スポンサーリンク
リビングインテリアのおしゃれな雑貨や家具について、この記事をご覧頂きありがとうございます。 リビングをおしゃれなインテリア雑貨や家具で飾りたいという方も多い現代。 しかし、同時に子育てをしていく上での悩みを抱える方も多いと思います。 我が家でも新築リビングインテリアでは、以下のような悩みが雑貨や家具選びの課題でした。
  • 0歳、1歳、2歳が安全に生活出来るインテリア配置は?
  • リビングインテリアをおしゃれに見せる工夫は?
  • リビングインテリアは雑貨と家具どっちが優先?
このような子育てをしていく中で、子供の安全を確保しながら、おしゃれを楽しむ事を忘れたくない事で悩みました。 新築準備の店舗巡りは大変だけど楽しい。 店舗巡りを必要としている方向けの情報として、おもちゃ収納にも使えるディズニーお土産雑貨活用した収納体験についても記事を書いています。 ニトリおもちゃ収納ケースとカラーボックス比較注意点 ニトリおもちゃ収納ケースとカラーボックス比較注意点|ウォークインクローゼット活用法
スポンサーリンク
狭いリビングダイニングという視点にこたつを配置する時の選び方注意点もご紹介しています。 狭いリビングダイニングとこたつ 狭いリビングダイニングにこたつ配置はタイミングが重要!業界経験者が解説 狭いリビングダイニングレイアウト失敗後悔 狭いリビングダイニングレイアウトの失敗後悔注意点 狭いリビングダイニングインテリア失敗後悔原因 狭いリビングダイニングインテリア家具選び優先順位 狭いリビングダイニングテーブルの数 狭いリビングダイニングテーブル選び失敗後悔注意点 等もご紹介しています。 狭いと感じないための配置や動線については、ウォークインクローゼット3畳でもご紹介しています。 ウォークインクローゼット三畳収納 ウォークインクローゼット間取り三畳収納注意点実例画像付 狭いウォークインクローゼット収納術衣類 狭いウォークインクローゼット収納例ハンガー量1.5倍が可能!実例画像付 私のサイトは、新築一戸建て,マンションを問わず購入後失敗公開をしてほしくないという思いから、現場経験、購入体験を通じて各記事をご紹介しています。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 狭いリビングインテリアのおしゃれな雑貨や家具配置の注意点 狭いリビングインテリアのおしゃれな雑貨や家具と子育ての課題! 狭いリビングインテリアのおしゃれで失敗後悔しない為のおすすめ まずは、何を優先すべきか?そして、どんな想定範囲をしていけば失敗後悔を少なく出来るかを参考にお役立て下さい。
スポンサーリンク

狭いリビングインテリアおしゃれ注意点

狭いリビングインテリア 狭いリビングインテリアを実例付きでご紹介していこうと思います。

狭いリビングインテリアで失敗しない3つの優先物

狭いリビングインテリアで失敗しない3つの優先物 狭いリビングインテリアを考える時、最も優先すべきは何か?についてご紹介していきます。 まずは、以下のリストを明確化して下さい。
  • コンセントの数と配置。
  • テレビを見ながら人が物を取るのに、便利な向き
  • 雑貨でおしゃれ感を出せる高さと向き
以上の3つを最優先にして下さい。 何故か? コンセントの数や配置を最優先にするのは、当然ながら、以下の想定を欠かせないからです。
・リビングにはテレビを置く生活が多い。 ・リビングのコンセントは欠かさず使わないと普段の生活でコンセントが足りないのが前提となる。 ・テレビを見る場所と家具というのは、リビング家具の生活動線で基本的配置となる。 ・リビングインテリアのおしゃれを狭い空間で作るなら、高さを活かす方が簡単である。
以上のようなポイントから、まずはコンセント、生活動線、高さという3つにこだわっていきましょう。

狭いリビングインテリアで失敗しない雑貨選び注意点

狭いリビングインテリアで失敗しない雑貨選び注意点 雑貨を考える際に、狭いリビングインテリアだからこそ、考えない方が良いものがあります。 以下の内容は慎重に検討して下さい。
・吊るす系商品 ・高さのある隙間収納 ・物が見える収納家具
以上の3つは正直オススメできません。 根拠は、以下の想定が必要になるからです。 1.吊るす商品は、どこから見ても視線の障害になり、狭く感じやすい原因である。 2.高さのある収納棚も同様に圧迫感を与える影響が高い。 3.中身の見える収納は、物があるというイメージが強く伝わりやすいため、おしゃれより片付けに苦労する。 特に、子育てをしていると、2と3は、非常に難しい所。 高さのある収納を使って上手に子供の手の届かない場所を作っても、転倒防止などの配慮も必要になります。 以上の2つの視点をまずは狭いリビングをより狭くしないための注意点として意識してみて下さい。 では続いて、狭いリビングインテリアでもおしゃれを楽しみながらの子育てのリスクを考えるポイントをご紹介していきます。  

