アフィリエイト

新築家電費用節電対策と保証や保険失敗後悔注意点

スポンサーリンク

新築費用内訳の節約術|家電選びのコツ体験記

新築家電費用についてこの記事をご覧頂きありがとうございます。

新築家電費用を記にした私達も最初は、以下のような悩みを持つ方も多い現代。

新築家電は色を揃えたい!

新築家電なんだから節電商品に変えたい!

新築家電なんだから畳数に合わせたモノを買わなきゃ。

新築一戸建て購入時についつい将来の節約を考えてしまいました。

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから現場経験,新築購入体験を通じて各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

しかし、実際に購入したのは、10万円以下。

何故かを含めて、この記事を通じて、ご紹介していきます。

新築家電費用で失敗後悔が多い節電対策の誤解

新築家電費用で先買いにすべき節約術

新築家電費用を賢く節約する購入方法

以上の内容について、ご紹介してますので、まずは新築だからと気負いせず、引越しする気持ちで御覧ください。

スポンサーリンク

新築家電費用で失敗後悔が多い節電対策の誤解

新築家電費用節約の失敗後悔原因

新築家電費用という言葉から、少しでも新しい物を望む方が失敗後悔する原因をご紹介していきます。

新築家電費用失敗後悔原因1.暑さ寒さ対策

新築家電費用の計画で、最も失敗後悔が多いのが、部屋の畳数企画に対する家電費用。

具体的な家電商品で言えば、以下のものがよく使われている商品。

・エアコン

・扇風機

・冷風機や温風機

・電気カーペット

なぜこうした家電で失敗後悔が多いのか?

理由は、非常に簡単なんです。

入居後の温度感覚が全く解っていないまま家電を購入したから。

真夏や真冬に引越しを要する方もいると思います。

だからこそ、焦る気持ちも解ります。

しかし、新築一戸建てを購入後、どの程度暑い寒いは本当に未知数。

まずは、衣類の工夫から始める。

この方が確実に体感温度の家族の違いも含めて検討出来ます。

新築家電日用の失敗後悔対策注意点として確実におさえておいて欲しいと思います。

新築家電費用失敗後悔原因2.使用頻度

新築一戸建てに関わる家電費用で、失敗後悔が多い2つ目は使用頻度の低い商品の誤算。

具体的な家電商品で言えば、以下の家電も含まれます。

・空気清浄機

・加湿器

・アロマ系家電

こちらも季節需要商品である家電も多いです。

なぜ季節家電も失敗後悔が多いのか?

理由は、こちらも簡単です。

効きすぎ、効かないという誤算が多いため。

・加湿器をかけたら、べたつくほどだった

・除湿機を使ったら、1週間かからず風邪をひいた。

・ベッドサイドにアロマグッズを使ったら効果が強すぎて使えない。

健康関連グッズでもあるので、準備の心がまえは大切です。

しかし、こちらも先ほどの最初の状況と同じです。

我が家でも私もアロマが好きで、たくさん持ってます。

でも、気密性が高いと簡単に家全体にニオイが広がってしまいます。

これも気持ちいい空間とおもいきや妻が料理をする時にはすごく気になるとの苦情。

なるほどということで、換気で窓を開けたくな私は、使用を諦めました。

失敗後悔をしたくない。

こう思うなら、まずは最小限でスタートする事をオススメします。

新築家電費用失敗後悔原因3.いらない

新築家電費用をかけて購入をしたのに、使わなかった、という失敗後悔も実は多いんです。

具体的な家電製品では、以下の候補もあります。

・大型テレビやスクリーンなどのホームシアター設備)

・数台のルーター

・トールボーイ等の大型スピーカー

完全に娯楽分野ですが、実は男女問わず、新築一戸建て購入者には興味関心が高い家電の1つ。

「部屋の畳数に合わせてテレビやスクリーンを買った。」

この考えだけでは足りないのが、距離感。

・思ったより近く感じる感覚。

・想像以上に音が響くと感じた室内。

・木造で建てたせいか無線が思った以上に届く。

これらも住んでたら見えた話。

しかし、入居前の準備に時間とお金を費やしてしまうと、失敗後悔の種。

新築家電費用のいらないものを買わない。

これが家電という大きな金額が動く可能性のあるものには注意が必要です。

では続いて、このように実生活中心とはいえ、何でも後買いが良いかといえば違います。

先買いをしておくべき家電についてご紹介していきます。

 

