スポンサーリンク
アクセントクロスを黒にする計画について、この記事をご覧頂きありがとうございます。 新築壁紙クロス選びに、徐々におしゃれの1つとして定着を見せ始めているアクセントクロス。 アクセントクロスを貼れば、機能性もあるし、おしゃれでかっこいい、かわいい空間を作れる! こんな期待を込めた色選びの1つで注目されているのが、黒。 しかし、黒という色を使う事で起こり得る失敗後悔原因を想定している方はまだまだ少ないようです。 実際に、アクセントクロスの黒という色については、以下のような悩みも多いんです。
  • 部屋全体のイメージで考えると、失敗後悔の原因になった!
  • 新築壁紙のアクセントになると思ったのに、黒は違うと住んでから後悔した!
実際に何に失敗後悔したのか? このポイントをこの記事ではご紹介していきたいと思います。 この他にもアクセントクロスの選び方については、以下のような内容をご紹介しています。 玄関という空間にアクセントクロス採用後にリフォーム相談を受けた時の悩みをご紹介しています。 アクセントクロス選び方寝室,玄関,キッチンの悩み   アクセントクロス玄関に必要?リフォーム相談の背景
スポンサーリンク
アクセントクロスリビング   リビング壁紙アクセントクロスの活用法 アクセントクロスキッチン壁紙候補 アクセントクロスキッチン壁紙に多い失敗後悔の原因や注意点と代替案画像付   アクセントクロス階段 アクセントクロス階段の効果は期待以下?画像付 寝室壁紙とアクセントクロス   寝室アクセントクロスおすすめの色や配置|睡眠時を考えた注意点施工例画像付   アクセントクロス施工例確認後失敗後悔原因 アクセントクロス施工例確認時失敗後悔注意点がある! アクセントクロスグレー   アクセントクロスグレーの選び方失敗後悔原因と対策法 アクセントクロスブラウン   アクセントクロスブラウンは失敗?注意点 アクセントクロストイレの失敗後悔   アクセントクロストイレで失敗後悔の原因に多い誤解 アクセントクロス人気新築失敗注意   アクセントクロスは人気程要注意!新築失敗後悔対策 アクセントクロスの効果   アクセントクロス効果はない?新築壁紙選び方注意点! アクセントクロス失敗後悔注意点まとめ ブログでアクセントクロス失敗例や原因を学ぶコツや注意点まとめ 少しでもあなたの生活に快適な空間を体験させてくれる壁紙クロスに出会えることを願っています。 私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、自分の以下の経験を活かし、運営しています。 私の体験は、以下のようなものがあります。 元住宅関連企業勤務経験者。 一級建築士,内装業などの身内に囲まれた環境。 そして、以下のような経験をしてきました。 新築マンション、一戸建て両方の購入経験を持つ。 一度注文住宅のハウスメーカーを解約するほどの悲惨な打ち合わせの経験をする。 住宅ローン審査にメガバンク、第三地銀等3回落ちた経験を持つ。 住宅ローン審査を銀行相談を一切せずに通過させた体験者。 2017年に審査通過から2年目で住宅ローン借り換えに成功。 火災保険は元保険営業の妻に助けられ節約に成功。 新築祝いのお返しを専門サービスを使って満足ができた経験。 引っ越し見積もりも時期や会社との交渉スキルを学ぶ事で安くした経験。 新築インターネット回線もスマホ回線等の活用を含めてプロバイダ契約を含めてかなりの節約に成功。 新築購入後の固定資産税納税等の変化を見てきた体験。 カーテンや外構工事などは全て打ち合わせで決めず、自分たちで独自に発注して節約に成功。 このように、住宅業界の中からも購入する側としても体験をしてきました。 そして、現場の知識を使った意識と新築間取りを自分たちも経験したからこそ伝えたい住宅購入における問題を抱えた時の解消法をご紹介しています。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 アクセントクロスを黒にする失敗後悔原因について、この記事では以下の内容をご紹介しています。 アクセントクロス黒はおしゃれ?失敗後悔が多い部屋 アクセントクロス黒が引き起こす新築購入後失敗後悔原因 アクセントクロス黒を選択肢に入れられる空間は? 部屋との相性や新築購入後失敗後悔をイメージするためにお役立て下さい。
スポンサーリンク