狭いリビングインテリアオシャレと育児の関係

狭いリビングインテリアのおしゃれと子育て 狭いリビングインテリアを考える際のおしゃれと子育てに対する注意点を私達の体験を活かしてご紹介していきます。

テレビボード

テレビボード 狭いリビングインテリアでもおしゃれを少しでも味わいたいと考えると、目立つ家具としてこだわりたいのがテレビボード。 しかし、テレビボードのおしゃれと子育てという2つには欠かせない注意点が有ります。 それが、以下の内容です。
・テレビボードとダイニングテーブルが近いとベビーチェアやダイニングチェアの配置に非常に困る。 ・テレビボードの幅も奥行きも全てがリビングスペース圧迫の要素に直結する。 ・テレビボードのおしゃれを追求と開閉の向き選びから、子供の事故リスク想定も変わる。
大人としては、子育て中に、テレビボードを触らせないようにという努力をしようとする方もいますがほぼムダです。 止められればさらに、興味や関心を持つのは、子供も大人も同じこと。 静止しようとする「駄目」を多くする家具は、決してリビングインテリアのおしゃれと実用性を兼ね備えた選び方とはいえません。 子育てにも安心出来る配置と支障のない開閉窓選びをテレビボードでは大切にしてあげて下さい。

完成させない

完成させない 最初から、全てをリビング・インテリアとして、購入して準備しようとする家庭も非常に多い現代。 しかし、私は、あえて未完成を前提とする事を強くオススメします。 その根拠は以下の内容になります。
・買う時に関心を持つインテリア視点と実用性として使いたい家具は生活前では間違える点が多い。 ・完成させない時の方が、何が欲しいのかを具体的に感じる事で不足と充当すべき家具のバランスが見える。 ・おしゃれを目指したが、結果的に実用性を考えなけれいけない子育て中は、おしゃれが後回しになる事も多い。
子育てをしてると、我が家も普段のインテリア雑貨では絶対に選ばないはずの物を子供の視点から見たりする事も増えます。 大人の感性だけで、インテリアをおしゃれに飾ると後々、使いにくさに後悔しやすいです。 十分注意して狭いからこその使い勝手の良い家具配置を徐々に増やしていきましょう。

アクセントは1つ

アクセントは1つ アクセントクロス、観葉植物、間接照明、リビングテーブル、色々な家具が揃う現代。 しかし、アクセント家具は、1つの方が以下の点で失敗後悔を防ぐことになります。
・アクセントが多いリビングは、主張する物が多くまとまりにくくなる。 ・アクセント家具はおしゃれに見えて、手入れに手間を要する(掃除) ➢アクセント雑貨を配置すると、周辺は手入れが不足しやすく汚れやすい部屋になる。
アクセントがあるのは、素敵ですが、結果的に生活しやすいリビングになるかと言えばNO。 見た目に狭いと感じやすい要素にはなるし、物を避けて掃除をする手間は増えますから、結果的に要らない家具や雑貨に成り下がります。 狭いリビングを前提とするからこそ、以上の3つを十分意識してみて下さい。 では最後に、狭いリビングのおしゃれな家具や雑貨でこだわるためのオススメをご紹介していきます。  

狭いリビングインテリアおしゃれおすすめ

狭いリビングインテリアおすすめの雑貨 狭いリビングインテリアにおける失敗後悔しない子育てにも心配が少ない商品をご紹介していきます。

雑貨

雑貨 我が家も決して現代の新築では広いリビングではありません。 しかし、おしゃれをこだわるポイントをまとめて、シンプルに目立つ物を配置する事が出来ました。 我が家のオススメは、時計。
ウォールステッカーにする事で落下リスクを極力下げる配慮もしました。 さらに、インテリアカラーを最小にすることで、周りとのイメージトーンを揃えやすい事も特徴です。 もちろん、子育てに置ける支障もありません。 このような雑貨を使えば、おしゃれは簡単に成立させることが出来ますよね?

家具

家具 狭いリビングインテリアでもおしゃれを簡単に演出するには、コーナー家具を中心に考える事をオススメします。 狭いリビング対策としておしゃれな家具選びに大切なのは、配置。
・コーナーを上手に活用する。 ・ソファを兼ねる最小限スペースで大人数が使える環境作り。 ・エアコンの向きなどのソファとの相性に悩まずに済むインテリア。
このように家具をソファーとテーブルというかたちにあまり分離せずに考える最小スペース活用タイプを探すと想像以上に広く使えます。 家具によりおしゃれを演出するなら、私はシンプルモダンを追求する事をオススメします。 シンプルモダン家具とは、直線基調の家具を意味します。 湾曲系のデザインを多用すると、癒しには適応されますが、視覚的には長時間には不向き。 よって、コーデとして、直線系家具で統一する事が狭い空間を少しでも広く見せる為には重要といえます。 直線貴重の家具にすべきは以下のリビングインテリア。
・テレビボード ・ソファや椅子 ・フロアマット ・収納家具
上記4つはリビングインテリアで最も存在感がでやすい家具。 上記4つの配置で向きを合わせて配置する事が非常に重要。 何故か? 視覚として、同じ一定方向を向いた流れは、直線であればあるほど奥行きを感じさせます。 逆に、直線がそれぞれの方向を向いていると、視線に干渉し、圧迫感を助長します。 少しでもまとまったシンプルを追求して考えてみて下さい。 リビング・インテリア実例画像付では、我が家のリビングの家具を実例画像付きでご紹介しています。 併せて実例として参考にして下さい。 この記事でご紹介したかった内容は以上となります。 新築、賃貸を問わず、狭い空間をどう活かすかを悩む方はお役立て下さい。 狭いトイレならどうすればいい? こうした視点からは、以下のような記事も書いています。 狭いトイレインテリアおしゃれ成功の優先順位と3つの失敗後悔原因注意点 最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。
スポンサーリンク