スポンサーリンク

銀行の住宅ローン審査を受けるタイミングでの他のローンの対処を体験からご紹介しています。

住宅ローン審査における他のローンの対応策についてこのページにご訪問いただきましてありがとうございます。

私自身もこの内容と全く同じ悩みん委遭遇した人の一人。

そして、審査通過後の融資実行条件として、書類ではなくても、口頭にて融資前における絶対条件という名目の指示を受けた体験をご案内しています。

住宅ローン審査とその他の借入という条件については、以下のような内容についてもご紹介しています。

 

住宅ローン審査後消費者金融利用は安全?不利になる状況や条件注意点

 

住宅ローン審査金融機関や銀行相談に多い誤解や注意点まとめ

 

住宅ローン審査に延滞履歴が与える影響力|クレカやキャッシングは要注意?

 

ufj銀行住宅ローン審査クレジットカード注意点クチコミ

 

クレジットカードが住宅ローン審査が通らない理由?銀行説明体験記

 

住宅ローン審査キャッシング枠と歴の違い|銀行担当者からの解説体験記

 

住宅ローン審査基準で車のローンはいつから可能?体験記

私が体験した審査の中でも事前審査で落ちた経験が2回、本審査で通らないという経験を1度してきました。

その中で、年収や返済負担率や借入可能額などの案内とは全く異なる理由からも審査に落ちる理由は存在することを知りました。

そして、書類上必要な情報を書き込む上でも、やはり同様に注意しておくべきポイントがあるのです。

私のサイトは、不動産住宅物件探しから購入した後でも失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かし、情報を公開しています。

新築、リフォーム累計100棟以上の現場に携わった経験。

新築マンション、新築注文住宅両方の購入を経験。

金融機関での借入開始から2年後に借り換えの審査に通過。

会社を辞めたい人も多い時代に、これから先転職などを経験することを意識している人の悩みも住宅の市場ではタイミングを探す人の悩みは多い。

こうした相談に対しても、きちんと自分が銀行の営業担当との直接の会話から一通りの審査を終えた後に相談して回答を得た内容をご案内しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、住宅ローン審査で他のローンはどうするべきかについて以下の項目にてご案内しています。

住宅ローン審査で他のローンは何で発覚?

住宅ローン審査で他のローンの影響はいつ?

住宅ローン審査で他のローンの対応体験記

別に会社勤めでも自営業でも確認される内容は同じ事。

そして、いくらごまかそうと思っても情報とは常に筒抜けになっているという事をいかなる契約においても注意が必要。

何かに加入したばかりの人も今まさに違うローンで融資を受けたばかりの人もきちんと自分の状況を確認する意味でご覧ください。

住宅ローン審査で他のローンは何で発覚?

 

住宅ローンが通らなかった理由としても考えられる条件の1つにあげられることが多くなった返済負担率の問題。

信用情報の中をさざわざ人が確認するまでもない。

このような内容に変わってきている契約の中でのやり取りの注意点を含めてご紹介していきます。

他のローンの借入確認は個人に記入させる

私が申込をした際には、借り換えの時にもすでに事前審査の段階で自分自身の以下の情報を項目として記入を求められました。

  • 年齢
  • 勤務先(会社名、住所、電話番号、所属先部署の直通ダイヤル、内線番号等)
  • 勤続年数
  • 職種
  • 所属部署(営業、事務等)

こうした項目はあくまで働く仕事の情報にすぎません。

当然労働者として勤務している人や独立している人は全てローンを組む前には結果に問わず記載が必要。

その他に何が確認されるのか?

この答えには、以下のような5つの項目がありました。

記載番号 項目① 詳細① 詳細➁ 詳細③ 詳細④
1 スマホ 端末台 合計額 月々返済額 残債額
2 購入時期 合計額 月々返済額 残債額
3 ショッピングローン 購入対象 合計額 月々返済額 残債額
4 クレジットカード リボやキャッシング利用状況 合計額 月々返済額 残債額
5 その他 借入対象 合計額 月々返済額 残債額k

このようにすべての内容に対して、自己申告で過去の利用履歴を洗いざらいとは言いませんが、今何にどの程度の出費をしている状況なのかを記入する項目が出る可能性はあります。

