新築日当たり失敗後悔対策は内覧も要注意!住宅関連企業出身者が解説

スポンサーリンク

新築日当たり失敗後悔対策について、この記事をご覧頂きありがとうございます。

新築の後悔原因には、日当たりという課題も確実に増えています。

原因は、以下のような厳しい現実も潜んでいるのです。

・近所にマンションが建設決定!

・隣の家のリフォームや増改築、建て直しによる日照条件変化。

・新築購入まで日当たりをよく知らなかった引っ越してはじめて知った現実。

このように建売、ローコスト住宅、分譲、建て直しを含めて、新築の日当たりの失敗後悔は見過ごせなくなった時代。

ローコスト住宅での失敗後悔原因についてもご紹介しています。

新築ローコスト住宅失敗後悔原因

ローコスト住宅失敗後悔注意点!注文住宅の会社選び方

新築ブルーになる原因にも発展するほどの悩みになる日当たりの問題。

新築ブルーになってしまう人の悩みについてもご紹介しています。

新築ブルーで鬱になる防止策

新築ブルーで鬱になる人の性格的特徴や家族ができる支え方|業界経験者が解説

新築後悔防止策

新築ブルー?後悔ばかりのブログ閲覧ポイントを業界経験者が解説

新築ブルー克服焦りと注意点

新築ブルー克服で誰でも簡単にできるポジティブ思考法|現場経験者が解説

新築ブルー間取り

新築ブルー間取りの不満理由は回避可能!現場経験者が解説

「では、新築日当たりの後悔は避ける術がないのか?」

この答えについて、少しでも解消出来る方法をご紹介していきたいと思います。

この他にも、失敗後悔については、新築一戸建て失敗後悔間取りランキングまとめにて、様々な内容をご紹介してます。

オプション採用を考えてる方がいたら、我が家の住んで2年経ってからの後悔も参考にしてください。

新築後悔したこと設備|主寝室エアコン配置オプション注意点実例画像付き

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、マンション,一戸建て購入体験,現場経験を通じて各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築の日当たり後悔について、私がご紹介したいのは、以下の内容。

新築日当たり後悔を防ぐ最初のチェックポイント!

新築日当たり後悔を打ち合わせ中で防止するコツ

新築日当たり後悔をした際に考えておくべき対策法

実際に、私の実家が体験をした事を含めて、日当たり後悔対策をご紹介していきます。

購入後でも対策が取れる事も有ります。

ぜひ諦めずに、新築一戸建て購入後の失敗後悔対策としてもお役立て下さい。

新築日当たり後悔チェックポイント

新築日当たり失敗後悔対策や回避術

新築日当たりの後悔を防ぐというのは、理論的に可能な時代です。

なぜそう言い切れるのか?

この点を私達が実際に新築一戸建て購入における体験からご紹介していきます。

新築日当たり後悔対策1.都市計画書のチェック

日本全国地域を問わず、必ず存在する事前確認出来る方法がこの都市計画。

都市計画というのは、簡単に言えば、以下のような内容を知る事が出来る膨大な資料。

・道路拡張予定。

・大型ショッピングセンター建設予定。

・マンション建設予定地。

このような大掛かりな変化は、都市計画として市民が知る事が出来る情報が公開されているのです。

実際に、不動産屋が明確にしてくれていなかった道路拡張により、土地が取られる物件と言うのも、この都市計画書で防止が可能。

つまり、日当たり後悔対策は、まずは新築購入後に住む地域の未来を知るという事が大切になります。

新築日当たり後悔対策2.シミュレーション

実際に、日当たりを新築購入前でも毎日チェックするなんて事は現実的ではありません。

それに、購入前の更地で、日当たりを確認した所で効果はわかりません。

しかし、太陽光発電搭載におけるシミュレーションなら、この仮説に近い日当たり条件がわかります。

何故か?

太陽光発電は、南向きが最も効率的である。

次は東。という流れが日照条件等の関係からも明確なデータとなって出ています。

つまり、自分の建てたい新築一戸建ての屋根に届く日当たりが大したことが無いのに、1階、2階の日当たりがいい物件のはずがないのです。

「太陽光発電シミュレーションなんてどうやって依頼するの?」

この質問には、この記事の最後でご紹介してますので、まずは方法と対策、失敗した場合の対処法を御覧ください。

新築日当たり後悔対策3.現地見学のコツ

特に分譲地、建売住宅の見学内覧会でも新築日当たり後悔の防止は可能です。

この対策でポイントにしておかなければいけないのは、内覧会に訪れる時間

いつ行けば新築日当たりを正確に知る事ができるのか?

