住宅ローン審査が早い必要がある人が取りかかるべき申し込み方法体験記

スポンサーリンク

住宅ローン審査は、仮審査と本審査という2つが存在する。

この期間には、ネット銀行やフラット35、金融機関や銀行により大きく違いがある。

融資実行の返事には1ヶ月以上かかるというのが当たり前のようになっている。

特に本審査は書類だけでなく、情報的にも土地、家屋の担保能力などを精査を第三者機関が確認を取るので書類に不備がなくても時間がかかるケースもある。

反対に落ちる、通らないという連絡は申し込みから最短で3日以内という回答を確認できた。

あくまである程度の時間の余裕を持った上での計画が必要となるのが住宅ローン審査の時間。

しかし、この内容を分かっていても全ての人が納得して仕方ないとばかりは言えない。

自分たちの申し込みと契約以降の流れから賃貸物件を借り続ける事への負担。

子育て中の家族は、その後の生活の手続きなどがある。

以上の2点だけでも少しでも早い回答が必要というケースもある。

そこで、住宅ローン審査が早い銀行の対応を求めるためにおすすめの申し込み方法を体験からご紹介していきます。

これまでにも住宅ローン審査については以下のような内容をご紹介してきました。

私自身がまさに同じ状況に立たされた一人だからこそ伝えられる事があります。

三井住友系銀行で事前審査落ち。

JAでも本審査落ち。

JA住宅ローン審査が厳しいと思われてる理由

JA住宅ローン審査は厳しい?落ちた経験者が特徴や評判を解説

都市銀?メガバンク?ネットバンク?地銀?通りやすいのはどこ?

こんなことを考えてばかりいました。

このページの他にも住宅ローン審査については、以下のようなコンテンツも用意しております。

住宅ローン審査に落ちた年収別口コミまとめ

住宅ローン審査年収300万円頭金なし借入可能額

住宅ローン審査落ちた理由年収400万三菱UFJ銀行口コミ

年収400万住宅ローン審査借入可能額限度額データ付

住宅ローン審査年収500万借入可能額UFJ口コミ体験

住宅ローン審査基準年齢で運命が変わる?

住宅ローン審査基準勤続年数転職1年目で通る方法

住宅ローン審査基準年収とは手取り?返済負担率は何倍?体験談

住宅ローン審査前延滞履歴が及ぼす影響力|カードは要注意?

住宅ローン審査自営業が通った40代口コミ感想

住宅ローン審査通らない34歳共働き口コミ体験記

住宅ローン審査が甘い|フラット35は通る可能性が変わる?

年収250万女性の住宅ローン審査についてもご紹介しています。

女性年収250万住宅ローン審査は無理?落ちる,通らない理由と通すコツ

興味がある内容があれば、あわせてご覧ください。

通らない時には自分で調べる!

この行動は危険だからやめてほしい行動だと銀行から教わった体験もご紹介しています。

住宅ローン審査通らない理由を調べるのは危険だった‼銀行担当からの教え

冷静にまず状況把握をしたい方は参考にしてください。

フラット35住宅ローン審査甘い銀行申し込み方法

フラット35住宅ローン審査が甘い申し込み方法は?勤続年数1年で通った体験記

フラット35に落ちた場合についてもご紹介しています。

フラット35審査落ちた理由より大切な通すコツ

落ちたらどうしたらいい?フラット35審査よくある誤認と簡単な成功法

団体信用生命保険の結果で落ちる人もいる。

事前審査通過した時点で、本審査に落ちるはずはないと思っていたら通らないという事もある。

しかし、住宅購入後の流れとしてもできるだけ最短のルートを必要としている。

この希望を満たすための条件も私は申し込みをした際の銀行の住宅ローン担当者から確認できた方法としてご紹介していきます。

私のサイトは、新築一戸建て、マンションなど住宅購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから以下の経験を活かしながら運営しています。

