年収300万住宅ローン頭金なし借入可能額目安

スポンサーリンク

住宅ローン審査年収300万円頭金なしについて、このページをご覧頂き有難うございます。

住宅ローン審査における年収と借りられる可能額や限度額について、各年収ごとにご紹介をしています。

年収300万円の住宅ローン審査の悩みの中には、以下のような悩みも多いです。

・年収300万で住宅ローン審査を頭金無しで申込したい!

・住宅ローンの年収300万に対する借入可能額を知りたい!

・住宅ローンが年収300万でも通りやすい銀行を知りたい!

賃貸借りるなら、マンション買って住宅ローン組んだ方が良い。

・会社の収入は現在?過去?未来は?

・夫婦共働きでも35年って組めるの?

・本当に今家を買うべき?

マイホーム購入は住宅ローンを組むことが一般的。

だからこそ、毎月の家賃や車の維持費なども考えて、今利用可能な条件や家族が増える前の用意が必要。

完済も1年ずつ組むのが遅くなれば、終わるのも遅くなる。

大きな判断を必要とするが、今の給料で、少しでも余裕を作るために家を買うという選択肢もある時代。

気密性が低く、老朽化の進む今の賃貸生活と、マイホームを買って今から住む期間を考える。

子供のこともあるけど、組めるなら仮にちょっとでも可能性があるなら!

こんな期待と不安を抱えてる方もネット検索でいろいろ情報収集してる日が多いのでは?

このような悩みを1つ1つ現実と失敗後悔対策という意味でご紹介していていきます。

住宅ローンという難題に対し、年収別に無謀と思う金額もご紹介しています。

年収200万円の借入可能額や月々返済額についてもご紹介しています。

年収200万円住宅ローン頭金無借入可能額や月々は?通るコツ

住宅ローンを年収250万女性でも組める?

こんな話題もご紹介しています。

女性年収250万住宅ローン審査は無理?落ちる,通らない理由と通すコツ

年収280万住宅ローン借入可能額目安

年収450万で28歳が落ちた口コミもご紹介しています。

年収450万住宅ローン審査通らない28歳口コミ

年収500万に3000万の住宅ローン審査は無謀であるのか?もご紹介しています。

年収500万住宅ローン3000の計画は無謀

今すぐには家が買えないけど新築一戸建てが欲しいと思う人へ最初の一歩についてもご紹介しています。

家が欲しいけど買えない?最初の一歩と住宅ローン対策

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから以下の経験を活かし、運営しています。

新築住宅関連企業出身者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

身内に一級建築士,電気工事士,内装業などの多い環境で育った経緯。

新築住宅ローン審査に地銀、都市銀等に落ちた後に通過させた体験者。

住宅ローン返済2年目で借り換えを成功。

ハウスメーカーでの契約を一度解約した経験者。

カーテンや外構工事を打ち合わせで決めず、節約に成功。

火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。

引越し、インターネット回線等も交渉や外観への影響などを考慮の上、納得のプランを見つけた。

新築購入後は、固定資産税納税、近所の挨拶まわり、アフターメンテナンス、追加工事依頼を経験。

このように、現場の知識を活かす事も含めて、ただ単に家を買ったブログではなく、今の収入でどんな家を買う事が将来の生活をどう楽にしてくれるのか?

夢のマイホームを手に入れたお金の使い方に悔いなしと言えるような購入前の準備情報を伝えていきたいと思っています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

借りられる可能額はいくらくらいですか?

審査を通過させるのに頭金なしで大丈夫な銀行も教えて下さい。

こんなリクエストを頂きました。有難うございます。

住宅購入準備をしている方に多い誤解などもご紹介しています。

年収300万住宅購入前の誤認や誤解と成功のコツ

では、このページで、年収300万円の住宅ローン審査について、以下の内容をご紹介していきます。

住宅ローンを年収300万台が頭金なしで借入可能はいくらが目安?

住宅ローンを年収300万台が月々で無理のない返済プランとは

住宅ローンを年収300万台で頭金なしで借入可能な銀行の探しをするコツ

私がお勧めする年収300万台の住宅ローン準備のコツ

住宅ローン審査は、年収の高さだけでなく、基準が必ず有ります。

あなたの情報収集の1つとしてお役立て下さい。

スポンサーリンク

頭金なしで借入可能は目安はいくら?

