寝室アクセントクロスおすすめの色と配置施工例

スポンサーリンク

殺風景な寝室にしたくない。

寝室の中でのインテリアに家具以外を使った空間の演出をしたいと考える人も増えてきた。

そんな時に注目されるのが、壁。

壁紙クロスの一部をアクセントクロスに変更することでデザインや柄の雰囲気が引き立ち、その場所を中心に部屋の中の雰囲気を一新する。

天井の照明の感じやお部屋の広さによっても選び方にもポイントがあります。

寝室アクセントクロスについて、当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

このサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、元住宅関連企業出身者であり注文住宅購入者が注意点などをご紹介しています

スポンサーリンク

新築アクセントクロスおすすめ施工例

主寝室アクセントクロスおすすめ

スポンサーリンク

アクセントクロスを使用する場合のおすすめの配置や特徴を施工例画像付でご紹介していきます。

上記画像のアクセントクロスは、ベッドの背面にクッションタイプで採用しているのが気になって撮影をさせていただきました。

配置をベッド上にする注意点

キッチン、子供部屋、リビング、和室、トイレなどさまざまな空間にデザイン性を求める。

床、壁、天井。

この3つに囲まれた空間の全体をまとめるために各種アイテムの色を使う。

落ち着いたブルーやグリーン系のカラーが良いのか?

シックやモダンなどを意識して、黒、白、グレーを選んだ方が良いのか?

こういう時、意外と参考にしてほしいのが、窓のカーテンとベッドサイズをそれぞれ使った時の残りの部屋の空間のあまり方。

すると、別になくてもまとめられていると思う人もいる。

他の家具等との合わせを邪魔しない感じ。

この意識をする最もお勧めの無難な配置はベッド上なのかもしれない。

しかし、ベッド上に配置する時には、注意点がある。

寝室アクセントクロス配置注意点

こうした感じで上下に分かれたアクセントにしたらどうなる?

カーテンのあわせやベッドサイズのあわせやベッド枠の色や寝具の色。

最も目立つのがどこのパーツなのかぼやける可能性がありますよね?

周辺との壁紙との切り替え

寝室壁紙とアクセントクロス

自分の色の好みやコーディネートをしたいと思う濃い派手めな色を好むケースもあると思います。

例えば、上の画像で言えば、右側がアクセントで左側が元の壁紙。

この2つのそれぞれが距離がある場所からはどう引き立つのか?

子の印象がアクセントクロスが入って圧倒されてしまうような空間になる使い方は好ましくないはず。

暮らしの中でのインパクトは必要かもしれない。

でもあまりに強調しすぎるあまり、白やベージュなど明るい感じが全く出てこないし伝わらない部屋は暗く、狭い、冷たい印象になってしまうことも多い。

少しでも全体のイメージを考えるなら、機能よりも事例として自分たちのこれから使う予定になっているアクセント以外の部分の壁のイメージ商品に近いサンプルから見つける。

この考え方も失敗をしない為のポイントだと思います。

全体をシックにまとめる

寝室アクセントクロスシックな木目調ブラウン

エアコンを含めた部屋の空間をナチュラルに仕上げるなら、やはり窓を含めて白やベージュの壁紙の方が自然な感じが伝わってきます。

窓のサイズが大きすぎないから差し込む光と部屋全体の各種商品がシンプルでも合わせでインパクトがしっかり伝わってくる簡単な方法の典型例。

カーテンの色もあえてアクセントクロスと合わせて、さらにベッドマットカバーも同系統の色を使う。

このようにするとよりシンプルで光の有無を間接照明などの演出により簡単にベッドルームの雰囲気を切り替えることが可能ですよね。

どこか派手な色や模様、タイルでは目で見えると素敵だけど木のぬくもりや自然にある感覚と比較すると無機質感が強くなる。

気持ち的にも眠りやすい場所として過ごすための工事を考える。

この演出に快適性を合わせるなら、やはり明るい時間でも暗い時間でもどこか家の中で睡眠をとりやすい色や素材を選ぶ事が大切ではないでしょうか?

