新築の窓の数が少ないとダメな家?注意点チェックリスト

スポンサーリンク

新築の窓の数が少ないという課題について、この記事をご覧いただきありがとうございます。

新築の窓の数が少ないという悩みをお持ちの方には、以下のような悩みも増えています。

最近の新築の窓は標準が小さいし数も少ないと感じるのは気のせい?

新築の窓の数が少ないと思うのは配置や大きさが原因?

新築の窓の数が少ない事情は何かあるのですか?

このような質問を私のもとにも頂く機会が増えました。

新築一戸建て間取りの失敗後悔ランキングもご紹介しています。

新築一戸建て失敗後悔間取りランキングベスト10と具体的な対策や注意点

窓の有無について悩みが多い間取りの部屋についてもご紹介しています。

ウォークインクローゼット窓

ウォークインクローゼット窓は必要?結露,カビ,湿気対策体験ブログ

主寝室の窓についても注意点をご紹介しています。

新築主寝室窓の配置や大きさ選び方おすすめ

新築主寝室窓選び方配置失敗後悔対策注意点一戸建て注文住宅体験記

他にも、

新築窓の結露対策って何があるの?

新築窓2階や平屋の注意点

新築窓の種類選び方注意点実例画像付

新築窓のシャッターは必要?

外からの日差しがどう家に入るのかもイメージ不足は失敗後悔の原因の一つ。

新築日当たり失敗後悔対策や回避術

新築日当たり失敗後悔対策は内覧も要注意!元住宅関連企業出身者が解説

も窓の関連記事としてご用意しておりますので、興味がある方は暇つぶしを兼ねて御覧ください。

失敗後悔が多すぎると購入後に鬱になる人もいる時代だからこそ、意識してほしい内容もご紹介しています。

新築ブルーで鬱になる注意点

新築ブルーで鬱になる人の性格的特徴や家族ができる支え方|業界経験者が解説

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから以下のような経験を活かして記事をご紹介しています。

新築マンション、一戸建て購入体験。

新築住宅ローンに仮審査1回、本審査1回落ちた、通らない経験と通すコツを発見した体験。

新築カーテン、外構等お得な購入方法や失敗後悔原因を体験。

新築建売を含めた住宅企業勤務により知った知識や業界事情。

このような内容を全てこのサイトの各記事でご紹介していきます。

今回は、新築窓が少ないという課題には、以下の内容をご紹介していきます。

新築窓が少ない事情の背景とは?

新築窓が少ないと思うべき失敗後悔注意点

新築窓が少ない時考えておくべき視点

少ないとは何を基準にすべきか?という内容からじっくりご覧ください。

新築窓が少ない事情の背景

新築窓が少ない現場事情

一昔前であれば、新築といえば、上の画像のような掃き出し窓や出窓、装飾窓等の多種多彩な日差しが入る家つくりが一般的でした。

しかし、確かに確実に新築で窓の少ない家が目立つようになりました。

この事情を現場という視点からご紹介していきます。

新築窓が少ないのはユーザーの希望でもある?

そんなはずない!

このように考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、全国的には、確実に進んでいるのが、窓の少ない家の需要の高まり。

何故か?

地方に行けば行くほど住宅の距離も土地も広いのは顕著。

ですが、その分、窓の大きさが大きい事が全てプラスにならない事情があります。

それが、セキュリティ的不安要因。

空き巣なんて言葉ですら、テレビなどでは当たり前に目にするようになった最近の日本の情勢。

窓は単純に照明の光を外部から明確にし易い一つの要因で有ることに怖さが広がったのです。

新築失敗後悔ランキングの中にも視線の悩みが入ってる事も需要の高まりの根拠になります。

ですから、確実にユーザーからの需要の1つとして、窓の少ない新築需要が有ることを知っていただきたいのです。

新築窓が少ない事情は寒さ対策?

高気密、高断熱という言葉だけでなく、エコ住宅、長期優良住宅等の高機能や高断熱に該当する言葉が出ている新築市場。

しかし、単純に窓が少ない家と多い家は、気密性も変わりやすい要因の1つ。

  • 新築なのに窓からの冷気が気になる。
  • 新築の窓は結露の心配もある。
  • 新築の窓は少ない方が寒くない。
  • 新築の窓が少ない方が熱が逃げにくい。

このような需要が高まっている事も少ない窓で新築を設計する会社が増えている要因になります。

ですから、結果的にはユーザーの意向が増えている要因が明確にある

この点を節約だとか儲けるカラクリばかりに考えを歪めるのは間違いとも言えるのです。

しかし、実際に新築の窓が少ない事情の中には、会社選びにも欠かせないような条件提示になってるケースもあります。

希望の建坪面積と壁面積

どうしても建築面積が小さくなれば当然壁も減る。

いくら風を通す目的があったとしても東西南北どの方位の位置にしても周囲は密集している。

こうなると、暮らしの実情を考えると、決して大きくなければいけない事情はない。

むしろ、天窓や吹き抜けのように上に多くの窓を持つ方が日差しを取り込みやすいというメリットを感じるような狭小地も多く存在している。

建物の採光のためにどう周辺の環境が影響しているのか?

