住宅ローン審査落ちた場合,人はどうすればいい?3度目の正直成功体験

住宅ローン審査に落ちた、通らない場合の理由探しや通す最短ルートをご紹介しています。

このページをご覧頂き有難うございます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

住宅ローン審査に1回目の銀行で落ちたんですが、理由は何が強いですか?

通すいい方法ないですか?

こんなご質問を頂きました。有難うございます。

金融機関を個人の収入や金利でリサーチする。

年齢、健康状態、会社の勤続年数、借入負担率など審査基準の上でも優先順位の高いポイントを調べる。

書類上の不備、頭金や諸費用金額の概算、税金等がもれが無いように準備。

以上のような期間を知っていても、事前審査通過は、見る人の関係各位の判断基準にゆだねるしかない。

確認で見て受ける印象も関連情報についての詳細も事前の情報は少ない。

結果的に、借りる事ができない理由も少しもみえないまま。

言ってしまえば、厳しく見られたのか?と疑いたくなる気持ちすら芽生える環境がある。

そして、次に借り入れ実現の為に何をすればいいのかは、多くの方が申し込み後の数回やり取りの中でも知ることが出来ない。

いくらシミュレーションで確認していても、こればかりは解説することが銀行側も出来ない。

個人情報として重要な手掛かりがあるはずのことも決して、項目や内容を夫婦に一切書面で書かれた内容では届かないのが現実。

私のサイトは、新築購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を活かし、サイトを運営しています。

新築マンション、一戸建て購入経験者。

新築住宅関連企業に勤めた経験者。

住宅ローン審査に2度落ちた後に通過した体験者。

住宅ローン借り換えに2年後に成功した体験。

新築火災保険、地震保険は元保険営業の妻が持ってる知恵えを借りてかなり節約に成功。

新築祝いのお返し、引越し、インターネット回線等の節約も体感。

新築間取りは、購入後に妻から「これ以上はない」と満足の声をもらう。

引渡し後の追加工事や修繕などの依頼経験。

こうしたいくつかの特異的な状況を含めて、知るべき情報や持っておくべき情報を仕入れるためにお役立ていただきたいと思います。

そこで、住宅ローン審査に落ちた時、どうする?という悩みについてこのページでは、以下の項目でご紹介しています。

住宅ローン審査に落ちた、通らない理由代表的な要素とは?

住宅ローン審査に落ちた、通らない理由で対処不可能な理由とは?

住宅ローン審査に落ちた、通らない理由を考えるには限界がある

住宅ローン審査に2回落ちた通らない私が通った秘策

この4つを中心にご紹介していこうと思います。

あなたの住宅ローンを通したいという思いがあるなら、ぜひ体験談情報ですから、信じる価値があれば、ぜひ実践してみて下さい。

住宅ローン審査落ちた,通らない理由代表的要素

住宅ローン審査通らない 落ちた

住宅ローン審査に通らない、落ちたら理由を知りたくなりますよね?

このページでは、代表的な理由を箇条書きで、ご紹介していきます。

この内容に該当している場合は、ぜひ一つ一つを削除できる内容は、積極的に削除していきましょう。

  • クレジット滞納や遅延が多い
  • 他者ローンでの支払い遅延や延滞が続いた
  • 住宅ローンを組む前にクレジットカードの分割払い等をしている

こうした条件なら、一度住宅ローンを審査通過できない場合でも、他の銀行であれば、対処可能と考えても問題ありません。

致命的な内容は、返済を遅延しただけでなく、放置している過去や現在に至っている場合。

この場合は、まさに致命傷レベルなので、まずは完済を基礎にしていきましょう。

知識用意と現実の違い

どうしても銀行のホームページ等に記載されている情報を頼りに多くの方は希望を抱く。

次に、対応の良さなども実際店舗を知ってる方は、申込前に希望の額など条件的に良い悪いくらいは確認しようとする。

しかし、現実では、以下のような審査申込み後であっても対応にはどうすることもできない部分がある。

事前審査の上では、以下のような内容がその該当になる。

1年未満や3年以内の勤続年数ぎりぎりの諸事情。

自動車ローンやキャッシング等の残高の合算金額の確認。

大きくかけ離れてはいないが、限度額以内と認定できなかった背景。

こうした決して大きな問題とは言えない事も、1ヶ月程度の時間を要し、状況を提供しない、出さないが現実になる。

本審査に出した時には、以下のような条件を開示しない。

担保力。

cicに問い合わせた信用情報の対応や処事情。

団信への契約状況。

こうした話は、本審査で落ちた時に影響する内容。

これらは手数料を払ってからであっても、一切の情報をサービス上非公開で言わない体制になっているケースも多い。

一番知りたいことも目にできるモノも何もない。

契約上の設定はどうなっている?

