アフィリエイト

住宅ローン審査基準勤続年数転職1年目で通った申込み方法

住宅ローン審査基準における勤続年数について、このページをご覧いただきありがとうございます。

住宅ローン審査を受けたいと思っても転職したばかり。

こんな悩みを持つ方も住宅というタイミングが欠かせない人生にそうそうない機会だからこそ、挑戦したいと願う事もあると思います。

中には、こんな状況の方もいらっしゃいます。

・住宅ローン審査時勤続年数1年という状況。

・住宅ローン審査が勤続年数条件で断られた!

・住宅ローン審査に転職1年めでも通したい。

こうした状況に、ちょうど私の古くからの友人が同じ状況で住宅ローン審査を受けて通過しました。

私のサイトは、新築購入で失敗後悔をしてほしくないという思いから、住宅ローン審査も体験を元に書く記事をご紹介してます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

住宅ローン審査基準で多くの方が心配している「勤続年数」というハードル。

この記事では、以下の内容でご紹介しています。

住宅ローン審査基準で勤続年数は優先順位第何位?

住宅ローン審査基準で勤続年数が長くても落ちる?注意点

住宅ローン審査基準で勤続年数転職1年目でも通る方法

ぜひ住宅ローン審査基準の勤続年数に関する正しい認識と対応策を知っていただけたらと思います。

スポンサーリンク

住宅ローン審査基準で勤続年数は優先順位第何位?

住宅ローン審査基準勤続年数とは

スポンサーリンク

住宅ローン審査基準における勤続年数はどのくらい重要視されているのか?についてご紹介していきます。

住宅ローン審査基準で、勤続年数は、第4位

かなり高い位置に配置されている事がわかると思います。

実際、住宅ローン審査を受ける最初の仮審査でもこの勤続年数は書くことから、重要性は高い事が解ります。

では、理想はどのくらいなのか?

についてもご紹介していきます。

住宅ローン審査基準における勤続年数の理想

住宅ローン審査基準における勤続年数について、都市銀行やメガバンク、低金利競争をしている銀行の多くは、3年以上という銀行が多い

当然のことですが、

3年という数字が出ている場合は、「3年以上になるまでは対応出来ない」という解釈で正しいのです。

ですから、3年以上という数字の中で、4年5年という数字があれば十分可能だと私は体験から実感しています。

では、3年経っていない人でどうしても今から話を進めておきたい人がとるべき行動をご紹介していきます。

住宅ローン審査基準で勤続年数3年条件の銀行への対応策

実際に、よくある話の中には、

「新築、中古を問わず、物件を何気なく見ていたら、自分たちの理想の物件を見つけた」

こうしたことが珍しい事でないのが不動産業界。

しかし、この時の自分の状況は、勤続年数3年未満。

自分の欲しいと思える物件を購入するための住宅ローン申し込みまでの流れ。

この点が3年未満の時点は、非常に重要となります。

・必要書類の確認

・取り寄せた書類の有効期限

・最短で申し込める時期の確認

・必要書類の手配先をリスト化

 最低限の動ける中で、このようなポイントをおさえておく事が非常に大切。

その行動をとりながら、3年経過した日付で住宅ローン審査申し込みをすぐに受けられるようにしておく。

こうした対応をしておけば、巡り合えた物件を購入できる可能性は広がります。

では続いて、勤続年数は長いから大丈夫!だと思っている方へ注意点もご紹介していきます。

 

住宅ローン審査基準で勤続年数が長くても落ちる?注意点体験記

住宅ローン審査基準勤続年数注意点

住宅ローン審査基準の中でも、勤続年数という言葉の後ろには、注意点が有ります。

住宅ローン審査基準勤続年数が長い人の注意点1 転勤サイクルリスク

勤続年数が増える事で、安心と信頼をされるのは、社内的要素。

しかし、年数経過から、次の昇格的要素が不安要素になってしまうことも住宅ローン審査にはあります。

実際に私が住宅ローン審査を受ける際にも、

「他の地域に転属する可能性はありませんか?」

という質問を勤続年数7年以上勤務した時でも聞かれました

私の場合は、周りに支店があったので、その心配をされても仕方ないのですが。

転勤サイクルを心配されやすい会社で、勤続年数の長い方は、転勤要素も懸念材料に含まれると覚悟しておきましょう。

住宅ローン審査基準勤続年数が長い場合の注意点2.属性

住宅ローン審査基準の見えない判断基準の1つ。

それが、属性と呼ばれる職種に対するリスク。

あなたが10年以上勤務した会社なのに、属性が合わないせいで、住宅ローン審査には落ちる事も有ります。

勤続年数だけは、長いから安心。ではないことを十分頭に入れておきましょう。

住宅ローン審査基準勤続年数が長い人の注意点3.3年周期

勤続年数は3年経過したから、住宅ローンを組もう。

そう思って取り組んだ住宅ローン審査。

しかし、前職も3年で退職していた事があり、サイクル的に3年では安心ではなく、リスクとしてみられる可能性。

この点も、聞いてくる銀行は、職務履歴で聞いてくる事もあると聞きます。

ぜひ、「今の勤続年数3年」だけにとらわれ過ぎない判断力と安心要素を作っておきましょう。

では、このような勤続年数という言葉の裏を見せて、余計にわからなくなったという人も多いと思います。

ですから、最後にご紹介するのは、あなたが確実に住宅ローン審査を通過するための方法体験談をご紹介していきます。

住宅ローン審査を通したい!と心から思っている方はぜひ参考にしてください。

 

住宅ローン審査基準で勤続年数1年目でも通った方法

住宅ローン審査基準勤続年数1年目でも通すコツ

あなたがもし

「住宅ローン審査を心から通過したい!」

と願っているのなら、ぜひこの項目の方法を強くオススメします。

私が体験した住宅ローン審査通過の秘策

私が住宅ローン審査を受けたのは、勤続年数7年以上経過しての事。

年齢は、30代半ば。

完済年齢も60代

返済負担率も20%以内

クレジットカードや借金等のリスクゼロ

この条件でも、2社落ちました

かなり自分を見失いそうな時、銀行の審査担当者が助け舟をくれました。

「銀行に直接来るより、人に頼んだほうが通りやすいと思いますよ」

この意味を調べて驚きました。

そして、実際に住宅ローン審査3社目にして申し込み方法を変えただけ通過してしまったのです。

この方法を私の親友が勤続年数1年目でも同じ方法を紹介して、見事1発で通過しました。

あなたにもこの感動を届けたいと思います。

私が2度銀行へ行って落ちた後、住宅ローン審査を通過させた方法

私の親友が勤続年数1年経過すぐに住宅ローン審査を通過させた方法(フラット35編)

もし、あなたが住宅ローン金利選びに不安があるのなら、両方に申し込みする事もかなり保険になります。

最終的に使うのは、1社。

しかし、多数審査通過を勝ち取った状況の方が、条件選びもより自分に有利な条件を選べます。

あなたが欲しいと思う家を手に入れられるように住宅ローン審査基準の中でも第4位となる勤続年数を正しく理解していてください。

最後に、あなたが、住宅ローン審査基準における不安がどうしても複数あると思っているのなら、

私が先ほどご紹介した2つの会社両方で必ず確認して、双方をバランスよく紐解いていきましょう。

きっとあなたには相談前とは違う常識や見解の違いを感じる事があると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