新築壁紙選び方のおすすめや居室毎失敗後悔をしないための注意点まとめ

スポンサーリンク

新築壁紙のおすすめについて、選び方を各居室毎にご紹介しています。

新築壁紙のおすすめについて、このページをご覧頂きましてありがとうございます。

新築壁紙というのは、やはり空間演出にとっても、インテリアコーディネートでも重要なパーツ。

実際に、新築壁紙には、以下のような悩みも多いようです。

新築壁紙の失敗って何?

新築壁紙をブログで見たい!

新築壁紙でトイレが特に悩む。

新築壁紙にすき間がある?

このように、一戸建ての中でも、居室を指定されるほど悩まれる方もいらっしゃるような課題があります。

空間として和の空間を入れるのかという悩みも最近は増えています。

和室の後悔が多い悩みのポイントと対策法を実際に間取りに採用した我が家の実例画像付でご案内しています。

新築和室失敗後悔まとめ

新築和室失敗後悔注意点まとめ|必要性,壁紙,広さや窓等実例画像付

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験、体験を活かして、運営しています。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

新築一戸建て住宅関連企業に勤め、内情を学び、大工さんと話しをしてきた経験。

新築注文住宅で、ハウスメーカーとの間取り打ち合わせから解約までした経験。

新築間取りで、妻に「これ以上は無い」と言ってもらえた経験。

新築カーテンや外構を打ち合わせで選ばず節約を成功。

新築引っ越しも過去のバイト経験や現場の実態を知ってるからこそ、節約に成功。

新築購入後に壁紙補修や修繕依頼経験。

新築購入後に近所の挨拶まわり、インターネット回線、固定資産税納税等を経験。

新築購入後に修繕、追加工事依頼。

こうした新築一戸建て購入ブログだけでなく、現場の知識を有する視点やマンションとの比較を交えて、各記事で注意点等もご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築壁紙のおすすめや選び方については、この記事で以下の項目をご紹介しています。

新築壁紙のおすすめの選び方における3大要素

新築壁紙のおすすめの選び方各居室毎の注意点

この2つをご紹介しています。

少しでも新築壁紙選び方の失敗後悔対策としても活用してみて下さい。

新築壁紙選び方3大要素

新築壁紙おすすめの選び方

賃貸物件を探す時のイメージしてみましょう。

家の中に何もない時には、床、天井、壁、窓。

たったこの4つのパーツを使い、人は家具を配置する前に、イメージを考える。

どんな柄があるのか?

自分の好きな色との相性は?

日当たりからどんな家具やカーテンを選んだらいいのだろう?

このように、同じ部屋に入った時にも自分が違和感を感じにくい空間を作りたいと考える。

新築の場合は、床も壁紙も収納や室内の扉やドアもサンプルなどを見ながら自分が気に入ったアイテムを使っている。

それなのに、貼ってから失敗後悔を口にしている人がいるのも現実。

  • もっと明るくなると思ったのに!
  • モダン系を意識したはずなのに!
  • 想像よりも濃いせいでカーテンが目立ちにくい。

白い壁でさえ、家具を置く場所に違いが出ればカタログの写真とは全く違う家づくりになっていく。

我が家は実際に特にサンプルからはイメージしなかった。

あくまでダイニング、キッチン、リビング、和室、玄関などのつながりのある場所は雰囲気を揃える事。

洗面、トイレ、お風呂などは汚れが目立ってもよし。

掃除や手入れをしやすいほうを基本として種類を選んだ。

壁に傷がつくことは正直、リフォーム関連も仕事をしていて、一番手軽で安いと思えた。

だから、面積として小さな所ほど気にしない方向で検討をしました。

お風呂は間取り配置やドアや窓の設置などについてもご紹介しています。

新築お風呂失敗まとめ

新築お風呂失敗原因まとめ|広さ,間取り,窓や浴槽等将来リフォームと今の選び方

新築壁紙のおすすめと言える選び方の基準を私の体験を軸にご紹介していきます。

新築壁紙でおすすめの選び方1.予算

新築一戸建てというマイホームの夢を実現する。

しかし、未来で失敗後悔もしたくない。

この中では、確実に意識してほしいのが、予算は節約するという方向性。

何故か?

単純に、壁紙クロスの交換は、リフォームの中でもかなり価格が低いこと。

将来にまた気分を変えるということも極論問題ないコストで出来るのです。

ですから、高い壁紙クロスを一生に一回だからというのは、新築でも失敗後悔し易いので注意していただきたいのです。

新築壁紙でおすすめの選び方2.習慣

新築の壁紙を選ぶまでの間の生活は人それぞれ違います。

しかし、いつの時代でも古い家でも見慣れた安心感というのは居住空間には非常に大切な効果を生み出すこともあります。

ですから、あまり習慣として見慣れない。

この感情を抱く壁紙クロスを新築に使う事は決して、成功につながりやすいかといえば疑問。

よって、新築一戸建てを購入するまでの生活で見慣れた近い壁紙を選ぶ事がおすすめといえるのです。

新築壁紙でおすすめの選び方3.明るさ

家の壁紙クロスの選び方でおすすめしたいのは、白に近い方をベースにする事。

根拠は、新築購入後の失敗後悔にランクインする悩みに、暗い、狭いの2文字があるから。

暗い部屋は狭く感じる。

たったこの考え方だけで、十分。

広い部屋ですら狭く感じさせる効果があるのが、壁紙クロスと言っても過言ではない。

だからこそ、新築の壁紙でおすすめの選び方は、明るい色をベースに選ぶ。

これが、おすすめの3つ目の要素と言えるのです。

では続いて、各居室毎のおすすめや注意点をご紹介しています。

 