こうした事情もなぜということを思っても結果的に最初の振出と同じ状況になっているのが現実。

だからこそ、基本的に借り入れの割合などを調べていても詳細がわかったわけではない。

この点は覚悟を決めて、事前にいくつか候補を自分で用意しておくことも大切な時代と言えます。

では次は、こうした今の自分ではどうすることもできない住宅ローン審査に落ちる理由を体験からご紹介していきます。

 

住宅ローン審査落ちた,通らない理由対処不可能

住宅ローン審査 通らない 落ちる 理由

この情報は、あまり多くの銀行が公に公開している情報ではありません。

その根拠は?

私が2014年住宅ローン審査を受ける際に、審査通過をしてくれた銀行が教えてくれたネットに書かれていなかった情報だから。

その担当者が言うには、私の場合、あまり通しやすい条件ではなかったという事です。

いくらデータを持っていても知る事がかなり難しい過去とは異なる評価の難しいケース。

こうした部分がマイナス評価になると、かなり審査が厳しいケースも実在します。

自分ではどうすることもできない審査を通らない、落ちる理由をご紹介していきましょう。

住宅ローン審査に通らない、落ちる理由1.属性

属性という言葉をあまり聞いたことがない方も多いと思います。

属性とは、すごく簡単な言い方をするなら、業種

・IT関連企業勤務。

・公務員。

・サービス業。

・金融業。

・建設業。

国内には、実に様々な業種がありますよね?

あなたがたまたま使った銀行で、あなたと同業種の方が、延滞、滞納をしたとします。

すると、銀行では、しばらくその属性(業種)を扱うのを控えよう。

という動きが出る事があるそうです。

この内情は、どの業種という表現はできません。

しかし実際、こうした動きは珍しい話ではないのです。

つまりは、とばっちりという状態ですね。負の連鎖です。

流れにしていくとこんな感じですね。

あなたと同業種のある人がその銀行で滞納や延滞を起こす

↓  度重なる延滞や滞納が増える業種として連鎖が続く

あなた自身にはどうする事も出来ない同業種という事情で住宅ローン審査が通らない

こうした流れも実態としてはあり得る話なのです。

こればかりは、銀行による相性もありますから、気にする必要はありません。

では次は、住宅ローン審査に落ちた、通らない時についつい考える。

この行動は、無駄な時間だという事をご紹介していきます。

住宅ローン審査に落ちた、通らない理由でわかる事は限界がある

これまでにご紹介してきました住宅ローン審査に落ちる理由や通らない原因に自分をいくらはめ込もうとしても限界があります。

正確性にも保証されているような基準の目次が無料で開示されていれば、新規の方が何も困ることもなくなる。

しかし、こうした情報開示は、銀行が新規に取り扱う際の影響が大きい。

だからこそ、開示されていないのです。

2017年版や2018年に新規に借金やカードローンを選ぶ生活をしているわけではないと思います。

1.できるだけ口座の引き落としから過去に組んだ影響のありそうなものをすべて完済。

2.遅れがあるような信用情報機関に影響がありそうなものは申し込む半年以上前のタイミングで証明を添えて提出できる体制を整える。

こうしたことを建築予定の前に総復習みたいに行動にかかる必要はある。

独自の視点よりも、必ず審査の対象にひっかかることを全てやっておく。

上記2つの事は必ず大丈夫と言える体制を整えておきましょう。

でもあとは、全国の各銀行で決まっている特徴を保証金などを含めて無理のない程度にリサーチを行っていくしかありません。

もし仮に勤務先の会社が貯金を行うメインバンクであったとしても、先ほどの属性のようなミスが短い期間で立て続けに起これば、2年、3年の先のばしをしても難しい事もある。

最近は、こうした点まで確実にクリアにしていく必要があるのです。

住宅ローン審査に落ちた、通らないは自己判断は危険!

よくあるののが、年収が300万円だから通らないのではないか?

こんな考え方をする人もいる。

その気持ちはわかる気もする。

しかし、もし仮にあなたが審査を受ける段階で、貯金で相手が安心できる枠に入っていたら?

