新築窓用カーテンORブラインド?失敗後悔注意点

スポンサーリンク

新築窓のカーテンはブラインドでいいの?この考え方の失敗後悔注意点をご紹介していきます。

このページをご覧いただきありがとうございます。

新築の窓用はカーテンではなくブラインドが良いかも。

見た目の印象やインテリアコーディネートで迷いをもつ方も多いですよね?

しかし、ブラインドって普段の私生活でそんなに見た事ない。

このような方がブラインドを選ぶのは、注意点も知っておく事が大切です。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験、体験を軸に運営しています。

新築マンション、一戸建て購入体験。

新築住宅ローン審査で、事前審査、本審査に落ちた後、通った体験。

新築一戸建て住宅関連企業に勤め、内情を学び、大工さんから話を聞けた体験。

新築外構やカーテンを打ち合わせで選ばずに節約と成功を感じた体験。

新築火災保険、地震保険を元保険営業の知恵をかりて、成功を感じた体験。

新築購入時の引越し、挨拶まわり、新築祝いのお返し等を体験。

新築購入後インターネット回線等の節約を成功。

新築購入後固定資産税納税、定期点検時の修繕,追加工事依頼。

住宅ローン借り換えを2017年2月に成功。

このように、新築購入ブログとは違い、現場の知識やマンションとの比較を含めた注意点を交えて各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、新築窓のカーテン又はブラインドという選択を迷う方の中で、ブラインドにしたいという方のために、以下の内容をご紹介しています。

新築窓用で選ぶブラインドとは?種類

新築窓でブラインドで失敗後悔を感じる典型例ベスト3

新築窓でカーテンではなくブラインドにする価値

まずは、ブラインドの特性も知りながら、新築マイホームという空間で使うメリットデメリットを知っていくつもりでご覧ください。

スポンサーリンク

新築窓用で選ぶブラインドとは?種類

新築窓用カーテン変わりブラインドとは

スポンサーリンク

新築窓に使うカーテンの代わりになる商品としてブラインドという商品もあります。

まずはブラインドの種類等を含めてご紹介していきます。

新築窓用に選べるブラインドの種類

新築窓にも使えるブラインドの種類には何があるのか?

この答えになる種類は以下のような商品が有ります。

セパレートタイプ

テンションタイプ

浴室やキッチンに使えるノンビスタイプ

ガイドコードタイプ

このようなタイプが存在します。

それぞれの特徴は以下のようになります。

新築窓用カーテン変わりのブラインド種類 特徴
セパレートタイプ 1本のヘッドボックスで成り立つ。左右で異なる動きを採用する事が可能。
テンションタイプ  ビスを使わない賃貸でも使えるタイプ。
ノン ビス止めタイプ  ビスを使わないため、サビ等の影響を心配しないで使える。
 ガイドコード  風通りがある窓に最適な種類。

このような1つ1つの商品には、特徴があり、見た目の変化も楽しむ事が出来ます。

しかし、新築窓のブラインドだけでなく、実はブラインドは典型的な失敗原因が明確になっています。

まずは失敗しやすいポイントをおさえておきましょう。

 

新築窓でブラインドで失敗後悔を感じる典型例ベスト3

新築窓ブラインド失敗後悔原因

新築窓にブラインドを使ったけど失敗だった!

こんな言葉を口にしてる方は、決して新築だからだけではありません。

実際にどんな失敗があるのかを3つご紹介していきます。

新築窓もブラインドで失敗後悔?原因1.幅やサイズ

カーテンレールがない分サイズも簡単に見えるブラインド。

しかし、自分たちで、通販サイトを使って商品を購入する時には、典型的なミスがあります。

それが、高さと幅を間違えてオーダーしてると言う実態。

そんなことあるのか?

実際に、このように感じてる方もいらっしゃると思います。

ですが、むしろかなり多い事例です。

その理由は、入力によるミスが大半。

さらに、実寸のサイズも非常に難しいのがブラインドです。

たかが1㎝,2㎝というミスが、はまらない、隙間ができた等のカーテン変わりの機能を果たせなくなるリスクとなる。

これが、ブラインドの難点でもあるのです。

ですから、サイズは失敗後悔の原因で最も注意しておくべきなのです。

新築窓もブラインドで失敗後悔?原因2.イメージ

新築窓用ブラインドを少しでも節約したい。

この気持ちは、当然どの方も新築というさまざまな内容に費用が必要な過程では考えやすい悩み。

しかし、この節約がきっかけで、色の誤差がかなり多いのです。

・ネットで見た色と実物の見え方が違う。

・イメージしていたインテリアコーディネートにならない。

このような内容から返品、交換を求めてもやはり対応は不可。

実際に買った商品もその窓のサイズに合わせていますから、代用するのも難しいのがブラインド。

こうなると、何も使えないままゴミにするしかないのが現実。

こうした失敗も多いのです。

新築窓もブラインドで失敗後悔?原因3.破損

新築窓のカーテンより確実にブラインドの方がリスクを抱えるのが、破損リスク。

なぜ確実といえるのか?

ブラインドの多くはアルミで出来ています。

私達が日常的にアルミ缶という製品でその商品の脆さを感じてることも多いのではないでしょうか?

