家計見直し食費は対象外?住宅ローン返済期間中計画体験記

スポンサーリンク

家計の見直しをしたいと考えるご家庭は多い。

  • 固定費
  • 臨時用
  • 将来用

マイホームを買って、住宅ローン返済を開始した後の家計を家計簿で管理しようとするママもいるはず。

確かに見直しができる事もあるし、ついつい買ってしまうという自分がいる場合はどうする?

こんな悩みについて、食費という項目について、考える方法をリアルな子育て世代であり、マイホームローン返済中の主がご紹介していきます。

これまでにも家計の見直しについては以下のような内容をご紹介してきました。

家計見直しポイント実践記

家計見直しポイントは真似できない?住宅ローン返済中に多い悩みと対処法体験記

家計見直し固定費

家計見直し固定費対象は何?住宅ローン返済と子供の教育費を考えるポイントと誤解が多い注意点

結局節約術などのブログや本を読んでも家族の構成も違うし、子供の年齢も自分と同じ環境でピッタリな条件を見つける方法は難しい。

現実として、毎日の生活リズムも含めて食事は欠かせない。

でもどうやって見直しをするべき?

実際に我が家が新築購入後4年目までに実践してきたポイントをご紹介していきます。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を活かし運営しています。

新築、リフォーム累計100棟以上の現場の経験。

新築マンション、一戸建て購入経験。

住宅ローン審査に3度落ちた時の対処を経験。

一度以上落ちた時には、慎重に対応が必要であることを体験からご紹介しています。

住宅ローン審査落ちた

住宅ローン審査落ちた,通らない場合どうする?

住宅ローン返済2年目で借り換えに成功。

住宅ローン繰り上げ返済も数回経験。

固定資産税、住宅ローン減税、太陽光発電売電収支報告など実際新築に住んでからの今までにもいろいろなことがあった。

当然、外食という方法を選んでママに少しでも休暇や休息を用意してあげたいと思う事も多い。

でも現実問題の家計の管理として節約という言葉が脳裏に浮かぶ。

こんな時には何が苦痛にならない工夫なのかをご紹介していきます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、家計見直しを食費から考える時の注意点とポイントを以下の項目でご紹介しています。

家計見直し食費失敗後悔原因

家計見直し食費の節約注意点

家計見直し食費の工夫体験記

我が家にもまだ幼稚園に通う2人の子供がいる頃にこの記事を書いています。

子育て世代として、家のローンを払う日々の中でできる事をご紹介していきます。

家計見直し食費失敗後悔原因

 

最近は、スマホがあれば、毎日の特売情報も簡単に新聞のチラシが無くても手にいれる事ができる。

家計をやりくりする時、ついつい暮らしの中でやってしまって失敗が多いという見直しの失敗原因をまずはご紹介していきます。

家計見直し食費の失敗原因と気持ち

正直、購入額が一時的に多くても買っておけば損がないはず。

どこか食べ物や飲み物は、毎日使うからついついまとめ買いを試用とする人は多い。

しかし、まとめ買いって実際に買う時の家計の費用は決して節約になっていない。

なぜか?

  • その日に使った分の調整方法がイメージできていない。
  • 本当にその食材や飲料を買う必要があったのかは不明。
  • 買った商品が外れだったという可能性はゼロではない。

このようにちょっと多めに購入しておく的なやり方はリスクやデメリットを伴う。

結果的に25日の給料日の人の場合は、15日にはもう資金がないというケースになる典型例とも言えるのです。

家計見直し食費の失敗原因とバランス

毎月の食事の管理をしていると、食材の中でも高騰しやすい対象はやっぱり別に購入しなくてもよいと対象外にする人も多い。

その結果は食費を安くしようとした先の以下のような家庭の中の変化が出てくる。

  • 同じ食材が並びやすくなる。
  • やりくりという言葉にとらわれてバランスの良い食事を忘れやすい。
  • 金額を見て満足はしても、1週間という時間で見ると重なりすぎているレシピ。

これでは、節約を必要以上に意識し過ぎている状態になっていく。

この先最悪なのは、健康に管理が行き届かない状態。

家族みんなが風邪をひきやすくなったり体調を壊す事が増える。

結果として、医療費という違う出費が生まれる。

 

家計見直し食費の節約注意点

 

上手な節約って実際何?

