新築照明費用はいくら?失敗後悔原因や注意点

スポンサーリンク

新築照明費用について、この記事をご覧頂きありがとうございます。

新築照明費用という内容については、こんな相談が多いです。

新築照明費用は打ち合わせで決めなければいけないでしょうか?

新築照明費用は打ち合わせの割引の方が保証を含めて良いのでしょうか?

新築照明費用は自分たちで取り付けた方が節約になりますか?

こうした内容を最近はよく相談されます。

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、自分の以下の経験を活かし、運営しています。

私の体験は、以下のようなものがあります。

元住宅関連企業勤務経験者。

一級建築士,内装業などの身内に囲まれた環境。

そして、以下のような経験をしてきました。

新築マンション、一戸建て両方の購入経験を持つ。

一度注文住宅のハウスメーカーを解約するほどの悲惨な打ち合わせの経験をする。

住宅ローン審査にメガバンク、第三地銀等3回落ちた経験を持つ。

住宅ローン審査を銀行相談を一切せずに通過させた体験者。

2017年に審査通過から2年目で住宅ローン借り換えに成功。

火災保険は元保険営業の妻に助けられ節約に成功。

新築祝いのお返しを専門サービスを使って満足ができた経験。

引っ越し見積もりも時期や会社との交渉スキルを学ぶ事で安くした経験。

新築インターネット回線もスマホ回線等の活用を含めてプロバイダ契約を含めてかなりの節約に成功。

新築購入後の固定資産税納税等の変化を見てきた体験。

カーテンや外構工事などは全て打合せで決めず、自分たちで独自に発注して節約に成功。

新築外構見積もりのコツや値引き交渉術をご紹介しています。

新築一戸建て外構見積もり成功失敗後悔

新築外構費用見積もり方法を業界経験者が値引き交渉術と合わせて伝授

スポンサーリンク

私はこの見積もり方法で打ち合わせの初期の費用の1/3のコストで満足ができました。

このように、住宅業界の中からも購入する側としても体験をしてきました。

そして、現場の知識を使った意識と新築間取りを自分たちも経験したからこそ伝えたい住宅購入における問題を抱えた時の解消法をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、新築照明費用の節約術について、以下の内容についてご紹介しています。

新築照明費用節約術に多い失敗後悔原因

新築照明費用正しい節約ポイント

新築照明費用以外の関連記事紹介

以上の内容についてご紹介していますので、新築照明費用を節約する情報源として活用して下さい。

スポンサーリンク

新築照明費用節約失敗後悔原因

新築照明費用失敗後悔原因

新築照明費用について、失敗後悔しやすい原因や注意点をご紹介していきます。

新築照明費用失敗後悔原因1.打ち合わせ

新築照明費用を打合せではじめて、個数や配線工事の打合せをする会社もあります。

その場合、以下のような営業セールストークがよく聞こえてきます。

・取引先である。

・割引を適応できる。

こうしたセリフをよく聞きます。

しかし、実際に新築照明、配線工事金額平均費用を見て驚きました。

新築総面積34坪の照明代が40万前後だったのです。

そこで私は、「照明分を住宅ローン返済にするのは勿体ない。」

こうハッキリ感じたのです。

結果的には、照明費用は、家全体でもほぼ標準設備のみの会社で契約できたのです。

決して、打ち合わせで開示される費用は安くありません。

これが、1つ目の失敗後悔注意点となります。

新築照明費用失敗後悔原因2.交換不可

新築の中に、LEDスポットライトを検討してるからは要注意すべきことがあります。

それは、新築購入後の照明交換費用の大変さ。

新築費用の中でも、正直照明は盲点でした。

・住宅ローンに上乗せする価値が有るのか?

・買い替えの頻度と費用負担はどのくらい加算されるのか?

