スポンサーリンク
新築窓の失敗について、この記事をご覧頂きありがとうございます。 新築一戸建て注文住宅間取りを検討している方の中には窓選びに悩まれてる方も多い現代。
  • 新築窓の失敗原因って何があるのか?
  • 新築窓のサイズはどうすればいい?
  • 新築窓の高さはどこがいい?
  • 新築窓の配置は西日配慮も大切?
土地の向きや家の形と間取りでいたしかたない配置になることも多い新築窓という課題。 主寝室の窓についても注意点をご紹介しています。 新築主寝室窓の配置や大きさ選び方おすすめ 新築主寝室窓選び方配置失敗後悔対策注意点一戸建て注文住宅体験記
スポンサーリンク
外からの日差しがどう家に入るのかもイメージ不足は失敗後悔の原因の一つ。 新築日当たり失敗後悔対策や回避術 新築日当たり失敗後悔対策は内覧も要注意!元住宅関連企業出身者が解説 新築失敗例を見抜くためにはキッチンをひも解くことが近道。 新築失敗例とキッチンの悩み 新築失敗例をキッチンから見抜く方法と原因の3大要素や注意点 新築後悔間取りランキングベスト10もご紹介しています。 新築後悔間取り一戸建て 新築一戸建て後悔間取りランキングベスト10と対策 窓の必要不要を判断するのに迷うスペースも数多くあります。 ウォークインクローゼット窓 ウォークインクローゼット窓は必要?結露,カビ,湿気対策体験ブログ 子供部屋に多い失敗後悔原因もまとめてご紹介しています。 新築子供部屋失敗後悔原因まとめ 新築子供部屋失敗後悔間取り他13の原因とリアルな使用感想まとめ 新築玄関についても、14項目に分けてそれぞれの対策やポイントもご紹介しています。 新築玄関失敗と対策まとめ 新築玄関失敗原因14項目の注意点と対策法まとめ|Web内覧会画像付 新築失敗談をブログから探す時のポイントや注意点もご紹介しています。 新築失敗例ブログ探し方 新築失敗談から自分たちの成功を考える時のコツ|ブログ活用術 平屋間取りの30坪想定の場合のポイントや注意点もご紹介しています。 平屋間取り30坪4LDKプラン実現に多い失敗後悔注意点 平屋の家事動線についてもご紹介しています。 新築一戸建て平屋家事動線注意点玄関配置 平屋間取り家事動線におすすめの配置や工夫 平屋間取り20坪実例紹介 平屋間取り20坪以下は3LDK,4LDK?失敗後悔対策優先順位 ローコスト住宅での失敗後悔原因についてもご紹介しています。 新築ローコスト住宅失敗後悔原因 ローコスト住宅失敗後悔注意点!注文住宅の会社選び方 私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、自分の以下の経験を活かし、運営しています。 私の体験は、以下のようなものがあります。 元住宅関連企業勤務経験者。 一級建築士,内装業などの身内に囲まれた環境。 そして、以下のような経験をしてきました。 新築マンション、一戸建て両方の購入経験を持つ。 一度注文住宅のハウスメーカーを解約するほどの悲惨な打ち合わせの経験をする。 住宅ローン審査にメガバンク、第三地銀等3回落ちた経験を持つ。 住宅ローン審査を銀行相談を一切せずに通過させた体験者。 2017年に審査通過から2年目で住宅ローン借り換えに成功。 火災保険は元保険営業の妻に助けられ節約に成功。 新築祝いのお返しを専門サービスを使って満足ができた経験。 引っ越し見積もりも時期や会社との交渉スキルを学ぶ事で安くした経験。 新築インターネット回線もスマホ回線等の活用を含めてプロバイダ契約を含めてかなりの節約に成功。 新築購入後の固定資産税納税等の変化を見てきた体験。 カーテンや外構工事などは全て打ち合わせで決めず、自分たちで独自に発注して節約に成功。 このように、住宅業界の中からも購入する側としても体験をしてきました。 そして、現場の知識を使った意識と新築間取りを自分たちも経験したからこそ伝えたい住宅購入における問題を抱えた時の解消法をご紹介しています。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 新築窓の失敗については、以下の内容でご紹介していきます。 新築窓の失敗後悔原因2階に多い悩み 新築窓の失敗後悔原因平屋に多い悩み 新築窓の失敗後悔原因を排除する為の優先順位 まずは、新築という自由設計に人気等の考え方を優先せずに、あなたの家に合う窓を探すために情報収集の1つとしてお役立て下さい。
スポンサーリンク