住宅ローン 年収 借入可能額 いくら借りれる?

スポンサーリンク

住宅ローンを申し込みする際に、年収300万円でも融資可能な目安を私の体験からご紹介していきます。

住宅ローン審査基準を確認

住宅ローン審査における年収300万円台に対する審査基準。

この内容を知ることが、あなたが一番納得できる近道だと思います。

年収300万円台の方が可能とされているのは、返済負担率の割合として、銀行の多くは、「25%が上限」となります。

あくまでも全ての銀行が差額ゼロという事ではありません。

しかし、買い物としては、35年という長期にわたる保証対象枠も考えなければいけない買い物。

諸費用、購入後にかかる住まいの税金、もちろんとても簡単にすぐ契約希望額が出て、すぐに本審査もクリアという事はありません。

じっくりこの数字的価値を今の自分だけでなく、将来の家族や子供を育てる保険料なども含めて生活に影響を与えないプランが大切。

ご主人の転職、奥様の妊娠、出産。

今予定をしている給料の余裕は本当にこの先の未来も安心の低く設定された枠ですか?

こうした点からも、この25%という数字の計算方法は、以下のように計算します。

借り入れ計画計算方法

住宅ローン金利を含めた年間支払額÷年収=返済負担率

このような計算をしていくことで出していきます。

では、この計算式をベースに年収300万円で可能な枠をご紹介していきます。

1800万円、2000万円台どこまで可能?

では、年収300万円を例に実際に月々の返済、年間返済から25%上限限度を計算していきます。

住宅ローン年収300万円借入限度額シミュレーション

この計算が、年収300万円の方が融資を受ける可能限度額となると思います。

この条件を詳しく明確に説明していきます。

年収300万円のシミュレーション

では、上のシミュレーションを通じて、年収300万円の限度をリアルにシミュレーションしていきます。

年間支払い返済は?

62280円 ×12ヶ月=747360円

年収に対する負担は?

747360円÷300万円 =24.7%

この条件に必須な住宅ローン金利等の条件は、以下の通りになります。

  • 変動金利は0.75%
  • 保証料は0円
  • 融資手数料0円
  • 団信加入無し又は0円

この条件下での限度額は、2000万円を大きく超えて、2300万円までが可能ライン

しかし、この2300万円が限界となります。

もちろん、今後の昇進昇格等をほぼ確定しているという方もいると思います。

しかし、住宅ローン審査は、あくまでも去年の年収を対象として最大の借入可能額を提示します

ですから、かりに状況が数千円アップするとなっていてもやはり現状での交渉は難しいのが現実。

こういう状況では、1年遅らせて有利な条件を作りたい気持ちもあると思います。

しかし、一方では、今はいない子どもが出来たり、急な出費で残高が減ったりという環境が変わっていくことも十分考えていける余裕も必要。

それが、最低10年はいけると確信を持てるタイミングがまさに買わないのが損という時期だと私は体験から実感しています。

では次は、無理なく返済をしていくために住宅ローン支払いで失敗後悔しないためのコツをご紹介していきます。

 

年収300万円が月々で無理のない返済プラン

年収300万住宅ローン審査想定

先ほどご紹介した2300万円を条件として、50万下げた2250万借り入れシミュレーションもお見せしながら解説していきます。

2250万円を0.75%の変動金利で住宅ローンを申込みした場合の月々返済額は下の表の通りとなります。

住宅ローン年収7.5倍|2250万円シミュレーション

条件は、保証料等はすべて0円となります。

返済方式はボーナス加算は無し,元利均等払いとして設定されています。

年収300万円住宅ローンシミュレーション月々返済額

上記の内容が2250万円に対して、0.75%の変動金利を使った場合の月々の返済額となります

この約63000円の支払いが大変でない場合は、目安的にも可能性があると考えましょう。

住宅ローン審査通過後も失敗後悔しないコツとは?

