スポンサーリンク
新築間取りの人気が成功例ではない根拠を解説しています。 このページをご覧頂きありがとうございます。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 このページでは、間取り人気ランキングなどが多くの会社やランキングサイトで出ている昨今。 しかし、成功例を探す際には、以下のような悩みを持つ方も多いです。 成功例は会社の声が安心? 成功例はユーザーの口コミが安心? 成功例は人気が安心? 一体何を安心の根拠にしてさがすべきなのかを疑問に持っている方も多いのです。 坪数による悩みについても記事をご紹介しています。 我が家は30坪台の総2階で家を建てました。 その時に意識した間取りの注意点をご紹介しています。 新築30坪間取り配置 新築30坪間取り総二階家事動線成功と失敗例に多い誤解や注意点
スポンサーリンク
新築32坪間取り 新築32坪間取り南玄関比較時失敗後悔注意点 35坪間取り新築悩み 新築成功35坪間取り一条工務店i-smart実例画像付で注意点を解説 新築間取り40坪失敗後悔原因 新築間取り40坪で家事動線や騒音防止失敗後悔注意点実例画像付 新築失敗例を見抜くためにはキッチンをひも解くことが近道。 新築失敗例をブログで見る時の注意点 新築失敗例をキッチンから見抜く方法と原因の3大要素や注意点 新築間取り失敗後悔ブログから学ぶ 新築間取り失敗後悔4つのポイントと注意点購入体験記 新築失敗例をブログから学ぶということへの視点や注意点もご紹介しています。 新築失敗ブログ 新築失敗例4つの注意点と成功に繋げる思考|元業界勤務勤務者ブログ 子育て(育児)と家事動線でママの理想の間取り図とは何を考えるべきか? 新築一戸建て間取り図子育ての理想 新築ママの理想の間取り図家事動線|4人家族4LDK画像付 私のサイトは、新築マンションや注文住宅購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような体験、経験を活かし運営しています。 新築マンション、一戸建て購入体験。 新築一戸建て住宅関連企業に務め、内情を学び、大工さんから聞いた現場の声。 新築外構やカーテンを打ち合わせで選ばず、満足と節約を実感出来た体験。 新築住宅ローン審査で仮審査、本審査に落ちた後に通った体験。 住宅ローン借り換え審査に2017年に通過した体験。 新築祝いのお返し、インターネット回線、メンテナンス等の費用を体験。 新築購入後の固定資産税や手続きなどの体験。 このように、新築購入時に必ず経験する事だけでなく、マンションとの比較や現場の知識を用いた失敗後悔注意点を含めて各記事をご紹介しています。 この記事では、人気の間取りを新築一戸建ての場合は、成功例として採用していくべきか?について、 新築一戸建て人気の間取りを成功例として参考にする注意点 新築一戸建て人気の間取りと成功例の違いで参考にしてはいけないポイント 新築一戸建て人気の間取りを無視した我が家の成功例 以上の内容について、ご紹介していこうと思います。 初めて考える方には、ぜひ知っておくべきといえる内容をご紹介していますので、参考にしてください。
スポンサーリンク

新築間取り成功例と人気注意点

新築間取り成功例と人気の関係 プランを考える際に、ついつい気にしてしまう人気の事例について、参考にしていくべき内容をご紹介していきます。

参考注意点 経緯が大切

参考注意点 経緯が大切 プランを考える際に、ぜひ最初に確認して欲しいのは、経緯。 自分たちが成功例として出せる対象があっても、以下のような背景の方が重要なのです。
何を家具として配置する予定なのか? 窓を決める際、住民の身長は? 何人家族で子供等の年齢や2世帯等どう家を使う予定なのか? 家事動線や生活動線はどんなライフスタイルの人が使いやすいと感じているのか? 実際の部屋数を将来どう考えているから、今の状況になったのか?
つまりは、誰が、どんな環境で、どう使う事から、成功例として出しているのか? この視点をなくして、成功例を参考にする価値は無いのです。 逆に言えば、以下のようなポイントからしたら、成功例は全く別物となります。
子供がいない家族とこれからの子育て世代の成功例への価値観。 家具を置く事を楽しむ家族と家具を配置したくない家族の考える成功例への価値観。
この2つを重点的に探していきましょう。 最初の頃は多くの人が夫婦の話し合いですら苦労をしていることが多い。 家が欲しい心理と価値観 家が欲しい心理や価値観|結婚後の夫婦がはまる最悪の事態! その上で、広さや内容を見ていく視点よりも部屋数を確保するには、どのくらいの畳数でなら、配置可能なのか? このポイントを確認していくのなら、人気のプランは成功例に近づくための参考になると思います。 まずは、人気の中から需要と将来性のヒントを見つけ出すですね。 では続いてのポイントをご紹介していきます。

