スポンサーリンク

家を買うタイミングはいつが理想的?

高卒で10代から働いた人は、20代前半で結婚。

結婚後すぐに新築を購入する事もある。

30代になってようやく仕事も年収も落ち着いた時期になってから新築マンションを購入sるう人もいる。

独身の時に自分の通勤に便利な物件を買う人もいる。

条件によっては、両親の所有物件を建て替えやリフォームをして住むという人もいる。

住宅ローンを組むのもその人の人生設計次第。

私は、独身時代に新築分譲マンション購入。

結婚してから妻が第二子妊娠時期に建て替えによって、新築注文住宅を購入。

今は子供たちの成長を見守りながら、じっくり老後の生活を考える暮らしにたどり着いた。

これまでにも家を購入するタイミングと年収や頭金などの悩みについて以下のような記事を書きました。

年収250万女性住宅ローン

女性年収250万住宅ローン審査は無理?落ちる,通らない理由と通すコツ

家購入の不安と老後

家購入の不安体験記|満足する買い物に必要な覚悟

家購入の相談相手見極め方

家購入の相談ポイントと注意点|業界内部から見える光景

家購入のタイミング逃したあとの幸福体験

家購入のタイミング逃したと思う必要はない!購入経験者の声

家購入のタイミングと人生観まとめ

家購入タイミングの迷いと対処法成功実感体験記まとめ

家購入新築中古戸建比較

家購入新築と中古の比較ポイントまとめ|地方の購入体験記

転勤家売却タイミング

転勤で家は売る,貸すどっち?マンション購入体験者が解説

年収200万家を買うメリット

マイホーム購入|年収200万で家を買う物件探しのポイントや買った後に幸せをつかむための注意点やコツ

自分の家を買うのはいつ?

この問題は、住まいのエリアによっても大きく異なる。

中古の物件もたくさんある地域もある。

土地が安いからこそ、新築一戸建てを考える。

ローンの金利と年収で総額を考える。

必要な間取りや駐車場の台数などのデータから探す。

住んでみたい地域(学区)から見ている人もいる。

親に子育ての協力を求めやすい場所を探す人もいる。

それぞれの目的によって、マイホームを購入するタイミングは違うと思う。

今回の記事では、家購入のタイミングと子供の成長について、以下の項目でご紹介しています。

家購入のタイミングと子供の数

家購入のタイミングと子供の年齢

家購入のタイミングと子供の成長

私たちは、間取りの問題よりも子供の小学校や中学校、高校などの進学を慎重に考えた。

どこの小学校に入学になるのか?よりも先に幼稚園の学区も大きく影響する。

子育てに必要なデータの集め方を含めてご紹介していきます。

家購入のタイミングと子供の数

家購入のタイミングと子供の数

私のもとにも同じ幼稚園や小学校に通う親御様から家を買う時期や物件を探す相談が止まらない。

  • 子供が大きくなってきたからそろそろという声。
  • 夫の年齢を考えてローンの終わる年齢を考えるという声。
  • 実家のリフォームで良いのか、建てるべきかを悩む声。
  • マンションなのか一戸建てなのかという相談。

いろいろなマイホーム計画があります。

その中で、まずはお子さんの成長に合わせた世帯人数を重要視しています。

家購入のタイミングと子供の数のポイント

マイホームを購入する時、今の私の周りの需要は完全に単世帯向け。

生活の基盤は全て自分たちでやっている人が多い。

この時、もし奥さんが将来妊娠、出産という生活になった点を慎重に考えてほしいと伝えたい。

自分たちは、あくまで家の購入が決定して、打ち合わせの時に妊婦の状況だった。

賃貸での生活でも最初から妻が専業主婦だったため、大きく影響はなかった。

しかし、共働きだったらどうだろう?

  • ローン返済額の考え方は大きく変わったはず。
  • 頭金として用意できるお金も変わってきたはず。
  • 自分一人で今のライフスタイルを維持するのは不安が多くあったはず。

このように、多くの点で妻の収入をあてにしなければいけない事があったと思う。

だからこそ、家族構成について将来何人の子供を考えているのか?

