アフィリエイト

狭いリビングダイニングテーブル選びの失敗後悔注意点

スポンサーリンク

狭いリビングダイニングテーブル選びの優先順位をご紹介しています。

狭いリビングダイニングテーブルについて、この記事をご覧頂きありがとうございます。

「狭いリビングダイニングテーブルが欲しいけど何を気を付けるべき?」という悩みは年々増えています。

中でも以下のような悩みは、新築一戸建て、マンション、賃貸を問わず共通の悩みになっています。

・狭いリビングダイニングのテーブルの数は?

・狭いリビングダイニングテーブルのサイズは?

・狭いリビングダイニングテーブルのレイアウトは?

インテリアコーディネートも意識したいし、生活の不便も解消したいと悩みの種は増える一方。

私のサイトは、新築一戸建て、マンションを問わず新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、経験を活かし、各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

狭いリビングダイニングテーブルを我が家が同棲時代に選んだ体験や新築体験を活かし、以下の内容でご紹介していきます。

狭いリビングダイニングテーブルの数で注意すべき事

狭いリビングダイニングテーブルレイアウト失敗後悔原因

狭いリビングダイニングテーブルデザイン失敗後悔原因

狭いという前提を考えて、少しでも生活し易い環境を作る為の注意点としてお役立て下さい。

スポンサーリンク

狭いリビングダイニングテーブルの数で注意すべき事

狭いリビングダイニングテーブルの数

スポンサーリンク

狭いリビングダイニングという前提条件の中で、テーブルは何個必要?という生活の不便を考えた失敗後悔原因をご紹介していきます。

狭いリビングダイニングテーブルの数で失敗する原因1.理想

我が家は、新築生活になってからは、完全にリビングダイニングのテーブルは1個で確立しました。

過去に賃貸生活をしていた時は、2個使っていました。

ダイニング用テーブルに、カウンターテーブル。

リビング用テーブルにこたつ。

このような使い分けをして生活していた我が家。

しかし、賃貸生活では、ソファを使わない生活。

新築では、ソファを使う生活。

この違いから、狭いリビングという空間にテーブルという使用目的の価値が半減したのです。

つまり、失敗後悔する原因というのは、数と配置というインテリアレイアウトのこだわりを優先する考え方が原因と言えるのです。

狭いリビングダイニングテーブルの数で失敗する原因2.家事拡大

狭いのに、リビングにもダイニングにもテーブル配置。

この結末で失敗後悔するのは、生活の中での移動動線。

テーブルというのは、生活の中でムダなUの字移動を増やすきっかけになります。

・4人掛けダイニングテーブルでも誰かがUターンして着席をする。

・リビングテーブルなら、テレビが見えないという理由から、使えないスペース発生。

・リビング、ダイニング各テーブルの上を片付ける荷物内容の違いから手間が増える。

特に、子育て中なら、子供のお絵かきやおもちゃ等がリビングテーブル、お菓子の食べ残しがダイニングテーブルなんてこともよくありますよね?

だからこそ、我が家は、リビングダイニングテーブルを1つにして、「ながら作業防止」を心がけました。

・おやつを食べながら、おもちゃで遊ばない。

➢机を使う時、食事の時は、他の作業をしない。

この生活をして、家事動線の最小化を達成できたと確信しています。

狭いリビングダイニングテーブルの数で失敗する原因3.事故率

狭いリビングダイニングにテーブルが2つ以上配置する際に、1つを簡易型テーブルにするという方もいらっしゃると思います。

しかし、そもそも2つのテーブルが狭いリビングダイニングに存在する時、事故率は上がります。

・ダイニングテーブルから鍋などを持ち歩く際の移動動線上に子供がいるリスク。

・リビングテーブルに配線を要するおもちゃがある時、ソファーからの移動者の事故率。

➢生活という中での家電製品を扱う配線コードルートの確保が難しくなりやすい。

狭いのに、歩くスペースを減らす原因を作る机2つという存在価値。

十分意識して選ぶことをオススメします。

では続いて、狭いリビングダイニングのテーブルレイアウトについてご紹介していきます。

 

狭いリビングダイニングテーブルレイアウト失敗後悔原因

リビングダイニングのテーブルの配置で、失敗後悔する原因をご紹介していきます。

狭いリビングダイニングテーブルだからこそ注意すべき寸法

特にダイニングテーブルに注意すべきことがあります。

以下のような想定をしているでしょうか?

・ダイニングテーブル用椅子から人がどのくらいの奥行きを使って移動するか?

・ダイニングテーブル用椅子を引いた時、残りの移動用スペースで確保された幅は?

