イエカウカ

新築一戸建て購入後失敗後悔原因となる間取り,カーテン,外構,保険,引っ越し,新築祝いのお返し,住宅ローン等を元現場経験者であり購入体験者がまとめてご紹介。

「住宅ローン」の記事一覧

住宅ローン繰り上げ返済が貧乏の入り口

住宅ローン繰り上げ返済貧乏に要注意!苦労体験記

住宅ローン繰り上げ返済貧乏になる人の典型的な無謀な計画の特徴を自らの300万円行った時に起こった現実を含めてご紹介していきます。税金に保険料、毎月の生活費に子どもにかかる教育費。将来に備えるという言葉の意味と老後という不安を払しょくするための考え方をご紹介しています。
住宅ローン生活苦しい人の共通点

住宅ローン生活苦しい時相談してはいけない相手

住宅ローンが生活を苦しい状態にしている元凶だ。今不動産購入後の背収入の変化や転職,共働きが夫のみの収入になったなどの時に毎月の支払いで必要な家の維持が大変になってる人が増えている時最初に意識すべき事をご紹介。
ローンの残ったマンションを売るのは普通

ローンの残ったマンションを売るのは難しい事はなかった!楽勝体験記

ローンの残ったマンションを売るのは難しい事なのか?いいえとても簡単です。車と同じように単純に売却の査定を依頼して手続きを終えたら後は完済が可能なのかをチェックして利益は税金が多くならないように経費を確認!査定を出す会社の選び方まで体験からご紹介しています。
マンション売る時の流れ

マンション売る流れや心配なこと体験まとめ

マンション売る時の流れや見積もりが出てからの費用,手続きやその後の利益が出た後の確定申告の有無など心配なことは色々ありますよね!実際に査定に出してから完済も前提とした環境に至った男の体験ブログをご紹介。
住宅ローン生活苦ブログ注目ポイント

住宅ローン生活苦しいブログから学ぶべき現実と失敗対策注意点

住宅ローン生活苦ブログを見つける。自分が借金をした後に返済していて家計の話の中で少しでも解消をしたいと思う時、他の人の体験を見たいと思う人も増えた。その結果何万の残債で毎月返済額がいくら?こうした情報だけではなく、探す時のポイントをご紹介。
住宅ローン後悔ブログの共通点を見つける

住宅ローンが苦しい人のブログチェックポイント

住宅ローン後悔ブログを公開する人はどんな特徴があるのか?私も30歳の時にマンション購入を会社員独身で経験した先でとんでもない生活になった経験を持つ一人。その当時を振り返り、家を買う目標を持つ人に知ってほしい現実を伝えています。
住宅ローンボーナス払い払えない時誤解注意点

住宅ローンボーナス払い払えない時やってはいけない事とすべき事

住宅ローンボーナス払い払えないかも!残高不足。毎月月々の返済分を加算されているという状況を見落とし支払い期間に間に合わないという状態になる人も多い。しかし、この場合今後も厳しい状況なのかそれとも滞納と言えどすぐに払うことが出来るのかにより対処法は違う!体験からご紹介。
住宅ローン一週間滞納はどうなる?

住宅ローン1週間滞納はどうなる?体験ブログ

住宅ローン一週間滞納したらどうなる?即競売や任意売却?銀行から督促状が来るの?こんな自分が現在利用している中で困った時の可能性を知りたいという方に実際に体験した内容を軸にブログでご紹介。すぐさま問題にならないケースと問題になりやすいパターンをご紹介。
住宅ローン滞納1ヶ月が非常に重要

住宅ローン滞納一ヶ月が重要な根拠と行動すべき事

住宅ローン滞納1ヶ月はどうなる?今住んでる家を売却する?差し押さえ?裁判所から通知が来る?どの段階?こんな事を意識しながら現在のマイホームに住む方にまずはこれからの暮らしを守るための対応として知っておくべき事は何か?マンション,一戸建てを問わない3ヶ月,4ヶ月,6ヶ月になる前に知るべき事。
住宅ローン滞納ブログを見る時の3つの注意点

住宅ローン滞納ブログを見る時の3つの注意点

住宅ローン滞納ブログで延滞や自己破産,銀行からの督促,弁護士からの通知や自己破産,弁護士との相談の体験を探す人も実際増えている。しかし、税金が地方により異なる事と同様に内容の精査は非常に大切な事がある。一括では難しい現実に自宅を守るために何を見ておくべきか?
頭金なし一戸建て貯金はいくらの価値と誤解

頭金なし一戸建て貯金はいくら残す?地獄の日々体験から学んだ答え

頭金なし一戸建て購入時貯金はいくら口座に残せば安心なのか?車やホームに関する火災保険,子供の学資保険,年間の固定資産税額や市県民税。さまざまな要素が賃貸生活にプラスされる。こうした時貯金とは何を意味するのか?地獄の日々を経験したからこそ伝えたい内容をご紹介。
競売は不動産会社主体の落札

住宅ローン払えない時競売目前で可能な無料相談選択肢

住宅ローン払えない先で競売や金融機関や銀行の督促状を受け取っている状況なら何をしておくべき?債権者の行動が開始されてしまうと裁判所が担保の査定などを開始するまでの流れは意外と早い。1ヶ月の滞納からどこか危機感を持ち対応できる方法をまずは知っておきましょう。