人気が成功例と言えない注意点

人気が成功例と言えない注意点 典型的な例ですが、人気のプランは大きく分けて構造体の違いという視点も有ります。 木造総2階建てに使う人気のものと軽量鉄骨が可能とする人気は全く別物。 なぜか? 新築の建物には、必ず構造体という1つの箱に対する計算が必要になります。 耐震 免震 この2つだけでも大きく違います。 人気という中での木造と鉄骨という対象は無視されていませんか? 探すなら、構造体をベースで探さなければ実際には使えないプランを見ている事になるのです。 これが、人気から成功例を探す上では非常に重要な注意点となります。

新築間取りの人気と成功例に潜む大きな溝やギャップ注意点

新築間取りの人気と成功例に潜む大きな溝やギャップ注意点 新築プランを人気から探す。 この工程にも、実にさまざまな視点がある事が見えてきたと思います。 さらに、注意が必要なのが、オプションありきの考え方とオプションなしの標準設備の決定的な違い。 我が家も実際に構造面積を広げてもらって再計算をしていただきました。 しかし、標準工事の範囲で出来ることしか追加していません。 でも、成功例と言う言葉で出している方の間取りの中には、人気ともなると、業者のセールス精神も入ってくる可能性があるのです。 つまり、標準工事では出来ないような構造上の作りが人気に紛れ込んでいるリスクが潜む。 こうした視点を含めて検討しないと、実際に使いたいと思ったときには、かけ離れたような見積もり差額に驚く可能性もあるのです。 十分注意して人気と成功例は見極めが必要になります。 では続いて、参考にしてはいけないポイントをご紹介していきます。  

新築間取り成功例比較注意点

新築一戸建て間取り人気の成功と失敗後悔の違い 新築一戸建て人気の間取りを確認していく上で、参考にしてはいけないポイントをご紹介していきます。

新築一戸建て人気の間取り参考失敗後悔例 そのまま採用

新築一戸建て人気の間取り参考失敗後悔例 そのまま採用 人の心理的に、人気である=安心をいう心理を持つことはあると思います。 しかし、新築一戸建て人気の間取りが本当に便利であれば、各社がそれぞれの人気を打ち出さずほとんどが統一されているはず。 そんな疑問はありませんか? もしあなたにその感覚がなければ、新築一戸建てという人生何度も無い買い物だからこそ、まず疑問を持ってください。 ダメ出しポイントを探す。 このくらいのつもりで、採用までじっくり見比べていかないと、 「人気の間取りを作ったのに、使いやすさは使いにくいところだらけだった」 こんな例にならないように是非注意していきましょう。

新築一戸建て人気の間取り参考失敗後悔例 世帯人数に頼りすぎない

新築一戸建て人気の間取り参考失敗後悔例 世帯人数に頼りすぎない 世帯人数確認をする際には、以下の内容は明確に表記されているわけではありません。
・建てたタイミング(親の年齢、子供の年齢)。 ・お子様の男女比率。 ・部活や習い事をしている子供の状況の違い(楽器やスポーツ用品等)。
この3つは将来設計が大きく変わる内容の1つ。
将来は、大学を家から出て生活させていくつもりの間取り 将来は、子供の結婚後に戻ってきてもリフォームしやすい間取り 将来は、子供部屋を自分たちの収納にリノベーションする目的の間取り
今の人気という見方は、その人の目的意識により大きく満足度は変わります。 新築一戸建て間取りを決める上では、「将来設計を考えること」も非常に重要。 その上で、あまり人気の間取りに信頼を寄せすぎると将来の不安に対応しきれなくなりますから注意しましょう。

新築一戸建て人気の間取り参考失敗後悔例 収納配置

新築一戸建て人気の間取り参考失敗後悔例 収納配置 新築一戸建て人気の間取りについて、注意して欲しいのは、居室だけでなく、収納も同じ。 収納における環境も以下のような内容はかなり変わります。
布団を使う家庭と使わない家庭の押入れの必要性の違い。 リビング収納の作り付け収納の有無は、テレビを見る共有時間の違い。 キッチンにアイランドキッチン採用するかどうかは、大人の数で左右からの出入りが必要かの違い。
こうしたポイントをおさえずに、人気の間取りをそのまま採用していしまう。 ➔結果的に、自分たちの使用したい環境と大きく異なる失敗後悔につながります。 ぜひ、あなたの家族構成の次は、あなたの家の使いたい収納。 あなたが気になる人気の間取りとは別物と考えて参考にしてください。 では最後は、人気の間取りという需要と供給のバランスから、成功と失敗後悔の違いについてご紹介していきます。  

新築間取り人気を無視した成功例

新築一戸建て人気の間取り失敗後悔対策 実際に我が家も新築間取りでは、成功例として自信と確信をもつことが出来た家つくりになりました。 この言葉は、私自身の持論ではなく、妻から「この間取り以外の家には住めなくなりそう」 こんなお世辞でも嬉しい言葉をいただけたことが確信のきっかけになりました。 では実際の間取り図を御覧いただきながら、成功例の根拠をご紹介していきます。

新築間取り成功例を4人家族子育て世代が考えた経緯

新築間取り成功例を4人家族子育て世代が考えた経緯 新築間取りを人気などから考えず、まずは会社のおすすめする間取りをじっくり観察しました。 その会社の特徴は? どんな配置で作る構造が得意なのか? 自分たちの生活には何が不足しているのか? このような探し方から、新築間取りをじっくりサンプルから選び出しました。 ここがポイント!

