アクセントクロス玄関に必要?リフォーム相談の背景

スポンサーリンク

玄関だけでなく、リビング、キッチン、天井、トイレ、階段、主寝室に和室など家の中の部屋や通路に共通する壁。

壁紙クロスの色1つで雰囲気はおしゃれになる。

でも実際に玄関という人が最初に目にする空間にアクセントクロスを使う時は?

どういう柄が良いのだろう?

おすすめの会社や商品はどれだろう?

モダン

ピンク、グレー、黒、などシックやポップなどの色の選び方。

狭い空間の中でもせめて収納やインテリアで差を付けたい。

このような人たちが今選ぶ機能を含めてご紹介していきたいと思います。

これまでにもアクセントクロスについては、以下のような内容をご紹介してきました。

アクセントクロス失敗後悔注意点まとめ

アクセントクロス失敗原因部屋ごとの色や選び方まとめ

スポンサーリンク

アクセントクロスキッチン壁紙候補

アクセントクロスキッチン壁紙に多い失敗後悔の原因や注意点と代替案画像付

アクセントクロスリビング

アクセントクロスリビングに必要?

アクセントクロスグレー

アクセントクロスグレーの選び方失敗後悔原因と対策法

新築住宅に対して必ず用意されるキッチン、洗面所、トイレ、寝室、子供部屋などどこの居室にも存在するのが天井。

アクセントクロス天井

天井にアクセントクロスは必要?効果あるの?よくある悩みと解消法

当サイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、間取り、住宅ローン、火災保険、カーテン、引越し、インターネットなど幅広い選び方のポイントや選ぶ時の注意点をご紹介しています。

明るくて手入れがしやすい商品を選ぶ。

これが、実際に生活する場所として選んでいく際には、非常に重要。

窓が多いとカーテンを選ぶ数も増える。

床をタイルで選ぶと明るいフロアだけど足腰に負担が多い。

あくまで空間の合わせ方がすべてではありません。

お客様にとっても汚れを含めて清潔感を感じてもらえるのか?

今インテリアとしてあったら素敵だと思っている人がいるならまず考えておくべき視点をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

玄関アクセントクロス選ぶ時期

玄関壁紙とアクセントクロスの価値

玄関と言えば、家具をそこまで置くことが出来ない空間。

あるとしても靴の収納用にシューズクローゼットに土間収納にニッチ台。

それ以外には来客の人も家族の人も見てごちゃごちゃしている感覚にしたくないからよシンプルが素敵な雰囲気と思いがち。

でも、人の目に触れた時少しでも何か気が付くようなインパクトがあったら素敵。

その対象に選ばれるのが、シンプルに壁紙を張り替えるアクセントクロス。

アクセントクロスサンプル画像存在価値

モデルハウスやショールームなどに足を運び、浴室、子供部屋向けにもそれぞれの関連商品を紹介しているケースもある。

しかし、このモデルハウスや展示場に見ている光景の多くは、日中。

多くの人はそのお部屋のサイズや素材の種類や色調程度しか見えていない。

さらに以下のような点も現実とは少しかけ離れた感覚も必要とする。

  • アクセントクロス周辺に使用している照明の光の強さや照明器具にもよって異なる色彩。
  • アクセントクロスが白や黒、灰色、黄色、青、緑の存在と汚れがある時の手入れが難しい現実。
  • タイル、フローリング、クッションフロアなどそれぞれの床に合わせるイメージの難しさ。

無料で公開されているスペースのコーディネートは、あくまで少しでもお客様にオシャレに感じもらうためにまとめられたデザイン。

よって、あくまでそのアクセントクロスに合わせた最適な感じをイメージしたコーディネート空間とも言えるのです。

実際に家の顔とも呼ばれるスペース。

敷居が高いと感じさせるのも入口の雰囲気一つで人はイメージを抱きがちになっている。

実際に他の部屋にも住みやすさなどを考慮した注意点をご紹介しています。

アクセントクロステレビ背面

アクセントクロステレビ背面設置時よくある失敗後悔原因|家具やレイアウト注意点

キッチン壁紙やアクセントクロス

アクセントクロスキッチン壁紙に多い失敗後悔の原因や注意点と代替案画像付

アクセントクロス階段

アクセントクロス階段の効果は期待以下?画像付

アクセントクロストイレ

アクセントクロストイレ失敗後悔原因に多い誤解

だからこそ、商品選びをする時には、間取りプランを考えている最中に決めるべきなのか?

