アフィリエイト

新築WEB内覧会動画付|玄関広さやおしゃれなインテリア工夫

新築玄関広さ狭い対策と暗いを防ぐインテリアWEB内覧会

このページをご覧頂きありがとう御座います。

スポンサーリンク

サイト管理人2児パパニッキーです。

新築一戸建てにおける玄関広さをどのようにしていくか決めていくのも悩みますよね。

私がこのページを通じてご紹介しているのは、

新築一戸建て玄関広さを狭いと感じる間取りの理由

新築一戸建て玄関を広く感じさせるおしゃれなインテリア

新築一戸建てWEB内覧会|玄関我が家の実例YOTUBE動画

おしゃれなインテリアは物を購入するのではなく、どういう作り方でおしゃれを演出するのか?

こうした工夫の点でご紹介していますので、ぜひ現場にいた私の体験談として参考にしてください。

買う楽しみより、作り上げる楽しみとしての玄関のおしゃれを楽しみ方としてご覧ください。

スポンサーリンク

新築一戸建て玄関広さを狭いと感じる間取りの理由

新築玄関狭い間取りの原因

新築一戸建て玄関の悩みで最も多いのは、広さが狭いと感じる悩み。

なぜこうした自分たちが考えた玄関が狭いと感じる家づくりになってしまうのか?

という点をまずはご紹介していきましょう。

新築玄関の広さで重要なのは、奥行より幅

玄関を広い狭いと判断する最大の要素は、同じ広さでも、奥行きよりも幅で決まってしまいます。

実際の一枚の間取り画像をお見せしながら詳しくご紹介していきましょう。

新築玄関広さポイント

この玄関、広そうに見えますか?

私は、通常の広さだという感覚を持っています。

玄関の広さを考える大きな目安は、1坪以上が普通と考えましょう。

賃貸等での玄関の広さを想像して頂ければ、想像がつくのですが、10年程度前の賃貸物件で多くが採用している玄関の広さは、1坪

この広さを広いと感じるか狭いと感じるかは、入った際における両サイドの圧迫感が大きな原因

ですから、

シューズクローゼットを持つか持たないかではありません。

玄関の広さが狭いと感じる原因の考え方は以下の2つがポイント。

・人の立った時に占有率。

・両サイドにどれだけ手を自由に動かせるスペースがあるのか?

これが、玄関の広さを狭く感じさせているポイントがあるとお考え下さい。

よって、

奥行のある玄関であっても、縦長であれば広さは決して感じません

同じ寸法なら、横に幅を広げて奥行を減らしたとしても玄関は広く感じることができます。

では、この広さを感じさせる事のできるおしゃれなインテリア配置はどうすればいいのか?について、ご紹介していきましょう。

 