※尚、この項目は銀行により統一されているわけではありません。

3つから5つ程度であれど、通ってしまえばラッキー的な要素はもうほとんど通用しないと思った方がいいと思います。

価格の大小ではなく、あくまで分割払いを使用しているという内容があれば、すべての内容が返済負担率の割合に関係します。

1年、3年、5年という期間を残すのは注意

車を購入したばかりで自分で支払いをしている。

このような状況が地方では割合としても増えていく可能性は高い。

子供が生まれて、新しい車が欲しい状態になってしまった後で急遽家も良い物件を探し出せた。

こんなことはよくある話です。

しかし、この時に他の借り入れが既に月払いとしても年間の返済額としても多いと判断された場合は、契約書以前の申込の段階で落ちる可能性は十分にあるのです。

年収と借入の額は曖昧は禁物

特に書類が全てとなるのが金融機関の融資の相談への審査対応。

よって、会社の収入も1円単位で個人は収入をもらさず確認をするくらいの方がちょうどよいと言える。

あくまで借りたい人に対して銀行はリスクを確認しているのです。

通らない人はつまりは、信用がない。

その根拠には、あくまで融資を受ける基準を満たさないだけでなく、虚偽の報告をしていないことも重要なポイントとされている。

  • 自己管理ができない人
  • 契約の中で忘れている対象がある人

こんな人に物件という35年のローンを組ませて返済を期待できるだけの安心があると言えるでしょうか?

あなた個人がもし貸し出すとしたら?

この考え方を意識して、本当にその人の返済は注意をしなくてもよい者として扱えるのか?

こう問われた状況が審査であると意識をしておくことが重要です。

 

 

住宅ローン審査で他のローンの影響はいつ?

 

自分が支払いをしている内容も数年前となると何にいくらを利用している状態なのかなんてチェックしないという人も多い。

しかし、健康的には問題がないんだから団信(団体信用生命保険)も問題ないはず。

だったら、特に聞かれない限り何か気にする事もないだろう。

こんな感覚で待ち望んでいる人も正直多いと銀行の営業もよく言っていました。

しかし、誰でも簡単にローンを組んでよしとなるわけではありません。

ローンを他で組んで通りやすくなるということは基本的にありえない。

他の借り入れの怖さは書類の申告

勤務先だけでなく、細かな申告にミスが生じる事が非常に問題視されるのです。

よくあるのは、以下のような内容だそうです。

  • 勤続年数の間違い
  • キャッシングなどの枠と履歴を間違えて申告をする人。
  • 延滞などの経験をしている人は履歴に残っていないから安心と書かないまま書類を出すケース。

このように不備があるという事はかなり厳しくマイナスの減点を受ける原因に直結するのです。

不動産は家だけが重要なものではない

審査基準的優先順位ではダントツの1位は年齢。

その後に、返済負担率や勤続年数など細かな条件が重なっていきながら信用はどこまで高い状態になっているのかを提出された内容や不動産会社が用意した売買契約などの書類などを含めて協議をされていく。

あくまで申し込みに緒は自由。

しかし、申し込み用紙に記載がある内容は以下の内容ですら、細かなチェックが入る時間が多い。

  • 転職してからの勤続年数を月単位で確認
  • 源泉徴収票との照合
  • 現在の通帳のコピーなどの資金の明確性

よくあるような信用情報機関にいつ調査をしているのかなんて事から評価yリスクを考えている人も多いです。

しかし、こんなのは本審査の関連であり、事前審査を通過した後は銀行としては何を調査しているのかすらあまり把握ができないのが現実。

あくまで手続きを正確に行う。

これがリスクを抱えない意味でも心象が良い状況を作り出す保険をかけるような意味でもメリットが多い。

本人にとっては、些細な金額の違いや記入上のミス。

こんな認識かもしれないですが、受け取る側にとっては、この先にも万が一記載漏れがあるような内容が各請求を問わず漏れていたら?

このように見落としを避けるために借金があるケースはかなり仮の申込時点でも精査されるケースが増えている。

では、実際に私がこの残債のある状況を正確に記入して落ちない代わりにどんな案内を受けたのかをご紹介していきます。

 

住宅ローン審査で他のローンの対応体験記

 