この点を補足していきます。

アクセントクロス壁紙を決める時期

まだエントランス全体の壁紙を選ぶ時期というのは、新築打ち合わせの流れの中でもかなり初期のイメージ。

  • 床もあまり多くが決まっていない状態。
  • カーテンや外構などもこれからという段階。
  • もちろん、リビング用の家具やキッチンの家電、ベッドやクッションなど購入するかもしれない商品は今後の流れで非常に増える可能性もある。
  • 銀行に支払う住宅ローン審査前の現金で払う費用もある。

こうした状況の中で、ただたんに利用したいと思う憧れだけを前提として選ぶと失敗します。

是非スタッフの方ともアクセントクロス以外の全体の価格のイメージを大切にして自分たちの予算という身の丈に合う計画を立てていくようにしましょう。

アクセントクロス壁紙を決める方法

私がご提案したいと思うのは、自分たちで選んだフローリングなどを一度生活の中で感じてから効果を含めてリフォームの案として使うという考え方。

確かに工賃は余分にかかる可能性があります。

しかし、本当の意味で快適にするなら、入口だからこそ以下のような情報が大切なのではないでしょうか?

  • 実際の日照条件を感じた時に改めてほしいと思う別の色の存在価値。
  • 快適に使うために今以上に圧迫感を感じる方法を本当に必要とするのか?
  • 消臭効果などを欲しいならどのくらいの規模の面積が必要なのか?

ただ貼るだけで良いということではありません。

それぞれの空間ごとに壁面が広くなるスペースには人が感知するほどの効果を発揮するためには素材の存在する総面積が大きく影響します。

だからこそ、実際にその業界のプロに一度自分たちの家の壁紙の素材や建具の色、日照条件などを含めて提案してもらうことが色調としても合わせるポイントになる。

このように私は考えています。

 

玄関アクセントクロス成功思考

 

壁紙だけでなく、家の中の各種工事を依頼する時、私は多くの記事の中で、イメージをとにかく広げることが大切だという事をご紹介しています。

そうしたイメージの中で、失敗対策という考え方をするなら、どんな情報を整理していくべきなのか?

この点をご紹介していこうと思います。

玄関壁紙クロスと私生活

まず自分たちの理想の家づくりを手掛ける上で重要なのは、私生活への影響ではないでしょうか?

玄関は人が使用する中で、対応として外出を急ぐ時などにより簡単に移動が可能な状況を作りたい。

一方で余分な吹き出した部分があれば、引っ掛けてしまったり、着色の影響を懸念したりすることもある。

よって、まずはデザインよりも以下のような点を確認が大切。

  • 掃除や手入れは簡単なのか?
  • 色がどんな繊維や素材の商品だと着色したりしてしまう可能性があるのか?
  • 素材は硬いのか?
  • 子供が怪我をするリスクは?
  • 簡単に張り替えが可能なのか?

このような実際の生活を起点としての確認をすべてもれなく行っておくことが失敗対策としておすすめの行動と言えます。

そうなるとアクセントが欲しい時、本当に壁という加工をするべきなのか?

絵画などを飾るなどの方法ではインテリアの価値がないのか?

こういう発想も必要ではないでしょうか?

玄関壁紙クロスとリフォーム案

正直玄関の壁紙クロスというのは、1平方メートル当たり1600円程度しか必要にならないのが現実です。

クロスの張替えというのは、変にくせの強い消臭効果などを持つ商品を使ってもあまり意味がなかったという声も聞こえてくる。

最近の注文住宅は、24時間の換気システムを採用しているケースも多い。

玄関アクセントクロス代替案

だったら、アクセントクロスには消臭効果は期待せず、天井に備え付けの空気清浄機を付ける方が機能的な選び方ができるはず。

このような環境整備を含めて実際に壁紙を変えると費用としてどの程度必要になるのか?

こういう質問を人気の柄や色の定番をサンプルにして質問していくことも大切。

せっかく予算を使うなら、より満足した家づくりにするために初期投資という考え方と修正、変更をしやすい対象の見極めが今回の記事では非常に大切なポイントです。

あなたの家の中でどこの空間になら最初から壁をふかすほどの価値があるのか?

こんな探し方を含めて考えてみてください。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