新築一戸建て玄関を広く感じさせるおしゃれなインテリア選びのコツ

新築注文住宅玄関おしゃれなインテリア工夫

新築一戸建て玄関を広く感じさせながら、オシャレを演出する方法についてご紹介していきます。

新築玄関のインテリアで重要なポイント1アクセントクロス

玄関には、あまり奥行のあるインテリアはお勧めできません。

理由は、

狭く感じやすい空間なのに、さらに圧迫感を与えるきっかけになりやすいから

ですから、

距離を感じる一つであり、おしゃれを感じるのは、正面の壁紙にアクセントクロスを加える。

この方法なら、入ってきた人が最初に見る正面の景色を楽しむことができます。

物を床に配置するインテリアは、すべてが占有率を要する結果になるので、目線で楽しむインテリア選びを心がけてみてください。

新築玄関のインテリアで重要なポイント2スリット窓

新築一戸建て玄関において、次におしゃれなインテリア空間に仕上げるポイントは、小窓。

玄関にある小窓やスリットは、インテリアとしても非常におすすめ。

新築玄関狭い対策窓

スリット窓を玄関に配置した場合のメリットをご紹介していくと、

1.スリット窓は、和風も洋風も選ばない

自分の家のスタイルが洋風でも、欧米風でも、南洋風でも、和風でも問わず使えるメリットがあります。

2.採光が取れる

明るく広く見せる玄関インテリアにも最適なひとつだと思います。

特に、影になりやすいシューズクローゼット(下駄箱)の上下の間や真横に光の入るスリット窓や小窓があることで、外から光が入る事で明るく演出ができます。

3.採光が取れるおかげで、節電効果

日光は無料で使うことの出来る部屋を明るく出来る照明変わりにもなります。よって、電気の使う頻度を下げる節電効果もある

4.一度設置しておけば、OK

掃除するだけで、一生のメンテナンスや交換も不要な家の外観にも影響するインテリアと言えます。

5.位置によっては、セキュリティ対策も

位置が玄関の入口横にシューズクローク等を用意する家の場合は、そこにスリットを入れることで、セキュリティ対策にも役立ちます。

という5つのメリットを同時に獲得できる玄関には最高のインテリアだと私は思っています。

新築玄関のインテリアで重要なポイント3ニッチ台

玄関インテリアをおしゃれに演出するアイテム選びに重要なのは、足元よりも目線の高さ。

これは、なんとなくイメージ出来てきたと思います。

実際にニッチ台というのはしたのような収納に使える一角。

新築注文住宅玄関狭い対策ニッチ台

新築玄関のニッチ台は何がオシャレに見えるのか?

施工段階で、一部の壁紙で、凹凸を作ってもらい、その空いたスペースに小物を置くという考え方。

ニッチ台の具体的な活用法として、

・ニッチ台であれば、余分な出っ張りを作らずに収納を作り出せます。

・ニッチ台の上部に照明をつけることにより、暗い玄関を少しでも明るく見せる事が出来る。

・ニッチ台があれば、玄関での印鑑対応や玄関ベル設置等が簡単に配備できる。

というメリットが詰まっています。

新築玄関を狭く見せる視覚効果の1つに圧迫感が有ります。

・先ほどご紹介したスリット窓を採用する採光効果。

・照明を設置できるニッチ台。

・おしゃれな玄関収納下の足元灯の設置。

こうした配慮をすることで「暗い」は簡単に解消できます。

さらに、

狭いに対しても、照明による明るいという視覚効果から緩和できる部分が生まれます。

こうした配慮だけでも、オシャレと圧迫感解消を狙う。

これが新築を注文住宅にするからこそ考えられる狭い暗い対策になると私は確信しています。

皆様もおしゃれの一つとしても参考にしていただきたいと思います。

では最後に、

新築玄関我が家の実際のWEB内覧会をYOTUUBE動画でご紹介していこうと思います。

 

新築一戸建てWEB内覧会|玄関我が家の実例YOTUBE動画

実際の動画をご覧頂きながら、少しでも体感する時のイメージをお持ちいただけたらと思います。

我が家が新築玄関広さ対策に意識した事

私達が新築玄関の広さ対策に心がけたのは、土間収納スペースを作ったこと。

小さな子供が居る我が家には、

・子供用自転車

・ベビーカー

・掃除用具

・ウォーターサーバー予備

・ダンボール等の回収系ゴミの一時退避場所

こうした配慮がどうしても玄関に必要になりました。

ですから、

壁を設け、スライドドアを配置して、土間収納を作り上げました。

そして、

子供が並んで入った時にも靴を脱ぐという作業を必要とする土間の広さを展示場などで想定をして決めました。

結果的に、子供たちが靴を脱ぐ姿を安心して荷物を持って見守る空間が作れたと思っています。

我が家が新築玄関暗い対策に意識した事

我が家の新築玄関間取り配置方位は南西。

玄関に光が差し込むのは、南と西でした。

よって、

・少しでも昼間の光を取り入れられる様に玄関ドアに採光窓があるタイプを採用。

・スリット窓を玄関収納横に配置。

・玄関収納をスリット窓配置で開けておく事で、荷物の退避場所やコンセtント配置に成功。

➔クリスマスツリーや門松等の季節需要品を配置するスペース確保。

こうすることで、暗いという空間を少しでも明るく見せる配慮をしました。

最後に、壁紙への配慮は徹底しました。

・ラメ入の白い壁紙を採用。

・全体を凹凸の少ないフラットな壁紙で汚れ対策。

・白を貴重とすることでインテリア配置の自由化を目指す。

こうした配慮をする事で、新築玄関の広さや暗い対策を目指しました。

我が家も全体は34坪という標準的なサイズです。

玄関1つの参考資料として動画をご覧いただけたらと思います。

玄関の広さを気にするだけでなく、その玄関集にまつわる一戸建て計画には重要な

リビング照明の選び方

玄関収納の選び方

玄関ドアの選び方

玄関からアプローチへの考え方

こうした内容も十分検討していただきながら、ぜひ安心できる家作りを完成させてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