このタイミングは、ずばり午前中。

太陽が昇り続ける時間に、昼前の日当たり状況を確認する事が最も重要。

何故か?

最近テレビなどで、外壁が温まる時間経過と室内のエアコン稼働の効果について計測していた番組もありました。

大切なのは、現地見学会で中から除く日当たりではありません。

失敗するのは、寒い、暗いという2つ。

だからこそ、外壁の1階部の床に近い部分の温度を触ってみると良いんです。

実際、日当たりが悪い家は、かなり冷たいです。

しかし、外壁加工もしっかりしている家は、保温効果も高い。

日当たりが良ければ熱を吸収しているはずですよね?

つまり、午前中の時間で温まっているということは、日当たりはそこまでひどくない事も予想できるんです。

お隣に挟まれた場合であればあるほど、1階の外壁への影響は顕著。

日当たりに後悔するという結末の根拠を見極める方法を知っておく事も対策には必要なのです。

床の色の選び方についてもご紹介しています。

新築床の色成功のコツと失敗注意点|実例動画や画像から考えるポイント

では続いて、間取りを検討中に日当たりの後悔をしないための配慮をご紹介していきます。

 

新築日当たり後悔防止の注意点

新築日当たり失敗後悔対策

日照条件の後悔を防止する為に必要な打ち合わせ中の注意点をご紹介していきます。

「購入前の土地購入時の周りの環境では良いと思ったのに、想像より悪い!」

この原因は、確実に間取りや設計による打ち合わせにも原因が有ります。

自分たちの家は自分たちで守るためにも、営業に躍らされるのではなく、根拠を持つ意識でお役立て下さい。

日当たり後悔間取り注意点1.立地ポイント

地方に行けば行くほど顕著になるのは、車社会。

そして、車社会の地方ほど失敗してるのが日照条件の後悔。

なぜでしょうか?

単純に、設計時、以下のような想定が増えているのです。

土地が広くても、駐車場や庭確保に向けて、四方いずれかの壁に建物を近づける傾向が強い。

この作りでは、あなたが立てる前に見てた土地とは決定的に建物への条件は変わっていますよね?

・裏の家に近くなれば、1階部分や隣接部分の日差しの入りが悪くなるのは当然。

・四方の壁が近くなれば、悪くなるのは当然。

・駐車場だけが良いのでは意味がない。

こんな後悔状態になってる家も珍しくないと私は地方に住んでいて感じます。

間取りの打ち合わせで最も大切にするのは、中身より最初にどこに建てるか?

このポイントをしっかりデータで出してもらいましょう。

データなき、安心です。は何も根拠がありませんので、信じすぎないことをおすすめします。

日当たり後悔間取り注意点2.照明と採光

現代のキッチンでは、勝手口も必要ないという考える方が増えてきました。

新築キッチンに勝手口は必要?我が家の実例画像付もご紹介していますので、興味がある方はお役立て下さい。

勝手口があるなしで簡単に、キッチンの明るさは変わります。

掃き出しで囲むキッチンは、寒さ対策には不十分。

間取りで生活しやすい家作りの中でもキッチンに必要なのは、適度な採光と保温できる内部構造。

照明頼みに考え方をシフトした時点で、自然からの採光条件を見ていない事が多いんです。

これが、購入後の失敗後悔と原因となるケースも多いのです。

ですから、自然の採光のバランスを意識した勝手口や窓の配置を意識してあげなければ明るさ確保は難しいのです。

日当たり後悔間取り注意点3.外構

外構を急ぐというのも私はおすすめしていません。

外構により、あっという間に日照条件を変えてしまう家も今は多いのです。

具体的には、以下のような外構工事が対象の1つ。

・カーポート

・塀や目隠しフェンス

・庇

・バルコニー屋根

当たり前のように、日差しをUVケア対象物として考えて、対策を進めてしまっている方も多いんです。

しかし、このような対策を進めるほど、悪化していきますよね?