アクセントクロス黒はおしゃれ?失敗後悔が多い部屋

アクセントクロス黒はおしゃれ?失敗後悔が多い部屋   新築にアクセントクロスを採用したい! 新築の部屋に黒の色合いを上手に活用したい! こんな思いを憧れとしながら、実例画像を見て、かっこいいね!なんて話をしている方も今この記事をご覧のあなただけでなく、多くの方が見ている現代。 しかし、あこがれを持ち、こうしたいと思う時には、新築という空間の打ち合わせでは舞い上がり、リスクが見えないケースも多いんです。 そこで、私が部屋という空間におけるアクセントクロスの黒との相性についてご紹介していきます。

寝室

寝室   新築でアクセントクロスを使いたいと声が多い空間には、実に様々なスペースがあります。
  • 玄関
  • リビング
  • キッチン
  • 脱衣所
  • トイレ
  • 寝室
プライベートスペースだけでなく、来客者にもおしゃれを楽しんでほしい。 こんな感覚の方もまだまだ多いです。 しかし、寝室と黒のアクセントクロスは失敗後悔が多いです。 何故か? 以下のような想定をしていなかった事が原因です。
  • 実際の生活では、日当たり想定が違い、部屋を暗く感じさせる原因だった!
  • 横長、縦長の寝室なのに、黒が入るとさらに部屋が狭く感じた!
新築失敗後悔ランキングでもベスト10に入る暗い、狭いの悩みに直結するのが、空間の黒と言う存在。 だからこそ、まずは寝室の黒は要注意となります。 夜だけをイメージした暗くてもいいでは足りない! この視点をぜひ意識してみて下さい。

リビング

リビング     次の空間は、リビングです。 なぜリビングに黒のアクセントクロスが失敗後悔を感じさせるのか? この答えは、寝室とは違います。
  • 間接照明でもLEDシーリング照明でも明るく感じない。
  • 日が沈みかけると暗さを感じさせるのが早い。
  • ダイニングやキッチンと色が違いすぎて、暗い空間に見える。
リビングは、新築一戸建て,マンションを問わず、LDKというリビングやダイニング、キッチンと連結している間取りが圧倒的に多い現代。 この時代背景からも、続き間が暗く感じやすい空間は、違和感を覚えやすい。 このポイントを十分意識していただきたいのです。

トイレ

寝室   トイレをシックな大人の空間にしたい! レストランやバーを好むご夫婦の中には、暗い色をベースにしたトイレを目にする機会が多い方もいらっしゃいます。 すると、「我が家もこんな空間になるとかっこいいのでは?」という案も出たりします。 しかし、実際に生活をしていくと、何が不便なのか?
  • ペーパーがない時の照明の届く感覚の弱さ。
  • シミや汚れの発見の遅れ
  • 子育てをしている時は、子供が怖がってはいらない空間。
こんな悩みを抱えやすい事により、アクセントクロスを黒にしなければよかったという失敗後悔に至るケースが多いんです。 旅先や外出先の空間は、一瞬の使用だからこそ、おしゃれを感じる。 この視点を意識して新築壁紙クロスを選ぶことを強くおすすめしたいのです。 では続いて、アクセントクロスの黒が引き起こす失敗後悔ポイントをこの部屋ごととは違う視点でご紹介していきます。  

アクセントクロス黒が引き起こす新築購入後失敗後悔原因

アクセントクロス黒   「アクセントクロスを黒にしなければこんなことには!」 こんなはずでは、と言う悩みの原因を引き起こすのは、アクセントクロスより、黒だ! 結論が出ても、修繕も大変なアクセントクロスの黒。 何を一体失敗後悔としてしまうのでしょうか? 先程ご紹介した部屋毎の悩みとは異なる視点を含めて御覧ください。

インテリアコーディネート

インテリアコーディネート   アクセントクロスに黒を使うと何が起こるのか? 最初に意識してほしいのは、黒と合わせるインテリア。 単純に黒というインナーを着た時、アウターの合わせって簡単に見えて色ボケもし易いのです。
  • はっきりした色でないとアウターが負けてしまう。
  • 合わせる色が全部結局暗い感じになっていく。
  • ストールだけ明るくしたら、浮いてちぐはぐになった!
アクセントクロスの黒は、インナーの黒。 この感覚を忘れないでみて下さい。 きっと、カーテン、ソファ、収納家具等どんどん色の限定性が出て困る事が必須です。 これが1つ目の失敗後悔原因となります。

