アフィリエイト

新築窓格子は必要?失敗後悔する防犯対策の誤解

スポンサーリンク

新築窓格子必要とすべきか?という視点でご紹介してます。

このページをご覧いただきありがとうございます。

新築窓の装飾パーツとして、オプションを採用する検討材料の1つに格子という選択肢があります。

実際に、新築窓格子については、以下のような悩みもネット上では多いです。

新築窓格子は全窓に必要ですか?

新築窓格子は防犯対策になるのか?

新築窓格子を避けたい時の変わりの方法はありますか?

このような内容を悩まれる方も多いようです。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという願いから、以下のような体験を元にサイト運営をしております。

新築マンション、一戸建て購入体験。

新築住宅ローン審査に事前審査、本審査で通らない体験や通過させた方法。

新築外構やカーテンを打ち合わせで選ばず、節約と成功を感じた体験。

新築住宅関連企業に勤め知った内情や大工さんから聞いた実態。

新築火災保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、成功を感じた体験。

新築祝いをいただき、お返しを体験。

新築会社選びで本契約を解除して、成功を勝ち取れたと感じた体験。

このような全て新築にまつわる体験や知識を活かして、各記事を注意点を含めてご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

このページでは、新築格子窓について、以下の内容でご紹介しています。

新築格子窓は、必要なのか?

新築格子窓より防犯対策に有効な選び方

新築格子窓を必要としない我が家の家作り

この記事から、少しでも格子窓と安全を結びつける考える方は、要注意である実態を知ってください。

スポンサーリンク

新築格子窓は、必要なのか?

新築格子窓の必要性

新築格子窓の必要性は?

この疑問を初心者や新築住宅で始めてみて、いいと思った方に気付くべき注意点をご紹介していきます。

新築格子窓の必要性がないと言える根拠1.将来

まずは将来性を考えていきます。

窓に格子が付く。

この内容に不安に思うべきは以下の内容。

・鳥の糞などの処理(清掃)

・さび止め等のメンテナンス(外壁との接合部)

・経年劣化への取り換え修繕費用

・台風などの影響による破損時外壁への影響は?

こうした将来性は可能性がゼロということはありません。

でも、実際にこれらすべてが将来に自分の状況に降りかかったらあなたならこんな言葉を連想しませんか?

「こんなことになるなら、窓に格子なんてつけるんじゃなかった!」

新築窓に格子を付けなければ防げた被害もある。

この言葉を管理にしていく上では考えなければいけないのです。

新築格子窓の必要性がないと言える根拠2.外観

外観的に格子付窓を初めて見た人は特に要注意が外観。

多くの家を見て頂ければわかると思います。

分譲地で半分以上が新築窓に格子がついてる分譲地なんてかなりレア!

なぜでしょうか?

本当に価値があるなら、各社が同じように取り付けを推奨し、そして安全だと伝えて売るべきなのが新築住宅市場のパーツ的要素。

・玄関鍵の種類はそこまで違いますか?

・リビング窓のサイズはそこまで違いますか?

この2つはいずれも住建という建物内のサッシ類に分類されるパーツ。

このような特徴を見ていけば、格子窓の価値がいかに共通の認識から外れているかが分かります。

ぜひ、特異的に見えたサービスがあるかないかを初心者の方ほど慎重に見極めていくことが重要です。

では続いて、格子窓より新築に防犯対策として有効と言える設備をご紹介していきます。

 

新築格子窓より防犯対策に有効な選び方

防犯対策。

現代の言葉でこれほど恐怖と安心とを照らし合わせる新築に求める視点はないと思います。

では実際に、格子窓なんて使わなくても安全に暮らせる家作りのために必要な視点をご紹介していきます。

新築格子窓より注目すべきは窓の凹凸

実際に防犯を意識した窓で最も人やモノが入りやすい環境は何だと思いますか?

それは、足やロープなどをひっかける窓と外壁の凹凸部分の有無。

周りに人通りのないような一軒家。

視覚になりやすい部分の窓。

十分な時間をかけて窓からの侵入ができるスペースは新築一戸建てには密集した住宅街程存在します。

しかし、そんなときでも窓の凹凸がない家は、狙われにくいのです。

なぜか?

足を置くスペースがまず存在しない。

たったこれだけで泥棒はかなり嫌がります。

よじ登るという言葉はあくまでも体を支えるロープなどをひっかけているからこそ存在する言葉。

逆に、格子窓はこの足場には最高のパーツではないでしょうか?

ですから、新築窓に格子を付けるということは、どうぞよじ登ってくださいと伝えているのと同じ光景なのです。

まずは新築窓の凹凸を徹底的に排除するサッシ選びを重要視しておくことを強くお勧めします。

では最後に、我が家が格子窓を必要としなかった内容をご紹介していきます。

 

新築格子窓を必要としない我が家の家作り

我が家が建てたのが、一条工務店のi-smart。

i-smartの住宅をご覧いただくとかなりセキュリティが高い家であることはかなりわかります。

新築格子窓が逆効果になるセキュリティの高い住宅構造

外壁タイルで一周囲った構造にした我が家。

実際に、自分たちでよじ登ることが難しいであろう高さのみに窓を配置しました。

そして、凹凸がない窓。

こうなると、本当に中の様子を見る事すらできない住宅が完成したのです。

ですから、新築窓に格子を付ける事の方がリスクが高い住宅も存在する。

この視点をぜひ知っていただきたいのです。

新築格子窓が外観を損ねる統一感

窓枠と外壁を単色で決めた我が家。

この状況に、新築窓の格子が付くと、以下のようなリスクも背負います。

・格子窓と格子のない窓の差が出てしまう。

・格子の色次第によっては、ガラスが安っぽく見えてします。

・格子をつかみ、よじ登って、のぞき込む人が出てくる可能性もある。

このような外観の統一感を損ね、さらに、誰かの除く姿を想像しなければいけない家。

これでは、外観を損ねる事にしかならず、決して安心し出来る家にはなりません。

ですから、格子窓を取り付けなどもしていた私ですが、一度も格子窓の存在を口にする必要ない家を建てる事が出来て安心しています。

このような家作りの背景からも、確実に新築の窓に格子はまず外すべき。

この言葉を私は自分の体験からも現場経験からも強くお伝えしたいのです。

他にも、新築窓については、新築失敗後悔ランキングまとめ

スポンサーリンク
の中にもオプション選びなどで関連記事をまとめてご紹介してます。

興味がある方はお役立てください。

最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

70人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