小上がり3畳スペースは便利?失敗後悔注意点

スポンサーリンク

新築和室3畳の畳コーナーって必要なの?

小上がりで和室を作ってみたい!

新築和室3畳、畳コーナーについて、この記事をご覧頂きありがとうございます。

新築和室3畳という畳コーナースペースについて検討中の方の中にはこんな悩みも多いです。

・畳コーナーという間取り提案を受けたけど必要なのか?

・和室3畳の和コーナーの下に収納を配置したら便利?

・新築和コーナーをリビング横に配置するメリットは?

新築和室を3畳でもあった方がいいという提案に戸惑う方も多い現代。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、新築購入体験,現場経験を活かして各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

私が和室を採用して3畳という広さだったらという考え方を元に以下の内容をご紹介してます。

新築和室3畳の畳コーナースペースは必要か?

新築和室3畳の小上がりを作る失敗後悔注意点

新築和室3畳の畳スペースより有効活用する間取りの選び方

新築を注文住宅で検討する方には、特にムダなスペース排除としてもご覧頂きたいと思います。

スポンサーリンク

畳コーナースペースは必要?

新築和室3畳,畳コーナーの必要性

スポンサーリンク

新築注文住宅を検討してる方の中には、畳コーナーという言葉を使う3畳ほどのスペースを提案されるケースもあります。

この畳の部屋とは言えないスペースの存在価値についてご紹介していきます。

新築和室3畳のスペースが必要かの考え方1.子育て世代

まず最初にご紹介したいのは、子育て世代についての考え方。

しかし、この3畳という畳スペースという表現をされるケースには、以下の考え方をしておくことをオススメします。

・和室として3畳で子育てに使えるスペースの有効活用法は、限りなく少ない。

・リビングと隣接するなら、フローリングを広げた方がインテリアの大きさを拡大しやすい。

・3畳では、形状しだいによっては、大人2人しか座れない。

以上の内容から、正直3畳の畳スペースは、子育て世代には勿体ない気がします。

新築和室3畳のスペースが必要かの考え方2.2世代住宅

2世帯住宅におけるリビング横等に設ける3畳の和室スペースという考え方なら、以下の考慮も可能です。

・囲碁や将棋を打つスペースとしての活用。

・ソファや椅子に座るのが苦手な年配者の座りやすいスペース確保。

・掛け軸や仏間代わりに使う3畳スペースとしての活用法。

あくまでも徐々に年配になってきた時のくつろぎやすいスペース確保における考え方には、3畳でも活用できる方法はあると言えます。

新築和室3畳のスペースが必要かの考え方3.縁側の代用

縁側を作る程広さが無いがくつろぐスペースが欲しい。

このような場合で、中庭を用意する家の場合は、和の畳3畳スペースは有効になります。

・中庭を眺める和風スペースの確保。

・畳を使うことにより、椅子等のインテリアスペースの余分を排除。

➢中庭の種類が和でも洋でも使いやすい鑑賞スペース確保が可能。

少しでも風情を楽しむスペースを確保したい狭小住宅地や中庭を予定してる方には、有効に使えると思います。

しかし、私は3畳だからではなく、小上がりによる収納にも活用する畳スペースは反対です。

その根拠をご紹介していきます。

 