違和感

違和感   アクセントクロスというのは、あくまでもパーツ的に一箇所を作り上げる壁紙クロス。 しかし、家という空間全体では、やはり違う色が多いのが一般的。 そうなると、黒というダーク系の最も濃い色を使うとなると、トータルコーデで考えるなら、違和感が強まります。 「なぜあそこだけ黒?」 こんな表現が妥当。 いい意味で伝わる可能性が、家全体で見れば極端に下がる可能性の方が高い色が黒である。 このポイントをぜひ今一度見直す注意点として意識してみて下さい。

デッドゾーン

デッドゾーン   結果的に、アクセントクロスで黒を使った空間は、失敗後悔の先に至るのが、デッドスペース化。 何故か?
  • 暗いスペースのため、収納を置いても、映えない。
  • 暗いスペースだから、作業台を置いても照明が暗く感じやすい。
⇛つまり、家具を置いても、人が作業する上で、作業効率の高い空間ではなくなる。
こうなると、アクセントクロスと言う存在そのものを抹消したくなる程の失敗後悔に発展する可能性も秘めています。 せっかく新築でオプション費用も払ったのに、失敗後悔するデッドスペース。 こんな環境があなたの家にあったら失敗後悔を感じないわけには行かないのではないでしょうか? 人が生活をする空間が家です。 生活する上で、黒い空間が落ち着くのは、背もたれに出来るようなソファやテーブル程度。 実際に、客観的に見ているときには、重たい空間演出パーツにしかなりません。 十分生活をするという意識から、アクセントクロスの黒は慎重になることを強くおすすめします。 では最後に、じゃあ家中どこにもアクセントクロスの黒は使えないのか?という内容について、回答していきます。  

アクセントクロス黒が活きる空間

アクセントクロス黒が活きる空間   アクセントクロスで黒をどうしても使いたい! こんな考え方をお持ちの方におすすめできる空間をご紹介していきます。

プライベート

プライベート   アクセントクロスを黒にしても部屋が狭く感じるだけですし、暗くも感じやすい。 それでも、書斎やプライベート空間なら、話は別。
  • 集中したい時に落ち着くインテリアカラーが黒。
  • 少し仮眠を取る際に、ベッドではなく、書斎でも休みたい!
こんな意識をお持ちの方なら、使用目的に合わせたアクセントクロスの黒が活かせるのです。 使うなら、まずは省スペースであり、個人が使う程度の空間で考えていきましょう。

他の選択肢

他にない   家族が共有する空間というスペースには一切黒は排除する事をおすすめします。 正直、黒い壁紙を前に落ち着くというのは、まず生活をしている中ではかなり少ないのです。
  • 黒に囲まれるというのは、恐怖感が強まります。
  • 黒を使うということは、汚れ等に気付くのも遅れます。
  • 黒を使うと、白より汚れは目立ちます。
結果的には、手入れも大変なアクセントクロスになれば事態は悪化の一途。 結果的に、要らない!という結論になっても仕方ないと私は確信しています。 万が一、黒い壁紙をほしいと思うなら、あえてアクセントクロスにするのではなく、壁紙クロスで対応してみて下さい。 きっと、その面積が広かろうが狭かろうが同じであることを痛感するはずです。 使いやすい家作りを無視した好みを優先した家は、結果的に不便が露呈します。 十分注意してみて下さい。 アクセントだけが良いのではない部屋もあると私は新築購入後につくづく感じます。 トイレの壁紙の選び方【我が家の実例画像付】もご紹介しています。 興味がある方は御覧ください。 狭いトイレならどうすればいい? こうした視点からは、以下のような記事も書いています。 狭いトイレインテリアおしゃれ成功の優先順位と3つの失敗後悔原因注意点 この記事でご紹介したかった内容は以上となります。 最後まで記事をご覧頂きましてありがとうございました。
スポンサーリンク