この点も土地の形状や区画を参考にする必要がある。

近隣トラブル防止策

この問題とデザイン性よりも隣との距離。

建築の対象に室内が見える場所を増やすのは朝顔を合わせるなどの不快な感じになることを避けたい人にとっては重要な考慮するべき点。

プライバシーを守る住まいを作り上げることを叶えると、窓を安心していつでも開けられる環境が欲しい。

しかし、他人から目を住み心地と関連して感じる人にとっては、トラブルの防止としても意識が進む時代。

やはり昔とは違い、どうしても住みながらでも室内を明るくしたいという時の照明と窓の考え方の違いが顕著になっていると私は伝えたい。

では次に、失敗後悔注意点として御覧ください。

 

新築窓が少ない失敗後悔原因

新築窓が少ない失敗後悔注意点

新築窓が少ない事情がある中でも、思い込みから失敗後悔に繋がったというケースもあります。

このような窓が少ないという言葉で判断してほしい注意点をご紹介していきます。

新築窓が少ない失敗後悔注意点1.配置

リビング窓のサイズや高さ、配置の注意点もご紹介しています。

リビング窓サイズや大きさ

リビング窓配置やサイズ選び方新築一戸建て設計注意点

居室空間ごとに部屋の窓というのは、以下のような働きを持ちます。

・日当たり

・風通しや臭い取りとしての換気の意味

・景観

・外観的要素

このようなバランスを考えて配置されているべき問題があります。

しかし、この中で、最も意識すべきは、日当たり。

窓からの日差しが日当たりを考えてる配置になると、当然照明を使う必要が少なくなります。

よって、光熱費の節約に必然的に繋がるのです。

この考え方よりも、外観的見た目を考える事は確実に失敗後悔の要因になりますので、注意が必要です。

道路からの距離の問題。

明るくなる時間と傾斜角度の問題。

日当たりに基づく採光の効果の度合い。

ただ単に東西南北という方位だけで考えるとデメリットが多くなる。

生活している間でも、まぶしすぎる配置に決めるとその条件により、使いにくいと感じる事も出てくる。

新築窓が少ない失敗後悔注意点2.大きさではなく幅

新築の窓が少ないのに、幅の細い窓をつけようとしてる方も失敗後悔には要注意。

よくあるのが、スリット窓。

縦長になった窓で以下のような写真が該当します。

新築外観おしゃれ注意点スリット窓

このような窓を居室に多様化すると、少ない窓1つ1つの果たせる役目が限定してしまいます。

ですから、新築の窓が少ない時ほど、幅には十分注意しておくことが重要です。

図面と費用の問題と防犯的意味。

この3つを主に設計士との打ち合わせで専門家の意見を聞くことが大切。

新築窓が少ない失敗後悔注意点3.種類選び

少ない窓の選択肢なのに、窓の種類は〇〇。

何を選ぶべき?と言う視点の先で種類には、以下のポイントがあります。

・ペアガラスの会社毎の持つ特徴。【気密性、破損リスク等】

・窓単体の重さ【歪み発生時の影響力】

このような課題はまだ新しい工務店などでは知らない営業マンの方が圧倒的に多い。

なのに、営業トークでは、「安心のメーカーですので、ペアガラスであれば大丈夫だと思います。」

こんな適当とも思える説明をしている事も気付く方が少ないのが現実。

ですから、確実に慎重にならなければいけないのは、窓の少ない家だったらガラスやサッシの種類にこだわる。

この視点を大切にして、比較検討して下さい。

価格としてもオプションではなく、あくまでも無料の範囲の設計。

だからこそ、通風の面でも思った以上に風向きが違ったとなれば、採光と採風という2つを確保するのは難しい事も多い。

きちんと家族の中の構成や生活する時間帯の違い。

こうしたタイプ別の人気やおすすめ、工夫のコツを見ておく事が大切になります。

では最後に、もともとの新築の窓が少ない家を検討する時に、考えておくべき視点をご紹介していきます。

 

新築窓が少ない時の注意点

新築窓が少ない時の確認事項

確実に窓が少ないと言える新築の会社と契約をしてしまった。

もしこのような状況になったらどうすればいい?

この対処法をご紹介していきます。

新築窓の少ない会社でのチェックリストとは?