この点は非常に大切だと伝えている。

家購入のタイミングと子供の数と間取り

子供の数が多い事が影響するのは、子供部屋という問題がある。

別に短い時間なんだから狭い空間でも雑魚寝させておけばいい。

こんな考え方なら多くの不安はないのかもしれない。

私はこう考える事は出来なかった。

それぞれがプライバシーを気にする年齢になった時にきちんと守られやすくしてあげたい。

こう考えたことから、あえて数にこだわって話す。

家購入のタイミングと子供の数と教育費

子供が多いということは、当然ながら、以下のお金が変わってくる。

  • 教育費
  • 生命保険

将来は、自分で部屋を借りて一人で住む。

こんな事を言っても契約をする時には親の承諾やら仕送りを必要とする事もあるはず。

実際に人生の大きな決断をしたい時、その子の可能性が一番大事。

それを家庭の事情という形で諦めてほしくない。

この気持ちは、私自身が実家で兄弟にその思いをさせた事があったことがトラウマになっていることが影響している。

自分が親として、子供に安心して自分のやりたいことをやりなさいと言えるようにする。

住まいは子どもの人生を犠牲にしてまでローンを負担するべきではない。

実際に35年という長い期間の返済をする買い物だからこそ、この点も慎重に考えた。

 

家購入のタイミングと子供の年齢

家購入のタイミングと子供の年齢

私が不動産会社と契約をする時、子供は上の子が2歳だった。

この時期に決めた理由をご紹介していきます。

子供の年齢が契約に与える影響力

子育てをしていると、いろいろ学ばされることがある。

実際に自分が子どもの頃はどうだったのかと思う事も多い。

第一子の出産を終えた頃から妻はこんな心配をしていた。

「幼稚園と小学校の治安や学力の情報に注意をしている」

妻は、何より子供の教育環境に注意をしていた。

ライフプランとして、何度も引越しを検討するのは避けたい。

早めに家を買って、友達も学区も心配がない環境を与えたい。

この時に言われた言葉が第二子妊娠という時期に夫婦でも決断の時期と決めたきっかけになった。

 

家購入のタイミングと子供の成長

家購入のタイミングと子供の成長

ライフプランで何を注意する?

子どもが小さい時に家を買うのはなぜか?

この状況に対して私たちが考えたことをご紹介していきます。

住宅ローン返済と生命保険併用

妻は別に大きな家が欲しいとか広いリビングがほしいなどという要望は言わなかった。

その代わり、私の収入がなくなった時のために、しっかり保険に入っておいてほしい。

この選択は、当時の私にとってはかなり意外な答えだった。

夫婦でそれぞれが働く事を考えていなかった我が家。

下の子にも上の子と同じ教育を受けられる環境を作りたい。

そのためには、少しでも年齢が若い時に十分な資金を用意しよう。

このために大きな生命保険に契約をしてあります。

10年で利息が16%以上の外資系生命保険加入。

この会社やプランの選び方は全て元保険営業だった妻が選択。

今の余裕はあまり考えていない。

どっちかと言えば、将来の余裕のほうが大事。

下の子が高校生くらいになる頃には大学卒業までに必要な資金を手にする用意を整える。

他の家庭とは目の付け所が違うのかもしれない。

でも幼稚園に入園する前の段階でもう既に教育費の資金の心配がなくなったと思ったらかなり気が楽になった。

子育てのいろいろな壁を超える覚悟

子どもを持つ親として生活をする時期はいろいろな壁がある。

現実として、親もリストラや転職、病気などいろいろな問題を抱える。

子どもも病気になったり、欲しいものを要求する事があるだろう。

それぞれに考え方がある。

これから何があってもその度にローンを心配する生活はしたくない。

これが夫婦共通の考え方だった。

ある程度事前に今後の準備を整えることが出来れば、ストレスも少ないはず。

子育てに集中できる環境を作ろう。

これが親として子供の数や成長に対し、かなりいろいろ話し合いをした結論だった。

これからの子育てなんて、正直わからないことのほうが多いはず。

でもわが子の成長から感じられる喜びや幸福もある。

それが家族を持つことの魅力なんだと子どもたちにも感じてほしい。

下の子が生まれてからの人生観

私たちは、今の家を買った事に対してかなり満足をしている。

下の子が生まれた時、すぐに今の家で暮らし始めた。

正直いろいろあった。

でもその現実を賃貸で暮らしていたら、いつか取り壊されて思い出も失うのかもしれない。

私たちは違う。

生まれ育った場所をずっと語り継がせることができる。

これって、別に何の価値があるのかという意見もあるかもしれない。

でも私たちにとっては、ずっと残せる資産があることが嬉しい。

そして、この家で人生を終えるまでの間に起こることをじっくり心と家の中に刻み込んでいきたいと思っている。

あなたは、子供が何歳で決断しますか?

その時、子供の反応は?

親への感謝を忘れない子になってもらえるようにお互い親の世代同士頑張りましょう。

 

スポンサーリンク