新築に小上がり和室を作る失敗後悔注意点

新築和室3畳を小上がりにする注意点

収納スペースの確保をしたい事も考えた3畳スペースの小上がり和室を検討してます。

もし、あなたが小上がりを使ってまで3畳和室スペースを予定してるなら、私は止めたいです。

その理由をご紹介していきます。

新築和室で3畳が小上がりなら辞めるべき理由1.怪我防止

正直、小上がりは、かなりリスクが多いのが実態となります。

・歩いている時にぶつけるリスク。

・子供が遊んでいて落ちるリスク。

・荷物を落とした時の破損リスク上昇。

正直、小上がり和室を使うメリットは殆ど無いというのがまず怪我や破損リスクとなります。

解っていても何度も繰り返しやすいのが、小上がりの特徴。

ですから、少しでも選択を外す事を検討してみてください。

新築和室で3畳が小上がりなら辞めるべき理由2.収納機能も不便

実際に、ベッド下の収納を想像して頂ければ十分わかると思います。

・リビング収納を増やしたつもりが、出し入れ時に子供が怪我をした。

・リビング収納に活用するつもりが、腰を傷める原因になった。

➢経年で使いにくさを実感して使わなくなっていった。

家事動線に役立つ収納とは、あくまでもたった姿勢に近い状態で出来るだけ済ませる事が出来る設備であることが重要。

全く逆になる床下収納に活用できるという上辺の言葉で安易に決断しないことをオススメします。

引き出せば使えるではなく、引き出す手間が多いを懸念する視点を持って頂きたいのです。

新築和室で3畳が小上がりなら辞めるべき理由3.機能性

機能性的な面を考えても、以下のようなリスクが出ます。

・床下収納を使うことで、床暖房対応が難しいケースや加算が必要なケースが出てくる。

・床下収納に使う事で、畳で騒ぐと荷物にホコリが落ちやすい。

・小上がりにしてる影響から、天井までの高さが近い部分があると家事も大変になる。

3畳の畳コーナーを小上がりにして検討したら、まさに立つことも大変なスペースになるケースも中には有ります。

生活しやすい空間を作るために、畳コーナーを作りたいなら、小上がりを要するまでの理由はかなり限定される。

ぜひ見直しポイントとしても活用してみてください。

では続いて、もし私が畳3畳の和室スペースを考えられる間取りをもつなら、検討したい間取りをご紹介していきます。

 

より有効活用する間取りの選び方

新築和室3畳スペースの間取り活用法

もし今の家に畳3畳スペースが追加できるなら何をすべきか?という視点からご初回していこうと思います。

新築和室3畳の間取り活用法1.玄関の広さ拡大

玄関というのは、人の人数だけではなく、広さは徐々に必要な条件を増していきます。

・靴のサイズ変化に伴う収納量の変化

・レインコートなどを使う人数の増加とサイズアップ。

・ブーツ等を要する際の退避スペース確保。

単純に靴やレインコート等を考えただけでも、玄関に必要なスペース確保は将来拡大が必要になります。

よって、新築に和室3畳を検討するくらいなら、まずは3畳玄関を広げて土間収納などを検討する。

私にとって暮らしやすい家作りの間取りの考え方となります。

新築和室3畳の間取り活用法2.トイレ、お風呂のスペース拡大

和室3畳スペースを使える余裕があるなら、次に検討するのは、水周り周辺。

お風呂やトイレは、年齢を重ねれば重ねるほど、大変になりますよね?

・手すりの有無

・怪我をした際の介助

・人が通れる幅の確保。

人の手を借りたいスペースだからこそ、優先的に広げる価値も有ります。

使わない和室3畳スペースという課題を考えられる余裕が有るなら、ぜひ余分なスペースとしても毎日使うスペースの拡充を検討する事をオススメします。

新築和室3畳の間取り活用法3.物干しスペース拡充

物干しは、2階3階の場合は、上の階層に使う事が一般的。

しかし、急な雨等の影響で使えない場合は、家の中の物干しスペース確保が大切。

まして、大判バスタオルやベットシーツなどの洗濯をしたら、さらに事態は深刻化します。

よって、少しでも物干しスペースを拡充しておくことは、将来に非常に便利になります。

・カビ対策

・洗濯物の生乾き防止

・濡れた衣類やタオル等の一時退避スペースの確保

非常に生活に密着したパーツとして、大切なスペースであると私は考えます。

家事に使えるスペースの確保と娯楽の休息スペースどちらが有効に活用できるのか?という視点が大切だと私は考えます。

以上の3つは、正直広すぎて勿体ないという事は将来に渡ってはかなり可能性は低いと言えます。

ですから、3畳という中途半端な畳コーナーを使う事に迷うくらいなら、以上の3つの部屋の拡充を間取りに検討してみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

和室が必要か?という4.5畳ほどのスペースを使う場合については、私の他の記事にて必要性をご紹介してます。

和室については、新築和室失敗後悔注意点まとめにて、壁紙、照明、モダン等の課題についてもご紹介してますので、お役立て下さい。

最後まで記事をご覧頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