新築の工務店でもハウスメーカーでも自由設計となっている会社との契約をする時、窓は以下の内容をチェックしておきましょう。

  • オリジナルサイズは絶対に使わない。
  • 変形の強いデザインは採用しない。
  • 格子付きなどは劣化リスクが不明なので使わない。
  • 新築の窓をデザインで見て、外から人が立って見える高さに設定されてる窓は極力避ける。
  • 新築窓の枠でもあまり凹凸の出やすいデザインは選ばない。

なぜこのような内容があるのか?

理由を補足していきます。

新築窓が少ない時のチェックリストの根拠

まずは、家の中に特注サイズの窓があったら?

修理する際には、確実に納期が必要になります。

ガラスというのは、特注の場合は、加工から入ります。

当然1日では工事依頼は不可能。

しかし、既製品のどこにでもあるような窓ならこの最短納期は、1日後でも可能なケースが有ります。

ですから、破損を前提として、あまり特注品を選ばない事が重要。

デザインというのは、この部分を重複するだけでなく、設置する業者の職人の少なさを比例させて少なくしていくリスクを抱えます。

格子付きは、将来の劣化対策。

害虫やサビ等の問題を引き起こしやすいだけでなく、開閉しにくい窓に繋がるリスクもあります。

十分注意しておきましょう。

人が外に立って見えるような高さの窓は全部却下することで視線対策を図ります。

凹凸の出やすい窓は枠の加工だけでなく、重量の負荷も強くなり、耐久する窓周辺の加工が大変になります。

ただ取り付けるだけの家の場合は、隙間風や冷気の侵入口となりますので、建てるなら、デザイン住宅等の専門性がある会社でないと難しくなります。

このような要素をふまえた窓選びを新築の少ない窓には採用することが失敗後悔注意点となります。

あくまで見積もりが必要な窓を付ける事は優先順位とは言えないと私は感じる。

最もお金をかけてほしいのは、水まわり。

その先に、暮らしの中で狭い、暗い、寒いを感じないための部屋を快適にするために利用する価値があるのか?

この点を必ずアドバイスをもらうことが簡単にそのまま自分たちの希望で増やしたい場所に増やすよりも使いごとこちの良い施工が完成すると思います。

 

新築注文住宅外観が気に入らないという人に多い特徴もご紹介しています。

新築注文住宅外観気に入らない失敗後悔の原因まとめ

新築注文住宅家の外観失敗後悔,気に入らない結果にならないための注意点まとめ

リビング側に小上がりの客間や収納用の引き出しを用意する時の注意点もご紹介しています。

新築小上がり和室3畳畳コーナーの必要性

小上がり3畳スペースは便利?失敗後悔注意点

和室の後悔が多い悩みのポイントと対策法を実際に間取りに採用した我が家の実例画像付でご案内しています。

新築和室失敗後悔まとめ

新築和室失敗後悔注意点まとめ|必要性,壁紙,広さや窓等実例画像付

一戸建て分譲住宅のメリットデメリットについてもご紹介しています。

分譲一戸建てデメリット

分譲や建売住宅メリットデメリットまとめ

ネット上で注文住宅完成前後に悩みや不安を書き込みしている声も参考にしてください。

間取りに対して窓の数に不安を持つ人の質問スレ(知恵袋)

自分が気に入らない空間になってしまうと、売却などを予定したくなる人もいる時代。

おしゃれな家具や装飾をつけるから満足とは限らない。

むしろ、近隣を気にする必要がない。

部屋はいつも明るい。

そして、リノベーションを考えたりして変更をするのも無理な計画になることはない。

こうした現実をきちんと不動産の会社が向きや冷蔵庫、洗濯機などの縦と横のバランスを考えながら窓をつくるのが大切です。

それぞれの方位に使って役割を果たす内容は何か?

この視点でどう配置するのかを探す。

家具が変わっても使いやすいのか?

賃貸住宅にはまったく存在しないような話が浮上して使いやすいのか?

西日は完全に悪なのんか?

環境として季節を問わず気にする必要がないのか?

この点をじっくり考えてみてください。

1階と2階の完成後のバランス

等細長い形の窓を使った家づくりが増えた家を買うと何が関係する?

この答えには、1階と2階の上下と隣の部屋との左右でのバランスにある程度影響が出てくる。

自宅の開口部の向きと窓を設ける向きが違うのか?

しっかりカーテンなどを配置しやすくなるのか?

一般的に住んでから丸見えになるようなことはないのか?

高さの低い掃き出しと駐車場、正面の通りからの視線対策は大丈夫なのか?

こう考えたら、決して数が多いことが全て便利という事にはならない。

ガラスの工夫や防犯上の安心、そして壁面積に対する窓のサイズ。

こうした配置からも気密性や掃除、カーテン代等の節約を含めても検討が必要になるのです。

この記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

カテゴリー

このページの先頭へ