたいのは、絵画のような大きさで検討するという視点。

何故か?

アクセントクロスは、あくまでもアクセントです。

主寝室には、照明を柔らかい光量に感じさせるほどよい明るさや配置が必要。

こうした空間だからこそ、多少明るみを見せたり、暗がりの印象を伝えるグレーは非常に活きやすい。

そして、光の届くギリギリの傍に配置する事で、程よくインパクトを伝える事も可能になります。

私が参考にしてほしい配置は、↓

グレーアクセントクロス

この画像なら、茶色で統一した空間の一部として、ベッドフレームが沿う壁紙クロスにグレーが入っても明るさを演出する効果がありますよね?

このように、全体の色を暗い色に抑えたいという主寝室ならではの発想の方も、グレーなら明暗の明るい印象として伝える事もできるのです。

だからこそ、面積を取りすぎないインパクト的要素としても、主寝室のベッド傍で間接照明のほどよい距離感がオススメなのです。

以上が私がご紹介したかったグレーのアクセントクロスの活用法と失敗後悔注意点となります。

配色で心配をしている方も考え方として御覧ください。

暗い色を選びやすい方は注意点を含めてお役立て下さい。

アクセントクロス以外の選択肢として壁紙クロスを迷っている方には以下のようなコンテンツも用意しております。

トイレの壁紙クロスの選び方【実例画像付】

洗面所壁紙クロスの選び方

子供部屋の壁紙クロスの選び方

和室の壁紙クロスの選び方

新築壁紙クロス選び方や居室毎の失敗後悔注意点まとめ

このような内容をご紹介していますので、少しでも想定範囲を広げる意味でもお役立て下さい。

アクセントクロスを中心に関連記事をご覧になりたい方は、新築失敗後悔ランキングや各部屋注意点まとめにて、全ての居室の関連記事と合わせてご紹介してます。

新築一戸建てを生活しやすい空間演出にできるように、参考にしてみて下さい。

この記事を最後までご覧いただきありがとうございました。


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