新築窓2階に多い失敗原因

新築窓失敗2階 2016年のテレビ報道などにもあったふまえて、新築一戸建てという気持ちが弾む機会だからこそ、注意して欲しい失敗後悔原因をご紹介しています。

セキュリティ,プライバシー

新築の窓における失敗後悔の2階での典型例は、隣近所との窓の配置が似ている時。 新築2階窓失敗後悔 実際に窓を開けたら上記画像のように、隣の家の窓があると気になりませんか? 女のお子様をお持ちの家庭は特に隣への配慮をしてあげたくなるのも親心。 しかし、隣の窓と隣接した両開き窓にしたら事態は最悪。 このように、新築でも2階窓だからこそ、プライバシーやセキュリティの対策の不安が失敗後悔につながるのです。

風通し

風通し 新築の失敗後悔における2階窓に多い誤解が、この風通しの問題。 あなたはこんなふうに2階窓を想像していませんか? 「日当たりとして1部屋に2箇所窓があれば良いはず。」 この考え方では、足りない視点があります。 特に、夏の暑さに影響してきます。 2階窓では、風が入るだけでは配慮が足りません。 「窓の配置で2階の暑さ対策に重要なのは、通り抜ける対象の配置が存在するかどうか?」 実際に我が家の2階間取り画像をご紹介していきます。 2階間取り図2児パパニッキー 壁、ドアが中間に必ず存在をしていても、風の通り抜けが可能な対象配置の窓がある事がわかると思います。 このように、2階窓は風の通り抜けにつながる配置に配慮が必要なのです。

サイズ

サイズ 2階窓というのは、開放感も味わうことが出来る窓であることは事実です。 しかし、サイズをただ単にスペースがあるから広くするだけのイメージも失敗後悔の原因になります。 何故か? 2階窓というのは、暑さ寒さを1階より敏感に感じやすいのです。 夏は2階の方が1階より確実に暑いです。 冬は2階の方が1階より確実に暖かいです。 つまりは、年間を通じて、2階は1階より暖気がたまりやすいのです。 そこで、2階窓を大きめの窓ばかりにしてしまうと、日差しだけではなく、結露等の配慮も必要になるのです。 こうした事情から、新築窓失敗原因として、2階窓の1つ1つのサイズは目的を満たす事を最優先に考えておく必要があるのです。 では続いて、新築窓失敗原因における平屋の想定をご紹介していきます。  

新築窓失敗後悔原因と平屋

新築窓失敗平屋

セキュリティ

セキュリティ 新築平屋の窓の失敗後悔の典型的な原因はセキュリティ対策の不十分さ。 新築平屋はやはり自分たちの居住スペース以外が全て不在の状況。 つまり、「どこにどのように人がいるのか?」を外から丸わかりにしているわけです。 すると、窓が多ければ多いほど不在宣告をしている事と同じことになります。 逆にこの窓の配置プラス外構の植栽やフェンスの工夫をしようとしてる方も居ますが、さらに悪化の原因。 中に1歩入られてしまえば、外から不審者であることすら分かりにくくなります。 このように、平屋の窓は、配置、大きさ、だけではなく、種類にも配慮を刷る必要があるのです。

耐震性能確保と配置希望

耐震性能確保と配置希望 新築平屋と総2階、どちらが自由に窓の選択ができるかというと、総2階です。 理由は、家の体積に対する構造計算という仕組みが存在するから。 「窓を一面にしたい。」 この希望が叶う平屋も有りますが、耐震性能が難しいため、断念しなければいけない家も実在します。 こうした希望と必要な構造計算上の違いから、失敗後悔を感じる方も多いんです。 しかし、この問題は解決法があります。 それは、契約前に必ず自分たちの希望する窓のイメージを伝え、叶うかを確認する事。 これだけで、その会社はあなたの希望に見合う家創りをしてくれるかは一発でわかります。 当然ながら、その時に嘘を付いて、契約後にできないという事が無いよう、書面も用意してもらうことをお忘れなく。 このようにして失敗後悔を避けておきましょう。

圧迫感

圧迫感 新築窓の失敗後悔を平屋で経験するのは、構造計算が最初だけではなく、リフォームにも影響をします。 「壁が多い方がセキュリティが高いと思ったが、圧迫感を感じやすい家だった!」 このように考えた時でも、先程お伝えした構造計算から、容易にリフォームが出来ないケースもあります。 ですから、窓の配置に制限が多いと、単純に1階のみという構造から圧迫感を感じやすい家になります。 「窓は、一体何のためにあるのか?」 この間取りの役目がわからないままデザインや外観を優先した窓は本来の機能すら果たしません。

