新築玄関窓は必要?デザインや枠,大きさの選び方画像付

スポンサーリンク

新築玄関窓について、このページをご覧いただきありがとうございます。

新築玄関窓という内容には、間取りを決めている方の中にもこんな声が多いです。

新築玄関だし窓を付けて明るくしたい。

新築玄関だから窓を無しにして視線対策を防止したい。

新築玄関に窓があると、寒さや結露の心配が出るのでは?

このように、デザインや見た目だけでなく、生活に関わる結露や視線対策まで幅広い悩みが上がっています。

  • 防犯としての意味。
  • 開けない装飾やインテリアとしての意味。
  • 明るい快適な空間
  • 壁の面積と窓の組み合わせによる室内空間演出。
  • ガラスのサイズやタイプの選び方。

性能面を考える時と動線として開閉作業しやすくを考えた時はまた意味が違う。

道路に面するスペースは視線対策も必要になる。

玄関サッシには、いろいろな考え方があります。

縦、横のバランスで住まいに与える影響も違うし、断熱、気密という課題もある。

地域の課題によっては、家づくりで雪などの影響も考慮しなければいけない地域もある。

他にも新築玄関に関する悩みは、以下のような内容もご紹介しています。

玄関壁紙とアクセントクロスの価値

アクセントクロス玄関に必要?リフォーム相談の背景

新築玄関と風水の悩み。

新築32坪間取り南玄関比較時失敗後悔注意点

玄関の色に風水を取り入れるアイテム

風水玄関色東西南北対応可1000円以下のおすすめ【画像付】

新築玄関鏡風水意味

新築玄関風水方角|収納と鏡実践記

新築玄関の向き失敗後悔注意点

新築玄関向きは間取りの優先順位で高い?

玄関ドアについて多い悩みや注意点。

玄関ドア色選び方注意点

新築玄関ドア色選びとセキュリティリスクの落とし穴!

新築玄関ドアに網戸は必要あるのか?

