住宅ローンみんなどうしてる?マンションでの地獄脱出体験記

スポンサーリンク

マイホームを購入して返済が想像以上に大変だったと後悔する人は多い。

超低金利。

お得な物件。

返済額のシミュレーションと今賃貸中の物件の家賃比較。

お金を何に使うのかは人生の中では価値観の違いによりいろいろなことに金額が高いモノから安いモノまで存在する。

家という存在は、老後の心配や会社の安定や夢の実現などいろいろな価値観があって決断する人も多い。

憧れのマンション生活。

家は建てることに価値がある。

みんなそれぞれの生活をしているエリアにより住宅に何を求めてるのかも違ってくる。

必要なのは、家を買う事は当然借金をするということ。

住宅ローンを組んで返済をしている間は、家はまさに担保でしかない。

返済ができない人は、無常にも競売や売却の命令が裁判所からくることもある。

家を失う可能性はみんなが完済までは抱えてる状態になる。

この内容におびえる必要がないと考えてる人がきちんと繰り上げもできて、はじめて幸せを実感する。

生活に必要な家計の内容も困らない。

保険も支払いが気にならない。

貯金もきちんとできる。

こうなると、家を買っても無理な支払いもないと実感していろいろな子供にかかる費用も怯える必要がなく支払いが可能になっていく。

子育て期間と自分が働く期間を考えたら、社会人の大半の人生の時間を使って購入するのがマイホーム。

だから、もし無理をするような計算なら、一生家は借り続けるの生活を選ぶことも当然ある。

いろいろな家を買う理由があると思う。

今の生活の環境で気になる事を脱出したいための方法として住宅ローンを組んで返済する価値がある。

この視点はいったい何に対して感じるべきなのか?

子供の教育に必要な費用を犠牲にしない。

車を通勤に使う生活の人は毎月いくらガソリン代が自腹になってるのか?

自分がこの先いったいいくらくらいずつの貯金をしておくべきなのか?

暮らし的には今はやっていけると思う人もいずれ訪れる夫婦二人のみの暮らしの時に子育てを終えてきちんと得を感じるための情報精査が非常に重要。

このような内容を新築マンション、注文住宅購入経験の中で思い知った体験を軸にご紹介しています。

今の私は夫婦と子供二人のこれからの子育て世代として一緒に暮らしている。

現在は今後は子どもの進学なども考える時期にこの内容も投稿しています。

同じままの10年はないと思った方が良い時代。

今回の記事では、住宅ローンみんなどうしてる?の内容を知りたい時に自分の知りたい情報にたどり着くためのポイントや注意点を以下の項目でご紹介しています。

住宅ローンみんなどうしてる?情報の探し方

住宅ローンみんなどうしてる?誤解の注意点

住宅ローンみんなどうしてる?何を知るべき?

自分がこの先10年、20年、30年の中でどんな内容を知っておくべきなのか?

今は目の前のことで精いっぱいで、何も将来の準備まで考える事ができていない。

借り換えや繰り上げなんて本当に貯金があったらするべきなのか?

こうした内容を含めて何を知るべきなのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

住宅ローンみんなどうしてる?情報の探し方

住宅ローンみんなどうしてる?情報の探し方

スポンサーリンク

あなたは自分が家を買うということを決断して結果として今の内容に満足をしていますか?

どこか自分の返済計画と違和感を感じる内容が増えてしまっているからこそ何から考えるべきなのかを迷っているのではないでしょうか?

そんな時に、まずは何から知るべき?

住宅ローンみんなどうしてる?最悪を知る

住宅ローンみんなどうしてる?最悪を知る

まず目にしなければいけないのは最悪の事態です。

以下のような情報をきちんと知っておかなければいけない。

  • 滞納1ヶ月でどうなった?
  • 遅延はいきなりペナルティ?
  • 延滞したらどうなる?
  • 売却の指示はいつから始まる?

このように自分の仕事がある中で自分の将来の危機的状況を考える中できちんと最悪はどうなるのかを知っておくことが極めて重要になる。

住宅ローンみんなどうしてる?対象を知る

住宅ローンみんなどうしてる?対象を知る

あなたが今から知るべきはできるだけあなたと同じ条件の内容を経験している人である事が重要。

次のような情報内容もきちんと精査していきます。

  • 買ったのはマンション?一戸建て?
  • 新築?中古?
  • 変動、固定、フラット35など金利の種類は?
  • 年収と借りた額はいくら?の比較。
  • 口座の残高はどうなっている?

このように、資金を含めてもうあとがないと思っている基準も価値観も人によって違うからこそ、きちんと情報として投稿されている内容を見ておく必要がある。

私はもうすでに仕事も健康も今は本当に住まいを手にしてよい方向に変わった後だからこそ伝えられる余裕ができた。

だからこそ、一人でも多くの人にもう私と同じ体験をしてほしくないという思いから情報を提供している。

マンションを買って1年余りの間に目にした口座残高毎月28日に数百円と言う地獄の日々の体験者。

結局は住まいを手にしてからもかかる月々の返済額以外の情報をあまり家族の事とか家計なんてことまで夫が考えていないという場合は、負担がかかるのはすべて奥さんという感じになっていく。

このような結果では奥さんが体調を崩したり、ストレスにより病気になってしまうようなこともあると思う。

やはり、なぜ今の状態になっているのか?