新築家電費用で先買いにすべき節約術

新築家電費用で、先買いをした方が色々メリットが有る家電についてご紹介していきます。

新築家電費用先買い節約術1.日常必須品

新築家電で、毎日使う家電の中で設置が必要な家電といえば、以下の商品が対象と言えます。

・冷蔵庫

・洗濯機

・電子レンジ

・食洗機(付属が無い場合のみ)

こうした商品が思いつくと思います。

日常生活における電気代がかかる家電は、以下の順になります。

1位冷蔵庫

2位照明

3位テレビ

4位エアコン

5位電気温水器

6位エコキュート

7位電気便座

8位食洗機

9位電気ポット

10位電子計算機

つまり、冷蔵庫を買い換える事は確実に電気代節約に繋がる商品。

洗濯機は、ベスト10にすら入らない家電製品なんです。

食洗機も、家事時間を節約する事にも繋がりますので、買っておくとメリットは大きくなります。

こうした商品を先買いにした方が、電力節約と省スペース化が達成できます。

新築家電費用先買い節約術2.まとめ買い前提

新築一戸建て用家電と言うのは、同じ店で購入する方が割引率も高くなります。

私たちは、実際に、賃貸引越しの際にこの点を十分すぎるほど体験しました。

「照明と冷蔵庫、洗濯機を購入したら割引率は大幅に高まった!」

ですから、購入費用を節約する上でもまとめ買いを進めて新築用購入であることを伝える。

この工夫だけでも、従来の家電購入費用交渉よりも話はスムーズに進みます。

新築家電費用先買い節約術3.引越し費用節約

新築家電費用を節約する最も簡単な方法は、引取と設置を引越し日に済ませてしまうこと。

単純に、引越前に買い換えても設置する手間は2度手間です。

当日の移動を2箇所に積み替えてもらう。

この結果は、引越し代金を節約するだけでなく、設置費用も引越し屋に依頼するより確実に安く済みます。

さらに、保証を受ける際にも、引越し屋なのか家電量販店なのか不明瞭にする心配がありません。

このように、新築家電費用は、節約すべきポイントを賢く使えば、簡単に節約が可能となります。

では最後に、エアコンの様な設置を必要とする大型家電を節約購入する注意点をご紹介していきます。

 

新築家電費用を賢く節約する購入方法

新築家電費用を節約する際に、確実に安くする方法をご紹介していきます。

新築家電費用節約術体験記1.エアコンは通販を使うな!

新築家電費用の中で、最も高い金額になる可能性があるのが冷蔵庫。

続いてが、エアコンであると思います。

このエアコンについては、確実に家電量販店で買いましょう。

何故か?

エアコン本体をネットで注文しても、結果工賃は高くなる事が多い。

意外に多くの方が知らずに損をしてる事が多いのがこの設置費用。

「ネット通販の方が安いから。」

この費用基準は、取付費用や出張代が入っていないケースが多いんです。

ですから、エアコンは、家電量販店で設置費用(標準工事)込の方がネット通販より安い事が多い。

この点はぜひ最初に注意して下さい。

新築家電費用節約術体験記2.ポイント還元をあえて選ぶ

新築家電費用を節約する方法として、現金主義よりもポイント還元を活用して下さい。

根拠は?

現金値引きは、総トータルで考えた時、ポイント還元に勝てないのが交渉のポイント。

ですから、あえてまとめて買うにしても、現金値引きばかりにとらわれず、ポイント還元を選んでトータル金額を節約。

新築家電費用を節約する確実な方法とは、トータルで見極めることなのです。

1つでも購入方法の選択肢を知っておいて頂くと交渉もしやすいと思います。

新築家電費用節約術体験記3.長期保証は必ず加入

新築家電も地震保険や火災保険に入るのでは?

新築には保険があると、ついつい、以下のような思考になる方もいらっしゃいます。

「普段付けてる家電の保証を外しても大丈夫だろう!」

しかし、新築一戸建て購入時の引越し後における保証対象外になるケースも有ります。

ですから、この点は、先に確実に確認をしておく必要があります。

私は過去の体験から、新築の地震保険や火災保険に家電製品をかけるより、量販店の保証料の方が安い。

確実に家計を安く済ませる方法をあなたにはお伝えしたいと思います。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

私がサイト内でご紹介してる関連記事として、私達が購入した家電製品費用内訳リスト

スポンサーリンク
にも新築家電日用関連記事をご用意してますので、興味の有る方は御覧ください。

最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

70人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