三人家族間取り新築失敗後悔注意点と成功のコツ

スポンサーリンク

3人家族新築間取りで生活しやすい家事動線,生活動線を意識した考え方をご紹介しています。

3人家族新築間取りについて、この記事をご覧頂きありがとうございます。

3人家族という子供一人構成の方の中には、ネット上では以下のような悩みも多いです。

3人家族の新築間取りは、将来を考えると,3LDK,4LDKどっち?

3人家族の新築間取りで、狭いと感じない広さは?

3人家族の新築間取りで、アイデアを活かす方法は?

このように、少しでも狭いと感じないだけでなく、子供の将来と照らし合わせて、検討してる方も多いようです。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を活かし、運営しています。

新築マンション、一戸建て購入経験。

新築一戸建て住宅関連企業に務めた経験と大工さんと直接話を出来た経験。

新築間取りで妻から、コレ以上はないと行ってもらえた経験。

新築間取りにオプションにおけるアイデア商品をほぼゼロにした標準の収納設備で間に合わせた経験。

4人家族の4LDKで狭いも暗いも感じない環境を作れた経験。

広い家が全てではなく、30坪台でも十分作り方次第で、家事動線、生活動線は改善できます。

現場の知識を有するからこそ伝えられる内容を各記事でご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

3人家族新築間取りについては、この記事で以下のような項目に沿ってご紹介しています。

3人家族新築間取りで失敗後悔する注意点

3人家族新築間取りは3LDK,4LDKどっちが成功?

3人家族新築間取りで居室は何畳が便利?

狭小住宅でも、広い土地でも上手に活用できる間取り作りに欠かせない視点をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

3人家族新築間取りで失敗後悔する注意点

3人家族間取り新築失敗後悔注意点

新築間取りの中で、3人家族という想定人数で生活する際に、よくある失敗後悔の注意点をご紹介していきます。

土地の狭い狭小住宅(ガレージ付)でも、広い土地に建てる場合も関係なく、3人で使うということを意識した視点で御覧ください。

3人家族新築間取りの失敗後悔注意点1.バルコニー配置

3人家族でも新築間取りに多くの方が採用するのが、バルコニー。

そして、多くの方は、視線対策、プライバシー,窃盗などを含めて、バルコニーを2階に配置する事も多いです。

しかし、バルコニー配置を3人家族にも関わらず、なぜか子供部屋を無視した間取りで作る方は決して少なくありません

どういうことか?

あなたは以下の2つの選択で、3人家族ならどちらが生活動線的にも便利だと思いますか?

  • 3人家族なら、子供1人だし、子供部屋にバルコニーは出入り出来ない作りが理想!
  • 3人家族なら、子供にもバルコニーへの利用を可能にして自分で出来ることをやらせる間取りが理想。

考え方として、失敗後悔しやすいのが、子供部屋からは出入りできない間取り。

何故か?

子育ての中で重要なのが、自分で自分の事を行える環境の配慮も重要。

親が干渉する事でやらせるのではなく、自分の衣類等も自発的にバルコニー等を使い、管理できる環境作り。

こうすることで、将来子供の思春期や成長期に少しでも自分の衣類を自分で片付けたり、乾かす等の行動を促しやすい環境も作ることが出来ます。

つまりは、失敗後悔する最初の注意点は、3人家族に対して、子供の家事に関わる間取りを考えない事から失敗後悔を将来感じると言うリスク

この視点もぜひ意識してみてください。

3人家族新築間取りの失敗後悔注意点2.収納量の圧倒的な差

3人家族における子供部屋に失敗後悔が多いのが、収納スペースの寝室との違い。

いくら二人分という言葉を使っても、子供には通常の1つのクローゼット。

親は、ウォークインクローゼットでさまざまな収納想定。

この2つでは、子供にとっては、親の優位性から子供が犠牲になった。

このような感情を作り上げるのも頷けるのです。

しかし、親心では、最小の荷物で生活できる様に!