新築平屋窓の失敗後悔

新築平屋窓の失敗後悔でつながる生活苦 実際に、以上のような体験をしている方にとって平屋は快適な広さを確保したはずの家が、以下のような苦悩に変わります。
暑すぎる(窓から風が入らない) カーテンやブラインドを常にしておかないといけない窓。(大きすぎて日差しが強い窓配置) 冷気が入りやすい窓の種類(トイレ、脱衣所等)
このような体感は、やはり毎日の生活の中では、徐々に失敗後悔の原因にも繋がります。 「もっと、この窓がこういう場所にあったら」 こんな構造にならないように十分注意をしておいて下さい。 では最後に、新築窓の失敗後悔をさけるための優先順位をご紹介していきます。  

新築窓失敗後悔対策

新築窓失敗対策 新築窓の失敗後悔を2階,平屋を問わず、体験しないために必要な優先順位をご紹介していきます。

数 新築窓の失敗後悔原因を排除する優先順位でまず必要な視点は、数。 窓の数というのは、坪数と部屋数で平均値というのは会社により存在しています。
スリット窓 掃出窓 FIX ルーバー窓 上げ下げ窓
種類はあっても、目的が必ず違います。 まずは、家単位を軸に窓の総数を決めて下さい。 この数を部屋数と風通り、日当たり等の条件から配分すると、失敗後悔のリスクはかなり半減できると私は自分の家の間取り体験からも確信しています。

高さ,種類

高さ,種類 窓は、新築購入後失敗後悔ランキングに入る程の悩みの1つである「視線」にも関係する事を最初の2階窓で説明してきました。 この関係を解消するためには、最も大切なのは、窓の高さと種類における対策。
窓の高さが視線と合わなければ、視線の心配はない。 窓の種類はガラスの素材の工夫で、光は漏れても中の様子は丸見えにならない。 ➢他人の目を心配した生活を回避する事が出来る。 窓の高さを床に近づけすぎないようにしたら、結露防止も必要亡くなった!
このような状況回避を出来る事を含めても、種類と高さに配慮を徹底するだけでかなり新築窓の色々な悩みを解消出来ます。 高さと種類はぜひ慎重に選んでみて下さい。

網戸

網戸 新築窓の失敗後悔原因回避につながる優先順位の1つに網戸も重要です。 何故か? 網戸は、以下の目的にも直結します。
視線防止 蚊,ハエ等の害虫侵入駆除 子供やふとした荷物の落下防止
選択肢の狭い新築一戸建てほど、網戸は有効性を発揮します。 新築網戸はオプションである根拠と必要性でも、我が家が網戸に救われた体験をご紹介してますので、興味がある方はお役立て下さい。 新築窓は、選択肢が多い用に見えて、実用性を発揮してくれるタイプはかなり少ないのが現実。
おしゃれだから。 変わった形だから。 外観デザインに合う形だから。
こんな選び方では、大抵実用性となる家の中からの想定が不足して、役に立たない窓になることも多いのが実態。 最低限と言うのは、機能してはじめて価値があります。 新築窓の失敗後悔にならないためにぜひお役立て下さい。 この他にも窓については、実例画像付きで、 新築リビング窓の大きさ,配置注意点 新築リビング窓の外からの視線対策 新築窓の数が少ないという視点からも記事を書いています。 新築窓の数が少ない失敗後悔と現場事情 新築の窓の数が少ない失敗後悔注意点チェックリスト もご紹介してます。 少しでも想定範囲が足りない事を防止する為にお役立て下さい。 この記事でご紹介したかった内容は以上となります。 坪数による悩みについても記事をご紹介しています。 我が家は30坪台の総二階で家を建てました。 その時に意識した間取りの注意点をご紹介しています。 新築30坪間取り配置 新築30坪間取り総二階家事動線成功と失敗例に多い誤解や注意点 新築32坪間取り 新築32坪間取り南玄関比較時失敗後悔注意点 35坪間取り新築悩み 新築成功35坪間取り一条工務店i-smart実例画像付で注意点を解説 新築間取り40坪失敗後悔原因 新築間取り40坪で家事動線や騒音防止失敗後悔注意点実例画像付 新築内装実例を参考にするべきポイントもご紹介しています。 新築内装実例画像インテリアコーディネート成功のコツ 新築内装実例カラーコーディネート参考注意点|明るい住みやすい家づくりの発想方法 各種スペースごとの注意点もご紹介しています。 新築注文住宅キッチン失敗後悔3大注意点 最後まで記事を読み進めていただきありがとうございました。
スポンサーリンク