家計見直しポイントは真似できない?住宅ローン返済中に多い悩みと対処法体験記

スポンサーリンク

住宅ローン返済を予定する時、自分たちの今の暮らしを見つめ直して返済シミュレーションをする人も多い。

  • 教育費として将来必要な額の試算。
  • 生命保険や自動車保険等保険を見直す。
  • 水道、ガス、光熱費、通信費などの固定費支出の一覧。

毎月の生活の支出と年収ではなくあくまで月収における総収支を考える。

どうしたら貯蓄ができる?

うまくやっている人のブログの中にはヒントがあるはず。

このように考える人が非常に多い。

今から住宅ローン審査を受けるけど不安が多いという家庭も多い。

一度以上落ちた時には、慎重に対応が必要であることを体験からご紹介しています。

住宅ローン審査落ちた

住宅ローン審査落ちた,通らない場合どうする?

しかし、現実的には生命保険1つとっても家庭において加入するべきプランは大きく異なる。

  • 健康診断でもう既に指摘が多い夫の健康状態。
  • 子供の数が多い事で悩みを抱える時。
  • 地方と都市部という生活イメージの違いが多いモデルプラン。

家計簿の相談をするとしても実質的な金額の目安は前の時代に比べて地方と都市部の差がかなり大きくなった。

住宅ローン1つも結果として物件の価格的にも1000万円以上の差が簡単に出てくる。

生活する上での食費でも東京都心と地方の田舎では圧倒的な金額が違う。

このようなモデルケースを見ても現在の自分の会社から出る給料や保険料の金額と保障の範囲など色々な内容が違いすぎる。

ではどうしたらいい?

この考え方を実際に住宅ローン返済を新築一戸建て購入後4年経過しているリアル子育て世代の4人家族の主がご紹介していきます。

これまでにも家計の見直しという考え方については、以下のような内容をご紹介してきました。

家計見直し固定費

家計見直し固定費対象は何?住宅ローン返済と子供の教育費を考えるポイントと誤解が多い注意点

私のサイトは、新築一戸建て購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を活かし、情報を公開しています。

新築、リフォーム累計100棟以上の物件に携わった現場経験。

新築マンション、一戸建て両方の施主になった経験。

新築購入後も子どもの生命保険や医療保家加入など保険関連を元保険営業の妻からの情報と内容で老後資金を増やすを実践中。

こうしたリアルな生活をしながら費用対効果を常に考えて計画をして家族を守るための考え方をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、家計の見直しポイントをブログ等で見ても真似が難しいと悩む人に以下の項目でご案内しています。

家計見直しポイントが真似できない原因

家計見直しポイント関連情報の調べ方

家計見直しポイントの基本は何?

子供が増えた場合はどうする?

夫が失業やリストラになったら?

想定を増やす対象の内容はいろいろある。

しかし、その1つ1つを確認しても結果的に収入と今の生活にかかる内容を簡単に見直しができることばかりではない。

老後の心配も含めて、これから子供にかかる教育費のピークタイムまでをどう生き延びるか?

あくまで貯めるという発想と別に赤字にしないコツをしっかり伝えていきたいと思います。

家計見直しポイントが真似できない原因

家計見直しポイント

fp等の個人がコラム等で紹介しているサイトやブログも今は多い。

そうしたサイトを利用して少しでも今の固定費を減らすコツやポイントを探す人も多いはず。

しかし、関連の情報があったと思って中身を見た時、こんなことを感じたことはありませんか?

「食費も学費も多くの関連情報の見直しの軸が違いすぎる」

家計見直しポイントが真似できない理由1.モデル基準

よくあるのが、こんな設計。

子供2人、住宅ローン返済額月額15万円。

そもそもこの数字が出ている時点で、年収は800万円以上の家計でなければ紹介できないプラン。

別にこの人たちと同じ車のステータスを望んでいるのか?

電気代も使用するモノが大きいことに合わせてかかるのでは仕方がないのではないか?

項目が似ているだけでは、正直中身と全く合っていない事が多い。

これがそもそも無料で公開されている情報の中でサンプルや目標にすることが難しい原因となってしまうのです。

家計見直しポイントが真似できない理由2.変動費

私たちは日々の日常を暮らす中で、いくつかの契約の料金やクレジットカード決済で一定の日に引き落としが行われる生活をしている。

この中で、変動する内容は少ないのだろうか?

例えば、以下のような事情があったらどうなる?

  • 子どもの医療費が通院補助回数上限を超えた。
  • 住居内の故障や修理などに必要な臨時の出費が発生。
  • ライフスタイルの変化に伴う臨時の資金用意が必要になった。
  • 共働きだった主婦が専業主婦に変更になった。

このように何にいくらかかったというだけで家計は全てが巡回していない。

あくまで大きな変化を伴う対象は以下の3つが典型例になる。

  • 子どもの習い事などの教育費の変化。
  • 親の世代が病気やケガ、リストラなどで失業や年収の減額を伴う変化。
  • 臨時の出費となる故障や修理、修繕などへの支払い。

このような内容を私は「変動費」として口座を全て将来用の別で保管をしている。

この工夫をしていない状況で、全ての資金を同じ口座で管理していたら、やはり大きな変化に使う結果は一度に支払った分大きく変動する。

このような内容が1つ2つに使うだけでも適正に機能しない。

問題はどんなケースとベースしてメリットを生み出すのか?