では、次は年収300万円台の方が住宅ローン審査を通過しても苦労しないコツをご紹介していきます。

年収をベースにしてしまう住宅ローン審査でついつい陥りやすいのは、ボーナス加算を当てにする計算。

ボーナスは水物。

だから、必ずボーナスを0でも住宅ローン返済に困らない金額を設定することが重要

理想は、月々の手取り金額に対して、15~18%位までの支払いに収める

この金額設定なら、住宅ローン審査を通過したのちも、結果的に満足した支払いを可能にしてくれると思います。

住宅ローン審査が通ればなんでもいい!

この考え方は、後に失敗後悔につながりやすい危険な橋を渡る結果につながる可能性が高くなりますから注意してください。

年収300万円台で3000万円の住宅ローンは無謀?

過去に、住宅ローン審査が行われていた時には、土地の価値がそこまで下がる事が言われていませんでした。

ですから、多少年収の審査基準が緩くても、最終的に銀行は担保力によって、カバーできていた時代があります。

しかし、最近はどうでしょうか?

こんな言葉が、多くの方の目や耳に入っていると思います。

  • 空き家の急増。
  • 少子高齢化により人口減少。
  • 核家族化と共働きの増加。

このような状況下では、やはり年収の見込みも不安が多い。

さらに、担保力も不安が残る。

こうした課題があるため、年収の5倍程度が最も無難に住宅ローン審査が通過しやすいラインとなっています。

銀行側が担保力を認めやすい物件には、年収の8倍も可能なケースもあると聞きます。

しかし、年収300万円に対して、3000万円は、10倍。

さすがにこのラインは、銀行もYesとは言いにくいの現実と言えます。

では、年収300万円台の方が1万円でも多くの借り入れ枠が多い銀行をより審査を通過させやすい条件で通すコツをご紹介していきます。

 

年収300万円台が借入可能な銀行の探し方

年収300万円住宅ローン借入可能額

年収300万円台の方におすすめの住宅ローン審査を受けるコツをご紹介していきます。

住宅ローン審査を受けるなんて銀行はどこでも同じようにできるのでは?

実際、審査を受けるのは、どこの銀行でも可能だと思います。

しかし、「より審査に通りやすい銀行で住宅ローン審査を受けるコツ」をこのページではご紹介していこうと思います。

年収300万円の方が頭金なしで住宅ローン審査に通す大切な項目とは?

住宅ローン審査は、正直年々厳しめになっているのが現実。

さらに、住宅ローン審査における年齢、返済比率の重要性はどんどん厳しくなっています。

若いという事は住宅ローン審査には武器。

しかし、保証料や団信加入などで圧迫されて思った以上に借り入れ可能額は少なくなってしまった。

こうした条件をより自分の合う銀行で審査を受ける必要があるのが銀行選びのコツなのです。

では、この銀行を見つけ出し、更に絞り込む上での重要な内容をご紹介していきます。

年収300万円台で住宅ローン審査を受ける上での注意点とは?

住宅ローン審査は落ちたら違う銀行で審査できるんだから問題ないのでは?

この考え方は、非常にリスクが高いのです。

その根拠は、下の2つ。

1.銀行の担当者からの説明だということ。

2.データ閲覧履歴が多ければ多いほど、リスクが高い客だという認識が高まっているから。

このような時代だからこそ、審査を受ける銀行選びは非常に重要になってきているのです。

では、私が実際、住宅ローン審査を受けてみようと検討中の方におすすめの考え方をご紹介していきます。

年収300万円頭金なしで住宅ローン審査を通過する近道と団信の関係

銀行選びをしていく上で、年収300万円台で検討をしていくのなら、間違いなく、団信は不要としていきましょう。

団信は私も入れていません。

その根拠は、住宅ローン団信はガンに無意味?比較のコツ

で、体験を別のURLで公開していますので、参考にしてください。

私は、この団信を削る事にリスクを思っていません。

年収300万円頭金なしで住宅ローン審査を通過する近道|属性

そして、年収300万円台の方には、更に属性に不安を持たない銀行選びも重要。

銀行には、得意な職種というのが存在します。

公務員でも住宅ローンに落ちる理由の一つがこの属性の問題。

あなたが、もし確実性を持ちたいなら、これからご紹介する内容すべてを実現させる住宅ローン審査が必要になります。

年収300万円台が住宅ローン審査に通過する近道|第3者の協力

こうした属性などの細かな内容や住宅ローン優遇金利についての条件など一つ一つを自分で正確に調べるには時間も手間もかかります。

しかし、住宅ローン審査は、年齢が非常に重要なほど、少しでも早い方が得。

ならば、確実性の高い情報を提供してくれる第3者の協力が必須になるのです。

そんな協力者なんてどこで相談すればいいの?