新築玄関ドア網戸必要性やデメリット|体験記

新築玄関鍵オートロックデメリットと電子錠種類や比較体験記

新築一戸建て注文住宅玄関ドアの色やサイズ

三協アルミ玄関ドア価格新築購入体験記

三協アルミ玄関ドア価格や鍵|プロセレーネ使用感想

玄関ドア鍵交換

玄関ドア鍵交換費用相場から新築時選び方後悔注意点

玄関周辺のタイルやアプローチなどの選び方。

屋外用の玄関マット

屋外玄関マットおしゃれに潜む後悔注意点

新築玄関アプローチ砂利とコンクリート比較体験記

新築玄関アプローチは砂利,コンクリート選び方WEB内覧会

新築一戸建て玄関照明人感センサーLED

新築玄関照明人感センサー付き屋外連動や北欧や和風照明の工夫

新築玄関タイル色実例画像WEB内覧会

新築玄関タイル色選び方の注意点|web内覧会画像付

新築玄関についても、14項目に分けてそれぞれの対策やポイントもご紹介しています。

新築玄関失敗と対策まとめ

新築玄関失敗原因14項目の注意点と対策法まとめ|Web内覧会画像付

狭い暗いなどの対策

新築玄関暗い工夫失敗後悔

新築玄関暗い失敗後悔対策おすすめアイデアWEB内覧会画像付

玄関照明スイッチの配置や高さ。

新築玄関照明スイッチ位置や高さ配線計画注意点

新築玄関土間収納。

新築玄関土間収納必要性|位置広さ選び方

玄関のおしゃれなインテリアの考え方

新築WEB内覧会動画付|玄関広さやおしゃれなインテリア工夫

新築玄関吹抜けや失敗後悔注意点まとめにて、玄関ドアやタイル、框など様々な視点をご紹介していますので、興味がある方はお役立て下さい。

外からの日差しがどう家に入るのかもイメージ不足は失敗後悔の原因の一つ。

新築日当たり失敗後悔対策や回避術

新築日当たり失敗後悔対策は内覧も要注意!元住宅関連企業出身者が解説

新築窓の数が少ないという視点からも記事を書いています。

新築窓の数が少ない失敗後悔と現場事情

新築の窓の数が少ない失敗後悔する家?注意点チェックリスト

玄関のインテリアにもいろいろな失敗後悔のポイントがあります。

玄関という空間にアクセントクロス採用後にリフォーム相談を受けた時の悩みをご紹介しています。

アクセントクロス選び方寝室,玄関,キッチンの悩み

アクセントクロス玄関に必要?リフォーム相談の背景

気になる方は、チェックしてみて下さい。

他のスペースでも窓の有無について悩みが多い内容もご紹介しています。

ウォークインクローゼット窓

ウォークインクローゼット窓は必要?結露,カビ,湿気対策体験ブログ

リビング窓のサイズや高さ、配置の注意点もご紹介しています。

リビング窓サイズや大きさ

リビング窓配置やサイズ選び方新築一戸建て設計注意点

窓枠の色選びで夫婦喧嘩勃発時の仲裁と提案体験もご紹介しています。

新築窓サッシの色で夫婦喧嘩

新築サッシ色で夫婦喧嘩!?選び方に多い悩みや提案体験記

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の体験に基づきサイト運営をしております。

・新築マンション、一戸建て購入体験。

・新築購入時住宅ローン審査に仮審査1回,本審査1回落ちた体験後に通過させた方法と出会った。

・新築購入時、カーテンや外構を打ち合わせで選ばず節約もデザインも満足した体験。

・新築住宅関連企業に従事して知った知識、経験、現場の大工さんに聞いた実態。

このような全ての人生体験を各記事で失敗後悔注意点を含めてご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

このページでは、新築玄関の窓について、以下の内容をご紹介しています。

新築玄関に窓は必要なのか?選び方注意点

新築玄関の窓と外観デザインを考える注意点

新築玄関の窓で我が家が選んだ経緯【画像付】

新築玄関ですし、デザインも見た目もこだわりたいと思う気持ちもあると思います。

しかし、生活しやすい家つくりを目指すための玄関に窓は一体何のため?という視点で御覧ください。

新築窓玄関は必要?選び方注意点

新築玄関窓の必要性

新築玄関窓は、そもそも必要があるのか?

家族の中でも夫婦間や2世帯住宅の親子で意見の違いのポイントになる課題の1つ。

 

 

では最初に、何のために新築玄関に窓が必要と考えるべき?という内容をご紹介していきます。

新築玄関窓の必要性の選び方1.期待すべき機能

新築玄関に窓を付けるなら、何を目的にすべきか?

この視点があると、当然選択したくても、実際には機能しないケースもあると思います。

私が新築玄関に窓を用意してほしいと思える期待すべき機能は、すばり採光。

なぜ採光?

新築とは言え、玄関は常に明るい空間になっているとは限りません。

そして、セキュリティを考えるなら、日中でも暗い家というのは、留守を物語る気配が漂いやすいです。

しかし、日当たりの良い採光窓がある新築玄関は、多少日が傾いても、暗いと感じるまで時間がかかる事も多くなります。

つまり、新築玄関窓からの採光は、生活の為だけでなく、セキュリティ対策にも貢献出来るのです。

新築玄関窓の必要性の選び方2.サイズ

新築玄関における窓のサイズと言うのは適正な大きさはどんなサイズか?

この点でも私はセキュリティ対策意識を優先します。

昔ながらの和風の家では、玄関横に、風が吹き抜けるような上記画像のような窓がある場合もありました。

しかし、こうした窓では簡単に侵入口として使われるリスクが出やすいのです。

ですから、サイズは、あくまでも人の出入りが出来ないサイズにこだわる。

このポイントは安心を守るために必須となるのです。

新築玄関窓の必要性の選び方3.いらないケースとは?

採光窓を採用しても、所詮は、分譲地。

両隣の家とは間近な距離しか無く、日当たりが期待できる角度ではない。

このようなケースに限っては、新築の玄関窓は見送る事も視野に入れるべきです。

何故か?

窓は、夏は暖気の入り口、冬は冷気の入り口としても懸念されるパーツの1つ。

ですから、無理をして付けても結果的に採光が機能せず、逆に暑さ寒さを体験しやすい玄関になるリスクを抱えるのです。

こうした家の未来にならないように気をつけていただくことが失敗後悔対策に繋がります。

では続いて、新築玄関窓におけるデザイン選びをご紹介していきます。

 