もし、土地の査定額に誰もが一般的に考えても安心できるし、わかると言える対象なら?

もし、一般的な会社や業種の知名度もある一つもあり、雇用形態も直接雇用。

加えて年齢も若い段階で、次補破産等の経歴上の問題もない。

親が保有している土地に建物を建てたい希望者である。

これらの状況なら、受け入れる価値が仕方ないではなく、大いに可能性はある。

みずほ銀行や住信sbiネット銀行のような大手でも候補の一つに加えてほしい案件かもしれないのです。

決して、事前審査に落ちた、通らないという言葉がある時、全て否定してしまうのはあまりにもったいないともいえる。

もっとこの先に短い時間に確実に総額をすべて支払ってくれる銀行探しを行うことを意識してほしい。

このような状況なら、受け入れる銀行も必ずあると私自身も体験から知ったのですから。

私が実体験としてあなたに伝えたいのは、

住宅ローン審査は、理由や原因をどこまで追及しても最後にたどりつくのは、不安と恐怖になってしまうという事。

だからこそ、今の時代は、健康保険証を手にした会社員としての登録がある時期なら、まずは可納税ゼロではありませんよ。

この言葉を必ず意識してほしいと思っているのです。

住宅ローン審査に2度落ちた私の体験と通った時の感覚

私自身は2014年の住宅ローン審査に都市銀行、地方銀行1社ずつ審査に落ちました。

通らない理由を私も必死で探しました。

しかし、最後に通した銀行の担当者から

「このケースでは相性しかないと思いますよ。」

こう説明された瞬間、私は正直、

「なんで?それで納得してくれといわれても・・・」

と心の中で叫びたくなりました。

でも、結果そういう事になるのは、仕方ないのかもしれません。

根拠は?

銀行だけでなく、審査機関による総合的判断である住宅ローン審査の難しさ。

審査機関がすべて銀行に情報を公開していくシステムがない

これが、今の住宅ローン審査の現状だという事です。

だとすれば、データ化された現代で、審査を重ねる事はリスク拡大にしかならない

つまりは、

銀行選びをお客であるユーザーが見極める事が問われるようになった時代

では、最後に、住宅ローン審査が通らない、落ちた私が、最短ルートで審査通過した方法をご紹介していきます。

 

住宅ローン審査落ちた3度目の挑戦

住宅ローン審査に落ちた経験がある

住宅ローン審査が通らないと連絡がきた経験がある

実は、私も落ちた経験者です。

私自身が、住宅ローン審査に落ちた体験から、最後の砦として、住宅ローン審査通過をつかみ取った方法をあなたにご紹介していきます。

住宅ローン審査に通る可能性が高まる行動体験記

私が、住宅ローン審査を通過したのは、インターネットサービスの利用からでした。

私にもこの行動をとるには勇気が要りました。

・住宅ローン審査を受ける情報を公開する

・住宅ローン審査をしてほしいと銀行以外のサービス業者に相談する

・自分の仕事やこれまでの経緯も、銀行以外に説明をした

2社落ちた私には、もう最後の砦の感覚でした。

これでだめだったら本当に後がない。でも家族のために今通したい!

この思いから、行動を起こした詳細は、

住宅ローン審査に落ちた、通らない私が審査通過を勝ち取った複数申込という方法

で詳しくご紹介しています。

この内容まで書いてしまうと、長くなりすぎると思いましたので、2ページの構成を取らせて頂きました。

でも、私は思いとしても行動としても正解だと思います。

素晴らしい家でのひと時を今は妻と子供と過ごせています。

あなたにもあきらめてほしくないし、なんとか救いたいのです。

私には、あなたから感謝の声を頂ける自身も体験からの確信もあります。

後はあなたの行動力だけです。

きっと、幸せを勝ち取れると思います。

私で力になれることがありましたら、お気軽にご相談ください。

私の持つ一戸建て購入計画に役立つ情報なら何でも100%あなたに公開していきます。

では、長い文章を最後までご覧頂き有難うございました。

住宅ローン審査に落ちた、通らない私が通った行動で、あなたの幸せを願っています。

この他、

住宅ローン審査に通過するための借入限度額やいくら借りれる?

という疑問は、

年収別借入可能額の計算方法とは?

でご紹介していますので、ぜひ併せて参考にしてみて下さい。

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