➢ダイニングテーブルの椅子を動かしても90cm以上の余裕があることが理想。

ダイニングテーブルは、狭いリビングダイニングでは、かなり生活の不便を与えるきっかけにもなります。

座っている時だけではなく、突然の電話対応などを含めて、全員が周辺を自由に行き来できる寸法確認が最も重要です。

狭いリビングダイニングテーブルだからこそ注意すべき椅子選び

椅子1つでも狭いリビングダイニングのテーブルの価値はかなり変ります。

特に、意識していただきたいのは、以下の選び方。

・背もたれが湾曲し、余分なスペースを使うダイニングチェアを出来る限り排除。

・ダイニングテーブル下に収納可能な椅子だとさらに省スペース化を実現。

・むやみにダイニングチェアに収納付を選ばない事も重要。

狭い中でもついついデザイン性を選びやすいのが、現代の家具市場が巨大化してるからこその注意点。

そして、収納というスペースを無理に、ダイニングチェアに応用すると、出し入れは腰を丸めて大変になります。

使いやすい収納を考えて、ただ省スペース化に焦る気持ちを持たないように注意して下さい。

狭いリビングダイニングテーブルだからこそ注意すべきレイアウト

ダイニングテーブルのレイアウトとして、こんなイメージを持っていませんか?

・リビングとの境界を明確化したい!

・ダイニングテーブルとリビングは確立した雰囲気にしたい!

➢狭い中でも無理にサイズ縮小傾向を急ぐ傾向に要注意!

ダイニングテーブルは、普段の生活に使わない前提であれば、折りたたみも検討すべきなのです。

狭いのに、無理やり配置したダイニングテーブルでは、食卓として、食材を置くスペースの確保が出来ないリスクが潜みます。

インテリアとしてではなく、あくまで生活として使う為のダイニングテーブル選びを重要視して頂きたいと思います。

では最後に、狭いリビングダイニングという状況に不適切となりやすいテーブルデザインについてご紹介していきます。

 

狭いリビングダイニングテーブルデザイン失敗後悔原因

狭いリビングダイニングのテーブルデザインに選ぶ際の注意点をご紹介していきます。

狭いリビングダイニングテーブルだからこそ注意てすべきポイント1.高さ

おしゃれなリビングテーブルが欲しい。

こんな気持ちがある方もいらっしゃると思います。

しかし、狭い空間に、低いテーブルを使うというのは、かなり厳しい現実が待っています。

先程の収納兼ダイニングチェアと似ていますが、以下の失敗後悔原因になります。

・人がかがまないと使えないテーブルになる。

・人の注意が狭い時には、散漫になる足元付近のテーブル。

➢人がかがむ余分なスペース+足をぶつける事故の増加という2重苦が発生する原因。

狭いリビングダイニングであれば、人が余分なスペースを使わずに済むテーブルデザインを選ぶことが重要なのです。

狭いリビングダイニングテーブルだからこそ注意てすべきポイント2.素材

ダイニングやリビングのテーブルを選ぶ時、材質として、天板の素材も注目して下さい。

素材は、もちろんデザインに影響して、さらに見た目にも関係します。

しかし、以下の様な事を想定していないと余分なリスクを背負います。

・茶碗などの安い陶器が割れやすいテーブル天板素材。

・子供が頭をぶつけた時に怪我をしやすい硬い素材。

➢見た目がきれいでも事故が起こりやすいデザインはほんとうに必要なのか?

狭い中でのおしゃれを楽しむべきパーツに、テーブルを選んではいけないということを注意して頂きたいのです。

狭いリビングダイニングテーブルだからこそ注意てすべきポイント3.足回り

テーブルの中でも、リビングテーブルには、よくある光景が以下のようなテーブル。

このテーブルの何が悪いのか?というと、以下のような想定が勘違いの原因になります。

・リビングテーブルに収納があると便利だと思ったが取り出しにくい。

・収納があるせいで足を伸ばしたくても伸ばせない。

➢収納があるべきかどうかすら使う上で疑問を持つ失敗後悔の原因につながる。

狭いリビングダイニングのリビング用テーブルだったら、本当に必要な時だけ出せば良いのではないでしょうか?

狭いという前提の中で、収納を兼ねるテーブルは、正直使いやすいとはいえません。

取り出す時の作業の手間は、頭をぶつけるなどの手間にもなります。

テーブル下の掃除をする時は、テーブルを避けるスペースも必要になります。

決して良いことばかりがあるとは到底言えないのです。

まずは、テーブルデザインに疑問を持ち、欲しいサイズと目的に沿った選び方をしておきましょう。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

この他にも、狭いリビングダイニングについての悩みは、以下のような内容でご紹介してます。

狭いリビングレイアウト失敗後悔注意点

狭いリビングダイニングレイアウト失敗後悔注意点

狭いリビングダイニングインテリア家具選びの優先順位

少しでも狭い中でも快適な生活を実現するための配慮を理想を中心ではなく、現実的な視点で用意するために情報収集の1つとしてお役立て下さい。

最後までページをお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

70人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