日当たりの良い家は南向き?方位別メリットデメリット

スポンサーリンク
  • 家の日当たりが心配
  • 実家は日当たりが悪かったから自分の家は同じようにしたくない
  • 南向きの家なら日当たりが良いって本当?

家を建てる時、日当たりと家の向きを考える。

一般的に南向きの家や土地が好まれるのはなぜでしょう?

日当たり関連記事。

日当たり

日当たりが悪い土地で家を建てると後悔する?確認注意点

スポンサーリンク

狭小地

都内で狭小住宅は後悔が多い?よくある失敗原因と注意点

間取りと日当たり

コの字の家って日当たりは大丈夫?風水的に悪い?

日当たりで失敗後悔しないための購入前準備

新築日当たり失敗後悔対策は内覧も要注意!

今回の記事では、家の向きと日当たりについて、以下の目次で解説しています。

家の日当たりの重要性

各方位の日当たりとメリットデメリット

スポンサーリンク

家の日当たりの重要性

重要性

注文住宅で家を建てる時、土地なしの人も多い。

土地探しをする時には、日当たりによっても値段が違うというのを体験している人もいると思います。

日当たりが良いメリット

メリット

  • 日中は日差しが入りやすい
  • 日中は部屋の中が明るくなる
  • 冬に暖房を使わなくても窓際がポカポカになる(住宅性能により)

日当たりが良いデメリット

デメリット

  • 室内に入る光が強すぎる(カーテンを常にしていないとつらい)
  • 夏は暑くなりやすい(室内温度が上昇しやすい)
  • 内装やインテリアが傷みやすい(直射日光による日焼け等)

 

各方位の日当たりとメリットデメリット

メリットデメリット

各方位ごとのメリットデメリットをご紹介します。

南向き

南向き

メリット 太陽が当たる時間が最も長い
バルコニーや物干しなどを南向きで配置しやすい
デメリット 窓際の壁紙や床、家具等が日焼けによるダメージを受けやすい
夏場の日差しの対策として、カーテンや断熱性の高い窓ガラスを選んだほうが良い

北向き

北向き

メリット 夏でも室内の気温が上昇しにくい
北にリビングや玄関などを配置しやすい
土地の価格が安い
デメリット 冬は寒くなりやすい
1階の南側の日当たりが悪い
光熱費が上がりやすい
南側の庭がじめじめしやすい(コケ、カビの心配)

東向き

東向き

メリット 朝のリビングは明るい
夏は比較的過ごしやすい
南向きに比べると土地の価格は安い
デメリット 暗くなるのが早い
午後は洗濯物が乾きにくい
朝日がまぶしい

西向き

西向き

メリット 冬は暖かい
午後から採光が取れる
冬の洗濯物の乾きが早い
室内が暗くなるのが遅い分、電気代が節約できる
土地の価格が安い(人気がないため)
夜型の生活をしている人には生活リズムと合っている
デメリット 夏は西日が強いため暑い
机やソファー、収納などが日焼けしやすい

 

土地を探す時のポイント

住宅一戸建て土地探し方や選び方と価格

土地を探す時には、日中に見学する人が多いはずです。

暗い中で物件を見ようと思っても周りが暗くて何も見えない可能性もあります。

しかし、あえて朝、昼、夜の3度観察をすることをおすすめします。

朝、昼、晩で見学すべき理由

  • 朝は近隣の建物の影響を確認する
  • 日中は土地に面する道路の交通量を確認する
  • 夜の街頭や通りの明るさを確認する

生活する室内空間だけでなく、日当たりに伴う夜の行動をしやすいかどうか?

真っ暗な場所では、視線対策等を外構で用意しないと夕方くらいからリビングや寝室、子ども部屋で電気をつけると丸見えになってしまうかも!

土地探しの注意点もご紹介しています。

新築土地探しのコツで中古は?住宅ローン活用口コミ

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