新築間取りの成功例になるには、会社の得意を見極めた中で、応用していく

こうしないと、自分たちの目指す家と作りたい家のギャップから、想像とは違う間取り完成が出来上がる可能性が潜むのです。

新築間取り成功例を4人家族子育て世代が考えた将来

新築間取り成功例を4人家族子育て世代が考えた将来 将来は子どもたちが地元を離れるのか? こんなことを考えたこともありました。 しかし、我が家が考えたのは、2つの部屋を1つにするという選択肢を最小化した間取りを考えるという事。 なぜか? 今の新築間取りが出来たのは、構造計算上で安全に作れた家。 2つの部屋を1つにするというリフォームは、その分壁が失われます。 単純に、構造体として支える軸は減るのです。 つまりは、耐震上弱くなる可能性を秘めているのです。 ですから、構造の安心からも将来2つの部屋を繋げずとも使いやすい新築間取りを考える。 この点を重要視したのです。

新築間取り成功例を4人家族子育て世代が考えた家事動線

新築間取り成功例を4人家族子育て世代が考えた家事動線 家事を行うのは奥さん。 奥さんにとっては、15キロ位になった子供を抱きかかえて移動するような家事育児動線は過酷。 ソファで寝てしまった子供はどうする? ダイニングで寝てしまった子供の対応は? 家事をしていて、両手が塞がる時、どうすれば、移動も楽? このような家事動線の中でも、ちょっとした時間の積み重ねに対応する事に注意しました。 「そんな一時的な視点はどうでもいいのでは?」 こう考える方もいらっしゃると思います。 しかし、不平不満というのは、本当に小さな困ったの積み重ねのほうが大きなストレスになりやすいのです。 これって、恋愛で破局する時のスレ違いと同じだと私は思うんです。 幸せな時間を中心に見ていけば、誰も不満なんてありません。 でも些細な価値観の違いが、塵も積もれば山となる。 この言葉は、実生活で毎日使う奥さんの家事、育児には、過酷なストレスにも繋がるのです。 男性が主夫でない限り、奥さんの家事動線目線が活かされた家つくりを目指したからこそ、成功例を出すことが出来るのです。

実際の我が家の34坪新築間取り成功例画像付

我が家の4人家族第2子誕生時に考えた1階の間取りは↓ 新築一戸建て間取り図実例画像 2階の間取り図は、 2階間取り図2児パパニッキー 何か特殊な作りを仕掛けたのか? いいえ。 標準的にただ間取り図内に動線を意識した生活しやすい家を目指しただけです。 シンプルすぎる。 飾り棚が無い。 このようなオプション的要素は我が家には必要ないのです。 視線の悩みを抱えずに女3人男1人が安心して家族を守れる家として作る為に考えた。 この結末に、今の間取り以上の間取りは正直この面積には無いと思っています。

実際の我が家の34坪新築間取り成功例は他社も賛同

今後もう1軒建てる事を検討中の我が家は、第三者となる会社にも同じ間取りを見せて新しい会社の可能性を模索しています。 このときにも、今の間取りが王道パターンの1つである。 こんな言葉を伝えてくれた会社も有りました。 ですから、逆にこの間取りが使いにくいと言われる会社の方が疑問又は、何か自信のない構造体の癖があるのか?と思って最近は見学をしています。 少しでも失敗後悔をしたくない状況なら、我が家の間取りをそのまま広げる形も検討してみて下さい。 他にも、新築間取り失敗後悔ランキング詳細や各居室記事まとめにて、全ての部屋の各項目をご紹介しています。 失敗後悔ランキングベスト10のみを抜粋したページも用意しています。 新築一戸建て失敗後悔間取りランキングベスト10と対策 こうした視点もご紹介しています。 家族4人という想定に対して、間取りに多い失敗後悔原因もご紹介しています。 家族4人一戸建て間取り後悔失敗対処や成功法 興味がある方はご覧ください。 30代で男性が中心になって住宅購入や間取り、内装などを考えた新築一戸建てに失敗後悔が多い。 その原因をご紹介しています。 新築一戸建て家を建てる年齢30代の理想と現実失敗後悔 新築一戸建て建てる年齢は何歳が理想?30代失敗後悔原因 最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。  
スポンサーリンク