この答えを私は妻のやりくりをするのを見てこんなアドバイスをしました。

家計の見直しは1週間が基本

4週間又は5週間という時間で1ヶ月の給料から家計分を預かって管理する。

主婦をしている中で毎月生活に必要なのは食費だけではありません。

日用品などを含めてやっていく必要がある。

そんな時には、まず週の初めからもう食費の金額を決めてしまう。

これが今の時代の忙しい主婦の時間を使いながらどこか楽しむことにつながる。

家計の見直しで外食もやっていける

1日の予算がうまくできたら、その分を繰越金が生まれる。

少しずつ上手に節約をする金額が達成できたら、その貯めた金額で毎月1回はその予備を使い外食をする。

外食をするよりも貯金をする方が大切。

この気持ちがあるのは大切だし、ありがたい。

でもそれではどこで息抜きをするんですか?

年間を通じて常にママは家事や炊事をやっていく。

現在パート、アルバイト、正社員などの仕事をしている人ならさらにやっておくべきことは増える。

こんな状態で神経をすり減らし、体力も限界になる状態を何で癒す?

この答えとして私は家計の節約をできた分の得はどう使うのか?にこだわった。

答えは、ママのしたい買い物に使ってほしいと伝えている。

冷蔵庫の中は常に少ない状態

家を買った後には大型の冷蔵庫を購入する家庭も多い。

たくさん入ると思うと、ちょっとしたお得な商品をまとめ買いしてすぐいっぱいにしようとする人もいる。

これってちょっとおかしいんです。

確かにサイズが大きいのは便利。

でも光熱費という費用を考えたら、本来冷蔵庫はあまりものをいれないでおく方が節電になる。

つまり、冷蔵庫を使う時には、常にそこまで多くの野菜もちょっとした取り置きもいれておかない。

これが私の光熱費などを合わせて考える時のポイントにしている内容です。

お金が貯まる準備としては、食費だけに固執して献立やレシピに工夫をするだけではメニューの限界もあります。

さらに、大量に作って取り置きすることも結果として、レンジで温めるなどの行動により節電は難しい状態になる。

だったら、大きな冷蔵庫があるなら、きちんと効率化させて機能を便利に使う工夫をする事が大切なのではないでしょうか?

 

家計見直し食費の工夫体験記

 

人は買い物をする時に、食材は、肉、野菜、魚と言ったわかりやすい商品の展開をレシピの中に入れていく。

夫婦でそれぞれが働いている状況で時間も違う。

このような時の節約として我が家が子どもを含めて食費を使う時の少しでも楽しく過ごしながらお金が貯まるという方法をご紹介していきます。

家計の見直し食費は天候も注目

ネットでも簡単にいろいろな安い商品を比較できる。

しかし、そのちょっとした時間が次の予定に大きな影響を与える。

中でも梅雨や台風、大寒波などの季節ごとの天候の変化は大きな手間を生み出す。

できるだけ安い場所を求めるよりも近場で簡単に全ての食材が揃うメニューを考える。

これが最初のスーパーやドラッグストア、コンビニなどの店の選び方や使い方。

広告掲載商品を探している時間を他の事に使う。

ちょっとした10円の節約よりも時間に合わせやすいメニューの工夫。

これが家事、炊事、掃除、洗濯などを行うママにとっては体力温存につながります。

家計の見直し食費はできない事もある

自然災害による大きな影響を受けた後には大きな市場の変化も伴う。

ちょっとした値上げの連続が結果として大きな支出につながる。

こういう時に週単位でも少しでも安い商品を探すのは大変。

だったら、こういう時には違う家計の項目から使い方を総合的に比較する。

つまりは、固執して500円、1000円の為に必死になる時間の使い方を解消する。

これが、子育てをしているママにこそ、必要な考え方だと私は伝えています。

私は実際にこうした事があったら、自分のお小遣いを減らし、その分を数千円補助に回すようにしています。

2018年から2019年にかけても大寒波や雨が少ない日が続くなどいろいろな事が起こっている。

この影響はまた夏の野菜や食材に対しての情報に影響を出す可能性もある。

平均の予算が高くなるときには夫婦で協力。

これが家計の使い方を考える時のポイントになるのではないでしょうか?

別にすべてを完全に切り分けて行う必要がない。

これが年間になれば、数万円の違いになった際に、何か別で減らしやすい対象を見つけておけばよいだけなのでは?

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