つまり、予備費がないまま固定費、変動費の2つを必死に設定を更新しようとするのが真似る事が難しい原因だと知っていただきたい。

 

家計見直しポイント関連情報の調べ方

家計見直しポイント調べ方

ではどうやって結果を出す事ができる方法に辿り着けばよいのか?

そのためには何かのサービスに入って学ぶようなことをしないとライフプランの見直しまでやってくれないのか?

こうした考え方に対して、探し方と見直し方についてできれば自分たちで対応を続けられる情報の探し方をご紹介していきます。

家計見直しポイント情報精査術1.地域性

まず前提となるのは、地域を絞り込むという検索を必ずやっておく必要がある。

  • 各エリアの季節ごとにおける対策などの違い。
  • 固定費として季節家電や1年間続けている地域の特徴。
  • 新しく住み始めるエリアについて掲載されているサイト。

このようなカテゴリーの選び方を始めることが重要になる。

北海道の雪かきが必要と言われてもできれば関わりたくない。

こんな人が実際に北海道に住むことが決まって、住宅取得から10年分の固定費を考える。

これって、少しどころかかなり知識も情報もない状況から家計を想定していますよね?

北海道と沖縄では1年の心配や悩みも全く違う対象となる。

こうした細かな情報を探る事がまず最初に必要になるのです。

家計見直しポイント情報精査術2.子供の年齢

我が家は今この記事を書いているのが、幼稚園に通う2児の子育て期間のタイミング。

もちろんこの先の小学校の出費まではある程度把握しているという程度。

実際に習い事の費用はがちに体験しないと明確化して伝えることは難しい。

例えば、少し具体的な事例として、こんな内容を選び出すというのも探し方のポイント。

  • 口座残高から30万円で可能な学資保険の選び方。
  • 子どもの年齢を軸に行う準備を始める注意点。
  • ボーナスの比率が高い収入で行う子育て教育費のまかない方。

このように、家庭の中の収入の特徴や子どもの年齢に合わせた出費予算の枠を固定して調べる。

この方が自分たちにも始める対象としてサンプル化しやすい探し方につながる。

 

家計見直しポイントの基本は何?

家計見直しポイント実践記

私は子育てというカテゴリーでの将来の子どもの学費はもちろんですが、老後の夫婦の準備も考えて計画を立てたい。

その場合は、どう計画を進めるべきなのか?

家計の見直しポイントの基本1.将来用

毎月の工夫を1年やったらどうなる?

これでは、知識があっても先ほどの変動費で簡単に出費として消えるリスクもある。

できれば今から始める内容は10年続けてどうなるのか?

その条件でどの程度増えるから、1年分の年払いでいくらまで投資出来るのか?

個の逆算を行うことでより効率的な自分たちの計画に合うプランを見つける事が将来用だと思います。

家計の見直しポイントの基本2.即効性

即効性を意識するなら、2つの型があると思います。

1つ目は、多くの家庭が採用しているサービスである携帯電話の通信費と端末料を含めた全面的な見直し。

もう1つは、太陽光発電と蓄電池を採用して、将来に備える備蓄という考え方。

この2つは、できればすぐに即金で対応が可能なら始めるべきだと思います。

それぞれについてご紹介していきます。

携帯電話は正直、支払っているメリットが徐々に適正なラインを保てなくなってきていると私は感じます。

  • カメラ機能も一眼レフによる進化の流れが上回った影響。
  • 端末料金は10万円を超える額を支払っている現実。
  • 買取があったとしてもまた買い替えをするサイクルの速さ。

車よりも大きく額が膨らむか?

実際通信費に2万円かけている家庭なら、車1台に相当する額を払い続けていることになっている設定に多くの人が関心を寄せていない。

どうせ使うならよしとする。

この結果が、住宅購入後の税金を支払うことに苦労をしている原因だとしたら?

これはいくらでも見直しにかかって損はないのでは?

もう1つは太陽光発電を使うメリット。

いくら電力自由化や売電価格が下落しているとは言っても、実際に費用が回収できないというのは少ない。

適正な価格の範囲で購入していれば、10年、20年の設定では投資の額より大きくなって売電の契約からの料金が返ってくる。

しかも料金的にも車一台分程度で金利はマイカーローンより安い。

このような対象に将来の為に返済をしている方が効率的なのでは?

この2つの料金は、住居の光熱費を安くする事とランニングコスト削減には大きな意味を持つ。

だからこそ、変に自動車保険を見直すような事をするよりも貯める額を増やすよりも価値があるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