新築窓玄関と外観

新築玄関窓デザイン選び方

新築玄関窓における外観との相性で失敗後悔しないコツをご紹介していきます。

新築玄関窓の選び方失敗後悔注意点1.外観バランス

新築は全ての窓が外観的には、バランス感覚で見られています。

・同じような横幅の窓。

・同じような高さの窓。

・同じような窓枠の色の窓。

このような窓の配置と配色、さらに外壁とのバランスで家の外観は決まっています。

つまり、外観を意識して新築玄関窓を選ぶというのは、横列と縦列の外観上に見える窓のバランスを意識していくことで失敗後悔を回避出来るのです。

新築玄関窓失敗後悔注意点2.室内空間

新築玄関窓を決めるのは、外観だけでなく、内部空間も大切。

・装飾棚

・玄関収納

・玄関マット

・アクセントクロス

このように玄関には、小さな空間に多くの見せ方に使えるパーツが揃っています。

この中に、アクセントを兼ねた窓にするのか、主役とする窓を配置するのかで見た目は変わります。

自分達の家の中にいる空間だけでなく、来客者が見た景色を想定しながら、他の家具を相殺していないかをチェックしておきましょう。

新築玄関窓選び方失敗後悔注意点3.色

新築玄関と言うのは、あくまでも壁紙まで全てを自由に選べる事が自由度でもあり、難しさでもあります。

窓枠という色は、シンプルですが、意外と目立ちます。

特に玄関という空間では唯一外を見る事が出来るパーツなので、窓枠が強調されやすい条件となる部屋の1つ。

よって、考えるときには、窓枠の色に十分注意した選び方が大切になります。

ぜひ以上の3つは見落としが無いようにチェックしてみて下さい。

では最後に、我が家が新築玄関窓を選んだ経緯をご紹介していきます。

 

新築窓玄関【画像付】

新築玄関窓

実際の我が家の新築玄関窓は、この画像の1箇所のみ。

fix窓の特徴を活かす。

玄関というスペースだからこそ、使いたい。

掃除がしにくくなるとか暮らしで邪魔になることをしない。

あくまで広く、明るく見せるを考慮した上では最も合わせやすいと感じた窓でした。

なぜこんな形でシューズクローゼットの隙間のような位置に配置をしたのか?

この点をご紹介していきます。

新築玄関に縦長fix窓を選んだ経緯1.玄関収納サイズの補足

我が家は一条工務店のi-smartという住宅を購入。

i-smartは、一条オリジナルの規格既製品からシューズクローゼットを選ぶタイプです。

そして、我が家の玄関奥行きと玄関シューズクローゼットは寸足らずということがわかりました。

このときまでは、新築玄関窓は無くても良いとさえ考えていたのです。

しかし、この寸足らずは、ちょっと壁紙が貼り付けられた状態でも違和感を感じる。

これが、妻と私の共通の認識でした。

そこで、開けることもないし、採光用の窓を入れてみよう!

こんな提案をいただけたので、できるだけ天井に近づくサイズで残りの壁紙を埋めてしまうような玄関窓を採用した。

これが、我が家が新築玄関窓を採用した経緯となります。

新築玄関窓縦長FIXをえらんだ経緯2.カーテンは?

我が家が新築玄関窓を安心して選べたのは、i-smartの標準設備の充実性があったからこそ。

i-smartには、ハニカムシェードという標準のシェードが設置可能でした。

そこで、窓と言えば、カーテンという選択をせずに済む節約を兼ねている事も大きな要因でした。

実際に生活をしていく上では、この新築玄関窓は大正解でした。

・日中は明るい。

・夜間も通りの光が入り、真っ暗になる事は少ない。

・隣の家の光ですら、玄関を照らす一部となる機能。

このような感覚で節電にも役立ち、非常に重宝しています。

ですから、この体験からも新築玄関窓は私は一戸建て検討中の方にはぜひ採用してほしいと考えています。

少し玄関前や横に庭を用意したいなんて方にもお勧めです。

あまり低い位置で、窓を付けると、冬は冷気が入り込みやすいので要注意。

明るいけど同時に寒い。

風通しも最小限で充分。

内外両方に樹脂を採用して高気密を意識して建てることでどこの部屋でも窓からの冷気の問題はカバーが可能。

玄関を屋根から左右、上下と面しているつなぎをすべて見渡す。

この視点を大事にしてみてください。

玄関窓を取り付ける開口部の注意点

あくまで家づくりの中で最初から窓の為に用意されたスペースと言うのはありません。

注文住宅はあくまでも自由設計。

リビングダイニングやキッチンでもどこに換気や通風のスペースを作るのかは自由。

しかし、だからこそ、失敗後悔の原因に入ってしまうのも注意点。

最適な環境というのは、ただ窓が増えたら快適になるものではありません。

今建てる場所の日当たりなどが分かっていない人は、できるだけ建てた後の日照条件や隣との距離や見え方など多岐にわたる情報のチェックをしておくことも大切です。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

新築外観の悩みやよくある失敗後悔をまとめてご紹介しています。

新築家の外観失敗後悔,気に入らない結果にならない為の注意点まとめ

アクセントクロス天井

天井にアクセントクロスは必要?効果あるの?よくある悩みと解消法

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