ですから、外構と日照条件という想定も購入後には、必ず確認しながら行う事が失敗後悔対策の上でも重要なのです。

では最後に、住んでから1年後の変化により体験したというような状況の方に向けての対処法をご紹介していきます。

 

新築日当たり後悔を防ぐデータ

新築日当たり後悔を防ぐチェックポイント

日当たりの失敗後悔を将来で感じた。

でも、住宅ローン残債もある。

子供の学校を転校させたくない!

このような状況で、悪化した住まいに済み続ける必要がある。

さて、将来あなたの日照条件変更が訪れた場合の対処法はどうすべきか?

この問題についてもご紹介していきます。

日当たりの失敗後悔に至った将来の検討材料

自分の家族のせいではなくとも、失敗後悔を感じるリスクが有るのが日当たりの問題。

でも、住み続けると決断した時、我が家は、こんな行動を起こしました。

バルコニーをコンパクトキッチンにリフォーム。

一戸建てにおけるリフォーム工事という選択肢を採用したんです。

何故か?

日当たりが悪い条件を感じやすい部屋という中で、最も生活で困るのは、洗濯物が乾かないという実態であると私は生活しやすい家として考えます。

この条件では、やはり配置換えをせざるをえなかった状況だったのが我が家の実家。

バルコニーを作るのも決して安いものではなかった当時。

足場を作る為に、基礎工事が必要な物は、リフォームでも高いです。

ですが、日照条件の悪いままの洗濯物の悩みを乾燥機頼みにしているのはつらいです。

特に、子育て世代には、シーツや布団も対象の1つであると思います。

ですから、バルコニーはリフォームという選択に至ったのです。

失敗後悔に至った時対処できる対策準備

日当たりの失敗後悔は、いつ訪れるかわかりません。

しかし、一度入居してしまうと、結果的には、住むしか無いという状況になります。

そこで、対策をしておくすべきは以下の計画がとても重要。

・日当たりを考慮した窓を必ず採用する。

・日当たりが悪いケースを仮設し、外構を住んでから考える。

・日当たりが悪い場合、リフォームをする場合の試算を知っておく。

このように、失敗後悔をそのままにして生活を余儀なくされることだけは避けるべきなのです。

準備は万全にしたつもり。

しかし、このつもりが誤算となって現れるのが、購入後の失敗後悔。

だったら、その修正案を具体的に実行時期を含めて計画しておく。

このような計画が欠かせない時代になったのだと私は考えます。

では最後に、この日照条件の失敗後悔をしないための太陽光発電シミュレーションオススメの方法をご紹介していきます。

日当たりで失敗後悔しないための購入前準備

実際に私は、この実家の経験を含めて、今の家には日当たりを含めて失敗後悔はありません。

この助けをしてくれたのが、⇓

太陽光発電の見積もりをしていくのです。

「太陽光発電を採用するつもりはない!」

このような意識の方も今回の主旨は、日当たり条件確認である。

工務店、ハウスメーカーの中には、こうしたシミュレーションは、契約後でないと出してくれない会社も多いです。

ですが、太陽光発電の見積もりは、屋根の大きさや形状、高さ等の試算を含めて、どのようなタイプでつければどう発電効率が満たされるのか?

このようなデータを基に最適なプランを出しています。

つまり、日当たりを知るデータを無料で入手する最適な業者と言えるのです。

何事も使い方により、便利もムダも生じます。

私は、このような業者をいくつも使いながらの試算を様々な形で行いました。

だからこそ、自分のやるべき事を明確に絞り込むことが出来たのです。

矛盾が多いネット情報。

この中で、正しく伝えるという意味を私は強く意識しています。

現場経験、注文住宅購入経験があるからこそ、安心をあなたに届ける自身も確信も持っています。

「あなたの家が日当たりで後悔をしない土地や建築条件なのか?」

既に購入予定となっている時には、積極的に活用して下さい。

この記事でお伝えしたかった内容は以上となります。

日当たりにも影響の可能性は否定できない目隠しフェンスの価格に多い誤解や注意点もご紹介しています。

外構目隠しフェンス価格に多い誤解や注意点と成功のコツ

興味のある方は、お役立て下さい。

実際に日照条件が原因でブルーになったという経験者のスレも参考にしてください。

リビングの日当たりを良くしたい悩みスレ(yahoo不動産)

一軒家購入時設計士を信じきっていた先の結末に後悔(発言小町)

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