家計見直し固定費対象は何?住宅ローン返済と子供の教育費を考えるポイントと誤解が多い注意点

スポンサーリンク

住宅ローン審査を受ける前にやっておくべきことは何か?

多くの人が以下の条件ばかりに注目しているのが目立つ。

  • フラット35、変動金利、固定金利の選択。
  • 頭金や貯金の残高を残す比率
  • クレジットカード
  • 年収と借入可能額や月々の返済額

住宅ローンはある意味、投資と私は考えるようにしている。

自分でも新築マンション、注文住宅を購入している体験者。

そして、子育て世代として、生活に必要な支出金額が当然出てくる。

これから、成長していく子供たちには、自分たちが経験していなかったような内容も出てくる。

  • プログラミング技術
  • ダンス
  • 英語のリスニングだけでなくスピーチの必要性

これから先自分の子どもが何をしようとするのかによっても教育の中の金額は大きく異なる。

だからこそ、何が必要で何を不要とするべきなのか?

今まさに家計や生活費として計上されている情報を全て一覧にする必要があるのではないでしょうか?

私も毎月と年間をエクセルにまとめながら今も各種料金を管理している。

私のサイトは、新築一戸建て購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから以下の経験を活かし情報を公開しています。

新築、リフォーム累計100棟以上の現場経験。

自らも住宅ローンを毎月返済している生活者であること。

固定資産税、住宅ローン減税、対抗口発電売電収支報告などを行ってきた。

これから自分たちの子どもも高校、大学という教育の必要な中にいる状況。

結果的に家を買う時に夫婦二人暮らしの平屋を計画しているとか、もうすでに子供が成人して社会人になってからの二世帯住宅など色々な条件があると思います。

そうした中で、これからの子育て世代に向けて、少しでも家計の削減対象としてみておくべきポイントや注意点を体験からご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、家計の見直し固定費として、実際に我が家が実践している事を以下の項目でご紹介しています。

家計見直し固定費のチェックリスト

家計見直し固定費見直し先送り対象

家計見直し固定費見直しに多い誤解

自分たちが何かを解約しよう考える対象は本当に見直すべき対象なのか?

その効果がいつ現れるのか?

そして、その解約をした時、代理の何かを契約しなければいけないのか?

こうした事を含めてご紹介していきたいと思います。

家計見直し固定費チェックリスト

家計見直し固定費

我が家がマイホームを購入しようと考えた時、真っ先に今ある貯金と生命保険の保険料を含めた契約のすべての金額をリスト化しました。

そして、その中で、まず行うべきことをご紹介していきます。

家計見直し固定費と住宅ローン返済中の注意点

まず最初に今の自分たちの生活の中で以下の2つに分けていただきたいのです。

子供が生まれてから発生した(する可能性がある)内容。

数年後に最低限増えるであろう項目。

この2つを徹底的に出します。

具体的には以下のような内容に注目してください。

家計の項目 現在の状況 10年後の試算
食費
電気、ガスなどの光熱費
水道代
通信費
自動車の税金、自動車保険(サイズによる計算)
習い事
生命保険
学資保険
合計額

この表の使い方は、あくまで家計簿の未来予測として利用していく必要があります。

今より安くなるは予想しない

私たちの生活の中で、徐々にこれまでになかった関連の費用が発生している事もありますよね?

例えば、地域復興税の上乗せ、消費税率の変更、所得税額の変化、住民税の変化。

このように、いろいろな生活に必要で得か損かではない項目が必ずあります。

こうした事を考えたら、当然サービスによって安くなったと思っている事もあるかもしれない。

でも実際には、総合で年間で考えたら、家計の支出合計額は過去と比較すると増えている。

この現実をまず先に知っておく必要があるのです。

資産を管理するための維持費

当然、新築マンションでも注文住宅でも住宅に住む以上は自分たちで管理が必要になります。

マンションなら、管理費、駐車場代、駐輪状態、インターネット回線利用料、修繕積立費がかかる。

一戸建てなら、インターネット回線費用、浄化槽の点検、メンテナンス、外壁修繕費用。

このような項目は資産の管理上必ず必須になり、その内容を利用することはこれまでに比較したら安くなる項目は存在しないのもポイント。

こうなると、即対応が可能で得なサービスは何?