新築、リフォーム累計100棟以上の現場の経験。

新築マンション、新築注文住宅両方の購入経験。

住宅ローン審査には、事前審査で落ちた事もありますし、本審査で通らない経験もしました。

しかし、この記事でご紹介している方法により無事借りることができる状態になりました。

結果として、申し込みの方法次第で、審査にかかる時間は早い遅いが関係する。

今回の記事では、住宅ローン審査が早い申し込みを必要としている人に必要な情報を以下の項目でご紹介しています。

住宅ローン審査が早い方法に多い誤解

住宅ローン審査が早い方法選択注意点

住宅ローン審査が早い方法利用体験記

ネット上の記事の中にも根拠のないランキングを紹介したり、実際に住宅ローンの手続きを経験した事がない者が紹介している内容も多い。

リアルに経験した人ならある程度読んでいると違和感を感じる事が多い。

しかし、実際に経験していない人にはその情報が真実のように見える事もある。

少しでも正確性という意味でも、体験の中で比較を銀行担当者から確認ができた内容としてご覧ください。

住宅ローン審査が早い方法に多い誤解

住宅ローン審査が早い申込方法誤解注意点

ネットを利用していると、会社をまとめながら、勝手にランキング形式で紹介しているサイトも多い。

しかし、その情報はあくまで手数料の比較や表面的な情報の比較。

通りやすいか審査が厳しい傾向にあるなどの内容までは触れていない。

こうしたポイントを含めてまずは住宅ローン審査の流れを含めて、審査が早いという情報の見極め方をご紹介していきます。

住宅ローン審査が早い条件

夏季に掲げるようなサービス対象や金融機関、銀行が人気になっている。

フラット35専門会社aruhi

住信sbiネット銀行

じぶん銀行

新生銀行

イオン銀行

楽天銀行

これらの名前に興味関心を抱く人が個人で比較している事も多い。

そして、次の事項を絞り込みながら関連情報を模索している。

  • 団信加入の費用
  • 保証料比較
  • 年収に対する借入可能額(返済負担率)
  • 住宅ローン審査基準(勤続年数)
  • 完済までの繰り上げ返済手数料
  • 変動金利、固定金利の具体的な金利状況
  • 事務手続き手数料

あくまで店舗がない無人系のサービスの場合は、絵自分たちで実際にチェックする事が難しい事が多い。

そして、最も注意しなければいけないのは、この銀行をそれぞれで申し込みを行うことに審査期間短縮効果がないという現実。

 

住宅ローン審査が早い方法選択注意点

住宅ローン審査が早い申込方法選択注意点

人気の銀行や金融サービスは当然偏りが発生しやすい。

実際に住信sbiネット銀行やイオン銀行は事務手数料などの費用的にも安い為申込の件数は多い。

さらに、住宅ローン借り換えを検討する人も最近は増えている。

結果として、住宅ローン審査は新規に借りる人ばかりではない。

増税前

オリンピック前

上記の様な時期に年齢と家を買うタイミングという視点からも申込をする人は多い。

だからこそ、単純にネットで審査期間平均日数の目安を掲載されている事があってもその通りになるとは限らない。

個人が単体の申し込みを選ぶ最大のリスク

住宅ローン申込には実際にさまざまな書類の提出を必要とする。

準備するべき書類についても記事をご紹介しています。

住宅ローン審査必要書類忘れ物や不備

住宅ローン審査で忘れ物?必要書類

一通りの流れを知っても実際に準備をしていく中では、相談を個別にしているとそれだけで時間がかかりすぎる事もある。

結果、同事前に完全に準備を完了させてから申込をする必要がある。

提出する書類を郵送するなどの自分たちの手間と労力を伴う行動は余分な行動分の時間を要する。

この内容から目安はあくまで書類などの準備が完了している前提としての期間。

この言葉の違和感が実際には、長いとか返事が来ないなどの評価につながってしまう可能性もあるのです。

団信加入や保障の手続きのロス

自分個人の書類準備が完了しても結局は人の手でチェックをしていく。

そして、通常優先という言葉は存在しない。

あなたが申込をした当日にもその前に申し込みを行っている人の審査を行っている事も当然数多く存在する。

結果的に、その回答を1週間とか2週間以内と希望を出したところで、依頼者側からの要望となったらその内容を受け入れられることはほとんどない。

では実際にどうすればいいのか?

 

住宅ローン審査が早い方法利用体験記

住宅ローン審査が早い申込方法体験記

私自信が実際に住宅ローン審査を受けて、事前審査でさえ落ちて、その後1週間、2週間と次の金融機関や銀行をチェックしている時、銀行側が教えてくれた商品の特性をご紹介していきます。

住宅ローン審査が早いからくり

自社の変動、固定などの商品とフラット35を比較すると最終でかかった時間は圧倒的に自社商品の方が早い。

これも1つの期間を短くする要素として大きく関係する要因。

最終の判断を誰が担当するのか?

この点も十分に関係するということを教えてくれました。

住宅ローン審査が早い流れ

現代では必要な事項を入力したら、複数の銀行に一斉に申し込みを可能とするサービスがある。

このサービスは自分の情報を次から次に新しい申込用紙に記入することはない。

銀行にも複数の申し込みを一斉に配信して申し込む通知が行われている。

すると、次のような変化が生まれてくる。

  • 複数回答という内容に対して早く行わないとまずいという危機感。
  • とにかく早く相手に通知を出すという行動への促進効果。
  • じっくり話すなんて事をやっていられない現実。

このような内容からwebによる申し込みは審査速度勝負の時代にもつながった。

実際に私もこの方法で申し込むことで、通過を勝ち取ることが出来た。

具体的には、以下の会社を使いました。

今既に1社落ちた後の体験者が通過した体験をご紹介しています。

住宅ローン審査落ちた場合,人はどうすればいい?3度目の正直成功体験

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