・凹む

・もとに戻してもシワがくっきり付く。

・凹みに汚れが溜まった時、手入れがしにくい。

こうした内容に悩む方も多いですよね?

今はブランドの種類でも、材質として、木製も登場しています。

しかし、その分当然重さが出やすくなり、違う意味での破損リスクも高まります。

しかも、ブラインドの多くは新築の窓の場合は、オーダーが大半。

当然修理を必要とする際に、送らなければいけない状況になったら、このときも大変。

・寝室の窓用ブラインドが壊れた。

・新築リビング窓用ブラインドが壊れた。

このような状況になると、日当たりだけでなく、丸見えになることや睡眠への影響まで生活に密着した悩みになるのは必然。

こうした環境下だからこそ、新築窓用ブラインドには、破損リスクへの失敗後悔も絶えないのです。

では続いて、新築窓にカーテンではなく、ブラインドにする価値を考えるコツをご紹介していきます。

 

新築窓でカーテンではなくブラインドにする価値

新築窓ブラインドのメリット

新築窓にカーテンではなく、ブラインドを選ぶ価値をご紹介していきます。

新築窓でカーテンよりブランドが優れるメリット

新築窓でカーテンではなく、ブラインドにするメリットはいくつかあります。

その典型例をご紹介していきます。

1つ目は、インテリアコーディネート的なシンプルを目指す方へのメリット。

ブラインドの多くは単色コーデ。

カーテンの無地もありますが、1枚1枚になっている分が、光の関節が入り、視覚的にきれいに見えることもあります。

ですから、カーテンでは存在感が出やすいし、カーテンレールに迷って決まらない。

このような方には、カーテンレールを使うよりシンプルなインテリアコーディネートとして価値が高まる要素があります。

2つ目は、セキュリティ面。

新築窓のカーテンは、締めてから外を確認するには、確実に中央又は側面を開ける行動が必要になります。

しかし、相手にもその行動がまるわかりになりやすいのがリスク。

でも、ブラインドなら、あくまでも角度調整だけで、2階から1階の様子を伺うことも容易。

窓枠の下の方から覗けば、当然相手の視覚からも目視されにくい。

このように、セキュリティ的に考えると、カーテンより中の存在がわかりにくい分、うかつに入りにくいというメリットが有るのです。

3つ目は、採光の調整。

先程の2つ目のセキュリティ同様で、カーテンは、遮光1級、2級、3級などがありますが、当然閉める時にしか効果を発揮できません。

しかし、ブラインドなら、採光の角度を調整して、長い時間締め切った状態からでも採光を調整する事ができます。

西日が強い時間でも日当たり的には日光を使いたい。

こんな希望が叶いやすい商品選びを必要とした新築窓になら、カーテンより効果を発揮できる可能性が高いのです。

ですから、選び方さえ間違えなければ、ブラインドは、失敗をしないで、効果を確実に得られる可能性はあるのです。

やはり、オーダーと言うのは、本当に神経を使います。

まして、新築窓用のカーテンの変わりなら、なおのこと生活に密着するため、失敗はしたくないのが多くの方の願い。

そこで、私が新築カーテンで節約できた方法がおすすめです。

・店舗の人に実際に来てもらう方法。

・寸法を測ってもらってるからこそ正確な採寸が可能。

・自宅の日当たりから想定される理想の素材選びの提案。

このような内容を無料で受ける事が出来る方法を私は体験して、打ち合わせの見積もりの10分の1以下の金額で新築カーテンを納得する事できました。

新築カーテン,カーテンレール等の選びで失敗後悔しないおすすめの体験にてご紹介しています。

あなたの一生に1回の購入かもしれないブラインド。

ぜひ成功を勝ち取って、節約と満足も体験して下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

新築カーテンについては、他にも以下のようなコンテンツをご用意しています。

新築カーテンweb内覧会閲覧時注意点一戸建て購入体験記

新築カーテンどこで買う?通販は使わず最安値体験記

新築カーテン種類の選び方で重要な3つの失敗後悔注意点

新築カーテンレールおすすめは?リビング画像付体験記

新築カーテンの購入時期や採寸はいつ?体験記

新築カーテン選び方で失敗後悔が多い原因|体験記

新築カーテン色の選び方|インテリアコーディネートの考え方体験記

新築カーテン予算優先順位や選び方失敗後悔対策

新築カーテン費用相場は?賢い節約術と購入術体験記

新築カーテン,カーテンレール購入法や時期失敗後悔対策まとめ

新築カーテンレール失敗する選び方の原因や注意点

新築カーテンレールニトリ相談体験記

新築カーテン取り付け工事費用節約注意点体験記

新築カーテンロールスクリーン選び方画像付|縦長窓編成功法

新築カーテン選び方リビングレイアウト実例画像付WEB内覧会

 

新築カーテン、カーテンレールの悩みまとめにて、さまざまなカーテンの悩みをご紹介しています。

興味がある方や想定不足が不安な方は併せて御覧ください。

他にも、新築間取り失敗後悔ランキング詳細と注意点まとめにて、200以上の各居室ごとの注意点もご紹介しています。

興味がある方は、御覧ください。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