私の職業は少し珍しい業種だった。

ベンチャー企業のように新しい職種はこの先どんどん登場してくると思います。

この影響は住宅ローンの担当曰く、少なからず家を買う希望をする人にはハードルが高くなる理由の1つと言われている。

その理由は、事業の計画やその業種の安心を証明できる要素がない事が大きな原因とされている。

つまり、年収と借入希望額の設定の上では、じゅぶうんに決定できる流れになっていたとしてもよくある業種と違い、慎重な対応が求められるケースが実在する。

個人事業主でもほかにあまり同業他社がいないという特徴を持つ場合は少し慎重に銀行の選び方も注意をしたほうが良いともいえるのです。

そして、このような状況があったせいでもあって、私が審査を受けた銀行では事前が通過した段階でこんな内容を告げられたのです。

他のローンの状況に全額一括精算要求

あくまで車のような高額な買い物をしたばかりの状況なら話はちがうかもしれません。

しかし、私のケースは、残債が50万円程度でした。

そして、金利も低いどころか無金利と知り、借り入れの申込みをした内容。

こんな残債は正直、いくら時間が長く残っていても自己の貯金を削ってまで一括を検討するメリットは何もありません。

なのに、通過の連絡を受けた際に、こう告げられたのです。

融資実行の1週間前までに必ず完済をお願いします。

もしこの内容が確認できないようなら、融資を取り消します。

おいおいそこまで大きな買い物したのか?

この金額が返済負担率の限界だというなら話はわかる。

でも営業はそんなことを一言も言っていない。

通常のカードローンのような内容に支払っている内容での状況なら確かに一部でも残っている段階で影響が出るといわれても何も言わない。

でも新築も頭金を用意して残っている金額で火災保険や家財道具(家具、家電等)の買い替えも予定がある。

このような状況に本当に無金利で残っている残債を片付けなければいけないのか?

夫婦でもこれだけはさすがに別にいつ払っても同じだと言わせてくれと思ってしまった。

マイホームを手に入れたいために手数料の価値すらないし1年も残が残っていない対象を見直しの対象としてチェックされる。

さらに、能力として判断しようとしていると聞いてかなりあきれた部分があった。

しかし、営業本人も上の指示と言う事で何も言えなかったと聞いて、話をする価値はないと判断した。

負担が増える可能性は必ず夫婦で話をしよう

いくら建物の契約を売買契約などで決まった状態であったとしてもできれば予備に対応できるための預金を用意しておくことが大切。

出来れば目安として100万円前後は他の借り入れがある人は準備しておくことをおすすめしたい。

これは、全国エリアを問わず、口座の残高開示をする上でも有利になる。

よって、購入したあとの資金や最後の最後で出ばなをくじかれるのを防ぐ意味でもきちんと対応できる予定を立てる事が重要になります。

カードの利用や履歴とは異なる動き

クレジットカードは本人確認が行われて通知もすぐに基本は電子情報化されて商品を含めて大きく分類されたデータの中で管理されている。

このような内容の多くはインターネットで申し込んでいる人の信用情報開示を各社のローン対応をしてる会社に求めればすぐに目にすることが出来る。

これから審査を行うというタイミングでも時間的には大した犠牲は必要ない。

連絡をするだけですぐに手間も少なく提携する情報を閲覧することが可能となる。

このような環境があるからこそ、過去よりも厳しいという認識を持っておくことも大切。

きちんと他のインターネット関連登録情報も確認

特に以下のような内容は最近は、問題視される発生件数が増えている。

  • 納税証明書の提出ができない人。
  • 満80歳となる時の年金目安金額の提示。
  • 市県民税、住民税、国民年金などの未払い情報。

こうした事例が発生している傾向が非常に高まっている。

この対象には、正社員でも契約社員でも派遣社員でも関係ない。

たとえ公務員でも同じような同業者が過去に問題を起こしているという時には、その影響を受ける。

これも属性という対象として含められてしまう傾向が出てきたのも昔とどこか違う点になっている。

とにかく昨年の店舗で買い物をした内容くらいは全ての内容をチェックする。

次に、公的機関を含めた内容についても代表的な支払いはたとえ年金1つでもとにかく未払い等はないようにしておくことが無難な策と言える。

信用情報は借り入れ全てをチェック

せめて会社がかかわった全てをチェックするのは大切な事です。

キャッシングだろうが消費者金融だろうが開く前全ての信用情報は各金融機関の大本が管理している状態になります。

その情報を外部の者が閲覧可能にしているからこそ、その人の総合的な評価が出されて今の借り入れの状態に新規の契約が受付可能なのかを見ているのです。

よって、信用情報という考え方を持つなら、少しでも顧客になった者は、すべての項目で金額も期間も明確にできる状態にしておく必要がある。

これが一度でもどこかで借入をした人の義務になっていると思った方が無難です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

スポンサーリンク