・今後も使い続けられる規格かが不明。

こんな照明を選んでしまうと大変です。

新築照明費用は、ある意味玄関ドア選びと似てる。

この点を失敗後悔注意点として意識しておきましょう。

新築照明費用失敗後悔原因3.体感不足

新築照明費用の困るところは、結果的に感覚が個人により異なる事。

自分たちが明るいと思っていた展示場の照明。

しかし、自分たちの買った土地や日当たりからは、暗く感じる。

こんな感想も新築照明では、失敗後悔では多い注意点。

つまり、「新築照明費用をかけるべき配置が曖昧なままデザインにはこだわる。」

これが、新築照明費用では、実用性という点で、失敗後悔注意点となります。

ぜひ、体感イメージが少しでも近い場所で、照明のワット数等の数値的データを基準に決める。

このポイントを意識しながら、新築照明費用節約に挑戦していきましょう。

 

新築照明費用節約ポイント

新築照明費用節約術

私が実際に新築一戸建てを購入して感じた照明選びの節約をご紹介していきます。

新築照明費用節約のコツはLEDシーリング

新築照明における費用の失敗後悔ポイントには、交換不可を挙げました。

この点を意識した上で、長持ちした節約照明選びは、以下の条件が必須。

・寿命が長いLEDを使う。

・シーリングは外周の大きさやデザインが変わっても取付口が変わりにくい。

・個人が誰でも簡単に取付や交換可能。

・落下等のリスクが少ない。

・調光も標準装備されている。

・色を変える事も簡単にできる。

デザインにこだわったとしても、結果として使いにくい色ならハズレ。

こんな事で私生活の視界を悪化させるリスクもLEDスポットライトにはあります。

ですから、生活していて、少しでも変更しやすく、交換費用も節約できて、コストが割安な商品。

この意識を元に、選ぶと、LEDを使用したシーリングライトが最も節約に繋がるのです。

シーリングライトとは?おすすめの新築活用法もご紹介していますので、興味のある方は御覧ください。

新築照明費用節約のコツはオプション費用は極力使わない

私達の作った配線計画の中では、照明は標準工事内で収まりました。

しかし、以前に解約したハウスメーカーは全ての照明がオプションでした。

これだけ新築照明費用も差が出ます。

ですから、契約前に必ず照明費用は、別途か込かを確認する。

これも立派な節約術になります。

照明費用を聞いて、40万以上の見積もりを出されて驚いた!

これが2015年の打ち合わせ体験である我が家にとっては今の家にして本当に良かったです。

ダウンライトとは?新築照明失敗後悔注意点もご紹介してますので、新しいモノ好きの思考になっている方は十分ご注意下さい。

リビング照明について、LEDダウンライトを検討している方への注意点もご紹介しています。

リビング照明ダウンライト

新築リビング照明選び方LEDダウンライト配置画像付解説

部屋の割り当てや広さによっても必要な数も配置も変わってきますよね?

平屋間取りの30坪想定の場合のポイントや注意点もご紹介しています。

平屋間取り30坪4LDKプラン実現に多い失敗後悔注意点

では最後に、新築費用について、その他の関連記事をご紹介していきます。

 

新築照明費用関連記事紹介

新築費用を照明以外の関連記事

新築費用という課題については、照明以外にも実に様々な内容を考えておく必要があります。

カーテンを暗くし過ぎれば当然照明の光の量も必要になりますよね?

新築カーテンについては、以下のようなコンテンツを用意しています。

新築 一戸建てカーテン費用相場

新築一戸建てカーテン費用コスト削減と交渉方法体験記

新築費用関連記事1.外構費用

外構費用も実に様々な費用の失敗要素があります。

フェンス

新築外構フェンス失敗後悔対策

新築外構費用の節約に頭を抱える方が多いのが、駐車場。

この駐車場の悩みについても、ご紹介しています。

新築駐車場コンクリート費用節約のコツ

こうした当たり前の視点ですが、ついつい忘れてしまう内容をチェックしておくことが節約につながります。

新築費用関連記事2.家電

新築家電費用も意外と失敗後悔が多い原因の1つ。

新築家電費用失敗後悔対策注意点

にてご紹介してますので、参考にして下さい。

このように様々な視点からぜひ貴方の満足できる生活しやすい家作りを目指してみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

火災保険も新築一戸建ての照明費用だけではなく、大切な選び方の基準や注意点があります。

火災保険の相場はいくら?という視点について値上げ後の注意点もご紹介しています。

新築火災保険はいくらの保険料相場体験談2015

火災保険はいくら?選び方と相場新築一戸建て元保険営業の妻が懸念した注意点

実際に、妻はかなり色々な会社の見積もり書を片手に悩んでいました。

新築一戸建て購入後に関係する固定資産税もご紹介しています。

固定資産税はいくら?新築一戸建て木造ハウスメーカー初回2年目納付書類画像付

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