この答えを探すとついつい生命保険を解約してやめればよいという方向に一度は議論が出てくる事が多い。

毎月を全て年間へシフト

今月は支払いが少し多い。

こんな言葉を毎月口にしている人は多い。

正直この計算では節約はかなり難しいと思ってしまう。

なぜか?

以下の様な影響にもろに家計の削減対象を見失うリスクがあるから。

  • 自然災害による食材の高騰化。
  • 石油の価格上昇におけるガソリン代やクリーニング代反映への影響。

いつもと同じものを多少出費が増えても問題ない計画を今の時点で考えられない対象は、見直しが可能な項目とは言えない。

もっと固定という判断を増えた場合でも順応できる計画を基準で見直す。

こうしなければ、かかる費用の理由ばかりが増えて、結果的に見直しの効果が半減する可能性が高いのです。

クレジットカード生活と現金派どっち?

私は同じ金額を消費するなら、基本はクレジットカード又はナナコのようなチャージ形式で必ずポイント還元を受ける生活を選ぶ。

これは、同じ金額を使った時にも結果的に節約の効果を感じる事が可能。

ポイントを貯めて支払いに利用する。

たったこれだけでもポイントが増えれば、年間出の効果を確実に実感できる。

使った分だけ還元される。

生活の中で、本当に現金のみを使って得があるのか?

この問いに、あくまで心配不要なほどの口座残高がある人のみだと私は伝えたい。

正直今のようなサービスが広がった時代だからこそ支払い方法も一度見直しをするべきだと私は伝えたい。

 

家計見直し固定費見直し先送り対象

家計見直し固定費注意点

生命保険や学資保険は先送り対象にするべきなのか?

この答えははっきり言ってNOです。

使い方を知らずに支払う月額は大きな損

しかし、家族の為に将来使える可能性を含めて生命保険を見直すという案には私は以下の確認をしていただきたい。

  • 支払い方法は月額なのか年払いなのか?
  • 今すぐに全ての支払いを年払いで支払うことは可能なのか?
  • 新規に他の会社で加入する候補はできているのか?
  • その保険の具体的な将来の使い方は計画ができているのか?

この答えが全て整っている中でもその払いは、得にならないと判断した場合のみ別で使える貯蓄として持ち続ける事を考えるべき。

子どもも大人も1歳でも若い時の方が払いは少ないのも現実。

さらに、生命保険を含めた加入は、具体的に以下のような条件が可能なのかを見直すのもコツになる。

解約とは違う払い止め制度の有無

最近の保険は、見直しの中で、家計が一時的に苦しくなったが、1年後には回復するのが可能。

このような家庭に少しでも続けやすいように、払い止めという制度を採用しているサービスも多い。

この仕組みを使うことで、更新を1年以内であれば再度契約を再開することが可能なケースもある。

必ず今契約プランの説明をしてくれたファイナンシャルプランナー(fp)に相談してから変更なのか続けたいが一時停止なのかを見極めることは重要。

車は税金を減らすことが優先?

子どもは大きくなる。

荷物は増える。

これは子育て世代には必ず訪れる現実の問題。

あくまで自分の住むエリアでは車は必需品という私たちと同じような場所に住んでいる人にとっては、ガソリン代や車関連に支払っている内容と期間を考える事も多い。

しかし、車を節約するなら、まずは今多くの荷物が載るサイズを所有しているなら、今ある車を乗りつぶす方が確実に安くなる。

コンパクトにして税金を減らす!

