アクセントクロステレビ背面設置時よくある失敗後悔原因|家具やレイアウト注意点

スポンサーリンク

リビングにアクセントクロスが欲しい。

キッチン、ダイニングでは家の広さや空間の雰囲気的にも壁を加工するのは違和感がある状態。

LDKをモダンなデザインに仕上げたい。

新築注文住宅の間取り設計時に壁紙を選ぶ時、色や柄、デザインというクロス選びのほかにもアクセントクロスも人気がある対象の1つ。

これまでにもアクセントクロスについては、以下のような内容をご紹介してきました。

アクセントクロス失敗後悔注意点まとめ

アクセントクロス失敗原因部屋ごとの色や選び方まとめ

スポンサーリンク

アクセントクロスキッチン壁紙候補

アクセントクロスキッチン壁紙に多い失敗後悔の原因や注意点と代替案画像付

アクセントクロスリビング

アクセントクロスリビングに必要?

アクセントクロスグレー

アクセントクロスグレーの選び方失敗後悔原因と対策法

新築住宅に対して必ず用意されるキッチン、洗面所、トイレ、寝室、子供部屋などどこの居室にも存在するのが天井。

アクセントクロス天井

天井にアクセントクロスは必要?効果あるの?よくある悩みと解消法

寝室、子供部屋、書斎、和室、家事室などインテリアで落ち着いた雰囲気の家具を増やす暮らしを望む人が減ってきた。

家の中に家具よりももっと壁紙や天井、床を活用して、暮らしに色を入れる。

カフェ風やナチュラルモダンという言葉が人気として定着してる。

当サイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、住宅関連企業出身者であり、マンション、注文住宅両方の購入経験を活かし、家づくりの注意点を伝えるために運営しています。

今回の記事では、アクセントクロステレビ背面の設置時における注意点を以下の項目でご紹介しています。

アクセントクロステレビ背面設置成功例

アクセントクロステレビ背面と収納選び

アクセントクロステレビ背面と照明選び

明るい落ち着いた雰囲気の部屋をつくるためには、まず明るさ確保が必須。

しかし、アクセントクロスや床を選択するということは?

この点を含めてテレビという特性を含めてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

アクセントクロステレビ背面注意点

アクセントクロステレビ背面

上記画像も木目調を採用したアクセントクロスをテレビ背面に使用した一例の画像。

このような仕様でればインテリアのバランスも壊しにくい。

さらに、使いやすい空間をつくるポイントを考えてあると思います。

アクセントクロスとテレビ背面の注意点

まず最初にアクセントクロスをTV背面に使用する注意点は、台などの家具選びです。

一般的な家庭の設置となると、下のような画像の印象がまだまだ強いと思います。

リビングテレビ台設置

この配置に対して、TV背面にアクセントクロスを採用するとどうなるのか?

全体の雰囲気は確かにまとまるかもしれない。

しかし、私が考える住みやすい家や暮らしを考えたポイントとしては以下のような内容を心配する。

  • コンセント関連の配線工事の配置は変更しにくい現実。
  • 本体の色やTV台などの家具の色を制限する可能性。
  • グレーや木の暗い色は落ち着いた雰囲気にはなるが、夜の暮らしでは暗いという印象が先になる可能性。

このように、インテリアとしてみる場合と、コンセントなどを使う配線などをする環境を考えた時、印象と生活どちらが大切になるのか?

この考え方が非常に重要になるのではないでしょうか?

 

アクセントクロステレビ背面と収納

アクセントクロステレビ背面と収納

上記画像は、アクセントクロスではありません。

このような収納と先ほどTV台のみの収納を比較して考えた時の配置の注意点をご紹介していきたいと思います。

アクセントは幅が特に重要

カーテンは窓一面を使って白や赤、グリーンなどのカラーを使って素敵に彩ることが出来ますよね?

しかし、モニター周辺の家具は?

上記画像のような壁一面は邪魔とかそう時の手間が増えるから、もっとモニターの下だけにしたい。

こんな趣味の違いも出てくる。

その時、壁面のバランスを考えたら、木目調やレンガ、エコボードなどのこだわりをどこまでの範囲で設置するのか?

この接地面積とこれから購入する家具の幅に統一感がないとオシャレなスタイルは完成しないのではないでしょうか?

  • モニターの位置をもう10㎝横にずらして家具を置きたくなったのに見え方のバランスが崩れる。
  • 欲しい家具があったのに、アクセント部分の雰囲気に合わない。
  • 演出にこだわりや遊び心を取り入れたかったのに、となりの和室と雰囲気が全く合わない。

このように、アイデアを広げたいと思っても、素材やインテリアの配置を少し変える事すら制限が入る。

ソファの配置一つでもインテリアの演出的には大切ですよね?

やはり、このような全体のバランスを考えるタイプの人には、背面という配置には、幅に要注意を伝えておきたいと思います。

 

アクセントクロステレビ背面と照明

 

アクセントクロスを取り入れたい人に注意してほしい最後のポイントは、明るさ確保の難しさ。

具体的に何がポイントなのか?

アクセントの色と照明の光度

暗い色は、明るいタイプの照明を使わないとなかなか明るい感じに伝わってこない。

ソファに腰かけた時のテレビとセットにした時のまとめたリビングの空間的な雰囲気。

ブラウンの床でもナチュラル、ダークなどの種類がわかれる。

やはり何をどう色として明るいを考えるのかもポイントになります。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

新築間取り,住宅ローン,火災保険,外構等情報

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