新築壁紙選び方各居室毎の注意点

新築壁紙クロスおすすめの選び方居室毎の注意点

新築壁紙クロスを選ぶ。

この時のおすすめだけでなく、失敗後悔注意点を含めて居室ごとにご紹介しています。

新築壁紙おすすめや選び方の注意点1.トイレ

トイレは、落ち着く空間にしたい。

こんな言葉を多くの方が感じると思います。

しかし、「好みを活かしたいし」という言葉を付け加えた時、住む家としての壁紙クロスの選び方ではない考え方が生まれる事があります。

トイレ壁紙実例画像【2児パパニッキー】

新築トイレ壁紙クロスの選び方おすすめと失敗後悔注意点(画像付)でご紹介しています。

新築壁紙おすすめや選び方の注意点2.主寝室

主寝室は寝る空間。

寝るためだけだから、暗い壁紙クロスでも良いんじゃないのか?

いいえ、生活すると言う上で、寝室にも寝る以外に壁紙クロスを暗くしすぎない事への注意点が存在します。

新築主寝室カーテンと壁紙実例画像i-smart

新築主寝室壁紙クロス選び方注意点(画像付)にてご紹介しています。

新築壁紙おすすめや選び方の注意点3.和室

新築壁紙クロスを選ぶ上で、別の空間意識を向けたくなる部屋の1つに、和室があります。

客間。

和風。

でも、他の部屋は洋室。

このギャップを考えた上での和室の壁紙とは?

新築和室壁紙クロス

こんな内容について、新築和室壁紙クロス選び方の失敗後悔注意点(画像付)にてご紹介しています。

新築壁紙おすすめや選び方の注意点4.子供部屋

子供が将来自分の部屋として使う時に、嫌がらない壁紙にしたい。

子供が小さい時楽しんでもらえる部屋になるような壁紙クロスを選びたい。

こうした相反するような感情を交錯させながら選ぶのが、子供部屋の壁紙クロス。

新築子供部屋カーテンや壁紙失敗

そこで、新築子供部屋壁紙クロス選び方失敗後悔注意点で、詳しくご紹介しています。

新築壁紙にアクセントクロス?

アクセントクロスって何?

このような方のためにも、機能性やオプションを使うことを簡単に勧めてくる営業マン対策情報をご紹介。

業界内では、アクセントクロスの存在はどんな風に言われていたのか?

こうした業界勤務経験者だからこそ伝えられる情報を含めて、以下のようなコンテンツでご用意しています。

アクセントクロスリビング壁紙

リビング壁紙アクセントクロスの活用法

アクセントクロスキッチン壁紙候補

アクセントクロスキッチン壁紙に多い失敗後悔の原因や注意点と代替案画像付

アクセントクロス階段

アクセントクロス階段の効果は期待以下?画像付

アクセントクロス施工例確認後失敗後悔原因

アクセントクロス施工例確認時失敗後悔注意点がある!

アクセントクロスグレー

アクセントクロスグレーの選び方失敗後悔原因と対策法

アクセントクロス黒の注意点

アクセントクロス黒ってかっこいい?失敗後悔の原因?

アクセントクロスブラウン

アクセントクロスブラウンは失敗?注意点

アクセントクロストイレ

アクセントクロストイレで失敗後悔の原因に多い誤解

アクセントクロス人気の実態

アクセントクロスは人気程要注意!新築失敗後悔対策

アクセントクロス効果ない

アクセントクロス効果はない?新築壁紙選び方注意点!

アクセントクロス失敗後悔注意点まとめ

アクセントクロス失敗原因部屋ごとの色や選び方まとめ

では最後に、新築壁紙クロスでおしゃれを考えるポイントをご紹介していきます。

この記事の他には、新築間取りの全体的な失敗後悔対策のための注意点を新築間取り失敗後悔注意点居室毎のまとめもご紹介しています。

興味がある方は併せて参考にして下さい。

家づくりで自分の好きをどこまで採用?

結局は、最後は家づくりの中でいろいろな部屋の壁に使っている種類はそれぞれの空間ごとに張るよりもイメージ的には統一感が重要。

塗り壁を含めて、内装というカテゴリーは落ち着いた空間を求める人ほど建てるお部屋にはシンプルな色を選ぶ。

柄は価値観が変わる。

暮らしに必要な内容もそれぞれの時期により大きく異なる。

だとしたら、大きな変化を気にせずアイデアをとりいれやすくなる箇所はどこか?

それは店でも特徴的な印象に影響がある場所と同じ。

対象は、トイレや洗面所スペース。

このような空間にちょっとした時間を使う時には、フローリングをタイルにしたり、ちょっとした目で楽しむアイデアを使う事は良いかもしれない。

しかし、玄関ホールのようなたくさんの人がいろいろな荷物を持ち込むなどの状況では、傷がたくさんつくようなものを選ぶと目立ちやすいし直したい頻度も多くなる。

ある面、節約をする時、以下のような内容をバランスよく意識することが大切。

  • 飽きない。
  • 周囲とのバランスでも違和感が少ない。
  • 傷などの問題でリフォームや張替えなどの更新が難しい箇所か?
  • 無難なオシャレを家具や照明と一緒になった時をイメージして考える。

こうした内容をどこまでイメージできるのか次第で、簡単に候補の削除法ができると思います。

悩んだときには参考にしてください。

このページを最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

カテゴリー

このページの先頭へ