これは、正直結局は通販ではない実物を見ながらその場で支払って購入するような商品の運搬の多くの機会を失いかねない。

さらに、子供たちが自転車を使うようになれば、いくらでも荷物が載る事は有効活用する対象がある。

このようにこれから子供が大きくなる時にどうなるのかを考えるなら、車はいくらの車を乗っていたとしても負担というのは軽くなる。

こう考えておく方が将来に買ってほしいとなった時までに貯める苦労が大きくなるのを防止出来る。

 

家計見直し固定費見直しに多い誤解

家計見直し固定費住宅ローン返済期間

現在のインターネット回線の負担すら、仕事の時にはほとんど使わないという対象も多い。

正直、私は日々の生活の中で最も無駄だと思う項目があるとするなら、スマホだ。

格安sim以前に端末に対する出費

意外と買い物をする時、一定の割合で何度も買い替えをしている事が多いのがスマホ。

2年に1回の買い替えサイクル。

2月3月には進学などにおいて、子供にも持たせるという流れが出てくる。

このような未来を見据えてるなら、正直本当に親が払って価値があるのかも大切なポイントにしてほしい。

正直、通信費で払っている中の端末代が無くなるだけでローンの1ヶ月分以上に相当するのは私の中では内容と使う時間と暮らしの意味として無駄な対象となり始めている。

端末を変えるだけで10万円以上払っている現実。

その機種をそのまま使う事にも負担が大きくなる計算内容。

正直、この状況はあまり使用しないなら、医療保険に乗せ換えて支払う方が十分有効活用できる可能性が高いのではないでしょうか?

本当に必要な固定費以外の支出

先日、我が家の将来の計算のために新規の医療保険の加入手続きをしてきました。

この時に実践した契約内容は以下のような条件です。

  • 高額医療対象のみに適用範囲を絞り込む。
  • 入院1日につきという日額保障を排除。
  • 通院1回につきという保障も排除。

はっきり言って、ずっと暮らしを続ける中でみんなが通院する時の費用が払えないほど家計が減っていくという状態は、いわば対策というよりも売却という選択が必要な状況。

いわゆる高額医療というのは、基本100万円単位での一時払いの対応を必要とするような条件。

自分たちが絶対健康ならどうなる?

この場合は5年に1回のお祝い金が進呈される。

こうすることで約1年の保険料が浮いた計算になっている。

こうした条件の内容に子どもたちをまずは入れておく。

こうすれば、これからの教育費だけでなく、医療の提供でも上手に最新の治療を選択させてあげる事が可能になる。

次の時代を見越した節約術

どうしても気持ちとして、月額500円でも結果が年間6000円などという習慣の見直しに固執するまで気持ちがダウンする事もあるかもしれない。

しかし、これからの時代はもうネットでほぼすべての商品が購入可能になる。

新聞を不要にして、テレビもネットでオンデマンドの動画を見る方が楽しめる事も多い。

こうした時代に何が上手な節約になるのか?

それは、次のような対象を基準にするべきだと私は考えた。

  • 1年の節約で浮いたお金がレジャー1回分ぐらいの対象になる項目を削除の基準にする。
  • 5年、10年先の次を見据えた目で今の平均を見る。
  • 知識があるようでいて、ただ流れのまま使っている対象はできれば支払わない方向でまとめる。
  • 年間10万円をどう老後につなげる準備を始めるかを考えなければ30代でもギリギリになり始めている。
  • インフレになっている時代だからこそ、もう計算は円とドルで計算をしなければいけない。

このように、対象をずっと今のままの暮らしという事に型をつくらないことが大切。

円の価値は減ってもドルで積み立てを行っておけば、選択の幅も広がる。

たったこれだけのこともそのまま円で口座に大切に保管する価値すらなくなってきてると思いませんか?

もう少し大きい額を見据えましょう。

とにかく月額1万円単位の出費の節約の固定費を探す。

これが起点になって最も簡単にチェックできるのが通信費ではないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