その答えを住宅ローンで事前審査2回落ちた私が銀行に行かずにローン通過した方法でご紹介しています。

あなたが、もし、以下のような悩みに該当してるなら、確実に役に立ちます。

・過去の経験

・重複する支払い中の他社ローン

・金利の心配

・団信加入の条件

・ネットバンク,フラット35等金利の設定だけでなく、地元にない銀行の申込をしてみたい。

・自宅で申込が完了する方が助かる。

・銀行で説明を聞きに行く時間が無い。

こうした銀行に相談しにくい条件を持っているなら、この情報はまた更に高い価値を実感できます。

あなたが、住宅ローン審査を通過するための近道。

それだけを私は考えて、あなたの安心を提供したいのです。

自宅を持ちたい

夢を叶えたい

そう思っている時点で私の中で、あなたを助けたいと思えるのです。

あなたが不安に思うことは私の知る限りの情報であれば、いくらでもお応えします。

あなたの最後に笑って、「信じて良かったです。」とコメントをもらえるのを確信しながら、私はこの記事をご紹介しています。

実際に家を買うのって価値が無いとか苦労する意味がわからないという言葉を使う人もいる。

でも、実際に、都心でも地方でも結果的に賃貸生活では、気苦労やストレス、近隣住民との付き合いに疲れる人も多い。

こうなると、結果的に、自分の家は、いずれ結婚をして子供を持つと徐々に欲しくなるのも事実。

子育てしやすい家。

自分たちの自由に部屋に飾りや装飾が出来る環境。

たったこれだけでも、家族の笑顔が自然と増える。

私は一戸建てとマンション両者を経験して、つくづく家を持つ価値はいつの時代でも持った人にはわかる喜びがあると感じた。

夢を諦めて欲しくない。

他人が何を言っても、結果的にあなたの欲しい夢のマイホームは実現する価値がある。

これだけは伝えておきたいと思いました。

年収300万円台の住宅ローン審査の口コミが見たい!なんて方には、この記事の公式に近い典型的な落ちる例を口コミで頂きました。

年収300万円住宅ローン審査に落ちた時の申込金額口コミ紹介

にてご紹介していますので、興味がある方は御覧ください。

年収500万の目安や想定。

住宅ローン目安年収500万円審査借入適正や月々返済額と通すコツ

年収とは手取りなのか?審査準備における大切な知識もご紹介しています。

住宅ローン審査基準年収とは手取り?何倍まで?体験記

金融機関により、年収の比率だけでなく、他の条件もいろいろな点が総合的に判断されるのが住宅ローン審査。

でも、無料相談みたいな関連の内容は、決して良い対応になる為のきっかけにはならない。

それぞれの金融機関が必死に個人情報のリストを集める為に行っているにすぎないのが現実。

実際に私の家にも、住宅ローン金利を少しでも安くなったので借り換えしてくれませんかみたいな銀行の営業がちょくちょく訪問してくる。

こうした状態をみていくと、決して、質問や個人情報を取得した人に優先的な何か得があるとは到底思えない。

所詮は、組める人へしか貸さないのが住宅ローン。

だとしたら、少しでも自分の中で、勤続した年数や家計の現状把握から銀行を選ぶ方が現実的。

結局は、自分の頭で描く理想の状況と銀行がおさえておきたいポイントが少しでもかみ合えば審査は通る。

総額に対して繰り上げ返済もそんなに難しくない。

こうした環境から考えて、選択の幅をしっかり明確化していく方が住宅ローン審査は通りやすいのです。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