この対象をきちんと実際の負担の現実を含めてチェックしておくことが大切なんです。

もっと言えば、家族の子どもの数や年齢。

夫の年収と借り入れ額や毎月の返済額やボーナス併用の有無。

実際の貯蓄。

このような家庭の内部事情の話題をできるだけ掲載している方が自分の気持ちと近い人を探す上では大切になるのかもしれない。

 

住宅ローンみんなどうしてる?誤解の注意点

住宅ローンみんなどうしてる?誤解の注意点

でもどうせ無料で公開されている程度の家計の計画をチェックしているにすぎないのも現実。

共働きなどの情報を見ても、何が出来て、何が難しいのかも結果としてその人の家庭の環境次第によって異なる。

じゃあチェックしても自分に役に立たない内容もあるのか?

それは少なくとも実在する。

気持ちではどうすることもできない計画

気持ちではどうすることもできない計画

年収が同じでボーナスも似ている。

でもこんなに幸せそうな感じで入るのはなぜ?

この答えの先には悩みを払しょくする気持ちではどうすることも出来ない条件が関わることもある。

それが親の援助などの存在だ。

やっぱり親が金持ちだったら何とかやってくれるという手を差し伸べるケースもあるわけですよ。

このような情報があったら、先に言ってほしいと思うわけですが、どのブログでもそういう事はやっぱりあまり多くの記事では書いていない。

最近は親子ローンなんて言葉や親の持つ土地に子供が建物だけを買うという声も田舎に行く先には多いのです。

このような形で自分たちの家を買うという言葉が最初からある意味ずれている場合もある。

こういう時には買う物件も変えるだけの借り入れをして実現させるという人もいる。

こうした事もしっかり確認をしてなぜその年収でそんなに高い家を買えた?

このように考えて比較していく事も大切なんです。

 

住宅ローンみんなどうしてる?何を知るべき?

住宅ローンみんなどうしてる?何を知るべき?

正直、趣味で車が好きなんて言う話をできる人はまだまだ余裕がある。

家を買えるはずがないと思うような年収の人が旅行も行って、生命保険にも入っている。

このな背景には借入以外の諸費用を親の援助を受けていたこともある。

さあこのような自分1人で働き、貯金を作った人の意見とは違う場合を含めて、あなたは何を知るべきか?

住宅ローンみんなどうしてる?の答え探し

住宅ローンみんなどうしてる?の答え探し

あなたは結果はどうであれ、最初にえがいたイメージとは違う理想と現実のギャップに悩む。

このまま今の会社で働き続ける事では限界が違い。

こんなことを考える人は転職まで考えるようなこともあると思う。

まずは以下の点はチェックしなければいけない。

  • 年齢と転職を決断した時期。
  • 共働きの夫婦の年収バランス。
  • 今ある先の将来のための準備資金。

このような内容はちょっとでも自分が将来の可能性を考える上では参考にしておくべき内容でもある。

特に転職は、年齢が高くなればなるほど難しい事も多い。

資格を持つ人でもちょっと田舎に行くと、その資格を活かせる仕事がないという事もある。

やっていくためには今の会社では年収が低くなるかもしれない。

こんな危機感を持つ時、まずは仕事を転職している事や夫婦共働きの収入状況をチェックしよう。

あなたはいったいいくらまでなら、稼げるのか?

やはり最近仕事を変えることも考えているなら、できるだけ早く同じような転職経験者の意見を聞くのも大切ですよ。

住宅ローンみんなどうしてる?鵜呑みにしない

住宅ローンみんなどうしてる?鵜呑みにしない

ある程度返済額が似ていていも生活の質が全く違うと感じるケースもある。

実際に過去にはうまくいっていてきれいに貯金ができていた。

この時に一定の資産は購入していた。

こうした人が最後に家を買っていることもあるのです。

そうなると、マイホームの金額や生活スタイルを聞いていると、とても苦労しているようには感じられないような感覚を持つ時もある。

でも裏では、その年収はピークの半分以下。

こんな状況では、住宅ローンがあることで、過去に通過している返済額や金利を含めたら相当大変だという事もある。

やはり、金利の情報を含めて、自分たちが借入した時の頭金などの情報もきちんと精査して比較することも大切です。

結局は答えは夫婦の中にある

結局は答えは夫婦の中にある

マイホームに住んでからの生活で最終的には何をするにも夫婦での会話がとても大切。

完済するまでにいったい何をするべきか?

どういう計画が今からでも現実的なのか?

万が一手放すという答えを出差なければいけない時にも応じる覚悟はあるのか?

最後はみんなよりも自分たちの家族を守るための住まいの考え方の見解の違いを認識する方が重要。

夫婦で意見が異なるというのはとても怖い事。

収入があっても支出が増え続ける生活を改めようとしない夫の趣味などの浪費。

こんな事を今悩んでいるなら、離婚も考えなければ生活が成り立たないという事態すらある。

弁護士に財産分与と夫婦連名で借り入れをしたことへの影響力を相談しなければいけないこともあるかもしれない。

やはり、夫婦にとって今後の価値観の違いをきちんと組んでからも改めて話し合う。

これは家計という事ではなく、あくまでローンを完済する意思がどこまであるのか?

この今の気持ちを知ることが最終的には最も重要になるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