 

寝室アクセントクロスおすすめのコーデ

アクセントクロス寝室おすすめの床

悩んでるなら、一般的によく賃貸でも見かける真っ白な壁とブラウン系の床を主にしたサンプルやカタログの色合いから選ぶのがお勧めです。

部屋の各素材を再検討

合わせるという感覚はどうしてもクローゼットなどがあるとその扉を含めてこだわってしまいたくなる。

こうなると、どこの何もかもが全部強調してくる部屋として落ち着かない部屋になっていく。

壁紙関連は正直、リフォームしてもそこまでの費用がかからないと思っても問題ない。

子供がいるいないtか壁の傷などを心配しているなら、安眠の為には寝具にお金を使う対応をした方が安心です。

変に珪藻土などの壁を使っても合わせるのが難しい。

高級なタイルを使った例や特集から少しでもフローリングだけで明るくしようとしてもタイルの床よりもフローリングの方が歩きやすいと思う人もいる。

2018年展示場巡りで感じた仕上がりの特徴

実際にマンションを購入した後に注文住宅を購入した私が今の家づくりにおいて一番こだわった箇所はカーテンと壁紙の落ち着きを求める感覚でした。

壁紙は今の生活をみてもやはりあまり掃除をする場所ではありません。

やはり、生活の上で、明るいと感じる事の方が重要。

消臭などの効果を求めて仕上がりを見せているという会社はなかなかありませんでした。

正直臭いなどに不安を抱えているなら、窓を開けて対応した方が今の家づくりでは早いのかと思ってしまう。

だからこそ、アクセントクロスを使用するというのは、あくまでもインテリア中心の考え方をもっておくことが重要なのかもしれない。

 

寝室アクセントクロスおすすめの広さ

アクセントクロス施工例グリーン系書斎

私が今回ごしょうかいさせていただきましたすべての部屋は、ある程度新しい築10年以内の展示場の内容ばかりです。

しっかり大きく面積をとっているわりには小さなカビなどを含めて特に汚れなどを感じる環境はなかったと思います。

どの会社も当然貼ってからキレイに掃除などをしているのかもしれない。

でも、注目していくべきはこのデザインよりもその部屋がどうして圧迫感を感じなかったのか?

寝室広さに注目

私が訪れた寝室の広さは、すべて8畳又は8.5畳以上の広さがある寝室になっていました。

だからこそ、観葉植物などを置いても狭いと感じないスッキリした感じが伝わってきたのだと思います。

部屋の一部に無難に緑を置くという観葉植物の配置でもやはり床面積としては椅子やベッドサイドテーブルと同じくらいの面積を使う内容とも言えます。

店などを行っている人は、電話をベッドサイドに置く習慣もあるのかもしれない。

でも、こういう場所を用意しても天然素材の温かみを感じられる空間を作るためにはどんな広さが必要なのか?

この寝室の面積という点をしっかり把握しておくことが大切だと私は感じました。

我が家も変形型でも寝室の広さは、8.5畳。

これから新しい家づくりのプランを考えていますが、今度は、11畳に暮らすことを妻と計画しています。

このように、少しでもインテリアとして壁にこだわりを持ちたいと思ったら、雰囲気よりもデザインよりもまずは使う場所の広さを考える。

お部屋の見える縦長、長方形などの形状にもよって、見え方は同じサンプルの色の画像があっても雰囲気は一変します。

収納としてウォークインクローゼットを部屋の中に用意するご家庭も多いと思います。

だとしたら、その壁やドアのバランスを含めてどう統一感を出すのかよりも、その建具も窓もカーテンもある空間にアクセントは必要か?

このように、全体に対しての面積と見えた時に感じる視覚的効果を施工前に注意しておくことが大切なのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