こんなもっともらしい言い訳を使う方もいらっしゃいます。

でも、今の親としての立場を優位に使っている事は、第三者的視点で見れば、頷ける新築間取りとも言えるのです。

ですから、家族一人ひとりへの収納スペースの均等割りは、3人家族の新築間取りには失敗後悔の原因にもなりやすいため、注意が必要といえます。

3人家族新築間取りの失敗後悔注意点3.水廻りの狭さ

所詮は、一人ずつしか使わない。

新築間取りとは言え、3人家族で、家族それぞれが違う時間に水廻りの場所を使う想定家族も多いのではないでしょうか?

トイレ、脱衣所、お風呂。

この3箇所を一人ずつ使うなら、最小化!

こんな考え方をすると、新築間取りでは以下のようなリスクもあります。

  • 怪我などをした時や老後には動きがとりにくい生活スペースとなる。
  • リフォームをしたいと思った時も寸法が制限されてしまう。
  • 子供の友達が宿泊したい時等の対応に難易度が増す!

3つ目は、子供に限らない想定がさまざまな事がありますよね?

こうしたいつ誰に何かあった際にも対応できる新築間取り。

この視点を意識しないまま使う時間が少ないから優先順位を下げた3人という想定に絞った新築間取り。

この考え方が、失敗後悔における注意点と言えるのです。

では続いて、3人家族の間取りは新築なら、3LDKなのか?4LDKなのか?

この視点をご紹介していきます。

 

3人家族新築間取りは3LDK,4LDKどっちが成功?

3人家族なら、1人1部屋として、主寝室だったら、3部屋で十分?

あえて、将来の予備の部屋を考えて、4LDK?

節約もしたいし吹抜けを使う?

こんなさまざまな考え方が可能になっているのが、新築間取り。

しかし、成功させるコツとして、必要な考え方はあります。

この点をお伝えしていきたいと思います。

3人家族新築間取りは、部屋数より配置が重要!

いくら土地があり、部屋数を確保できる場合でも、配置を間違えれば、結果的にはいらない部屋になるのも新築間取りの悩み。

実際に使わない部屋があることは、メリットだけでなく、デメリットもあります。

  • 人が利用しない分劣化が進みやすい居室になりえる。
  • 荷物量の比重が左右で異なりやすくなり、歪みの原因にもなりやすい。
  • 部屋の配置を間違えると、リフォームして1つの部屋にする事も難しいデッドゾーンになる。

このように、自由なフリースペースという言葉に踊らされて、建坪を増やしても、結果的にはメリットどころかデメリットの方が目立つ事も珍しくないのです。

ですから、3LDK,4LDKという2つを想定する時には、将来の統合、分離、リフォームのしやすい配置

この視点を無視した部屋数調整は絶対に避けなければいけないのです。

3人家族新築間取りで、4LDKを考えるコツ!

3人家族であるのに、あえて、4LDKで新築間取りを考える。

あえて、この考え方を前提にしてほしい家族もあります。

それが、季節モノのスポーツをしている家族。

  • スキー,スノーボード。
  • スキューバダイビング,サーフィン。
  • 登山やキャンプ等。

季節もののスポーツを家族で楽しむ方もいらっしゃいます。

このような場合は、納戸と言う考え方よりも、居室位のスペースを余分に作った上でのメンテナンスや重量のあるボードなどを収納管理する為に、4LDKを選ぶ方が先決。

こうした商品を安易に、土間収納だけで押し込めようとすると逆に、失敗します。

何故か?

土間を活用したい商品はまだまだ多数あります。

  • 大型家電などの退避場所。
  • 傘やカッパ、ブーツ等の限定時期に使用するアイテム。
  • ベビーカー、三輪車等の幼少時代に使う事が多いアイテム。

このような核家族でも、家族の人数を関係させない中で、1階2階の居室においておきたくない物を保管するスペースは広いにこしたことがありません。

同時に壊れるような時の退避場所がない。

これでは、居室をゴミで占拠されるリスクも抱えます。

ですから、3人家族新築間取りの4LDKは、家族の楽しみ用の共有スペース確保。

こうした考え方が大切になるといえるのです。

3人家族新築間取りで、4LDKと吹抜けは迷う価値もない!

3人家族だし、3LDKでは1つずつの部屋が広すぎる気がする。

かと言って、共通の趣味もないインドア家族。

だったら、吹抜けにしておくべきか?

こんな方も少し広い土地がある場合は、想定されることもあると思います。

しかし、私は新築注文住宅を工務店でもハウスメーカーでも基本的に吹抜けは損でしか無い!

この言葉を現場時代の大工さんからもよく聞いていました。

リビングを吹き抜けにしている設計をしているのは、日本くらいだ!

こんな言葉も業界の中では、よく聞かされた言葉でした。

ですから、3LDKで部屋を持て余す程度の広さになるなら、建築面積を減らす

この努力の方が優先であり、無理に今検討してる坪数を建てる必要はないのです。

では最後に、この最後の広すぎる部屋、狭い部屋という基準にして考えるべきポイントをご紹介していきます。

 

3人家族新築間取りで居室は何畳が便利?

我が家が実際に、新築一戸建てを購入して、2年以上生活をしている部屋の面積。

一人ひとりに必要な専有面積。

このような考え方を子どもたちの成長を見ながら感じる事として、ご紹介していきます。

3人家族新築間取りで居室で子供部屋は何畳?

子供部屋に対して、狭いを感じさせないスペースとして、有効なのは、6畳。

この実感は、私が一時的に下の子がまだ2歳ということもあり、居室を私の部屋にして利用してる環境からも伝えられます。

家具に要したのは、以下のようなモノ。

  • シングルベッド
  • パソコンや学習が出来るデスク。
  • 3つの引き出しがついた簡易型収納ラック。

あえて、将来子供部屋にする事から、クローゼットを使わない活用を考えました。

子どもたちが実際に使うにしても十分スペースは確保できたと思います。

後日、私が使用している部屋の動画などもご紹介していきたいと思います。

実際に今私が使っているのは、クローゼットを含めて、6畳。

この広さは、削ったらやはりいくら子供でも狭いと思います。

4.5畳。

この広さと子供部屋というイメージが強い傾向も感じる最近のネット上の関心。

しかし、私は将来の学生時代を考えるなら、子供部屋は6畳だと思いました。

3人家族新築間取りで居室で主寝室は何畳?

主寝室の広さは、核家族でも、小さな添い寝を要する家族の場合は、確実に、8畳以上は欲しいです。

何故か?

以下のような想定が必要になるからです。

  • 隣の人の寝返りが気になる家族への配慮。
  • ベビーベッドで寝かす方が寝る子供もいる現実。
  • 子供と大人が同時にベッドに向かう時の生活動線確保。

以上のような流れからも、確実に、8畳はあった方がいろいろ便利。

おねしょをした際の対処。

体調が悪い子供が嘔吐をした時の対応。

このようなシーンも子育ての中では、体験しています。

こうしたシーンでは、ベッド上で全てが片付けられるわけではありません。

汚れ物の退避スペースも考えなければいけないですし、予備を置いておくスペースも必要。

こうなった時、6畳や7畳では、正直足りないと思いました。

ですから、居室として、小さなお子様を育てていく予定の家族は、3人家族の新築間取りでも主寝室は8畳で配置。

実際に、2児の育児の体験ですが、一人でもあまり変わらないと思います。

以上が私が、3人家族の新築間取りで考えておいて頂きたい失敗後悔し易い想定リスクであり、成功させるコツとなります。

この他にも、居室毎の注意点をまとめて、新築間取り失敗後悔ランキングベスト10と各居室注意点まとめ

スポンサーリンク
にて、200以上の記事をご紹介しています。

新築間取りの失敗後悔の原因における大半は、想定不足。

この意識をもって、少しでも私のサイトをご覧のあなたにだけは、失敗後悔の原因を少しでも排除した新築間取りを検討していただけたらと思っています。

新築3人家族での間取りでは、居室だけでなく、階段等の細かな移動に関する配置も重要。

新築階段間取り位置や幅等の注意点

新築家事室の広さや配置見直しポイント

新築キッチンにパントリーは必要?

平屋間取り30坪以下4LDKに多い失敗後悔注意点

新築玄関の幅等注意点まとめ

新築和室は必要?

このような内容から少しでも今の3人という環境に合わせた間取りのヒントにしてください。

最後まで記事をご覧頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